気体が酸素である証明で、中学レベルでは「火のついた線香を入れて、炎を出して燃えたら酸素」というものがポピュラーなのだと思います。
でも、日本では先行が当たり前のアイテムでも、他の国ではそうでもないような気がします。他の国ではどういう方法で、謎の気体が酸素であるという判断をさせているんでしょうか?
あくまで、小学・中学レベルの話でお願いします。

A 回答 (3件)

参照URLに示したものは、教科書そのものではないですが、


学校で教えるの化学実験の辞書ということです。

そこでは、"Glowing Splint" 燃えている木片で、とありますね。

参考URL:http://www.uq.edu.au/%7Exxjelfic/topic13.html#13 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がおくれました。そういう方法をとって居るんですね。日本でもその実験を見せることがありますよね。教科書にも出ているはずですし。
助かりました。ありがとうございます(^o^)/

お礼日時:2001/04/06 00:17

空気中では炎を出して燃えないが、純酸素中なら炎が出る、というような性質をお望みなら、


木炭片が最もポピュラーで、どんな地域でも入手できると思いますが…。

この回答への補足

ありがとうございます。
ええと、外国の教科書でどう教えているか、と言うあたりを知りたいです。お願いします。

補足日時:2001/03/31 13:31
    • good
    • 0

ろうそくとか、スチールウールとかアイテムは線香以外にありそうです



カリキュラムとか教育内容の違いはよくわかりませんが…
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ