ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

僕は最近、空手をやり始めたのですが疑問に思ったことが1つあります。中段?の蹴りのことなんですが普通に蹴るときに腕を振ったらいけないんですか?腕はちゃんと構えてなきゃいけないと言われました。カウンターを防ぐためかもしれませんが腕を振ったほうが、ずっと強く蹴れると思います。どうなんでしょうか?僕は上地流なんですが流派的なものなんでしょうか?教えてください。

A 回答 (3件)

47歳、現在、和道流空手参段です。



流派は関係ないと思います。

まず、蹴る前に、腕を振ると、相手に「蹴りが来る」とわかってしまいます。

蹴りは、どうしても動作が大きくなるので、これは致命的です。

どんなに強い蹴りでも、相手に当たらなければ、意味がありません。

理想は、腕をガードで構えた体勢のまま、上体の動作がほとんどない状態で、突然、蹴りが飛んでくる、という姿です。
    • good
    • 0

相手がサンドバックならそれもいいでしょう。


確かに威力も増しますから。
しかし、人間相手の場合だと相手がこちらに向かって
攻撃してくるということも想定しなければなりません。
その場合、振った手は上半身を無防備にします。

上地流の人なら後々分かってくると思いますが、
例えば、あなたがミドルを私に決め、
私が防御なしのあなたの顔面にパンチを決めた場合、
あなたのミドルは普通に痛い程度ですが、
私はあなたの鼻や歯を折っています。

威力がある蹴りなんてその程度のものなんです。
ミドルやローでは相手を倒すことはできないけど、
顔面一発のパンチは相手に大ダメージを与えることが出来る。

そう考えると、どちらを最優先に守るべきか、
また、どこを攻撃するべきかわかってくると思います。

空手はあくまで護身術です。
威力のある蹴りよりも自分を守ることを考えなくてはなりません。
スポーツ空手を考えるなら、
威力があっても振りの大きいミドルは打ちません。
他回答者様が答えている通り、無防備になる、見破られる、掴まれる、
大ダメージを与えにくいということだからです。
    • good
    • 0

おんなじだけど、別の視点から。



合気柔術系総合のスタンスで。

モーションですね。予備動作で、何が来るか分かってしまうと、

合気の人間には、捕られますよ。

ブラジリアン柔術とかあの辺の、攻撃してくる連中でも、

予備動作が大きすぎて、柔術とは思えないような蹴りを撃ってくることもあります。

「未発の発」 あるいは 「未明の明」とも言うのですが、

分からないうちに来ている! これが一番防ぎにくいので。

強さよりも、分からないうちにを重視しているのだと思いますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング