1995年1月に 2000gで生まれた子供(現在6歳)の事で伺いたいことがあります
生後4日目に 強い黄疸が出て 交換輸血しました
「まだ生まれたばかりで 血液型が わからないので
 日赤から 人口の血液を取り寄せた」と この時 言われました
この輸血の中に C型肝炎の抗体が入っていたらしいです
(私(母)は 妊婦の時の検査で C型肝炎は陰性と出たし
 帝王切開の為 感染経路は 輸血しか考えられない為)

その後 生後1歳6ヶ月まで 毎月 血液検査をしました
1歳6ヶ月の検査結果が出た時「ウイルスが陰性になりましたが 
ウイルスが のどにいるので 熱が出たら来て下さい」と言われました

その時は そのまま 話を聞き流したのですが
C型肝炎のウイルスは血液の中で見つかるもので
”のどにいる”というのは おかしな表現だと思いませんか?
もしかして 他のウイルスに感染していたのでは?と 今になって疑っていますが
その時は そういう説明は 1つもありませんでした。

 実は その3年後の1998年に 第2子が産まれ 
 生後1ヶ月の時 MRSAに感染し 髄膜炎を起こしかけ
 入院し ガンマグロブリンを打ちました
 その時 第2子の主治医から家族にMRSAの保菌者がいるのでは?と言われました
 今 考えると その保菌者は 第1子で 
 1歳6ヶ月まで 毎月 C型肝炎の検査だと言われて通院させられたけれど
実はMRSAの院内感染を隠していたのではないか?と疑っています

 私は 今 何を すべきでしょうか?

とりあえず ふたりともC型肝炎のウイルスと肝機能を検査してもらおうと思います
上の子供が 最後に 血液検査を受けたのは1999年です 
C型肝炎の抗体はゼロではないが マイナスと言われました
肝機能は GTP55 GTO20でした
GTPが高いと言われたけど それ以上は何も言われませんでした

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 まず、第一子について。

普通に考えてC型肝炎は輸血で感染したものと思われます。のどにいたのは別のウイルスでしょう。抗体価は基準値以下のようですね。GPT,GOT(GTP.GTOではありません)は検査時における肝障害の目安ですが、前後の経過もみないと、それだけでは判断に困ります。総じてあまり心配はいらないと思いますが、C型肝炎は慢性化すると困るので、小児肝炎の専門医に一度受診してみては。
 第ニ子についても普通に考えて院内感染です。しかし
立証するのは難しいでしょう。しかし、きちんと治癒したのであれば今後心配はいりません。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(肝炎)
”のどにいる”と言う点で以下のサイトは参考になりますでしょうか?
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(先天性サイトメガロウイルス感染症)

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=57866
    • good
    • 0

C型肝炎のウイルスがのどにいるというのは私も聞いたことがありません。

他のウイルスのことを言ったのかもしれませんね。MRSAのことですが、この菌は昨年牛乳で問題になった黄色ブドウ球菌がペニシリンなどの抗生物質に対して抵抗を持ったもので、この抵抗を持たない黄色ブドウ球菌自体は人間の健常者の鼻のなかやのどなどにいたりします。健常者ではこの菌に感染していても特に何の影響もありません。院内感染ではないかのご指摘ですが、確かにMRSAが病院外でかかるとは思えません。ひょっとすと、院内感染があったように思えますね。気になるようでしたら病院を変えて(近くだと医者同士が知り合いのためあまり詳しく言ってくれない可能性もあります)違う先生にみてもらうもしくは法律などに詳しい方に聞かれるほうがいいかもしれません。
 全文を読んでみますと医者が患者(お子さん)に対しての十分な情報の提供をしていないことがよくわかります。もっと、はっきりしたお医者さんを捜すことが大切のように思われます。今は、昔と違いインフォームドコンセントと言って医師が勝手に患者の意志を無視して医療行為を行うのではなく患者の意志に従って行う。と言うのが原則になっていますが、昔のお医者さん(年をとられた方)の中にはその気風が気に入らないと言った方もいられるようです。ですから、この医者はだめだと思ったらおもいっきて医師を代えることをおすすめします。たとえば、上の例でGTPに疑問をもたれたならそれを真摯に答えてくれる医者を捜すと言ったことが今大切なのではと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤ちゃんとおっぱいのMRSA感染

生後2ヶ月になる子供がいます。産院を退院してからも子供のお臍のあたりがジクジクして赤みをおび、なかなかとれなかったので、病院を受診したところ、そのお臍からMRSAという菌が検出されたそうです。言われたとおりにお臍の消毒を続けていますが、数週間たった今でもその菌は消えていないようです。数日前、私自身ですが、急に高熱が出、おっぱいの一部にしこりと赤い部分があることに気がつきました。病院に行くと乳腺炎と診断され、おっぱいの中からもMRSAが検出されました。乳腺炎になった方のおっぱいはしばらく飲ませてはいけないとのことで搾乳をしています。私には抗生物質の飲み薬が処方されました。熱はすぐにさがりましたが、おっぱいのしこりと赤みはまだあります。
そこで質問です。
いつまで授乳を禁止されるのでしょうか?
また、もう片方のおっぱいは今のところ何ともありませんが、そっちからもMRSAが出ていることはないのでしょうか?→もし出ていたら両方のおっぱいをあげられないことになるのでしょうか?
その他、私にできること、注意することはどんなことがあるのでしょうか?
主治医の先生に質問してもはっきりとした答えが返ってこなくて、不安に思っています。
どうぞよろしくお願いします。

生後2ヶ月になる子供がいます。産院を退院してからも子供のお臍のあたりがジクジクして赤みをおび、なかなかとれなかったので、病院を受診したところ、そのお臍からMRSAという菌が検出されたそうです。言われたとおりにお臍の消毒を続けていますが、数週間たった今でもその菌は消えていないようです。数日前、私自身ですが、急に高熱が出、おっぱいの一部にしこりと赤い部分があることに気がつきました。病院に行くと乳腺炎と診断され、おっぱいの中からもMRSAが検出されました。乳腺炎になった方のおっぱいはし...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
MRSAの治療は、基本的には体力を付けて自分の免疫力でMRSAに勝てるようにする事です。
それ自体は、黄色ブドウ球菌というどこにでもいる菌ですので、抗生物質がどうしても必要になるような重症でないかぎり、それほど怖い物ではありません。

質問者さんは、MRSA用に使用制限されてる抗生物質を使用したはずです。
熱が下がったという事は、あとは、体の免疫力が直してくれるようにするのが普通ですので、出来ることはバランスのよい食事と過労などに気をつけて体調を戻す事が何よりの治療になります。

赤ちゃんの方は、消毒を続けて、菌を少しでも減らす事です。

赤ちゃんはお臍の方がどうにかなればMRSAがいたからどうって事はないので、それが条件の一つ。
乳腺炎の方は、腫れが引けば特に問題はないと思われますので、この両方の条件がクリアされれば解禁されるでしょう。

当面は栄養と消毒に気をつけてください。

それから胸に当たる下着類と、赤ちゃんのお腹に直接当たる衣類はお日様で干すか、漂白剤で消毒するか、煮るなどして殺菌するようにした方が、乳腺炎の菌の減るのが早くなるはずです。

こんにちは。
MRSAの治療は、基本的には体力を付けて自分の免疫力でMRSAに勝てるようにする事です。
それ自体は、黄色ブドウ球菌というどこにでもいる菌ですので、抗生物質がどうしても必要になるような重症でないかぎり、それほど怖い物ではありません。

質問者さんは、MRSA用に使用制限されてる抗生物質を使用したはずです。
熱が下がったという事は、あとは、体の免疫力が直してくれるようにするのが普通ですので、出来ることはバランスのよい食事と過労などに気をつけて体調を戻す事が何よ...続きを読む

Q血液検査について

最近38度くらいの熱が数回でました。そのときにある方からアドバイスを受けたのですが、「熱がでているときに採血をしないとわからない病気もある」とのことです。要するに体調がすぐれないからといって、何も症状が出ていない日に病院に検査にいっても無駄というようなことでした。
その日の体調によって血液検査の結果が変わったり、データによってわかる病気も、体調が良い日に検査したらわからなかったりするようなことは本当にあるのでしょうか??

Aベストアンサー

検査項目によりますが、数日以上ほとんど変動しない項目もあれば、数分で大きく変わる項目もあります。
熱の関連では一般的な項目はあまり気にすることはありません。
熱の原因がわからず、改善しない場合に血液中に細菌がいないか培養検査することがありますが、この場合は熱が上がった時に採血するのが普通です。もっともこうした場合は入院検査となることが普通です。

Q子供の血液検査の値

海外から帰国しました。
その際、子供の血液検査も受けたのですが、ALPで826という高い値が出ました。小児科の先生は、「子供の値は、大人とは違う。成長途中なので、他の結果からみても、気にしないで大丈夫でしょう」と言われましたが、非常に気になっています。
詳しい方おられれば、教えていただけませんか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ALPというのはアルカリフォスファターゼの略語です。
ALPは肝臓、腎臓、骨芽細胞、胎盤、腸に存在します。
大人の場合、ALPが高い場合には肝臓、胆嚢や骨の病気が疑われます。
しかし、成長期の子供の場合には骨型ALPが高くなるので、子供の正常値は大体大人の2~3倍になります。
ALP836でも正常値の3倍以内位なので、問題ないと思います。
また、胎盤にもALPはあるので、妊娠後期には2~4倍位まで上がります。

Q血液検査の炎症反応について

お世話になります。
年始に胃腸炎になり、それから食欲がなく、いつもの半分かほとんど食べれないです。
お腹は減ります。
ですが、満腹感がすぐきてしまいます。


不安になり、質問したところ、いろいろアドバイス等々貰い気分的に楽になりました。

1月末に再び病院に行きました。
病院から、胃炎、潰瘍用の薬と、胃、腸の活動を活発にする薬を貰い、只今服用中です。

そこで、血液検査をしたところ、CRP(炎症反応)が0だったのですが
炎症反応を調べて、どの程度の病気までわかるのでしょうか?

炎症反応について詳しく聞きたいです。

教えて頂きたい内容は
1、炎症反応でどの程度の病気がわかるのか
2、0だろが10だろうが、注意するべきか

詳しい方、炎症反応0だったけど…だったなど御回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>1.
・異常値の場合に考えられる主な疾患
陽性反応が強い場合は、結核などの感染症、膠原病、リウマチ熱、心筋梗塞、肝硬変、敗血症、悪性腫瘍など。弱陽性の場合もウイルス性疾患、急性肝炎、脳炎、内分泌疾患などの疑いがあります。

>2.
CRPは、一般に1デシリットルあらり0.3ミリグラム以下が正常とされています。
風邪などの軽い炎症程度でも1.0くらいまでに上昇することがあります。

ヒトのタイプには、健康に気を使っている人、無頓着の人、この2通り大別出来ましょう。

CRP値0の場合はともかくとして、10の時は注意したほうが良いです。

Q血液検査結果が良くない?

4歳の子供が熱を出して小児科にかかり、高熱が4日ほど続いたので血液検査をしました。

その結果、白血球数が基準値を超えており、CRPも中程度に高いとのことで、入院するほどではないが自宅で安静にするように言われました。

その後、熱も下がり、病院で「もう大丈夫ですよ」といわれ安心したのですが。。
このときに渡された、前回の血液検査結果の詳細が書かれた紙に、HとLと*がたくさん書かれていたのです。

30項目中14項目が、基準値越え、あるいは基準値以下、異常ありという結果です。

先生が「大丈夫」とおっしゃっていたので、紙をあまり見ないでそのまま家に持ち帰ってしまったのです。
家で改めて検査結果を見て、あまりのマークの多さにびっくりしました。
その場で先生に詳しく聞けばよかったと後悔しています。

先生が大丈夫とおっしゃっているのに、電話でもう一度本当に大丈夫なのかと聞いたりするのは失礼でしょうか?

Aベストアンサー

熱を出している時なので数値が大きくなるのは当然ですよ。
熱が出る仕組みは体内に入った菌・ウィルスをやっつけるために熱を上げるためです。
さらに白血球が菌をやっつけるので一時的に基準値以上の数値を示します。

今回の件に関していていえば熱も下がったようなので心配いらないと思います。
どうしても気になるのならば、今度は健康な時に血液検査をされてはいかがでしょうか?

「熱も下がって治ったみたいですけど、この前の検査結果の数値が高くて心配なので、念のためもう1度血液検査してもらうことは出来ますか?」とでも相談されてはいかがでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報