タイトルも作家も掲載されていた雑誌も覚えていないのですが、
70-80年代に発表された(はずの)少女マンガを思い出したいのです。
連載中ではなく、すでにコミックスになっていたのを読んだ記憶がある
のですが、それも定かではありません。

肝心のストーリーも覚えていなくて、日本の古代(飛鳥時代?)を舞台に
したものだと思うのですが、メインのキャラクターが男性2人だったと
思います。飛鳥時代だと思う理由は、主人公が日本武尊が謳ったとされる、

大和は国のまほろば
たたなづく青垣
山籠もれる
大和し 麗し

という和歌を口にする場面だけが強烈に記憶に残っているからです。

木原敏江さんの作品だと思い込んでいて、検索してみたのですが、
違ったようです。
でも、絵柄は木原敏江さんっぽい系統でした。

池田理代子さんの「聖徳太子」や山岸涼子さんの「日出処の天子」や
大和和紀さんの「あさきゆめみし」(平安時代だけど)ではありません
でしたし、そこまで社会的に認知された作品ではなかったような気がします。

どなたか少しでも思い当たるところがあれば、ぜひヒントをください。
気長に待っていますので、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

歴史物ではありませんが、木原敏江さんの作品、というところから思い当たるのは、1977年の「愛しき言つくしてよ(うつくしきことつくしてよ、と読みます)」です。



日本とフランスに生き別れになった双子の兄弟が、日本では日本舞踊家、フランスではバレエダンサーとなり再会し、バレエダンサーの方が「大和は国のまほろば たたなづく青垣 山籠もれる 大和し 麗し」を口ずさむシーンがあります。

このマンガのクライマックスで、バレエダンサーが古代日本の衣裳で踊るシーンがありますので、セリフと、この古代日本衣裳のシーンが記憶に残っているとすると、質問者様のような記憶に変換(?)されることもあるかも・・・と思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。お礼が遅くなってすみません!
書いていただいたストーリーを読んでも、「ああ、これこれ!」と記憶がよみがえってこないのですが(本当にすみません。もう40代後半なので)、あの和歌を口ずさむシーンがあるとなると、この作品である可能性はかなり高そうですね。秋田書店から文庫で出ているようなので、購入してみます!

お礼日時:2010/05/04 12:35

No.5です。



> SFと言われて思い出しましたが(ぼやっとですが)、主人公の行く先々に、私が気になっているキャラクターが
> 魔法使いみたいに現れる、というシーンが多々あったような気がします。
> 恋愛ものではなく、男性の主人公が旅していくような内容だったような

ジャンルはSFと書きました通りこのシリーズのメインの舞台は遙か未来(人類が生命力を失いつつあり、デーヴァダッタという別の生命体に存亡を脅かされている)なのですが、エピソードによっては未来の人間が現代や古代の様々な時代にタイム・トラベルで現れてその時代の人間と接触する話も多々あります。「緑の少女」も主人公は竹流(タケル)という未来人で小角(オヅヌ)というタイム・パトロールの男性もこのエピソードには出てきていました。
このシリーズは登場人物がかなり多く、エピソードによって主人公も違うのですが、小角という男性はその中でも主要キャラの一人で、タイム・パトロールという役目柄、様々な時代・場所に登場します。
同シリーズには現代に住む真砂流(マサル)と笑(エミ)という兄妹が主人公で、彼らの元に未来からやはりタイム・パトロールの星野(セイヤ)という男性が幾度か現れ、彼らを未来に連れ去るというエピソードもあります。
【参考】http://www7a.biglobe.ne.jp/~comic/sakuhin/sakuhi …

絵柄も似ているという事ですし、シリーズ全体で捉えてみれば、質問者様の上記の様な断片的な記憶にも一致する部分は多い様な気がするのですが。
#実は私はこのシリーズのコミックスをだいたい持っているのですが(「緑の少女」も)、
#奥深くしまいこんでしまっているのでちょっと取り出すのが億劫で
#肝心の和歌のところを未だ確認することができずにおります、すみません(汗)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、ありがとうございました。
しばらくご回答に気づかず、お礼が遅れて申し訳ありませんでした。
面白そうな作品を教えていただいたので、改めて探して読んでみたいと思います。

お礼日時:2010/05/04 12:41

長岡良子さんの『葦の原幻想』など「古代幻想シリーズ」の中の作品ではないでしょうか?



手元に本がないので、同じ和歌を詠む場面があるかどうかわからないのですが・・・。
    • good
    • 0

だいたい出尽くしてる感がありますが、山田ミネコのライフワークともいうべき「最終戦争シリーズ」の中に「緑の少女」という作品があります。


ジャンル的にはSFなのですが、舞台は古代の日本で額田女王と中大兄皇子・大海人皇子との恋愛関係がメインのお話です。
#この3人の関係をネタにした少女漫画はいくつかありまして、他の回答者様の挙げられた大和和紀「天の果て地の限り」は有名どころですし、河村恵利「明日香の女王」なんかもそうです。
#後者は90年代の連載ですのでお探しのものではないですね、絵柄も御大達とはかなり異なりますし。
「緑の少女」は白泉社から1978年に単行本(同タイトル)として発行されていますので、「70-80年代に発表された(はずの)少女マンガ」「すでにコミックスになっていたのを読んだ記憶がある」という条件には合致すると思います。
ただ肝心の「大和は国の~」の歌を引用するシーンがあったかは定かではありません。額田女王自身の歌ではないですし…
ちょっとマニアックな漫画家ですし当時の掲載誌のララもまだメジャーになり切ってない時代でしたので「そこまで社会的に認知された作品ではなかった」というのには該当するかと思いますが。「絵柄は木原敏江さんっぽい系統」というのは個人の主観に依りますので一概には言えませんが、「目がデカくて綺羅綺羅しい」という点では共通するものがあるかも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

山田ミネコさんですか~。
一つ前の方に紹介していただいた水樹和佳子さんの絵柄は近いかもと
思いましたが、山田ミネコさんの絵柄のほうが近いかも~。

検索してみて「友達に似ている」という作品の文庫本の表紙に書かれている
男性に雰囲気がよく似ています! 

SFと言われて思い出しましたが(ぼやっとですが)、
主人公の行く先々に、私が気になっているキャラクターが
魔法使いみたいに現れる、というシーンが多々あったような気がします。

恋愛ものではなく、男性の主人公が旅していくような内容だったような
気がするのですが、とにかく記憶があいまいすぎますよね。
にもかかわらず、情報をありがとうございました!

お礼日時:2010/04/12 23:18

水樹 和佳子 「イティハーサ」



80年代後半から90年代の作品なので、たぶん違うと思うんですが・・・。

わたしもこの作品はおぼろげで、その和歌が入っていたかどうかは
分かりません。

でも、社会的認知度が低いというのは確かです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただいていたのに、お礼が遅くなって申し訳ありません。

水樹 和佳子さんという漫画家のお名前も「イティハーサ」という
タイトルもまったく聞き覚えがないものでした。

検索してみたら、絵柄的には近いかも、という感じがしました。
ストーリーの概略が書かれたものを読みましたが、
それほどシリアスな内容じゃなかったような気がするのです。

でも、隠れた名作のようですので、機会があればぜひ読んでみたいと
思います。ご紹介ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/12 22:51

少女マンガは読んだことがないので100%勘なのですが、


里中満智子さんの「天上の虹」は違いますか?

以前書店の店長をやっていた素人古代史研究家(笑)の私の推測でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご推測していただき、ありがとうございます。
ほかの方へのレスでも書きましたが、
表紙の画像だとイメージが違ってよくわからないので、
「これこれ、これです!」と言えないのが
はがゆく申し訳ない思いです。
この作品の名前を覚えていって古本屋に行き、
見つけたら中身を確認したいと思います。

ところで、書店の店長さんをされていたんですね。
私の子どもの頃の夢は本屋さんになることでした!
いいな~。でも本が売れない時代だから大変そうですね。

お礼日時:2010/04/06 00:16

大和和紀の「天の果て地の限り」では?


 中大兄皇子・大海人皇子・額田王の話ですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。
おぼろげな記憶ですが、大和和紀さんの描かれるキャラとは
目の描き方が違ったような気がするんですよねぇ。
でも、別の方がご紹介くださった里中満智子さんの「天上の虹」同様、
古本屋に行って確認するという作業を地道に行なっていきたいと
思います。

お礼日時:2010/04/06 00:20

歴史漫画を紹介してるサイトがあります。

こちらで探せませんか?
http://www.pluto.dti.ne.jp/~miopon/history.html# …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このサイトすごいですね! すごすぎます!
探しているマンガとは別に時間をかけて
じっくり見てみたいと思います。
表紙の画像を眺めてみても、カラーになった絵は印象が違うので、
いまいちよくわかりません。
素敵なサイトをご紹介いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/06 00:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q少年漫画が低迷しているので少女漫画が大人に感じる!

坂道のアポロンというアニメを見てて少年マンガが原作だと思ってたが、どうやら少女マンガらしい。

その事実を知って、ふと思ったが少年マンガが萌えアニメや幼稚なアニメが多くなって迷走しているせいで少女マンガが大人に感じる。

そこで少女漫画が原作のアニメは他に何がありますか?

Aベストアンサー

>ふと思ったが少年マンガが萌えアニメや幼稚なアニメが多くなって迷走しているせいで少女マンガが大人に感じる。

これは気のせいでしょう。

少女漫画が極端な話、すべてが恋愛に収斂するために、
少年漫画に比べて年齢層が高く感じるだけで、
実際には少年漫画のほうがバリエーションに飛んでいて、
下は幼児から上は青年、大人まで幅が広いだけです。

少女漫画の中にもたくさんの良作・名作があることは
否定はしませんが。

>そこで少女漫画が原作のアニメは他に何がありますか?

ちはや、夏目がでたので、

「のだめカンタービレ」
「君に届け」
「図書館戦争」
「ハチミツとクローバー」
「NANA」

映画化された作品では

「コクリコ坂から」

あたりが、近年の定番、名作といえる作品だと思います。

Qあさきゆめみしについて

『あさきゆめみし』には、「コミックスミミ」「KCデラックス」「文庫」・・?
など体裁が様々なものがあるのようなのですが、どれも内容は同じなのでしょうか?

なんだかたくさん種類があるので、よくわからなくなってしまいました。
又、どの種類でもいいので全巻そろえたいのですが、
どの種類が一番集めやすいでしょうか?

Aベストアンサー

簡単にいうと再販をかける際、出版形態が変わっていると考えてよいと思います。

「あさきゆめみし」も、古い有名作品ですから、数多くの版が刷られていると思います。
その際に(雑誌社の)メインの雑誌がなくなったり変わっていれば新しい呼び名になりますし、読んでいた層が上になってきた場合は‘文庫本’という形で出版されるでしょう。

集め方も様々ですが、場所をとらないというなら文庫本。中古で安くというなら古い版。というようになるでしょうね。
集めやすさでいえば、新し目の版の文庫がよろしいと思いますよ。

Qピッタリな少女漫画

こんにちは。

最近、少女マンガが読みたくて仕方がないのですが今の「少女マンガ事情」を全く知らないため
読もうと思っても、どう手をつけたらいいかわからなくて…

私の好みは、目が奥二重っぽい あまり目が大きくなく丸くもないキリっとした目が好きなのですが、
最近の少女漫画にそのような男の子が出てくるのはありますかね??

種類が違うのですが、「銀玉」なんかの男の人は結構好きなんです。

それに近いような、目が細めでかっこいい男の子が出ている漫画はありますかね(・ω・`)


ご存知の方がいましたら是非教えてください!

Aベストアンサー

「執事様のお気に入り」
「会長はメイド様」
「狼陛下の花嫁」
「夏目友人帳」

などはいかがでしょうか?
花とゆめコミックスで、まだ完結していません。
↓ のURLで、全て試し読みできますので、読んでみてください^^

参考URL:http://www.hakusensha.co.jp/shopping/sinkan/index.html

Q木原敏江 夢の碑 雪紅皇子について

小学館文庫のものですがいろいろと探し回ったのですが手に入れることができません まだ発行はされているのでしょうが?シリーズで集めていて「雪紅皇子」だけがそろいません 情報をお寄せください よろしくお願いします

Aベストアンサー

大きめの書店では揃っていると思います。
実は私も無いと思って、ある書店で注文した後、別の
書店にあるのを発見いたしました(ちょっとクヤシイ
ですよね)。

小学館ならオンラインのブックサービスもありますし、
書店でも注文すれば入手可能だと思いますよ。

参考URL:http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/sol2k

Q”U-15”(恐らく15歳以下という意味?)向けの少女漫画に、性描写があることについて

とある少女漫画です。
たまたまパラパラっとめくりましたが、主人公が中学生で性描写のシーンが含まれていました。
私はそれにひどく違和感を感じてしまったのですが・・・。
15歳くらいって、中学生です。
中学生向けの少女マンガに性描写を入れるってどうでしょうか?

勿論エロ目的の過激なものではなく、ストーリー上必要な数P。
絵的には、これは書き過ぎじゃないかな?という印象のところもごく一部ありました。

今の世の中何も知らないより、性教育のためになるのかな?とも思いましたが、どうも納得がいきません。
そのようなところで出さなくても、他にそういう雑誌は沢山出回っているし、気にするほどのことではないでしょうか。
私が少女時代だった頃に買っていた少女マンガより、現在って色々とそういうシーンが安易に出されるようになった気がします。

違和感を感じてしまう私の頭は固いですか?
21歳女でした。

Aベストアンサー

分別の付かない子供が性行為を身近に感じてしまうと産婦人科が混んでしまいそうで心配です。
殺人等の犯罪描写と違って、大人は平気でやっているだけに子供には不適切なことだと教えるのが大変です。それゆえ当然の如く子供が性行為を行っているような漫画には質問者さんと同じく違和感を覚えます。

気持ちだけは十代の男性です。ごめんなさい。20過ぎです。

Qあさきゆめみし 完全版を持っている方、教えてください><

あさきゆめみし 完全版を持っている方、教えてください><



(1)絵は綺麗なのでしょうか?
(2)子供(中学生ぐらいの子)にみせても大丈夫でしょうか?
(3)紫の上と源氏が初めて結ばれるのは何巻でしょうか?2~3巻だと思うのですが・・・・
(4)原作と同じでしょうか?

Aベストアンサー

完全版ではありませんが、完全版も単行本版とそんなに変わりないと思うので。

1)絵は綺麗です。
繊細な絵を描かれる方で、(古い作品なので昭和漫画っぽい雰囲気はありますが)
人物だけでなく背景描写などがとても美しいです。

2)大丈夫です。どちらかといえば大人向けですが、最近の少女漫画のように過激なことはありません。
SEXシーンなどはなかったと思います。
私は小学生の時に読みました。

3)単行本が全13巻、完全版が全10巻。判断が難しいところですが…
3巻のあらすじに「藤壺の宮に似た女性に成長した紫の上と夫婦となった光源氏。しかし理想の女性探しは続き、以前から交際していた兄の妻・朧月夜の君と逢瀬を重ねる。やがて不倫は露見。謀叛を疑われた源氏は政界を追放され……」とありました。
4巻のあらすじでは既に「政界に復帰」とあるので、2巻ではないかと思います。
単行本では2巻までが桐壺の更衣の話でしたが、完全版の2巻の表紙は六条の御息所と葵の上になっています。
葵の上の死→紫の上との出会い だった気がするので2巻じゃないかなと思います。

4)源氏物語とは小さいエピソードが違うというのは有名な話です。
文庫版との違いはカラー原稿を完全復刻だそうです。
文庫版と単行本版に違いはないそうです。

完全版ではありませんが、完全版も単行本版とそんなに変わりないと思うので。

1)絵は綺麗です。
繊細な絵を描かれる方で、(古い作品なので昭和漫画っぽい雰囲気はありますが)
人物だけでなく背景描写などがとても美しいです。

2)大丈夫です。どちらかといえば大人向けですが、最近の少女漫画のように過激なことはありません。
SEXシーンなどはなかったと思います。
私は小学生の時に読みました。

3)単行本が全13巻、完全版が全10巻。判断が難しいところですが…
3巻のあらすじに「藤壺の宮に似た女性に...続きを読む

Qカッコイイ男の子が出てくる恋愛少女漫画

恋したくなるようなカッコイイ男の子が出てくる恋愛少女マンガを教えてください!

Aベストアンサー

ぇっと・・・私のオススメはですね。。。
少女コミック(以下少コミ)に載っていた『萌えカレ!!全7巻』は
どうでしょうか?主人公の切ない恋や、2人の異母兄弟(男)は
カナ~リカッコイイですよ!もぅ激ラブ状態になりましたw
お話も大人っぽいし、絵もすごく可愛らしいです。
一度検索してみてください。
(ちなみに、現在その先生は「うわさの翠くん!」というマンガを連載しています。コチラもカッコイイのわんさかいますよ。)

Qベルサイユのばらの漫画家池田理代子さんの出身小学校は?

ベルサイユのばらで有名な漫画家の池田理代子さんは、Wikipediaでは大阪市阿倍野区出身で千葉県柏市育ちとなっていますが、TV番組で大阪市東淀川区の新庄小学校を母校として訪れたというサイトもありました。実際はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

新庄小学校の出身でしょう。
大阪市が作ったサイトでウソは書かないと思いますよ。

http://www.city.osaka.jp/higashiyodo/grow/school/ele_08.html

Q小学生向けの少女漫画雑誌

小学校6年生になる娘が居ます。

マンガが好きで、ここ何年も「ちゃお」を買ってたのですが、ちょっと子供っぽいと感じるようになりそろそろ卒業したい様子…。
「次はどんな本が良いのかなぁ」と相談されたのですが、昨今の少女マンガ事情が分かりません。

私が小学校高学年のときには「りぼん」を買ってた記憶があるのですが、現在の「りぼん」は対象読者は幾つぐらいの子を想定しているのでしょうか?
「マーガレット」はもう少し大きい子向けでしょうか?月二回発行なのでお小遣いもかさむ気がします。

あまりませた感じの子ではなく、マンガは描くのも大好きというタイプです。
まだまだ付録も欲しい年頃かも知れません。

お勧めの少女マンガ誌を教えて下さい。

Aベストアンサー

ちゃおが子供っぽいならりぼんはダメでしょう。
低 りぼん→なかよし→ちゃお 高 だと思います。
私は小4~中学生はプリンセスを読んでいました。
それまではりぼん・なかよしを読んでいたのですが、プリンセスを読み始めてからりぼんなかよしが子供っぽくてつまらないと感じるようになり、プリンセスと花ゆめを読んでいました。
プリンセスには付録はないと思いますが。
付録がないのもまた魅力だったので(笑)
プリンセスはファンタジー作品が多いです。
そういうのが好きなら良いかもです。

マーガレットの対象年齢はそんなに高くないと思いますが、人気作品が少なく知名度も低いので私は2~3回読んでやめてしまいました。

Q山岸涼子先生のラグリマ(涙)

という少女漫画情報求む(1970年りぼん)
タイトル通りです。もう一度読みたい&泣きたいです。

再発情報、中古情報、他何かご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 
 こちらで 通販も 行っているようです。↓
http://www.mandarake.co.jp/information/2005/09/23/spr08/
問い合わせてみては いかがでしょうか?

【 山岸涼子傑作集2 】  にも 収録されているようですので
こちらでしたら もっと簡単に 手に入るかもしれませんね。

※ わたしも 『ラグリマ』 好きでした☆
  ちょっと 哀しいお話ですけれど..
  《どんな曲なんだろう?》 と 探し回って 見つけました♪
  この作品のことかどうかは わからないですけれど。。
  でも とても素敵な曲ですよ。 ^^

http://homepage3.nifty.com/~plato/dojo/thesis/Lagrima.htm
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報