【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

3代目レガシィに乗っています。
走行15万キロです。
最近、後輪タイヤが段差や、急な坂道に進入する際に
フェンダーに干渉するようになりました。
「ガコッ!」と大きな音がして、タイヤにも傷が入っています。
これは原因は何でしょうか?また、対策はありますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

完全に リア ショックアブソーバーの抜けですねー


急激な 段差の衝撃に 踏ん張りが効かず 縮んで フェンダー干渉なのでしょう。

ホイール交換も 純正オフセット 55mmから おそらく48mmとかになってるのかと推察します。
オフセット値が減れば 外側に出てきます ツライチに近くなる感じです。
外側に出れば フルボトムで フェンダーの外側に 擦り易くなります。

アブソーバーの抜けは 徐々に進行し スカスカになって行きます
そうなると インナーフェンダーを巻き込み 剥がし取る事になっちゃいます。

早々に リアのアブソーバー交換を必要とします。 このまま高速道路走行も危険です。

ターボ車なら 改造交換する人が多く 中古が ヤフオクなどに多く出ています。
程度か良く 安い物を捜し 購入し交換 純正なら ディーラーでもやってくれるでしょう

リアのみ の出品は、少ないので フロントも含み 購入し 4輪分交換しちゃいましょう
フロントも 時間の問題なので。

ターボ車出ない場合 中古は あまり流通しません
純正アブソーバーも高いので こういう場合は カヤバNewSRスペシャルが 純正代替え品になります 純正より若干固いですが 気になる程では有りません 安いので 交換し易いと思います。
サス(コイルスプリング)はそのまま再利用 アッパーマウントは へたってるので 純正新品に交換して下さい
    • good
    • 0

少ししか接触しないのでしたら車高を少し(5mm~10mm)上げてみてはいかがですか?


以前オークションでそのような商品を見たことがあります。
値段も安かったと思います。
「車高 アップ」とかで検索すれば見つかるかも?
参考までに。。。
    • good
    • 0

No.4での追記です。



 暫くの対応でしたら、外形が少し換わりますので余りお勧めできませんが、
1サイズ(10mm)幅の狭いタイヤを履かしてみるのも手かと思います。
タイヤも中古を探されたらと思います。但し、4WDですので、4本共の交換になりますが。
 もしくは、太いタイヤを履かすときに良くやる手として、フェンダーアーチの部分で内側に出ている
爪の部分を内側からハンマーで叩くという方法もありますが、下手をすると、塗装が割れます。

 まあ、タイヤの方がコストは掛かりますが、無難かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

爪折りは検討してみたいと思います。
タイヤは・・・安いのがあれば(汗)と思っております。
追記ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/04 17:18

詳細には把握できませんが、スバル乗りとして以下と思います。



1.「ガコッ」 という音ですが、ショックがへたっているためと思います。
 当方でも、バック時に段差を超えるときに音がしていて、ドライブシャフトかなと思いましたが、
 ショックを交換したら、解消しました。
2.フェンダーに干渉の件ですが、ショックが沈み込んだときタイヤの外側が干渉していると思います。
 そうなると、使用されているホイールが分かりませんが、オフセット等が適正でないか
 リム幅/タイヤ幅の広いものを使用されていて、そのために干渉しているのかもしれません。
 当方のインプレッサも、GDBのものを使用したら、沈み込んだときにフロントフェンダーを干渉します。
 もしくは、ショックが抜けてバンプラバーに当たってフェンダーに干渉しているのかもしれません。

 タイヤの内側が干渉しているのでしたら、オフセットが適正ではありませんので、ホイール交換しか
対応の方法がありません。

 何れにしても、今までショックを交換されていないのでしたら、交換されて様子を見られるのが良いかと思います。(ショックの寿命は、15万kmも持つとは思いませんので)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
この回答を見まして、ホイールを交換していることを
思い出しました。
タイヤの内側が干渉>ホイール交換しか対応の方法がない、とのことですが
私のケースではタイヤの外側が干渉しているようです。
ホイール交換以外での対処はできますでしょうか?

もちろん、ショックの交換がベストだとは思うのですが
できれば費用をかけずにあと1年ほど乗りたいと考えています。

お礼日時:2010/04/04 13:15

通常ショックは10万キロはもちません。

普通はへたっても知らずに乗っているだけです。乗り心地が重要なタクシーはエンジンは50万キロ以上はもつのに、ショックは定期的に交換しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私は15万キロ走行なので、とっくにショックはへたっているようですね。
交換すべきかよく考えてみます。

お礼日時:2010/04/04 13:16

元スバルのメカニックです。


タイヤのどの辺りが干渉しますか?具体的に説明して貰えれば大凡の故障原因が判ると思います。因みにショックに封入されているガスやオイルが抜けきっても純正品のショックは干渉することはありません。

この回答への補足

それと、一つ書き忘れましたが、ホイールは社外品を使用しておりまして
オフセットが純正品よりも若干、外側に出てます。
(ワーク エモーション17インチ)

補足日時:2010/04/04 13:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
タイヤの傷跡を見ると外側のショルダー部分(リムガードよりも接地面側)が
干渉しているようです。
ショック・サスは純正品をそのまま使用しており、交換歴はありません。
また、後輪左側のみです。

お礼日時:2010/04/04 13:08

おそらく、サスがへたってきたんだと思います。


対策はサスペンションの交換ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
一般的にサスは走行何キロくらいでへたるものでしょうか?
乗り方にもよるでしょうけれども。

お礼日時:2010/04/03 16:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイヤつらいちはフェンダーに当たりますか?

今日、110~120キロくらいで走りましたら大きなバウンドした時にフロントのタイヤがフェンダーに当たっていると思われる音がしました。

3回くらいしました。以前にも同じ音を聞いたことがあります。

家に帰って、フロントタイヤを見るに、タイヤをそのまま上に上げたら、当然タイヤの外側はフェンダーの一番端に当たる位置にあります。

添付画像の通りなんですが、これって大きなバウンドしたら当たるの当然ですよね。つらいちにしておられる方は、この点いかがですか?

やはり当たりますか?何か対策ありますか?

Aベストアンサー

NO.4です。お礼をいただき有難うございます。

スミマセン。素人のくせにでしゃばった物知りそうなお話をしてしまいました。

でもね・・・正直お礼文や他の回答観て????

謝りながらですが、本気で言います。いったいこの質疑応答で何してるの?です回答者(私もそうですが)トーシローの戯言話、もしくはそれ以下なので。

そんなに静止状態に拘り走りの本質スポイルする車作ってどうするの?です。過去の化石以下でナウマンゾウのうんこレベルの私ですら、それちょっとおかしすぎの修正方法ばかりです。

先ず、ホイールはZ31用?そうではないのでしょうね。それなら、こんなところでマトモな事知らないずぶの素人に聴くより、RSワタナベに聴けば間違いないです。ドンぴしゃでセッティング教えてくれます(ヘンテコの素人アシいじりする方々より(激爆))
参考:RSヤマモト ホイールオフセット一覧。
http://www.rs-watanabe.co.jp/index2.htm

自分のクルマのホイールのオフセットぐらい普通誰でも知ってます。まして許容範囲内でセッティングするには基本データを持っていなければ無理。多くの感覚フィッティング指向の回答をみればその重要性わかるよネ。感覚を求めるには基本的データ・数値があってもの。
まさかRSワタナベなんて?と思ってました(そのくらい私の中では良い悪いは別に傑作のホイールの一つ)彼らは愚直でしたよ。

次に内貼り付きですが、上記の標準状態にセッティング出来ず”無理やり”フィティングするなら、内貼り剥がしてフェンダー加工です。でもそんな事やって?間違っても電装系の剥き出しは無いですが(この時代は特に(笑))それ以前に防錆処理もきちんとしないと、塗膜が元々薄い場合は一発できます。更に数十年の経歴のクルマ。やっぱりやれてるんです。しょうがないです。それも労われない扱いって・・・それを平気で推奨する人も・・・ナンセンス愚の骨頂です。なんなら見てくれ悪いアンダーコートぶっ放せば?です。世代や経歴を考慮した扱いをしないと(そういう事知らないと)、安直には出来るが後で使い物にならなくなる。

足回り・・・車高を落とすのはわかります。ブッシュを強化するのも通説。もうちょっとなら車高調やそれに纏わるスプリングでの調整。でもね・・・走りがあってのチューニング。この質疑応答から見ると結局族車の『ノーサスラバーなし』と大して変わらない。オリジナルより走らない車が好きならそうすればの事。でもZが泣いてます。俺こんなんじゃないと・・・。

キャンバーいじるのはアライメンとセッティング含め基本的ですが、現状でセッティングどこまでいじるのでしょう?下手すると鬼キャンです。アライメンとも走り指向でストレートやコーナーリングも選べますが、あくまでサスのジオメトリ(基本的な数値)による調整範囲ですし、その範囲内でも適性があります。これで走りと現実の相違で悩み何度もセッティング変えます(サーキットだけでないですよ。公道でも)むしろ公道セッティングはオールラウンドで妥協点見出すのでとても難しい。偏摩耗や耐久性の評価も別ですから・・・この程度は常識以下なのでお話するには失礼で無礼と存じましたが・・・ご気分害されたら申し訳ないです。でもそれ忘れてるヒトここいっぱいいる様子なので。

スペーサー・・・私は入れるのが前提のホイールもあるので(汎用ですから)それはしょうがない。ちなみに見てくれαの86乗り(AE-86)がなんでクズ車ばっかりになったか・・・安物アフターパーツ多用して無意味に本来のスタイルや車の強度面をスポイルしたからです。あれほどの良いクルマをクズにしたのはスペーサーのレベル・グレード・精度すら知らず板っきれいれて危ないですよ~の現れ(僅か数年ですがそんな人ばっかり見てきました。そのくらい86乗りでまともな人少ない。現在も愛用してる86乗りが語るくらいですから)

ご近所のショップ・・・現在のお店、又は実力ある他店の方にも一度しっかり相談されてはいかがでしょう?私が最後に好みで乗ったイタ車はタイヤハウス内も板張りつきですしオフセットどころかサスのセッティング、ジオメトリも調整範囲が少なく繊細でした。国産の方がどれほどよかったか・・・最初の愛車S13(k's。エンジンノーマル(ヘッド周りだけリセッティング。エアクリとパイプ類は変えたかな)、メカニカルLSD・足回りは敢えてノーマルベースでハードすぎない設定(ばね・ショック・ブッシュ類)、タイヤは当時のポテンザRE71ワンサイズアップ、ブレーキパッドとステンメッシュホース調整だったかな。素人なのでこの程度。マフラーすら変えてませんがサーキットで慣性もパワーでもソコソコドリフト位でき振り回せます)が懐かしくなりました。でも好きなので気持ち入れました。自宅から100kも離れた店に惚れこんで。近所にディーラーもそこそこ名の知れたショップもありましたが・・・国産より壊れずノントラブルでした。ここのカテではクズ車といわれそうな危険な壊れるクルマと称されるでしょうが・・・。

でもそういってる人に限って基本的な部分に何も接してこない、その場限りのやっつけ仕事のような修理や会話。貴方がそれでよいなら無粋で失礼で心から陳謝します。
ただ・・・既に30年を経た思い入れのクルマ・・・持てるだけで幸せです。でも、新旧問わず生かすも殺すも乗り手次第。ここまでの話、まともなお店なら常識過ぎて帰れと言われるかもしれない。でもどこかその基礎的な観点が欠落してるのでは?と思い、トーシローの素人の化石のおっさんですが無駄口叩いてしまいました。

ルック車でハンドリングがヘンテコで最後無理に足無理に固めてばねレートばかりあげてフレームやられるのもOKでしたら、どうぞご存分に。所詮個人の趣味嗜好品ですから。やりたいようにやればよいのだけ。ただタイヤが当たってゴムが削れる・・・時速20キロだろうが100キロだろうがそんなインチキセッティングするのは邪道以下だしマトモな趣味人なら論外でしょうね。

長文愚答で申し訳ございません。私的感情かも知れませんが安全性も含め心配になったので(Zが)。
m(__)m

NO.4です。お礼をいただき有難うございます。

スミマセン。素人のくせにでしゃばった物知りそうなお話をしてしまいました。

でもね・・・正直お礼文や他の回答観て????

謝りながらですが、本気で言います。いったいこの質疑応答で何してるの?です回答者(私もそうですが)トーシローの戯言話、もしくはそれ以下なので。

そんなに静止状態に拘り走りの本質スポイルする車作ってどうするの?です。過去の化石以下でナウマンゾウのうんこレベルの私ですら、それちょっとおかしすぎの修正方法ばかりです。

...続きを読む

Q車のホイールナットはどのぐらい締まればいいの?

車のホイールナットについて質問ですが
OFFセットが合わずに5mmのスペーサーを使用して、ホイールを取り付けました。しかし、ナットのねじ部がすべてかからず、半分ぐらいしかかかっていません
大丈夫ですか?
最低、何山ぐらいねじがかかればいいのですか?
中古タイヤ屋さんが、3山以上かかれば大丈夫といっていたし、実際に走っていますが問題ないのですが、気になって質問しました。

Aベストアンサー

 結論としましては『キケンです』となるのですが、ちょっと皆様と違う事を打ちます。

 機械工学的には、ネジの締付けメカニズムは完全に解明されているとは言えません。
 ネジによる締付け構造は、ネジ自体にせん断力や曲げ力を持たせているワケではなく、あくまでも締付けたネジの軸力(=締付けによって延ばされたネジが縮まろうとする力)で発生する、部品同士の摩擦力です。
 ホイールナットの場合はテーパナットを使っておりネジにもモーレツな力がかかっている様に見えますが、それはあくまでもネジの軸方向の引っ張り力だけで、タイヤの回転方向の力は主にブレーキロータ或いはドラムとホイール裏面の摩擦力が受け持っています。

 ネジは主に引っ張り力を受ければよい、としますと、事情が変わって来ます。

1.実際に学会で、「ネジの軸力は最初の3ピッチ分で80%を発生させている」とゆぅ論文が発表された事もあります。この理論は今日でも研究者の間で広くオーソライズされたモノとはなっていませんが、しかし経験上これで良い、とする説が無視出来ないほどあります。

2.実際にホイールボルトの計算をしてみますと、乗用車では5本も必要ない、どころか4本すら高い安全率が見積もられている事が判ります。
 メーカーが設定する強度・耐久基準はかなりレベルが高いモノです。ホイールボルトが4本も付いていれば、普通の走り方をしている限り、各ボルトそれぞれは結構ラクをしている、とも言えます。

3.かつて富士スピードウェイで開催されていた初代RX-7のワンメイク・レースでは、根本的な問題を抱えたRX-7の操縦性を多少でも改善すべく、ホイールスペーサを用いてリヤトレッドを拡大する方法が常套手段として使われていました。
 この時のホイールボルト(初代RX-7はホイールナットではなくホイールボルトです)はまさに3ピッチしかかかっていませんでしたが、過激なサーキット走行で折損する事はありませんでした。

・・・・以上の理論的・経験的検討から導き出される結論は、「3ピッチもかかってればオッケーなんじゃないか?」とゆぅ事ですが、ここで問題なのはネジのユルミです。
 ネジは締付ける事により若干延び、それが戻ろうとする力がネジによる締付け構造の正体である、とゆぅ風な事を前述致しましたが、するとこのネジの軸力が失われる事がネジのユルミを生んでいるとゆぅ事になります。

 そこでネジのユルミに逆らう力ですが、軸力=ネジを強く押しつける力が失われて緩むのなら、摩擦力に依存している事が判ります。
 ネジの軸力はネジ部、座面部(ホイールナットの場合はテーパ部)を、取り付けている部品に強く押しつけ、結果、莫大な摩擦力が発生してネジが戻り回転する事を防いでいます。

 この摩擦力は座面で50%を発生させていますが、残りの50%はネジ部で発生しています。
 軸力は3ピッチで80%を発生させているとゆぅ理論があり、一方ホイールボルトは十分な本数用意されているので1本当り80%しか働いていなくても十分かもしれませんが、しかし摩擦力も80%でよいとは言えません。ユルミに対しては、ネジの必要摩擦力はビタ一文まけられません。

 話が異常に長くなってしまいましたが、要するに締付け方向には3ピッチでヨイとしましても、ユルミに関しましては標準的な締付けより弱くなっている、と言えるワケです。

 「持つかもしれないが緩むかもしれない」とゆぅリスクをワザワザ背負う事はナンセンスです。やはりホイールスタッドを長いモノに交換するか、スペーサが不要となるホイールに交換される事をお勧め致します。

 ただ最後に誤解の無い様にもぅ一度述べますが、確実に3ピッチ以上かかっているのであれば、ダラダラと上記致しました通りちょっとした走行、タイヤ屋へ行くまでの走行なども非常にキケンである、とゆぅ事はありません。

 結論としましては『キケンです』となるのですが、ちょっと皆様と違う事を打ちます。

 機械工学的には、ネジの締付けメカニズムは完全に解明されているとは言えません。
 ネジによる締付け構造は、ネジ自体にせん断力や曲げ力を持たせているワケではなく、あくまでも締付けたネジの軸力(=締付けによって延ばされたネジが縮まろうとする力)で発生する、部品同士の摩擦力です。
 ホイールナットの場合はテーパナットを使っておりネジにもモーレツな力がかかっている様に見えますが、それはあくまでもネ...続きを読む

Qショックやサスのヘタリ具合の判断方法について

標記の質問ですが、どこで判断するのでしょうか?走行中突き上げ感が大きくなったとか?

Aベストアンサー

車重、普段の荷物の積載量などによりけりですが、おおよそ普通に使ってれば7万kmないし、7年程度でショックが抜けて気が付く頃だと思います。

抜け始めを感じたら後は完全に抜けるまで時間の問題です。走行中の突き上げが大きくなる場合、タイヤが原因である事もあります。サイドウォールが硬かったり、扁平率を落とす、空気圧が高いと乗り心地に響きます。

完全に抜けた場合は、車高が落ちるので見た目で判断もつきますね。良く見るのは平成1桁、それも前半だと大抵の車が抜けて車高ぺたぺたになってます。
要はショックが抜ける→スプリングのみで車高維持→スプリングもすぐへたる→ストローク量0ですから一番車が沈んだ状態になります。乗り心地は最悪ですよ。

Qブッシュ交換について

以前、車の雑誌で「ブッシュを交換すると走りが改善される」とあり、費用も小額だったと
記憶しているので交換しようと思うのですが、具体的にはブッシュとはどの部分の部品なのでしょうか?
某車用品店の店員さんのお話では、「バネとアッパーマウントの間のゴム」との事だったのですが
ほかにもありますでしょうか?
費用にもよりますが、できることならまとめて交換したいので。

Aベストアンサー

大雑把にいって、ブッシュとは、主に車体下部の骨組み(これがまあ主としてアーム類といわれるもの)の関節部に組み込まれている円柱状の硬質(準硬質)ゴム全般のことを指します。
広義では、エンジンやミッションを乗せ支えているマウントと呼ばれるものや、labrakunさんが質問欄でいわれている、スプリングシート等も含まれます。

ゴムですので、一般的に、硬化し弾性のなくなった劣化具合を、目視で客観的に認識しやすい反面、ある程度痛んでいても、アーム類が外れでもしない限り(そんなことまず起こりませんが(^^; )、そこそこ走れてしまい、正直、一般のドライバーであればあまり気にならないことが多いです。
ですが、それ故、それらを交換すると、ゴム本来の弾力が戻り、しっかりさや、しなやかさの改善を実感できることが多いといわれます。
スポーツタイプの車種では特に顕著にそれが感じられ、足回りのチューニングでは、サスペンション調整とほぼ同時位にやるべき重要メニューとされているのが一般的です。

種類としては、メーカー純正品、強化タイプ、ウレタン、そして、ゴムではなくなって、金属ジョイントのピロボールとよばれるものがあります。
純正品以外は、使用目的やドライバーの腕に依存することが多く、逆に振動が大きくなったり、動きがピーキーなったり、寿命が短かったりすることがあり、基本的に一般ドライバーは純正品の新品で十分でしょう。

また、交換の費用内訳ですが、上記種類により、一応価格差は存在するものの、ブッシュそれ自体はそれほどでもありません。それよりも、labrakunさんがどの程度を高額と考えられているかはわかりませんが、このチューンは一般的に工賃が高い(もしくは、高いと感じられてしまう)ので有名ですw

油圧式の機材などを使用して、固いブッシュを、ひとつひとつアームより、抜いては入れ、抜いては入れを繰り返す為、どうしてもそうなってしまうようです。
車種や、交換箇所数、ショップにもよりますが、いわゆるブッシュ全交換メニューは、工賃のみで、安くても3万はまず下らないことが多いと思います。
また、これも車種で異なる可能性がありますが、一部のアームはブッシュを抜く際、アーム自体が痛んでしまうために、再利用できないものもあります。

そう言ったわけで、これらの費用を入れての総額は、結構な値になってしまう割に、なにかパーツをつけたぞ、というような目に見える分かりやすい変化がないため、ショップの方も、なかなかお客さんに勧めにくいそうです(^^;)

とはいえ、効果ははっきりいってお墨付きですし、スポーツ走行を前提としている方は、まず殆ど行っている、いわば、本質を考えた玄人的なチューンメニューです。
予算の都合がつきそうでしたら、ぜひ試してみてください。足回りのシャキッと感は結構嬉しいものですよ。(*^-^)

大雑把にいって、ブッシュとは、主に車体下部の骨組み(これがまあ主としてアーム類といわれるもの)の関節部に組み込まれている円柱状の硬質(準硬質)ゴム全般のことを指します。
広義では、エンジンやミッションを乗せ支えているマウントと呼ばれるものや、labrakunさんが質問欄でいわれている、スプリングシート等も含まれます。

ゴムですので、一般的に、硬化し弾性のなくなった劣化具合を、目視で客観的に認識しやすい反面、ある程度痛んでいても、アーム類が外れでもしない限り(そんなことまず起こり...続きを読む

Q悪路走行中にリアからコトコト音がしますが、異常でしょうか?

先日、中古車でH13年式(P12)日産プリメーラワゴン2.0Lを購入しました。
走行距離は4万キロです。
ひとつ気になるところがありまして、悪路走行の時だけなのですが、
ギャップを乗り越える時などに後ろの方からコトコトと小さい音がします。
車内の何かが当たったりこすれて出ている音かと思い
点検しましたが特に何もありませんでした。
以前はWISHに乗っていた時は同じ道を走っていたのですが、
そういう音はしなかったと思います。やはり中古車のヘタリでしょうか?
サスペンションあるいはショックを変えた方がいいでしょうか?
それとも何か他の原因でしょうか?
プリメーラワゴンは4輪マルチリンクのようです。
デザインが凄く気に入っており、今後、最低4年は付き合っていきたいと
考えています。少しぐらいの出費であれば直して乗りたいと思います。
よきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

ショックアブソーバの抜け(寿命)かと思います。
ショックはKYB社などが作っており、トヨタ車でも日産車でも使用したりするので、「トヨタのショック」「日産のショック」ではなく、「KYBのショック」です。
純正(たぶんKYB製)は「日産純正部品」の名前がつくだけで高価なので、純正同等のショック(でも結局KYB製だったりする)なんかを使うと安く交換できたりします。
※プリメーラの純正はKYB製じゃないかもしれませんが、ショックメーカーとして王手なのでKYBを想定して説明しました。
純正で4輪修理すると10万円以上?かもしれません。工賃が結構高いです。
また、交換する時はリアだけじゃなくて、4輪分交換の方が良いです。
フロントも音が出る寸前状態の可能性が高く、その場合、後輪だけにするとほどなくして前輪も音が出るようになり、2度手間なんです。

http://www.tps-wave.co.jp/
こういうサイトで安く売っていたりするのですが、元々モータースポーツ用品のサイトなので、ローダウン用だったりするので、メーカーサイトで確認してからの方がいいと思います。
自分はSRスペシャルというショックを、1台分(4輪)で2~3万で買ったと記憶しています。
自分で交換する技術もあったので、お金はそれだけです。

ショックアブソーバの抜け(寿命)かと思います。
ショックはKYB社などが作っており、トヨタ車でも日産車でも使用したりするので、「トヨタのショック」「日産のショック」ではなく、「KYBのショック」です。
純正(たぶんKYB製)は「日産純正部品」の名前がつくだけで高価なので、純正同等のショック(でも結局KYB製だったりする)なんかを使うと安く交換できたりします。
※プリメーラの純正はKYB製じゃないかもしれませんが、ショックメーカーとして王手なのでKYBを想定して説明しました。
純正で4輪修理す...続きを読む

Qタイヤ外径をアップした場合の利点と不利点

タイヤ外径をノーマルを一回りアップした場合、性能面では、

利点:
・同じ走行距離で比べると回転数が少なくなり摩耗が少ない⇒長持ちする

不利点:
・発進時や登坂でより強いトルクが必要となる(ハイギヤード化)⇒発進にもたつき感が出る?

があるかと認識してますが、間違いや過不足あれば教えてください。

サス、ホイール径は変わらないという前提で、フェンダーなどとも干渉しない程度のサイズアップを想定した場合です。

Aベストアンサー

先ず、スピードメーターの問題はありません。
メーターが車検でNGになるほど大きくすると・・・車体に当ります。
車体に当らなければ車検では、ほぼ合格します。(普通の乗用車なら)

燃費は良くなります。
ただし、一定の速度で走行した場合です。
高速などを一定の速度で走ればかなり良くなります。
特に軽バンなどの3ATでは大きく改善します。
そのかわり、ストップ&ゴーが多いと悪くなります。

タイヤの減りは変らないです。
ブレーキ性能も変らないです。
(変るほど大きく出来ません)
最小回転半径も変らないです。
(ハンドル切れ角が変わるわけでは無いです。)

一番良く感じるのは、
加速が悪くなる
駆動力が小さくなるので、登坂力が無くなるです。

直径で1cmぐらいなら誤差の範囲です。
2cmを超えるとかなり体感できます。(排気量が大きいと体感しにくくなります)


人気Q&Aランキング