ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ハリアークラスのSUVですが、タイヤ交換を予定しています。
スプリングで3cmリフトアップしているため当然
リフトアップ後にアライメントをとっています。
そこでタイヤ交換なのですが、
今のサイズ215/65R17を 225/65R17にする場合、アライメント調整を
もう一度したほうが良いのでしょうか。
個人的な素人見解では
タイヤサイズとして外形で10mm大きくなる程度ですが、
タイヤサイズが5cm大きくなろうと、
ホイールの付け根からタイヤの真下までは結局垂直になるだけ
なので必要ないかなとは思います。
大切に乗っている車なので、専門家様のご意見お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 クルマの操縦安定性と懸架装置の研究で食ってる者です。

要するに『作る側のヒト』というワケで。
 この手の話し、個人的にも相談を受けることが多いんですが・・・

※タイヤ交換だけでアライメントが狂う事は、まずありません。
 クルマかどうか以前に、冷静に機械工学的に(もっと詳しく言うなら機構学的に)考えてみてください。
 アライメント測定とは、単輪ではキャンバ角、トゥイン/アウト、キャスタ角、KPI(キングピン傾角)などホイールの位置決め剛性(タイヤを保持している強固さ)、車体全体ではインクルーデッドアングル、セットバックなど懸架装置4輪分の車体取付に関する寸法を計測する行為であって、タイヤ交換(=ホイールナットを外してまた締め直すだけ)で狂うところは全くありません。別にクルマでなくても、ちょっとでも機械装置が理解出来るヒトにとっては明白な事です。

※よく、『ちょっと走ったらトゥが2分(2度じゃないですよ)ずれた』などと訴えるヒトがいますが、それは測定誤差に過ぎません。車体を上下にゆするとか、ハンドル周上に操舵方向にちょっと力を加えるだけで(目に見えてハンドルを回さなくてもチカラを加えるだけで)、測定機(恐らくバイスバースかジョンビーン辺りの電波式か光学式アライメント測定機を使っているのでしょうが)の表示で1分や2分はフツーに狂います。(風が吹いたって変わりますよ。)
 そもそも、ちょっと、どころか1000kmや2000km走っただけでアライメントが『操縦安定性上検出可能なほど』狂う様な脆弱なサス設計などしていません。こういう話は大変心外ですね。

※ついでに。
 アライメント測定にはガソリン残量が重要になりますが、これにはメーカ指定量が必ずあります。
 もしいくら調べても指定ガソリン量が発見出来ない場合は、ガソリンがどれほど入っていようと、アライメントの各数値はメーカ指定の範囲内に入る、と解釈してよい事になります。

・・・っというワケで。

>個人的な素人見解では
タイヤサイズとして外形で10mm大きくなる程度ですが、
タイヤサイズが5cm大きくなろうと、
ホイールの付け根からタイヤの真下までは結局垂直になるだけ
なので必要ないかなとは思います。

 御意。ホイールセンタから直行する方向に車高が上がるだけなので、アライメントが狂う事はありませんし、もしタイヤ交換程度で狂うなら、そのサスは何か重大な故障を抱えています。

 但し・・・
 サスキットを組まれてアライメントを測定したとのことですが、その後どのくらい走行されているのでしょうか?
 ディーラや町のショップでのサス組換え後は、ある程度の距離を走行した後のブッシュ類のヘタリや調整不良(というより『調整不十分』かな?特に前輪のトゥイン/アウトで見られますね)が出る事があるので、時間と財力に余裕があるなら再度アライメントを測定してみるのも無駄ではありません。(勿論これはタイヤ交換自体とは何の関係もない話であって、サス組換え後に結構走ったなら再度アライメントを測る価値はゼロではない、というだけです。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。大変参考になりました。サスキット及びショックアブソーバ含め交換後8000kmくらい走行してます。足回りはできるだけ推奨時期で交換しているので経年劣化によるへたりはあまりないかと思います。定期メンテナンスのひとつとしてアライメント測定をしても良いですね。ありがとうございました

お礼日時:2010/04/03 23:36

一つ言い忘れました。


もしタイヤ交換後にアライメントを測定するなら、少し距離を走ってから測定して下さいね。
1000kmも走れば十分でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。一度測定してみれば一目瞭然ですね。デジタルでばっちり出ますから。アライメントが条件などで細かくぶれるとは。初めて知りました。

お礼日時:2010/04/03 11:26

アライメントの必要有無は測定してみないと判らないでしょう。


極端に狂っていればいれば直さないといけないし、許容範囲内なら問題ないと思うし。

ただ厳密にいえば、タイヤを交換した時点でアライメントは狂います。
アライメントは車体のいろんな条件が複合されて成り立ちます。
そんな単純なものではありません。
たとえば一輪アライメントが少しずれただけで全体が狂います。
対角上にあるタイヤが影響を受けやすい傾向もありますね。
これはタイヤの接地圧の変化によりバランスを崩すためです。
燃料の量でも変わってきますし、ましてリフトアップしている時点でロールセンターがずれているのでアライメント以前の論外ですね。厳密にいえばですよ!

ただ普通に乗るにはそこまで必要かは何とも言えません。
本人が操安性をどこまで求めるかで変わってきますし・・・

たとえば操安性よりもタイヤの偏摩耗のほうが気になるなら、一応測定はしたほうが良いと思います。
タイヤが偏摩耗してからでは遅いですからね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアライメント調整はどこでするのがいい??

近いうちにアライメント調整をしようと思います。
ちなみに車種はH12年レガシィです。

アライメント調整はどんなに高性能なテスターを使おうとも、
結局整備士の腕で良し悪しが決まると聞きました。

実際はどの程度違うのでしょうか?

ディーラーなら一番安心できそうですが、工賃が凄そうです。
量販店はバイトの兄ちゃんがやってそうなので怖いです。
チューニングショップは敷居が高くて入りづらいのと、
いきなり行って「アライメント調整お願いします」なんて言っても適当にされそうな感じがします。←私の先入観ですけど。。

みなさんはアライメントはどこで調整されてますか?
また違いが分かる方おられましたらいろいろ教えてください!
あるいは量販店だけはやめろとか、よっぽど腕のいい整備士じゃなきゃ差は出ないとかもあったら教えてください。

走り方は通勤メイン+時々峠+年2,3回サーキットです。
サーキットはお遊び程度で腕も無いしタイムも気にしてません。
車はライトチューンだけです。

凝ったアライメントにするつもりもないですし、
そこそこ出回ってる車種なのでたとえバイトの兄ちゃんがやったとしても問題ないかもですが、
やっぱり気分的にイヤです。

よろしくお願いします。

近いうちにアライメント調整をしようと思います。
ちなみに車種はH12年レガシィです。

アライメント調整はどんなに高性能なテスターを使おうとも、
結局整備士の腕で良し悪しが決まると聞きました。

実際はどの程度違うのでしょうか?

ディーラーなら一番安心できそうですが、工賃が凄そうです。
量販店はバイトの兄ちゃんがやってそうなので怖いです。
チューニングショップは敷居が高くて入りづらいのと、
いきなり行って「アライメント調整お願いします」なんて言っても適当にされそうな感じがし...続きを読む

Aベストアンサー

調整作業の部分で 個人差が出るか ご心配なのですよねー
自分も同感です。

量販店は論外 避けましょう
ディーラー 高くても その車について知り尽くしているので 最適な調整方法や 狂いに関しての 原因特定なども期待できますよ 
1万や1.5万円の違いで 後に後悔するより 高くても確実や 不具合発生や再調整時には 無償や割引サービスも期待できるディーラーが良いのでは 選択方法は 料金ではなく作業の確実性で選ぶものです。
12ヶ月点検などと同時にやれば 割引交渉もしやすいです。

Qタイヤ交換時のアライメント調整は必要ですか?

 H10年式トヨタアルテッツァAS200に乗っています。タイヤはダンロップのルマンLM702のサイズ205/55/17を5年くらい履いておりまして、1ヶ月ほど前にアライメント測定のためにショップを訪れました。その際に店員さんから
「タイヤが結構磨り減っていて危険ですので新品のタイヤを購入してから調整なさってはいかがですか?」
と提案していただいたのですが、予算の兼ね合いもありその古いタイヤのまま測定を行い、その結果若干狂っていましたので、調整も行いました。
 その後やはり危険であると判断し、本日同ショップにて同じサイズのトーヨーT1Rに交換を行い、バランスもとってもらって帰途に着いたのですが、ハンドルが若干右に傾いた状態でまっすぐ走るためショップに戻り状況を伝えたところ、
「おそらくアライメントが狂っているために調整が必要です。」
と説明を受けました。
 同サイズへのタイヤ交換だけで再度アライメント調整は必要なのでしょうかか?私のイメージでは車高を落とした場合や、インチアップをした場合、縁石にヒットした場合は必要なのかな…とは思うのですが…(もちろんこの1ヶ月の間にそのような事実はありません)
 タイヤ交換でもアライメント調整が必要と分かっていたら、最初に訪れたときに新品のタイヤに交換した後に調整をしてもらえば良かったと今すごく後悔しています。
 長文になりましたが、ご教授のほどよろしくお願いします。

 H10年式トヨタアルテッツァAS200に乗っています。タイヤはダンロップのルマンLM702のサイズ205/55/17を5年くらい履いておりまして、1ヶ月ほど前にアライメント測定のためにショップを訪れました。その際に店員さんから
「タイヤが結構磨り減っていて危険ですので新品のタイヤを購入してから調整なさってはいかがですか?」
と提案していただいたのですが、予算の兼ね合いもありその古いタイヤのまま測定を行い、その結果若干狂っていましたので、調整も行いました。
 その後やはり...続きを読む

Aベストアンサー

 クルマの研究で食ってる者です。
 正直なところ、非常に憤慨しています。

※アライメントは、車両組立て時に既にバラつきがありますが、それは『性能に明確な差が出ない』範囲で押えられています。

※車両の走行距離が伸びるとアライメントは狂いますが、これも『性能に明確な差が出ない』範囲に収まっているかどうか、新型車の開発過程でちゃんと検証されています。そしてもし、走行距離で性能が著しく劣化するのであれば、取り扱い説明書に『XXXkm走行毎にサスペンションのオーバーホール』と記載します(日本車では、こういう記載事項が入っているクルマは無いはずです)。
 クルマの開発者は、明確な性能劣化をほったらかしにしておくほどマヌケではありません。

※現実問題として、年数が経ったクルマでは明確な性能劣化が起こっていますが、それはアライメントが狂っただけではありません。この場合は車体剛性の低下(車体は、設計段階で『しなり』が考慮された構造体なので、繰り返し応力による剛性低下は免れません)、車両重量の変化(例えば・・・古いクルマでは車体閉断面部へのホコリの堆積なども明確に車両重量が変化しています)など幾つかの原因の複合で、性能が劣化します。
 どんな機械にも耐用年数があります。クルマが古くなったことによる性能劣化は、単に機械としての耐用年数が近付いている(或いは既に耐用年数に達している)だけです。この場合、おカネをかけてブシュ類を打ち変えたりアライメントを調整するだけで、どれほど性能が戻るのか・・・?

※タイヤ交換だけでアライメントが狂うことは絶対にありません。
 理論的に考えてみてください。タイヤ交換ではアライメントに影響する様な作業はありません。『ブシュ類が劣化していると・・・』と言う話はよく聞きますが(よくユーザー様から『聞かされます』が)、実際にブシュの劣化でどれほどホイールロケーション(ホイールの位置決め)がずれるのか、実際には誰もデータを持っていないはずです。(勿論、クルマを開発している側は明確なデータを持っており、その結果アライメントがどれほどズレるかも検討した結果、取扱説明書に『XXXkm走行毎にサスペンションのアライメント調整』『XXXXkm走行毎にサスのオーバーホール』などとは書かないワケです。)
 ショップのヒトはすぐに『アライメントが狂って・・・』と言いますが、具体的にどこがどう狂うのか説明を求めてみてください。工学的に明確な回答は得られないはずです。(そもそもそんなヤワなサスでは、アライメントなどいくら調整してもブレーキ一発で狂ってしまいます。もし逆に『いや、コレコレこういう理由でココが狂う』という反論があったなら、ここで再度アップしてください。全て工学的に論破します。)

※さて、タイヤ交換後に偏向性が出たという件ですが。

1)タイヤ交換前は、本当に完全な直進性が得られていましたか?
 タイヤ自体は、カンタンに言うと布を重ねた様な構造です。重なっているのが布である以上、編み込みに方向性があり、これがタイヤ毎のクセとなって現れます。
 今までも弱いながらも偏向性があり、タイヤ交換でそのクセが増幅された、という話しは結構あります。

2)もし今までは完全な直進性が得られていたなら、今までのタイヤの偏向性とクルマの特性(サスや車体を完全に左右対象に作ることは不可能なので、ある程度のクセを持ちます)が良く一致していたと考えられます。(交換前のタイヤは、新車装着タイヤでしょうか?メーカ装着タイヤは、見た目が市販タイヤと同じでもタイヤ自体のチューニングが違うので、直進性や乗心地に関しては市販タイヤよりマッチングが良いタイヤとなっています。更に、工場の完成検査で直進性がNGになった場合、許容誤差内で左右のアライメントを調整し、直進性を確保するという手直しも行われます。この様にタイヤ込みでチューニングされたサスに汎用タイヤを装着した場合、直進性が明確に劣化することは十分考えられます。)

3)一方、全く別の原因も考えられます。疑いだしたらキリがない、という感じですが・・・それはズバリ、『タイヤ交換前のアライメント調整』です。
 アライメントは何というメーカの計測器で測定したのでしょうか?或いは、測定作業はどの様な段取りで行われたのか?
 ワタシ、ちょうど昨年末から半年ほどかけて、仕事でアライメント測定装置のメーカ毎の誤差や誤作業による測定ミスの範囲について調査したところですが、正直なところ、装置や作業者によっては必ずしもアテにはならない、という結論となりました。
 っと言うワケで、アライメント調整後何か変化はありませんでしたか?
 何か微妙な変化があったなら、アライメント調整自体が間違っていたか、元々上記2)の理由で、左右のアライメントを正確に対象にしてはいけないクルマだったのかもしれません。
 一方、もしアライメント調整をしても何も変化が無かったのなら、最初の狂いは『設計上の許容誤差内』に収まっており、神経質に調整しなくても性能は変わらなかったという事に・・・。

※さて対策ですが、直進性が確保出来るように前後左右のアライメントを調整するだけです。
 左右のアライメントが同じにならない可能性もありちょっとキモチ悪いですが、上述致しました様にクルマの製造段階で完全な左右対称とすることは現実的に不可能なので、アライメントの左右差で直進性を改善することは普通に行われています。(これも、いわゆるサスペンション・セッティングの一つであり、レーシングカーの様な精密なクルマでも行われています。市販車では・・・具体的な車名は言えませんが・・・左右のキャスタ角の差を0.5deg以上も付け、それを直進性の市場クレームに対する改善手段としているクルマもあるほどです。)
 このアライメント調整は、ホントは『走っては調整し、走っては調整し』を繰り返さなければなりませんが、慣れているメカニックの方なら一度か二度の調整でベストなセッティングを出されるでしょう。アライメントを計測されるショップでよく相談してみてください。アライメントの修正に独自の工夫と見解を持っているショップなら、『アライメントを調整した結果直進性が悪くなった』という状況を見過ごしはしないはずなので、ハンドル偏向性がガマン出来るレベルまではアライメントを調整してくれると思われます。

 クルマの研究で食ってる者です。
 正直なところ、非常に憤慨しています。

※アライメントは、車両組立て時に既にバラつきがありますが、それは『性能に明確な差が出ない』範囲で押えられています。

※車両の走行距離が伸びるとアライメントは狂いますが、これも『性能に明確な差が出ない』範囲に収まっているかどうか、新型車の開発過程でちゃんと検証されています。そしてもし、走行距離で性能が著しく劣化するのであれば、取り扱い説明書に『XXXkm走行毎にサスペンションのオーバーホール』と記載します...続きを読む

Qタイヤ外径をアップした場合の利点と不利点

タイヤ外径をノーマルを一回りアップした場合、性能面では、

利点:
・同じ走行距離で比べると回転数が少なくなり摩耗が少ない⇒長持ちする

不利点:
・発進時や登坂でより強いトルクが必要となる(ハイギヤード化)⇒発進にもたつき感が出る?

があるかと認識してますが、間違いや過不足あれば教えてください。

サス、ホイール径は変わらないという前提で、フェンダーなどとも干渉しない程度のサイズアップを想定した場合です。

Aベストアンサー

先ず、スピードメーターの問題はありません。
メーターが車検でNGになるほど大きくすると・・・車体に当ります。
車体に当らなければ車検では、ほぼ合格します。(普通の乗用車なら)

燃費は良くなります。
ただし、一定の速度で走行した場合です。
高速などを一定の速度で走ればかなり良くなります。
特に軽バンなどの3ATでは大きく改善します。
そのかわり、ストップ&ゴーが多いと悪くなります。

タイヤの減りは変らないです。
ブレーキ性能も変らないです。
(変るほど大きく出来ません)
最小回転半径も変らないです。
(ハンドル切れ角が変わるわけでは無いです。)

一番良く感じるのは、
加速が悪くなる
駆動力が小さくなるので、登坂力が無くなるです。

直径で1cmぐらいなら誤差の範囲です。
2cmを超えるとかなり体感できます。(排気量が大きいと体感しにくくなります)

Qエクストレイル リフトアップ

エクストレイルのリフトアップを考えているのですが、リフトアップ自体が未知の世界なので教えてください。
スプリング交換のみで車高があがるのでしょうか?
作業自体は個人でできるのでしょうか?

Aベストアンサー

エルフォード社からノーマル1.5ンチアップのコイルのみ販売されていますが、下記の問題が生じます。
※リフトアップコイルとノーマルダンパーを組み合わせた場合、ストロークが足りないノーマルダンパーがオイルもれ等を起す可能性があります。
また、リフトアップをした場合に過大なキャンバー変化が起こる為、ピロアッパーマウントなどの装着が必要になってきます。

下記のURL(4WD通販ドットコム)で、エクス用のリフトアップに関する、商品が紹介されています。

エクス自体、リフトアップしても3センチほどでやめておいたほうが無難だと思います・・・。

作業ですが、一度もやったことがないのであれば、やめておいたほうがいいと思います。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/4wd-tuhan/index.html

Q外径が25mm違うと何キロスピードメーター狂いますか?

フィットに乗ってます。純正タイヤが14インチで18インチにインチアップすると外径が約25mm違います。スピードメーターは何キロ誤差が出るでしょうか?詳しい方教えて下さい。あと車検は40キロ出した時の10%まで大丈夫ということなので、4キロまでなら誤差がでても大丈夫ってことですか?車検通りそうですかね?

Aベストアンサー

車検時の速度計誤差:
自動車の速度計が40km/hの時のスピードメーターテスターの指針 は下記のようになります。
・31.0~44.4km/h(H 18.12.31以前製作車)
・31.0~40.0km/h(H 19.1.1以降製作車)

自動車検査業務等実施要領
4-34(速度計等)
・4-34-1 平成18年12月31日までに製作された自動車
10(V1-6)/11≦V2≦(100/90)V1
・4-34-2 平成19年1月1日以降に製作された自動車
10(V-6)11≦V2≦V1

V1は自動車に備える速度計の指示速度(単位 キロメートル毎時)
V2は、速度計試験機を用いて計測した速度(単位 キロメートル毎時)

速度計の指度の誤差について、速度計の指度が実際の車両速度を下回らないものであること等と改正されたため H 19.1.1以降製作車では メーター読み≧実車速となり、標準サイズより直径の大きなタイヤは車検不合格となります。

Qリフトアップしたいのですが・・・。

70のプラドに乗って結構経ちます。今さらですがリフトアップしたいのでいろんな
HPを見て回ったんです。でも、どのページでも「私の使ってるのは・・・です」
みたいな感じで、「いったいリフトアップには何が必要で、そのパーツはどういう
役目をするのか」を知りたがっている超初心者の私にはわけがわかりません。
あるページで「6インチくらいがベストかな」と言っていたので、(何がどう6インチなのかわかりませんが)
それを鵜呑みにして私も6インチ上げたいなと思ってます。
雑誌等で調べると全部で30万くらいするじゃないですか・・・。
お金は無いがやる気はあり。30万は無理だから
出来れば中古でそろえることが出来ればなぁっと思っています。
そのためには、「何が必要で、そのパーツはどういう役目をするのか」を
知りたいんです。お願いです。教えてください。

Aベストアンサー

70って事はフロントもコイルリジットですよね。たしかに2番の方の言う通り
車のバランスが崩れないリフト量は2インチまでだと思います。自分は80で6インチ上げて乗っていますが、きっちりした車作りをするならそれなりのお金が掛かります。「出来れば中古でそろえたい」との事ですが絶対にやめたほうがいいですよ!前のオーナーがどんな使い方してたか分からないし、6インチあげる為に欲しいパーツが全部揃えるとは思いません。今では6インチフルキットなるものが色々なショップから出てると思うのでそれを購入する事を勧めます。6インチ上げたい
ということなので6インチの利点は車高が上がった事によって外形の大きなタイヤがはける。そうするとステアケースとかの乗り上げ抵抗が小さくなる。モーグルなんかに入るとタイヤが大きいので浮きにくくなる。ハラ下がつかえない。etc
欠点は、タイヤの外形が大きくなるのでギアがハイギアになるので、出だしや中間
加速が鈍くなる。特にマニュアル車のクラッチは相当の負担が掛かる。(ファイナルダウンやトランスファーダウンが必要。自分はやってない)
スプリングで上げると変なよれが出る。(波打った路面など)これはデモカーに
乗らしてもらった時もそうだった。(70プラド)etc
オンロードだけなら硬いスプリングに強いスタビを入れればロールは気になりません!クロカンサスはロールしますがきになりませんよ。車高事情ってのもその地域によってはありますし、「何をしたいか」でおのずと車高は決まってくるでしょう。

70って事はフロントもコイルリジットですよね。たしかに2番の方の言う通り
車のバランスが崩れないリフト量は2インチまでだと思います。自分は80で6インチ上げて乗っていますが、きっちりした車作りをするならそれなりのお金が掛かります。「出来れば中古でそろえたい」との事ですが絶対にやめたほうがいいですよ!前のオーナーがどんな使い方してたか分からないし、6インチあげる為に欲しいパーツが全部揃えるとは思いません。今では6インチフルキットなるものが色々なショップから出てると思うのでそ...続きを読む

Qブッシュ交換について

以前、車の雑誌で「ブッシュを交換すると走りが改善される」とあり、費用も小額だったと
記憶しているので交換しようと思うのですが、具体的にはブッシュとはどの部分の部品なのでしょうか?
某車用品店の店員さんのお話では、「バネとアッパーマウントの間のゴム」との事だったのですが
ほかにもありますでしょうか?
費用にもよりますが、できることならまとめて交換したいので。

Aベストアンサー

大雑把にいって、ブッシュとは、主に車体下部の骨組み(これがまあ主としてアーム類といわれるもの)の関節部に組み込まれている円柱状の硬質(準硬質)ゴム全般のことを指します。
広義では、エンジンやミッションを乗せ支えているマウントと呼ばれるものや、labrakunさんが質問欄でいわれている、スプリングシート等も含まれます。

ゴムですので、一般的に、硬化し弾性のなくなった劣化具合を、目視で客観的に認識しやすい反面、ある程度痛んでいても、アーム類が外れでもしない限り(そんなことまず起こりませんが(^^; )、そこそこ走れてしまい、正直、一般のドライバーであればあまり気にならないことが多いです。
ですが、それ故、それらを交換すると、ゴム本来の弾力が戻り、しっかりさや、しなやかさの改善を実感できることが多いといわれます。
スポーツタイプの車種では特に顕著にそれが感じられ、足回りのチューニングでは、サスペンション調整とほぼ同時位にやるべき重要メニューとされているのが一般的です。

種類としては、メーカー純正品、強化タイプ、ウレタン、そして、ゴムではなくなって、金属ジョイントのピロボールとよばれるものがあります。
純正品以外は、使用目的やドライバーの腕に依存することが多く、逆に振動が大きくなったり、動きがピーキーなったり、寿命が短かったりすることがあり、基本的に一般ドライバーは純正品の新品で十分でしょう。

また、交換の費用内訳ですが、上記種類により、一応価格差は存在するものの、ブッシュそれ自体はそれほどでもありません。それよりも、labrakunさんがどの程度を高額と考えられているかはわかりませんが、このチューンは一般的に工賃が高い(もしくは、高いと感じられてしまう)ので有名ですw

油圧式の機材などを使用して、固いブッシュを、ひとつひとつアームより、抜いては入れ、抜いては入れを繰り返す為、どうしてもそうなってしまうようです。
車種や、交換箇所数、ショップにもよりますが、いわゆるブッシュ全交換メニューは、工賃のみで、安くても3万はまず下らないことが多いと思います。
また、これも車種で異なる可能性がありますが、一部のアームはブッシュを抜く際、アーム自体が痛んでしまうために、再利用できないものもあります。

そう言ったわけで、これらの費用を入れての総額は、結構な値になってしまう割に、なにかパーツをつけたぞ、というような目に見える分かりやすい変化がないため、ショップの方も、なかなかお客さんに勧めにくいそうです(^^;)

とはいえ、効果ははっきりいってお墨付きですし、スポーツ走行を前提としている方は、まず殆ど行っている、いわば、本質を考えた玄人的なチューンメニューです。
予算の都合がつきそうでしたら、ぜひ試してみてください。足回りのシャキッと感は結構嬉しいものですよ。(*^-^)

大雑把にいって、ブッシュとは、主に車体下部の骨組み(これがまあ主としてアーム類といわれるもの)の関節部に組み込まれている円柱状の硬質(準硬質)ゴム全般のことを指します。
広義では、エンジンやミッションを乗せ支えているマウントと呼ばれるものや、labrakunさんが質問欄でいわれている、スプリングシート等も含まれます。

ゴムですので、一般的に、硬化し弾性のなくなった劣化具合を、目視で客観的に認識しやすい反面、ある程度痛んでいても、アーム類が外れでもしない限り(そんなことまず起こり...続きを読む

Qインチアップのアライメント調整は必要ですか?

ホンダフィットに乗ってます。今純正アルミ15インチはいてます。
ロクサーニのDIVAというアルミが欲しいんですが、16と17インチがあります、どっちにするかはまだ決めてません。インチアップするとアライメント調整は必要ですか?ちなみに新車で購入して足回りは何もいじってません。あと乗り心地が気になるんですが、インチアップすると悪くなりますか?17インチまで履いても車検は普通に通りますか?
足回りについては初心者だし、重要なとこなんで詳しい方色々教えて下さい。

Aベストアンサー

アライメントの調整は本来車高落とした時に
タイヤが傾くからそれを直すためにやるという程度のものなので
アルミのインチを上げただけであればあまり気にしなくてもいいかと思われます。

乗り心地に関してはアルミというよりはタイヤの問題に近いです

扁平率の低いタイヤはその分だけ空気が入らないから段差での衝撃が痛い
車高落としてないということであれば17インチはやめた方がいいです。

フェンダーとタイヤの隙間が空いてる状態で扁平率の低いタイヤ付けても
あまり格好のいいものでは…

ちなみにタイヤがはみ出るとかなければ車検には問題ないです

Qエンジンオイル交換はどこがお得?

そろそろエンジンオイルが汚れてきたので、オイル交換をしようと思っているのですが、
どこでするのが料金的にもお得なのか迷っています。

近所のディーラーで聞いてみると、オイルのボトルキープが出来て、
10リットルで6300円。有効期間は1年間だそうです。工賃込み。
ちなみにオイルは一回で4リットルほど使うとのこと。
オイルは「最高級エンジンオイル」とのことです。
ですが、エンジンオイルにはグレードがありますよね?
たしかAPI規格とかいうものだったと思うのですが…。(SG、SH等)
どのグレードかはちょっとわかりません。
ディーラーではすごくお得ですよと薦められましたが、
オートバックスにもオイル会員っていうものがあることを知り、
どっちが安いんだろうと悩んでます。
店頭では980円とか言う特価品(確かSG)もありましたが、
それってどうなんでしょうか?
オートバックスだと工賃は確か500円ぐらいだったと思います。
オイル会員は年会費1000円が必要で1年ごとに継続料500円がいるとのこと。

これらのことを含めどちらがお得なのでしょうか!?

そろそろエンジンオイルが汚れてきたので、オイル交換をしようと思っているのですが、
どこでするのが料金的にもお得なのか迷っています。

近所のディーラーで聞いてみると、オイルのボトルキープが出来て、
10リットルで6300円。有効期間は1年間だそうです。工賃込み。
ちなみにオイルは一回で4リットルほど使うとのこと。
オイルは「最高級エンジンオイル」とのことです。
ですが、エンジンオイルにはグレードがありますよね?
たしかAPI規格とかいうものだったと思うのですが…。(SG、SH等)
どのグ...続きを読む

Aベストアンサー

1Lあたり630円なら安いと思います。ディーラーなら純正オイルと思われますのでメーカー推奨はクリアーしているはずです。

オイルは距離に関係なく最低半年に1回は交換が必要です。ですので最低の期間で交換しても2L余りますがそれでも安いと思います。

ちなみにオイルが安いのは、ディーラーは小分けのカンで仕入れているのでは無く200Lとかで仕入れているので安くなるのです。

Qホイールとタイヤサイズ 許容範囲

こんばんは
ホイールは1サイズで大体
±でどのくらいの
種類のサイズのタイヤをはめられるのですか?

例えば
エルグランドのE51(先代の)のホイールサイズは
17×6.5jjでタイヤサイズは215/60R17です
このばあい17x6.5JJのホイールには
このタイヤサイズのタイヤしか履けないのですか?

多少でもタイヤ幅が広かったり狭いタイヤを使ってはいけないのでしょうか?
17x6.5JJの6.5という部分によって
履けるタイヤ幅が決まってくるのですか?
その場合この数(リム径?)にどんな計算を
すれば、そのホイールに履けるタイヤ幅・サイズが
分かりますか?

ごちゃごちゃになってすみません
よろしくお願いします

Aベストアンサー

質問文の6.5というのはホイールの幅です。6.5インチという意味ですので、mmで表せば6.5×25.4=165.1mmです。

タイヤの太さは215という数字で単位はmmなので215mmです。

すなわち、計算では165.1mmの太さのホイールに215mmの太さのタイヤが装着されている、ということなのですが、こうやって計算しても「じゃあ、225mmのタイヤは付くのか?」ということは正確には分かりません。

>多少でもタイヤ幅が広かったり狭いタイヤを使ってはいけないのでしょうか?

タイヤの種類によりますが、例えばヨコハマのあるタイヤを例に取ると、下のURLに示すタイヤリストを見ます。

http://www.yokohamatire.jp/yrc/japan/tire/brand/bluearth/bluearth_rv01_size.html

すると、サイズ215-60-17の欄を見れば、標準リムが6 1/2Jとあります(6.5Jのことです)。このタイヤでこのサイズの場合は6.5Jのホイールを標準と想定している訳です。しかし横の欄に適用リムがあり6~7 1/2Jと書いています。すなわち6.0J~7.5Jの範囲のホイールなら問題なく履けることが記されている訳です。

例えば質問者様が215-60-17から225-55-17に変えたいと思えば、そのサイズを見てみると、適用リムは6~8Jとなっているので、最低でもこのタイヤに限れば、6.5Jのホイールに問題なく装着出来るということが分かります。

※タイヤ外径の変化に注意

タイヤサイズを変えると、外径が変わる場合があります。太さを変えることにより全く同じ外径と出来ない場合は、「少し小さめ」とするのが望ましいです。大きめにすると、スピードメーターの誤差が危険側になり車検に通らなくなったりします(必ず通らないという訳ではありませんが、本題からズレるので詳細は割愛します)。

なので、215-60-17から17インチのまま225にする際には、扁平率を60→55に落とします(扁平率は太さに対する厚みのパーセンテージです。60なら太さの60%が厚みという意味です)。

すると上記カタログのタイヤなら、215-60-17の外径が690mm、225-55-17の外径が680mmであり「少し小さいのでO.K.」となります。

なお、サイズ毎の外径はタイヤの種類やメーカーでバラバラですが、理論値の計算は以下の通りです。

215-60-17の場合

2×(215×0.60)+17×25.4=689.8mm

225-55-17の場合

2×(225×0.55)+17×25.4=679.3mm


※JとかJJの記号

一般的には無視して構いません。

以上です。参考になれば幸いです。

質問文の6.5というのはホイールの幅です。6.5インチという意味ですので、mmで表せば6.5×25.4=165.1mmです。

タイヤの太さは215という数字で単位はmmなので215mmです。

すなわち、計算では165.1mmの太さのホイールに215mmの太さのタイヤが装着されている、ということなのですが、こうやって計算しても「じゃあ、225mmのタイヤは付くのか?」ということは正確には分かりません。

>多少でもタイヤ幅が広かったり狭いタイヤを使ってはいけないのでしょうか?

タイヤの種類によりますが、例えばヨコハマのあるタ...続きを読む


人気Q&Aランキング