QAコラム第01弾配信中!

主人が独立し一人親方として数人の従業員と元請けで仕事をしています。給料は元請け会社から配布される日報に出勤日数を記入し
全員分をまとめ請求書を渡します
給料が振り込まれ、私たちは個々に手書きで給料明細を記入し
手渡しで渡します。
従業員の子達は手書きの給料明細で収入証明等になるのでしょうか?
また、個人事業になるかと思うのですが、会社登録をしたわけでも
ないし、何もしていないのでこんなんでいいのか不安に思っています。確定申告や源泉徴収 など わたしが会社員の時は会社がやってくれたので私はそれしか分かりません・・
例えばカードを作るのに年収欄には給与が証明できるもの
と書いてありますが、私たちのように手書きの明細なら
変な話、誤魔化しも可能ですよね?会社用に自分たちで名前を決めて
判子を購入しましたが、明細に押してあっても登録していない会社だから意味がないと思っています・・・
主人のように一人親方として仕事をもらっている方。
まず何をすればよいのか教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まずは開業届けと給与支払事務所等の開設の届け出しましょう。


できれば、青色申告届けも出したほうがいいですが、開業から1ヶ月過ぎていれば間に合いませんね。

個人事業なら、元請け会社から受け取っているのは給料ではなく、契約に基づいた報酬です。
従業員の雇用者はご主人ですから、その報酬の中からご主人が従業員に給料を支払っているのです。
会社であろうと個人事業であろうと、従業員を雇っているからにはそれなりの責任と義務が発生します。

義務の1つとして、源泉徴収義務があります。
これは、従業員に給料を支払う際、源泉徴収してそれを税務署に収める義務です。
年末には、年末調整と源泉徴収票の発行義務があります。
健康保険とか年金もはっきりしておかないと従業員が困ります。

それ以外にもここでは書ききれないくらいいろいろありますので、税務署できちんと聞くか、税理士に頼んだほうがいいでしょう。


とりあえず、帳簿だけはきちんとつけておかないと後々困ることになりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。助かりました。早速行動にうつします。

お礼日時:2010/04/05 14:59

私は業種が違うので、一人親方については直接関わりませんが、


知り合いに、この不景気で会社が、従業員全員を解雇して、それぞれを一人親方として契約することになった人がいます。
会社は健康保険や、雇用保険の経費がかからなくなるのでそうしたようです。
質問者の場合は家族以外に従業員がいるようですね。
その場合には一人親方になりませんね。いわゆる個人事業主になります。
No.1の方の答えのように税務署届出が必要です。
質問者も仕事を手伝っておられるなら、「青色事業専従者給与に関する届出書」も出します。
また、経理も複式簿記で、青色申告をしましょう。
従業員がいますので、県労働局にて、雇用保険や労災保険の手続きも必要です。
先日、ハローワークでも手続きできました。
でも、あまりにわからないようですので、お近くの商工会に入会して、アドバイスを受けたり、市町村の商工課に相談されると良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。あまりに無知で恥ずかしい限りです。

お礼日時:2010/04/05 14:58

No.1です。

すいません。
「青色事業専従者給与に関する届出書」は間違いです。家族従業員だけのものでした。
    • good
    • 0

個人事業主8年の者です。



>従業員の子達は手書きの給料明細で収入証明等になるのでしょうか?
→なりません。事業者が年末に源泉徴収票発行してあげる必要があります。

まずは、税務署に行って個人事業の開業届けの用紙に記入して提出してください。
そこに「○○商店」とかの屋号を記入します。個人事業は会社ではありませんので、会社名は出来ません。開業日は提出当日でなく、その事業を始めた日を記入します。

社員が一般並みの給料をもらうとすれば、「給与支払い事務所の開設届け」「青色事業専従者給与に関する届出書」もしなければならないでしょうし、実際に事務的に源泉徴収もしなければなりませんし、経理もどんぶり勘定では無理で、会計事務所にお願いするにしてもある程度知ってなければできません。このままでは、社員全員の分の給料が貴方の夫の給料になってしまい、所得税・住民税も全部貴方の夫が払う事になってしまいます。

この質問が信じられません。うそではないかと。本当だとすると相当勉強して頂かないといけません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
あまりに無知で申し訳ありません。
すみませんでした。

お礼日時:2010/04/05 15:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一人親方

主人が建築板金の仕事をしているのですが、今度、今の会社から仕事をもらって一人親方としてやっていくことを考えています。

そこで質問なのですが…
これはやはり個人事業の届出をして始めることになるのでしょうか?

また、個人事業主でも白色申告が可能だと聞いたのですが(経費があまりでない仕事なので、青色より白色のほうが得だと、専門知識がある友人からアドバイスをもらいました)、それは本当なのでしょうか?
そして、個人事業主が白色申告をした場合、所得税以外に納めなければならないものがあったりするのでしょうか?


まったくの素人でお恥ずかしいのですが、どこに聞いていいのかもわからず、こちらに質問させていただきました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

税金の仕事に携わっている者です。
まず一人親方の定義ですが、「一定の会社に属しておらず常時使用人を雇用していないこと」が条件となります。
従いまして、「今の会社から仕事をもらって」のもらい方が雇用契約ではなく請負契約である必要があります。(雇用契約に基づき仕事を分けてもらう場合は会社員扱いとなります。)

次に確定申告時の白色申告についてですが、経費があまり出ない場合帳簿等の整理は付けやすいと思いますので、手間はかかりますが「青色申告特別控除」を受けられる青色申告の方が納税額を少なく抑えることが出来ます。白色申告の場合簿記の知識や帳簿の整理の手間が省けますのでそういった意味では得だと言えますが。
いずれにせよ、個人事業主であろうがなかろうが白色申告も青色申告も自由に選べることは確かです。

その他ですが請負契約に基づく「請負業」と都道府県が認定すれば、年所得のうち290万円を超える部分の5%を「個人事業税」として事業所のある都道府県へ納税する必要があります。

お役に立てれば幸いです。頑張ってくださいね。

Q一人親方のメリット・デメリット

26歳(男)職歴は4年くらいで工場のラインの仕事をしていました。
仕事があまりにも単純なので以前から興味があった建築関係の仕事に転職しようと考えています。(内装工とか左官とか・・。まだ決めていません。)自分は人間関係が苦手(同僚と飲みにいったり、後輩やアルバイトなどにたいする監督・管理業務、営業などが苦手)なので一人親方というのに興味をもっています。5年くらい経験をつんで、一人親方として仕事を請け負って生活していきたいとおもっています。ここで質問です。

(1)建設業界での一人親方(請負)という働き方は将来性がありますか?
 年収500万円くらいコンスタントに稼げますか?
(2)一人親方だと会社(組織)で働いているときよりも人間関係が楽でしょうか?
(3)その他、一人親方のメリット・デメリットや建設業界のことについて
現実を知っておられたら教えてください。

Aベストアンサー

1.腕次第です。
2.仕事を得ていくには相当の努力が必要です。

http://www.zero-kara.com/zk-hikaku-kojin.html

Q社員なのに1人親方扱い?給料から消費税?

現在私は建設業の有限会社の社員として働いて、仕事は長期出張の仕事でガテン系の仕事をしています。

来年結婚をするので結婚を機会に出張の仕事を辞めて地元で安定した職につく事を彼女と話し合って決めました。

そして現在の出張の仕事が終わったら会社を辞めると会社の社長に伝えたら数日後社長に、君はウチの社員だけど会社では1人親方として登録してあるから個人事業税と所得税と消費税をあとで払わないといけないから。

そう社長に伝えられ。

何で個人事業税を払わなきゃいけないの??

何で給料から消費税??

そう思いました。

確かに私の給与明細は支払い明細ってなってる。

働いた期間は約5ヶ月、日給月給で約25万円の給与だとどれ位の個人事業税と所得税を払わなきゃいけないんでしょうか?

あと、なぜ給与なのに消費税を払わなきゃいけないんでしょうか?

詳しい方がいたら是非教えて頂けたら幸いです。

ちなみに会社に働き始めた時に何も契約書を交わしていません。

Aベストアンサー

>確かに私の給与明細は支払い明細ってなってる…

具体的にどういう明細なのですか。
数字は書かなくていいですけど、項目がどう書いてあるのか。
また、これまで源泉所得税と年末調整はどうなっていたのですか。
健康保険、厚生年金、雇用保険などはどうでしたか。

>会社では1人親方として登録してあるから…

どこに何の目的で「登録」してあるというのでしょうか。
税法上、外注者扱いしているというのなら、届け出る (登録ではない) のは会社から出なくあなた自身です。
しかも、あなたは一方的に「給与」をもらうのでなく、毎月自分から請求書を出します。
源泉徴収や年末調整はなく、自分で確定申告をしなければなりません。

要するに、建設業で一人親方というのは、現場ごとに下請け業者を募ってくることであり、常時雇用するのではありません。
文面から、あなたは常時雇用されている社員であり、「給与」が支払われていると解釈するのが妥当です。

にもかかわらず一人親方などと言うのは、社会保険料等の事業主負担分を免れるための、俗の言う「偽装請負」の疑いがあります。

>何で個人事業税を払わなきゃ…
>何で給料から消費…

百歩譲って、あなたが自らの意思で開業した個人事業主 = 一人親方だとしたら、年間の「所得額」(収入ではない) が 290万円 (業種により異なる) 以上あれば、個人事業税が発生します。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

消費税は、売上 (ご質問で言う“給料”) に上乗せしてもらうものです。
10万円の“給料”なら 105,000円もらえるのです。
ただしこれは税法上の「給与」ではなく、事業所得としての「売上」です。

で、事業をする上で、材料の仕入や経費には消費税を付けて支払うわけですが、売上でもらった消費税と、仕入。経費で支払った消費税との差額を、戸にに納めるのが消費税の基本的なシステムです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6101.htm

ただし、開業してから 2年間は無条件で免税事業者ですし、その後も「課税売上高」が 1,000万円を超えなければ、永久に消費税の納税義務は生じません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6501.htm

いずれにしても、社長の言っていることは、税法的には全くとんちんかんです。
今一度、これまで各月の給与明細や年末調整がどうなっていたかみ直してみた上で、税務署や労働基準監督署にご相談ください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>確かに私の給与明細は支払い明細ってなってる…

具体的にどういう明細なのですか。
数字は書かなくていいですけど、項目がどう書いてあるのか。
また、これまで源泉所得税と年末調整はどうなっていたのですか。
健康保険、厚生年金、雇用保険などはどうでしたか。

>会社では1人親方として登録してあるから…

どこに何の目的で「登録」してあるというのでしょうか。
税法上、外注者扱いしているというのなら、届け出る (登録ではない) のは会社から出なくあなた自身です。
しかも、あなたは一方的に「給与」を...続きを読む

Q建築業 一人親方 安全書類にかかわる雇用保険などについて 教えてください

主人が一人親方です。
今回、二次で入っている現場の安全書類を提出しましたが、一次会社から、外注として常時使っている人間に雇用保険番号が無いと建設サイトに入力できない、と言われました。
週に20時間以上働かせる場合は、雇用保険に加入しなければいけないと。
今後も同じような事があると思うので、教えてください。
うちが労災の加入をした組合で、彼の雇用保険・同時に労災の手続きをしようと思っているのですが、そうするとうちは個人事業主ではなくなる訳ですよね?青色申告の外注費が給与になる?
加入させた彼は給与所得となり、源泉も必要になる?外注の彼は廃業?
そもそも作業員名簿にうちの人間として載せたのがいけないと思いますが、外注の彼が未加入の労災の手続きをし、再下請として安全書類を提出し直せばよいだけでしょうか?
無知で申し訳ありません。勉強させてください。

Aベストアンサー

>常時使用している人間を現場に入場させたいだけです。
「彼」が仕事に従事されているのが、お宅が引き受ける仕事のみならば、
ご主人が「雇用保険の事業主」として登録、彼を雇用保険被保険者に手
続き、「給与」支給時に雇用保険料と所得税を控除、となります。
雇用保険料の納付は事務組合経由、所得税は税務署への納付+「年末調
整」etc.の作業が必要となります。

Q建設業の一人親方です。これは外注費?給料?

建設業で請負の仕事を始めました。
個人事業主(一人親方)ですが、規模の大きい現場などは
知り合いの職人(屋号を持つ一人親方)などに一日16000円等で手伝ってもらいます。
長くかかれば半年ほど続けて来てもらい、支払は月末締めの翌月払いで日当×日数分をまとめて払います。
現金での支払いの場合は領収書をもらい、振込みの場合は振込明細をその代わりとしています。
お互いが仕事を手伝ってもらった日数を把握しているので請求書、支払明細はやり交わしていません。(日当は消費税込みの金額です。)
この費用は外注費として計上して良いのでしょうか?
また頑張ってもらって利益が多くでた時には日当と別に10万ほど謝礼?寸志?として渡す事もあるのですが(いわば日当+出来高という感じです)それも経費になりますか?

Aベストアンサー

>知り合いの職人(屋号を持つ一人親方)などに一日16000円等で手伝って…

その 16,000円が純粋に労務費だけなら、税務署は「給与」と判断するでしょう。
給与となれば源泉徴収の必用が出てきますし、消費税は不課税です。

16,000円に道具の持ち込み料や細かい材料代などが含まれているなら、「外注費」でかまいません。
消費税は課税取引になり、源泉徴収義務もありません。

>頑張ってもらって利益が多くでた時には日当と別に10万ほど謝礼?寸志?として…

実態は謝礼や寸志であっても、経理上は外注費の残業分とでも装うほうが利口です。
謝礼だの寸志だのは、税務署からあらぬ詮索を受けるおそれがあります。

Q一人親方で今年初めての確定申告ですが、個人事業主の登録をしていません。どのように確定申告すればよいでしょうか?

主人が2008年11月頃に個人親方として仕事をするようになったのですが、個人事業主として登録していないと最近知りました。
2009年に結婚し、今回初の確定申告を私が任されたのですが、白色申告をするにあたって全く無知のため教えていただけるとうれしいです。

まず、今回の確定申告後の「3/15までの個人事業主登録手続き」で何かまずいことがあるのかや、
2008年以前の確定申告をしていないことで、新たな請求がくるのかなどとても不安です。
(ちなみに今年の収入は600万ほどで、それ以前は300万ほどだったようです。)

収支内訳書の作成に当たっても、疑問だらけです。
「減価償却費」について、車を独立前にローンで購入し99%仕事で使用していますが、
白色申告で減価償却費に当たるのかどうか、他に20万円ほどの仕事に必要な機械も購入していますが
これも該当するのかどうか?

「外注工賃」について、
たまに応援という形で、仕事を他の一人親方に体だけで手伝いにきてもらうこともありますが
支払ったものは「外注工賃」に入れてよいのかどうか?

ここ何日もインターネットでこれらのことを調べてはいるのですが、
まったくわからず教えていただけると非常にうれしいです。
勉強不足で申し訳ないのですが、締め切りも近づいてきていて
非常に焦っておりますので、よろしくお願いします。

主人が2008年11月頃に個人親方として仕事をするようになったのですが、個人事業主として登録していないと最近知りました。
2009年に結婚し、今回初の確定申告を私が任されたのですが、白色申告をするにあたって全く無知のため教えていただけるとうれしいです。

まず、今回の確定申告後の「3/15までの個人事業主登録手続き」で何かまずいことがあるのかや、
2008年以前の確定申告をしていないことで、新たな請求がくるのかなどとても不安です。
(ちなみに今年の収入は600万ほどで、それ以...続きを読む

Aベストアンサー

税理士へ依頼する方が良いのではないでしょうか?
質問を見る限りでは、行き当たりばったりであわてて、さらに必要な知識がアバウトなように見えます。

個人事業の登録って、何ですか?
税務署への開業の届出ではないのですか?
であれば、あくまでも開業後に開業した旨を届け出るのですよ。届出をしなくても個人事業は成立しています。

10万円を超える資産を購入すれば、原則減価償却資産として考えて、減価償却手続きをすべきでしょう。
また、ローン購入は、お金を借りた事実と車を購入したこと、それぞれを考えるのです。ローンの返済は経費ではありません。しかし、金利や手数料は経費です。しかし、申告を行う期間分だけです。


外注工賃を払ったなら、経費でしょう。ただ、税務調査となれば、その事実を証明できなければなりません。領収証などを貰っていますか?

数日程度インターネットで調べて確定申告が出来るのであれば、税理士へ依頼する人はいないでしょうね。

確定申告期限を過ぎても確定申告の提出は可能です。
期限を守らないことでのデメリットもある場合がありますが、申告できないわけではありません。

2008年以前についても、確定申告義務があるにもかかわらず、申告を行っていないというのであれば、税務署が知ったときに課税される場合には、ご自身で申告した場合では、納税額などは大きく変わるかもしれませんね。それも、税理士へ依頼していないわけですから、いきなり自宅へ税務署の職員が来るかもしれませんし、電話があるかもしれません。

私の同級生が同級生同士で結婚しました。しかし、結婚後、確定申告や納税などがいい加減であることなどから、離婚まで発展した人もいます。守るべきものを守れないで事業を続けたり、家族を守ることは、今の世の中厳しいでしょう。

過去のものを含め税理士へ依頼して、その費用は勉強代と考え、その申告内容などについてよく教えてもらうことでしょう。

毎年税務署では確定申告書の作成コーナーが設置され、相談も可能です。毎年何日も通って申告書を自分自身で作成される方もいますよ。

税理士へ依頼する方が良いのではないでしょうか?
質問を見る限りでは、行き当たりばったりであわてて、さらに必要な知識がアバウトなように見えます。

個人事業の登録って、何ですか?
税務署への開業の届出ではないのですか?
であれば、あくまでも開業後に開業した旨を届け出るのですよ。届出をしなくても個人事業は成立しています。

10万円を超える資産を購入すれば、原則減価償却資産として考えて、減価償却手続きをすべきでしょう。
また、ローン購入は、お金を借りた事実と車を購入したこと、...続きを読む

Q一人親方から有限会社にするには?

いつもこちらのサイトにはお世話になります。
是非アドバイスをと思います。

今現在、当方は主人が社長、私が経理、一般事務全般をしております。有限、株式等は一切付いていない会社ですが、確定申告等は設立当時からきちんとしており、青色申告しています。

さて、ここで質問なのですが、有限会社を設立するに当たって、聞いた話では資本金が300万以上ないとダメと聞きました。でも、今は法律が変わってそんなに資本金もいらないとの話も聞いたので、本当かどうか教えて欲しいです。また、有限会社設立に当たっては司法書士さんに相談すべきでしょうか?どこに相談すればいいのかも分かりません。

是非、専門家の方、詳しい方、経験された方アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

以前に一円会社について調べたことがあり参考になればと思いレスします。

>今は法律が変わってそんなに資本金もいらないとの話も聞いたので、本当かどうか教えて欲しいです。
基本的に法律は変わっていません。有限会社は商法に規定されていますが、資本金が1円でも設立できる確認会社は中小企業挑戦支援法によります。ですから会社設立方法が以前からあるものと新しくできた方法の二種類があるということです。

中小企業挑戦支援法を使った会社設立の概要ですが、平成15年2月から平成20年3月までの期間限定の制度です。この制度を使った会社を確認会社といい、設立にはいくつかの条件があります。
★創業者であること
創業者とは事業を営んでいない個人であって、2ヶ月以内に新たに会社を設立して、その会社を通じて事業を開始する具体的な計画を有する者をいいます。個人事業者はなれないことになります。
★経済産業大臣の確認を受けること
創業する個人が創業者にあたるかどうかを経済産業大臣に確認を受けなければなりません。
★会社、財務情報の開示
資本金の規定を特例で免除されています。そこで、取引にあたって債権者を保護する観点から会社情報及び財務情報の開示が求められます。
★5年以内に最低資本金がクリアできない時
5年以内に増資できない時は、合名、合資へ変更するか解散しなければなりません。

大雑把ですが以上の条件となります。
会社設立には司法書士、行政書士さんに相談するのがよいと思います。手続きには期限がありますので時間的に忙しくなると思いますので専門家の力を頼るほうがスームスに事が運ぶと思います。また現状において個人のほうが良いのか法人にしたほうが良いのかご自分で検討しその事も相談されるとよいと思います。
個人、法人それぞれにメリット、デメリットはありますから。
蛇足ですが、有限会社は仕事上で債務を負った場合、資本金を放棄すれば、それ以上の責任を負う必要はありませんが最初の信用がない場合は銀行も保証人を要求しますし、担保も要求します。事実上、有限責任ではなく無限責任に近い状態ですから無理に有限にこだわらなくてもよいかと思います。(仕事内容にもよりますが)
法人化には今まで必要なかった知識が要りますので勉強して頑張ってください。では。

以前に一円会社について調べたことがあり参考になればと思いレスします。

>今は法律が変わってそんなに資本金もいらないとの話も聞いたので、本当かどうか教えて欲しいです。
基本的に法律は変わっていません。有限会社は商法に規定されていますが、資本金が1円でも設立できる確認会社は中小企業挑戦支援法によります。ですから会社設立方法が以前からあるものと新しくできた方法の二種類があるということです。

中小企業挑戦支援法を使った会社設立の概要ですが、平成15年2月から平成20年3月まで...続きを読む

Q職人 給与明細なし 源泉徴収なし 確定申告は?

同居人は職人です。勤続3年ほど。
給与は手渡しで、給与明細はなしです。源泉徴収等々、一切の明細がもらえません。
保険は親の扶養で、年金は自分で支払っています。
職人になってから、税金を支払っていないようです。
確定申告をしたいのですが、どうすればよいのでしょうか?
3年?さかのぼって確定申告したいです。
本人から雇い主に言って、3年分の源泉徴収をもらえばよいのでしょうか?
余談ですが・・・
今年の初めに給与明細をいただけるように言ったそうなんですが、今だに頂いておらず、現金のみの支給です。
しかも給与の計算方法も不明です。同会社の職人2人は明細が出て、保険等引かれてるのこと・・・。
このような状況での確定申告の仕方を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

職人って、大工か何かですか。
それなら、外から見たら雇われて給与をもらっているように見えるかも知れませんが、一人一人が親方なのです。
個人事業主なのです。

個人事業主は、収入も支出も自分で管理しなければなりません。
毎月もらった金額をノートにつけて 1年分を集計し、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
仕事をするために使った費用を引き算して、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
いくら儲かったのかを申告しなければなりません。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>確定申告をしたいのですが、どうすればよいのでしょうか…

自分でつけたノートを元に、『収支内訳書』を作成します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/10.pdf

次に、『収支内訳書』で出た「所得」額を『確定申告書 B』に転記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/02a.pdf

>年金は自分で支払っています…

「社会保険料控除」になりますから、『確定申告書 B』に記載します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm
ほかにも「所得控除」に該当するものがないか良くお探しください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

>3年?さかのぼって確定申告したいです…

3年ではたしかに時効にはかかっていませんから、「期限後申告」が必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm

>雇い主に言って、3年分の源泉徴収をもらえばよいのでしょうか…

個人事業の申告に、支払い側の証明書類等は一切必要ありません。
自己申告でよいです。

>同会社の職人2人は明細が出て、保険等引かれてるのこと・…

その人たちは、サラリーマン扱いなのです。
この業界では「常傭 (じょうよう)」と言います。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

職人って、大工か何かですか。
それなら、外から見たら雇われて給与をもらっているように見えるかも知れませんが、一人一人が親方なのです。
個人事業主なのです。

個人事業主は、収入も支出も自分で管理しなければなりません。
毎月もらった金額をノートにつけて 1年分を集計し、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
仕事をするために使った費用を引き算して、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
いくら儲かったのかを申告しなければなりません。
【事業所得】
「売上 ...続きを読む

Q白色申告の屋号、開業届を出さないと書いてはだめ?

開業届を出さずに、白色申告で当面いこうと思っています。
収支内訳書の屋号欄に、勝手に屋号を書くのはまずいでしょうか。

また、経費として領収書をもらうときに、
勝手に屋号を決めてそう書いてもらっても、開業届を出してないと無効になるでしょうか。

受注を受け付けるWEBサイトを所有しており「○○屋」みたいなサイト名なので、
それをそのまま屋号として使えたらいいなと思っているのですが、
開業届を出さないと税務的には名乗れないなら、
将来、青色にするときまで待とうかと思っています。
(現在は会社員と兼業です)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

税務署に開業届けを提出しないと屋号が使えないという規定は「ない」。
元々、税務署が屋号を認めて「これを使いなさい」というものではないからです。

「収支内訳書の屋号欄に、勝手に屋号を書く」のは、勝手な行動ではない。「よろしい」行動です。

領収書が「屋号」あてでも無効にはならない。

以下独り言です。
「個人事業なら屋号を申告のときに使うことはありませんので。」
そんなこたぁないよ。申告書等には屋号記入欄があります。
「屋号を名乗るのは法人だけです。」
わけのわからないことを言い出す回答者だ。商号と混乱してるのでは。

「開業届を出していない →つまり税法を余り勉強していない →申告内容もいい加減だろう →申告書はしっかり精査しないといけない との連想ゲームに発展します。」
発展するかもしれないけど、発展しますと言い切れる自信はどこからくるのだろう


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング