ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

道具となる原料の時代変遷は、
石器時代→青銅器時代→鉄器時代で良かったでしょうか?
いったい現代は、何時代でしょうか?
鉄の消費量から見るとまだ鉄器時代なのですか?
電機・電子の発達やリサイクルなど踏まえると、
Si時代、Mg,Ti時代、プラ時代、再生紙時代なんでしょうか?

A 回答 (3件)

ちょっと過激にIP時代ってのはいかがでしょうか?



IP:Intellectual Property 知的財産権

これが国力や個人の優劣・貧富を決定する時代にはいっているのかなと思い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
物質に依存しない頭脳の時代ですね。

お礼日時:2010/04/17 13:16

道具一般をいうより、多分、武器に使用する(最も硬く、敵を威圧する)材料としての時代ということではなかったかと思います。

そういう意味では今はウラニウム?
重量的に考えれば今でも最大使用マテリアル:鉄(鉄鋼ですが )の使用量はプラスチックなどと比べて桁違いに多いわけで、21世紀もこの傾向は変らないと思います。ただ、日常生活における最重要なマテリアルという観点から考えれば、既に鉄はそのピークを過ぎたと思います。シリコンウェハーなど半導体の最先端的重要性からして、現在を新石器時代と呼んだ評論家もいます。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2010/04/10 10:24

石器時代→青銅器時代→鉄器時代


って、それが始まった時期をあらわすもので、終焉はないです。
したがって今でも
石器時代、青銅器時代、鉄器時代は続いている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 15:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング