痔になりやすい生活習慣とは?

1円玉は白く錆びるのに、アルミホイルが白くならない理由を
教えて下さい。

1円玉もアルミホイルの表面もアルミニュウムですよね?
だとしたら、どうして1円玉は白く錆びるのに、アルミホイルは
白くならないのでしょうか?
私は1円玉程、白く錆びたアルミホイルを見た事がありません。
逆に、ピカピカの1円玉はたまにしか見る事ができません。
アルミホイルも長時間放置すると、白く錆びるのでしょうか?

1円玉の錆びは「酸化アルミニュウム(アルミナ)」ですか?

アルミホイルの表面も1円玉同様に錆びて、酸化アルミニュウムと
なり、その錆びの厚みが薄いので目立たないだけでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

> アルミホイルは保管しただけで、酸化アルミが取れ、不揃いな酸化アルミで


> 白くなるというのは、まだ納得できません。

えっと、ご質問者さんは、大きな勘違いをされています。ご質問者さんに回答する人は同じ人ではありません。ある人が書いた内容を、別の回答者が「正しい」と思っているとは限りませんよ。
回答をした当人以外に、あたかもその人が書いた内容のように再質問されても困るだけなんですが。

アルミ箔の鏡なようにみえる面も酸化アルミに覆われています。
アルミニウムが裸で酸素に触れると燃えます。出だしに熱は必要ですが、かなり反応性は高い金属です。
アルミ箔は、安定していますよね。熱して燃える、ということはありませんし、放置して反応が進むということもありません。
なので、放置して何もない環境で、鏡面が曇るということはありません。

白く見えるアルミニウムと鏡のように見えるアルミニウムの違いは、酸化アルミの有無ではなく、表面が荒れているかどうかの違いです。
酸化アルミの被膜を破るような条件がない限り、表面が荒れるということはありません。

ちなみに、スチールウールをガスレンジの炎にかざすと燃えます。アルミ箔はどうなるでしょう?
アルミニウムの本来の酸素との反応性は、爆薬にも使われるくらいの激しいモノです。
アルミニウムは、酸素のある環境では必ず酸化アルミの被膜で覆われていないと燃えてしまいます。その反応が激しく、酸化アルミで酸素と触れないようにアルミニウムの金属を覆うのにもし間に合わないと、スチールウールのように燃えるのではなく、爆発的に反応すると思います。この辺は、マグネシウムの燃焼を見てみると良いかも。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再び、回答ありがとうございす。すみません。まだ勘違のようで(^^;

でも、他の回答者さんのように、アルミホイルを長期?保管しただけで
白くなったのは事実ですよね?

>放置して反応が進むということもありません。なので、放置して
>何もない環境で、鏡面が曇るということはありません。

アルミ箔の鏡なようにみえる酸化アルミが、何故?放置(=保管)しただけで
白くなるのでしょうか?というのが前回の疑問です。

何故?ここまでこだわるかと申しますと、
97%以上の輻射熱反射率を謳ってる「住宅用のアルミ(箔)遮熱シート」を
ご存じかと思いますが、長期間、大気中の酸やアルカリや塩の影響で、
白くなったり、変色してしまうと、反射率は当然低下してしまいますね。
私は、近年の酸性雨は知ってますが、大気中に酸やアルカリが存在するか
どうかは知りません。海岸地域なら塩の影響はあると思いますが。

多くのメーカーは、通常のアルミ箔を使用してますが、一部メーカー
では、アルミ蒸着面もしくはアルミ箔面に保護膜を施してます。

特に雨と接触する可能性のある「アルミ蒸着透湿防水シート」には、
保護膜が施されてますが、蒸着品はもともと反射率が低いので、
遮熱効果はあまり期待してません。

以下、あるメーカーからの回答です。
:保護層はアルミの劣化(黒色化や酸化)による性能低下を防ぐ効果が有り
:ますが、住宅外壁などに施工した場合はとくに問題となる事は少ないですが
:工場などの折板屋根・畜舎・鶏舎などの屋根裏への施工を行った場合、
:仕上などを行わない(さらし状態)ため保護層の効果が大きく出てます。

やはり、大気中のさらし状態にすると、アルミ箔の劣化(黒色化等の変色)
が生じるのではないでしょうか?

お礼日時:2010/04/11 09:46

アルミは、基本的には酸化皮膜に覆われていますよ。

これを「錆」とよぶことは、あまりないかと。
というのも、アルミの酸化皮膜は酸素を通さないので、それ以上参加しないんですね。金属を守るのみメッキをすることがありますが、それと同じようなことが自前でできるんです。

だた、その酸化皮膜も、アルカリや酸、塩などで破られ、酸化が進行することがあります。そうなると錆ると同じ状態になり、表面が荒れます。

1円玉は人手を渡りますよね。その間に、酸やアルカリ、塩や脂などで酸化皮膜が破られ酸化が進行すると表面があれ、白く見えるようになります。

アルミ箔でも同様のことをすると同じようなことになりますよ。梅干しなどの酸と触れると酸化が進行するので、試してることができるかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

No.7にも書きましたが、1円玉は環境が違うのでわかりますが、
アルミホイルは保管しただけで、酸化アルミが取れ、不揃いな酸化アルミで
白くなるというのは、まだ納得できません。

何が原因なのでしょうか?
台所の空気中に酸やアルカリ、塩は含まれますか?(海岸近くは別として)

お礼日時:2010/04/09 06:43

>「キラキラした錆び(酸化被膜=アルミナ?)」が取れて


 ちょっとした誤解がまだあるようです。
 金属アルミ自体は、金属光沢をもっています。家庭で使われている鏡はガラスの裏面にアルミをつけたものですから、あれこそアルミの色といってもよいでしょう。
 酸化アルミ自体は透明な物質で、ルビーやサファイアはそれにクロムや鉄などがわずかに含まれたものです。ジルコニアもアルミナ。透明なガラス状の物質です。そして、あの白い粉も酸化アルミニウムです。
 酸化アルミの極めて薄い酸化被膜が取れて、不揃いな酸化アルミができるため光沢が失われる。と考えた方がよいでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答ありがとうございました。

酸化アルミは透明なので、
「酸化アルミの極めて薄い酸化被膜が取れて、不揃いな酸化アルミができた状態」になると
白くなり、光沢が失われるのですね。

でも、1円玉は環境が違うのでわかりますが、アルミホイルは保管しただけで
酸化アルミが取れて、不揃いな酸化アルミがで白くなるというのは、
まだ納得できませんが。

お礼日時:2010/04/09 06:38

アルミホイルも白くなりますよ。

古いと。
たぶん、5年くらいたっていたやつだと思いますが、この前使おうと思ったら白かったですね。
でも、ロールの真ん中くらいが白かっただけで、両端の2~3cm位はそれほど白くなかったので、やはり酸化しにくいのでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

今まで見た事がありませんが、アルミホイルも白くなりますか。
ロールの真ん中の方が、空気に触れる面積が広いからでしょうか?
もし、短期間で白くする加速試験がありましたらその方法を教えて下さい。

お礼日時:2010/04/09 06:29

No.2です。


アルミホイルも一円玉も表面的には無処理の、物質的には純アルミです。
>アルミホイル=環境(主に室内の台所)
>1円玉=環境(室内以外に室外。手で触れる等)
>以上の環境の違いですか?
 そうです。アルミは純粋な状態で、しかも何も処理されないで使用されることは極めて少なく、唯一一円玉とアルミホイルが純アルミの無処理状態と考えてよいでしょう。アルミサッシもアルミの鍋もアルミホイールも、合金(ジュラルミンでありあるまいし加工してあります)
 ただアルミホイルは、一円玉と異なり鏡面仕上げのローラーで伸ばされますから・・・そうでないとローラーから剥がれない(^^)・・・鏡面、すなわち細かい凹凸が極めて少ない状態で生産されます。それは表面積が少ないということです。いずれにしろ、アルミの表面は速やかに酸化アルミの被膜ができますからずっときれい。手で触ったり風雨にさらされると酸化被膜が取れて白くなります。
 一度、銀行で新品の一円玉をひと包み、もらってきてごらんなさい。驚くほどきれいですよ。
 実は鉄も表面に黒錆ができると、触らない限り錆びない・・・日本刀ののようにね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び、専門的な回答ありがとうございました。

>唯一一円玉とアルミホイルが純アルミの無処理状態
>アルミの表面は速やかに酸化アルミの被膜ができますからずっときれい

純粋のアルミは環境が良くても「すぐに酸化アルミの被膜ができる」のですね?
その酸化アルミの被膜は、キラキラした錆び(酸化)ですね?
特に、アルミホイルは鏡面なので、錆びても酸化アルミの鏡面は保たれる。

>手で触ったり風雨にさらされると酸化被膜が取れて白くなります。

上記環境で、「キラキラした錆び(酸化被膜=アルミナ?)」が取れて
白くなるわけですね?

お礼日時:2010/04/05 19:59

1) アルミホイルの製造方法はアルミ(電解でとれた)版(0.5x1.5x8m位)を何回も色々な圧延機をとおしてして、じょじょに薄くしてゆきます。

圧延時には用途、厚さにおおじて、補助剤にオイルを使用します。  2) 残存オイルをとる為と、アルミの用途におおじてアルミ(巻き取った)を高温度(200-260C) 処理をします。  3) 高温度処理された、アルミホイル(約30ミクロン=0.030mm) の表面には極々少量の残存オイルが残っています。巻き取った状態のアルミホイルはさらに保護されて、さびにくい状態にあります。 4)化学溶剤で、表面オイルをとると、酸化が進みアルミナがどんどん表面にできます。 5) 一円玉は、アルミナで、表面を硬くしないと、お金として、長く使用できません。
GOOD LUCK 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

アルミホイルが錆びにくいのは「極々少量の残存オイルが残ってる」のと
「巻き取った状態なので、空気(酸素)に触れない」からですか?

>5)一円玉は、アルミナで、表面を硬くしないと、お金として、長く使用できません。

一円玉は、わざと表面を酸化させ長持ちさせてるのですね。

お礼日時:2010/04/05 19:04

台所で使うアルミホイルですよね。


アルミホイルも同様に白くなりますよ。
また新品の一円玉は、本当にピカピカですよ。
環境が違うだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。台所で使うアルミホイルです。

>アルミホイルも同様に白くなりますよ。

No.2さんも同じ内容ですが、室内なら錆びにくいのでしょうか?
その原因は何でしょうか?
室外の太陽光・温度・湿気等、何が錆び(=酸化)を促進させますか?

>環境が違うだけです。

アルミホイル=環境(主に室内の台所)
1円玉=環境(室内以外に室外。手で触れる等)
以上の環境の違いですか?

お礼日時:2010/04/05 18:58

アルミホイルって台所のアレですよね。


一言で言うと材質が違うからですが、アルミホイルも錆びます。
試しに1週間位外に放置してみてください。表面のツヤが無くなり白っぽくなりますよ。
一般的に純度が高いほどアルミは錆びやすくなります。
車のホイールだったら、表面に塗装してあるので錆びません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。台所で使うアルミホイルです。

>材質が違うからですが、アルミホイルも錆びます。

材質的には1円玉と、どう違うのでしょうか?

>試しに1週間位外に放置してみてください。
>表面のツヤが無くなり白っぽくなりますよ。

室内なら錆びにくいのでしょうか?その原因は何でしょうか?
室外の太陽光・温度・湿気等・・・何が錆び(=酸化)を促進させますか?

>一般的に純度が高いほどアルミは錆びやすくなります

そうでしたか。純度が高いと錆びやすくなるのは意外でした。

お礼日時:2010/04/05 18:52

アルミホイールはアルミ合金でできています。


アルミよりも堅くて比重も大きいです。
したがって、表面の酸化もないのでしょう。

よくスチルホイールと比較して軽くてよいと誤解されがちですが、必要強度を得るためにほぼ同じ重量となり、メリットとしては見た目の美しさだけです。

1円玉の錆びは酸化アルミ(アルミナ)ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

車の「アルミホイール」ではなく「アルミホイル=アルミ箔」でした。

>1円玉の錆びは酸化アルミ(アルミナ)ですね。

やはり、そうでしたか。

お礼日時:2010/04/05 18:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1円玉の汚れを取りたい

硬貨の1円玉の汚れをとりたいのです

以前より瓶に水をいれその中に1円玉をいれ放置しておいており、
先日取り出してみたら表面にセメントのようなガサガサした灰色の付着がありましたが、こすってもとれません。
サンポールやお酢などに浸してみましたが効果がありません。

5円玉ですとサンポールで落ちるなどの書き込みありましたが、1円玉の汚れをとる方法が見つかりませんどなたかおしえていただけませんか?

Aベストアンサー

一円玉はアルミニウムで出来ていますので、その状態は汚れではなく、腐食ですね。
サンポールや酢などに浸したら、よけい酷くなります。

そのまま使用されるか、銀行などで交換してもらったらどうでしょうか。
ただし、交換等は手数料を取られて「 えーっ」となると思います。

Qアルミは錆びるの?

アルミはさびにくいと思います。アルマイト加工がされたり、
またはさびというか1円玉のように表面が白くなることはあると思いますが、
鉄のようにさびで茶色になることはありませんか?
もしそのようにできるなら、どのようにしたら茶色いさびができるのを
はやめることができますか?

Aベストアンサー

アルミが錆びて茶色い鉄錆色になることはないですね。無理です。

ですが鉄とアルミ合金を密着させて錆びさせると鉄の錆がアルミに融着して鉄錆色もつきます。
できるとすればそれぐらいですかね。しっかり密着させるのと鉄が早く錆びるように水を切らさないとか、酸性にするとか、塩分を入れるとかしてみたらどうでしょう。

あとは既出の通り、鉄錆色の塗料やクリアー塗料を塗って乾かないうちに鉄錆の粉をまぶしたりして汚し塗装をしてそれっぽく見せかけるかです。(模型だとか、映画のセットだとかはそういう方法を使うのが常套手段です)
錆びていない鉄粉も売っていますが、反応で熱が出たり、可燃性が高いなど扱いに注意が必要です。日頃見慣れている砂鉄とは全く様相の異なる物ですので気をつけて。たぶんこれを密着させて錆びさせるとくっつくのではないかと想像します。

なお錆びにくいのはアルミでも純アルミ(アルミ材料店で1000系などと言っているもの)です。
2000系などのアルミ合金=いわゆるジュラルミンは錆(腐食)が出やすく、中へ食い込み見かけも汚くなってしまいやすい。
そのためジュラルミンの表面に純アルミをメッキしたものもあります。→アルクラッド
http://www.jal.com/ja/jiten/dict/p105.html

アルマイトで茶色いのもありますが、鉄錆とは全く違う色と質感ですね。

アルミが錆びて茶色い鉄錆色になることはないですね。無理です。

ですが鉄とアルミ合金を密着させて錆びさせると鉄の錆がアルミに融着して鉄錆色もつきます。
できるとすればそれぐらいですかね。しっかり密着させるのと鉄が早く錆びるように水を切らさないとか、酸性にするとか、塩分を入れるとかしてみたらどうでしょう。

あとは既出の通り、鉄錆色の塗料やクリアー塗料を塗って乾かないうちに鉄錆の粉をまぶしたりして汚し塗装をしてそれっぽく見せかけるかです。(模型だとか、映画のセットだとかはそういう...続きを読む

Qアルミニウムの腐食

アルミニウムが腐食する原因は何でしょうか?

また、どのくらい置いていたら腐食するんでしょうか?

Aベストアンサー

純粋なアルミは非常に反応性の高い金属です。
アルミサッシなど腐食されない材料として使用される理由は
傷ができたとき、瞬時に酸化皮膜(酸化アルミ)ができ、
それ以上反応が進まなくなるからです。
酸化アルミは透明な物質なので見かけ上はわかりません。
酸化アルミは非常に安定している物質なので腐食が起こりにくいのです。
ちょうど鉄棒の表面に黒さびをあらかじめつけておくのと同じ原理です。

アルミが腐食する理由としては、油や汚れなどが付着して
酸化皮膜ができる前に他の反応が起こった場合です。
つまり反応性の高いものが近くになく、いつもきれいにして空気に触れていれば
ほとんど腐食しないはずです。

Q酸化アルミニウム被膜について

アルミニウムについて調べています。
どうやって調べても次のことがわかりません。
以下の3点教えてください。よろしくお願いします。

アルミニウムの表面にはなぜ被膜が出てしまうのか

その被膜を取る方法にはどのような方法があるか

被膜の発生は防止できないか

Aベストアンサー

金属は多くの場合酸化物を還元して作られています。つまりそんなに安定な物質ではなく、大気中で容易に酸化(腐食)して、また酸化物に戻ろうとします。

通常、金属は表面から酸化(腐食)されていき、酸化物の脱落等を繰り返しながらどんどん内部へ進行していきます。しかし、酸化物のできかたの違いで、緻密な酸化物で全表面が覆われそれ以上酸化が進行しない種類の金属があります。その金属とはAl、Ti、Ta、V、Nb等で、これらはバルブメタルと呼ばれ、いわゆる陽極酸化被膜を生成します。

アルマイトはこれを利用したAlの防触技術です。

酸素が存在する雰囲気中では自然酸化被膜がすぐできてしまいますから、これを防止するには被膜除去後無酸素状態にしなければいけません。

Q一円玉を きれいにするには?

ガラス瓶の中に 小銭を ためていたのですが、
気がついたら お金が えらく汚れていました。
5円、10円は このサイトなどでも きれいにする方法が 紹介されており、
それなりに きれいになったのですが、
一円玉を きれいに する方法が わかりません。
白い粉が 付着したようになっており、
かなり こびりついていて、
こすったりしただけでは とれそうにありません。
見た目も かなり悪く、
よく見れば 一円玉と わかりますが、
表も 裏も 相当 ひどいので、
これを このまま 買い物時に 使うのは
非常に はばかられる状態です。
どうすれば きれいになるでしょうか?

Aベストアンサー

一旦銀行に預けてしまってはいかがでしょうか。
それが一番手っ取り早いと思います。

Q硬貨に発生した錆の落とし方

日本の硬貨の10、50、100、500円に付着した錆を一般家庭にある物で取る方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

身近にあるものでしたら
タバスコが一番です

1滴たらしただけで
そこだけきれいになるくらい
効果があります

Q一円玉の表面はコランダム?

硬度9のコランダムは酸化アルミで出来ている。
一円玉はアルミ製で表面は酸化皮膜。

ということは、一円玉は硬度9ですか?

Aベストアンサー

既にNo1,No2の方がおっしゃってますが、もう少し詳しく説明してみます。
まず、アルミニウムは表面に薄く稠密な酸化皮膜が出来ることが良く知られている金属です。そのおかげで、アルミニウムのような酸化反応を激しく起こす金属なのに、大気中でも安定に使えるわけです。
一般に自然酸化に任せたアルミニウムの場合には、酸化被膜の構造はアモルファスと呼ばれる非結晶構造になりやすいです。
このアモルファス構造もけっこう硬度が高い場合が多いのですが、コランダム(サファイア)ほど硬くはないと思われます。
しかし、実際にはアルミニウム表面は傷が付きやすく決して硬くありません。これは、酸化被膜の厚さが非常に薄く(おそらくミクロン以下の厚さでしょう)、さらに酸化被膜を支える内部の金属アルミニウムが非常に柔らかいために、簡単に表面部分がはぎ取られてしまうからです。。
従って、表面の酸化アルミニウム部分だけを取り出して、ミクロな硬度計測が出来れば、そこそこ大きな硬度が得られると思いますが、通常のマクロな測定法では金属アルミニウムとしての硬度しか得られないと思いますよ。

既にNo1,No2の方がおっしゃってますが、もう少し詳しく説明してみます。
まず、アルミニウムは表面に薄く稠密な酸化皮膜が出来ることが良く知られている金属です。そのおかげで、アルミニウムのような酸化反応を激しく起こす金属なのに、大気中でも安定に使えるわけです。
一般に自然酸化に任せたアルミニウムの場合には、酸化被膜の構造はアモルファスと呼ばれる非結晶構造になりやすいです。
このアモルファス構造もけっこう硬度が高い場合が多いのですが、コランダム(サファイア)ほど硬くはないと思われま...続きを読む

Qケチャップやソースで10円玉がピカピカになる理由を教えて下さい。

先日、ライフのカテゴリーでお世話になりました。
見なくても、この質問には差し支えないですが・・、参考までに。
http://questionbox.msn.co.jp/qa3237852.html

小銭をピカピカにする方法について質問したところ、ケチャップやソースでピカピカになる、とのことです。
試してみました。

ソースはウスターを使いました。
浸けて一分もしない間に表面に粒々が浮かび、ピカピカの顔を覗かせました。
ケチャップもソースよりは時間がかかりますが、ピカピカになりました。

そこで、どうして?と思いました。

10円玉は銅で出来ていて「Cu」ですよね。
表面のどす黒い色は酸化銅ですか?
酸化銅は錆とは違うのですか?
錆とは青いものをイメージしてしまって、10円玉の表面は錆ではない、と思うのです。

ケチャップとソースに共通するのは、野菜が原料である、ということだと思います。
そして、どちらも少し「酸味」があります。
だから「酸」が10円玉をピカピカにしているのだろうな・・と思います。

ケチャップやソースで試す前には塩素系の漂白剤を使いました。
たぶん、これが失敗だったと思うのです。
酸素系なら成功してたでしょうか?

化学式、というのでしょうか。
そういったものも出来るなら教えて欲しいです。

宜しくお願いします。

先日、ライフのカテゴリーでお世話になりました。
見なくても、この質問には差し支えないですが・・、参考までに。
http://questionbox.msn.co.jp/qa3237852.html

小銭をピカピカにする方法について質問したところ、ケチャップやソースでピカピカになる、とのことです。
試してみました。

ソースはウスターを使いました。
浸けて一分もしない間に表面に粒々が浮かび、ピカピカの顔を覗かせました。
ケチャップもソースよりは時間がかかりますが、ピカピカになりました。

そこで、どうして?と思いま...続きを読む

Aベストアンサー

> 錆とは青いものをイメージしてしまって、10円玉の表面は錆ではない、と思うのです。

錆にも幾つか種類があります。
例えば、鉄では黒錆・赤錆などで、これらは組成が違います。
(鉄と酸素の比から、四酸化三鉄(黒)、三酸化二鉄(赤)などとも
 呼ばれます)

銅の場合も、黒くなる場合と、いわゆる緑青色になる場合が
ありますが、どちらも錆といって差し支えないと思います。
(酸化銅(黒)、塩基性炭酸銅(緑青)など)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E9%9D%92


さて、褐色に錆びた十円玉などがソースなどによって金属
光沢を取り戻したとのことですが、これは、ご想像の通り、
酸によるものです。
ソース・ケチャップなどに含まれる有機酸と、十円玉表面の
酸化銅が反応すると、水に溶けるようになります。
その結果、その下のまだ酸化されていない銅が表面に現れた、
ということです。

この反応は、例えば食酢の酢酸でも起こります。
 CuO + 2 CH3CO2H → Cu(CH3CO2) + H2O

ソースなどには酢酸以外にもいろいろな酸が含まれているはず
ですが、基本的には上の式と同様の反応が起こります。
(「~CO2H」から「H^+」が外れて、代わりに「Cu^2+」が結合)


> 酸素系なら成功してたでしょうか?

いわゆる「漂白剤」と呼ばれるものでは、金属の錆を取り除く
(漂白する)ことはできません。

衣服などの汚れは、主に有機物なので、これらは「酸化」する
ことで色が消えたり、繊維からはがれやすくなったりします。
そのため、「漂白剤」には相手を酸化する薬剤が含まれています。
(その役割をするのが塩素(Cl2)又は次亜塩素酸などの場合が塩素系、
 過酸化水素などの(塩素系以外の)過酸化物の場合が酸素系)

ところが、金属の錆は既に酸化されてしまったもの、いってみれば
酸化によって色がついたようなものなので、これに漂白剤を
つけた場合、まだ錆びていない部分が酸化されて錆になることは
あっても、錆が消えることは(通常は)ありません。
(但し、緑青のように炭酸塩などの分解しやすいものが含まれて
 いる場合は、見た目の色が変わる可能性はあります)

> 錆とは青いものをイメージしてしまって、10円玉の表面は錆ではない、と思うのです。

錆にも幾つか種類があります。
例えば、鉄では黒錆・赤錆などで、これらは組成が違います。
(鉄と酸素の比から、四酸化三鉄(黒)、三酸化二鉄(赤)などとも
 呼ばれます)

銅の場合も、黒くなる場合と、いわゆる緑青色になる場合が
ありますが、どちらも錆といって差し支えないと思います。
(酸化銅(黒)、塩基性炭酸銅(緑青)など)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E9%9D%92


さて、褐色に錆びた十円玉...続きを読む

Q硬貨ってなぜ錆びない?

硬貨ってなんで錆びないんでしょうか。

1円、5円、10円、50円、500円玉がありますが、水に濡れても錆びないし、異種金属同士のはずですが、一緒に財布に入れておいてもイオン化して錆びているのをみたことありません。
詳しい方、その理由を教えてください。

Aベストアンサー

さびてるのありますよ
何かで傷がついたところに緑色のものが噴出しています。(10円玉かな?) かなりの確率で見ますが…??

Q古い硬貨の汚れをとる方法を教えてください。

古い100円硬貨や50円硬貨など昔の硬貨の汚れをとる方法を教えてください。

Aベストアンサー

過去に同じような質問がありましたのでじっくりご覧ください。

古い硬貨の手入れについて、教えて下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1242042.html

硬貨を光らせたい
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa413601.html

古い100円硬貨の磨き方
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1383575.html

小銭の洗浄方法
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1762544.html

古銭・硬貨のクリーニング
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa291882.html

硬貨を磨く方法
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa77208.html


人気Q&Aランキング