60cm水槽にコリドラス15匹,ネオンテトラ50匹を飼っています。「蛍光灯について」という質問をさせて頂いた時に,アマゾンソードやアヌビアスナナの葉の表面にこげ茶色の苔のようなものがついてしまい,葉が枯れてしまうという状況についてご説明させていただきました。熱帯魚店の店員さんからは「それはバクテリアが少ないとそうなる」と言われましたので,液体バクテリア(濾材に染込ませて使うもの)と共に<オトシンクルス2匹><石巻貝5つ><ビーシュリンプ4匹>を入れました。まずオトシンクルスのご質問からさせていただきます。オトシンクルスは葉の表面についたこげ茶色の苔のようなものをすべて食べてしまいました。その結果緑色の葉が鮮やかに見えています。またどういうわけか以前は水槽の側面に良く出来ていた緑色の苔はほとんど生えなくなりました。このままだとオトシンクルスの食べるものがなくなってしまい死んでしまうのではないかと心配です。図鑑によりますと茹でたほうれん草を与えても良い,とありましたのでそうしたのですが食べている様子がなく,またプレコ用のタブレットも与えてみたのですが気がついてくれないようです。そこで再度緑色の苔を発生させたいのですが,どのようにしたら良いでしょうか?。
 また蛇足ですが,ほうれん草のことを店員さんにお尋ねしたときに「タブレットがなかった頃はそんなものも与えていた・・キャベツやキュウリも食べるんだよ」と言っていました。亀はハムなど,ザリガニはお刺身などを食べますが,このように人口飼料以外で熱帯魚に与えても良い,あるいは与えたほうが良いエサなどがありましたら教えてください。長くなって申し訳ありませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

人の目にはあまり見えなくなってもいろいろな所にコケはついています。

そしてオトシンクルスは水槽に溜まる有機粒子も食べますから気にしなくてもよいでしょう。

コケを生やさせるには照明を強くしたり点灯時間を長くすればいいと思います。また、水質もかかわってきます。
しかし、水草にとって良い環境の水槽なら、このようなことをしても、コケはあまりコケは生えないということを覚えておいてください。

逆に考えれば、「水草水槽にたくさんコケが生えるから」という理由で照明を暗くしたり点灯時間を短くしてコケの発生を抑えても根本的な解決にはなりません。一時的な対策だと思ってください。

水槽の照明に太陽光を使う場合、直射日光はやめましょう。すりガラスなどをはさんだ間接光にしてください。
しかし、条件によっては直射日光を使ってもかまいません。

ザリガニに刺身を与えるのはかまいませんが亀にハムを与えるのはやめましょう。
ハムは"人間用に味付けされた"食べ物です。
塩分の量などの面でよくありません。

「60cm水槽にコリドラス15匹、ネオンテトラ50匹」は、入れていい量の上限というところです。
しかし
「多い水量に少ない魚を入れる」
「広く、ゆったりと」
が基本ということを忘れないでください。

人口飼料以外で与えた方が良い餌は、たとえばコリドラスの場合は冷凍のアカムシなどがあります。
生きているイトミミズなども販売されていますが白点病を持ち込む可能性があります。
しかし、たいていの場合、コリドラスならば大丈夫でしょう。
ネオンテトラの場合はブラインシュリンプや冷凍アカムシなどがあります。
生きているイトミミズもいいですがネオンテトラなどの場合は白点病に注意します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 オトシンは今のところ問題ないようです。このまま様子を見てみます。照明の照射時間は以前より増やしていますが,苔は増えてはいません。今はひょっとしたら苔の生えにくいバランスになっているのかもしれません。
 日光については以前にも別の方からアドバイスをいただきましたが,重たい水槽を日光の当たる場所まで移動させる事は現実的ではありませんのでやっていません。
 ハムや刺身の例をあげましたのは,ひょっとしたらお米やパンくずなどもたまにはあげた方がよいのかしら?・・なんて考えが少し頭をよぎったからでした。
 冷凍アカムシは以前によくあげていました。糸ミミズは活きエサとして何回か与えた事があったのてすが,その後魚の体調が悪くなったりしましたので,その後は与えた事がありません。でも糸ミミズを入れたときは魚がパニックになるぐらい食いつきがよかったので,さぞ満足だったかもしれない・・と今でも思っています。菌がいるので危ないらしいですね。
 今回はアドバイスをいただきありがとうございました。

お礼日時:2001/04/15 18:16

 皆さんの回答、まさに的を射ていますので、追加の書き込みをしなかったのですが、


回答が締切られないのは、まだ多少の不安をお持ちなのでしょうか。
蛇足を承知で、書き込みます。

 数年前のことですが、マニア向雑誌に連載を持っている方の、コリドラス、オトシンクルス
飼育セミナーを、聞く機会がありました。
 昔のことなので、うろ覚えですが、
 「コリ・オトの死亡原因はそのほとんどが、水合わせの失敗か、急激な換水により
水質が急変したため、エラや内臓にダメージを受けたためだ。」
ということです。
 どの魚にも水質の急変は厳禁ですが、致命傷でない限り、普通数日で回復します。
しかし、コリ・オトはエラや内臓の回復力が弱いため、他の魚では問題にならないような
軽いダメージでも徐々に体力を消耗し、購入後10日以上たってから死亡することも多いのだそうです。
「どんなに水合わせに注意しても、し過ぎるということはない。購入後、半月後に死んだ、
コリ・オトを解剖すると、エラなどに水質ショック特有の出血の後があることが多い。
 しかも、輸入漁の場合、ショップに届くまで、数回換水されているので、
輸送中に受けたダメージで、購入して数日後に死亡することもあるだろう。
病気などを考えると、コリ・オトに限らず、評判の良いショップで、半月くらい
飼いこまれたものを、購入するようにしたほうが良いだろう。」
ということでした。

 餌については
 皆さんのおっしゃるように、オトシンクルスは、コケだけでなく、
水槽内の有機混濁物や、貝の卵など動物質の物も食べています。
 私は、水草水槽に発生した巻貝を駆除した時に、殻を取って水洗いしたものを、
魚の餌として与えるのですが、生餌なのでどの魚も大変食いが良く争って食べます。
底に沈んだ物は、コリドラスやヌマエビと競争で、オトシンクルスも食べていますよ。
ー水質には良くないんだろうけど・・・-

 上記のセミナーでは、「コリ・オト、特にオトシンクルスには、エサをやらない飼育者が多いし、
通常それで問題はないが、コケが不足し、オトシンクルスがやせほそって、
餓死することも、無いわけではない。
 あまり、やせほそっているようなら、対策が必要であるが、その結果、
コケの大発生を招く危険の方が大きい。ジレンマがあるが、長期間水槽を維持するためには、
オトシンクルスやヌマエビは、消耗品と割り切る非情さも必要だろう。
というような話がありました。
ー多少ニュアンスの違いはあるかもしれませんが・・

 そのときは、けっこう反発したのですが、たしかにプレコやコリドラス専用タブレットは、
水質を悪化ーヌマエビがいると、てきめんにーさせますね。
 我が家のオト君達は、あまり、やせこけている様子もないので、たまのゴチソウとして、
貝の身を与えることで辛抱してもらっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 水草についてきた巻貝のからを取って,貝の身をそのまま熱帯魚のエサにする・・という事はすばらしいアイデアですね!。私は以前巻貝が大発生したとき,ひたすら捨てていましたので。今度水草を購入する機会がありましたら,草についている巻貝を取ってもらわずにそのままにしていただこうと思いました。
 回答を締め切っていないことについてご指摘いただきましたが,実はまだ不安なのです。苔を増やそうとしているのですがなかなか増えず,またオトシンが以前のように元気にガラスの表面を舐め取っている行動も観察できなくなっています。
 コリドラス用のタブレット,またはプレコ用のタブレットには見向きもせず,茹でたほうれん草も食べてくれませんでした。プレコ用タブレットはどの魚も食べないのですぐにカビのようなものが生えてしまいます。
 ただ,オトシン君を背中側から見るとお腹のあたりが微妙に膨らんで見えますから,ひょっとしたらお腹が一杯なだけなのか,とも思うのですが。
 キャベツやキュウリにはまだ挑戦していないのですが,近々やってみようと思いました。
 今回はどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/05 13:49

藻の発生を止めても、水中にある有機物質を餌として生息出来ます。

人間の目に見えないかすかな藻も発生しているので大丈夫!! いつも綺麗に・水槽水を安定に
していれば長生きしますよ。プレコあたりの飼育に難しいものは別ですが・・・。
強くたくましく育てましょう。もともと熱帯魚は、人間にリラックス感・インテリア性・心のなごみ・ゆとりを与えてくれる鑑賞用なので、神経質になってはつまらないと思います。  心くばりと愛情を忘れなければ、きっと魚達も答えてくれるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 今回購入しましたオトシンクルスは,今現在も元気に泳ぎ回っています。目に見える形でエサを頬張っている他の魚達と違い,なかなか目にはわかりにくいエサを食べている魚ですから,心配だったんですね・・。
 私が買わなければこの魚は販売店か,あるいは別の方の水槽で死なずにすんだものを・・と思うとかわいそうになってしまいまして。
 今回は生物濾過についていろいろと学びました。
 今後もなにかありましたら,よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/04/15 18:03

結論から言うとオトシンクルス程度の小魚類に餌は気にしないでも大丈夫です。

藻の発生具合は日光照時間で調整出来るので、一日に何時間でどれくらいの藻が発生するか研究してみましょう。仮に藻がなくなっても死ぬ事はありませんよ。大袈裟に言えば3日間餌をあたえなくても水槽の状態が安定していれば問題ないです。ちなみに私のオトシンクルスとグラミーは7日間餌なしでもたくましく育っています。旅行中は置き餌を忘れずに・・・(笑)   
60センチ水槽にその熱帯魚数は多いと思います。

この回答への補足

 仮に藻の発生が止まる・・あるいは故意に止めたとしたらオトシンは何を食べて生きているのでしょうか?。ご存知でしたら是非教えてください。

補足日時:2001/04/09 02:44
    • good
    • 0

kasimaruさんとダッブッってしましますが、数年前に苔を食べ尽くして死んだといのは違うと思います・・・。

他に原因があったのだと思います。

2週間前に入れてすぐ死んだということは最初から状態の悪いものを買ってしまったのか、水の状態がわるかったことのどっちかだと思います。

前に、数が多すぎるのではっと言ったと思いますが、はっきり言って60センチの水槽にこれだけいれて飼育するにはそれなりの浄化装置が必要です。数を減らすか大きな水槽に移すことをお勧めします。

苔をどうしても増やしたいのでしたら、照明をつける時間を増やすもしくは明るい(直射日光はお勧めしませんが)ところに場所を移してはいかがですか?すぐ苔だらけになると思いますが・・・。(掃除が大変ですよ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kasimaruさんとダッブッってしましますが、数年前に苔を食べ尽くして死んだといのは違うと思います・・・。他に原因があったのだと思います。

 そうかもしれません。考えうる原因を特定しなければ対策が講じられませんので困っているところなんです。

2週間前に入れてすぐ死んだということは最初から状態の悪いものを買ってしまったのか、水の状態がわるかったことのどっちかだと思います。
 
 買ったときの状態はすこぶる良く,またその前に買っていたネオンがまったく異常がなかったことを考えますと,水の状態にも問題があったとは思えませんでしたので。今回はひょっとしたら輸送に問題があったのかも・・と思い当たる節が出てきました。
 
前に、数が多すぎるのではっと言ったと思いますが、はっきり言って60センチの水槽にこれだけいれて飼育するにはそれなりの浄化装置が必要です。数を減らすか大きな水槽に移すことをお勧めします。
 
 図鑑を調べましたところ60cm水槽ではカラシン30~50匹,中型魚10~15匹程度が適切な数(上限)・・となっていました。濾過装置を強力なものにするためには外部濾過装置の新規設置,と言う事になりますね。部屋も手狭なためなんとかこの水槽一本で済ませたいと思います。
 
苔をどうしても増やしたいのでしたら、照明をつける時間を増やすもしくは明るい(直射日光はお勧めしませんが)ところに場所を移してはいかがですか?すぐ苔だらけになると思いますが・・・。(掃除が大変ですよ)
 
 現在照明点灯時間の延長,ならびにスポットライトの照射も行っていますが,目に見えて苔が増えてきているという兆候はありません。オトシンが増えている苔を食べていてくれる・・ということでしたら良いのですが・・。
 すぐに苔だらけにはなかなかなってくれませんでした。
 掃除をしなければならないほど苔を増やしたいわけではありません。ちょうど良いバランスで苔が発生する照明の照射時間,そのポイントを見つけられるかどうか・・ですね。
 再度のアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2001/04/07 19:13

結論から言うと60cm水槽にオトシン二匹なら餌は不要です。

(かえって有機無農薬でない野菜を与えて魚やバクテリアにダメージを与える方が恐ろしい。)
オトシンは一見何も無いように見えるガラス面の柔らかいコケを食べますので、餌は毎日発生しています。
私は、35cm水槽にオトシン4匹を入れていますが、丸々と太っています。(オトシン用の餌は与えていません。)

なぜ、オトシンがすぐに死ぬのかはいろいろ原因が考えられますが、主な原因は次の4点です。
(1)硝酸塩(硝酸イオン)の蓄積、亜硝酸の残留等による中毒死。
(2)水槽投入時の水合わせの不足によるショック死。
(3)薬品等の使い過ぎによる残留薬物の影響。
(4)はじめから入荷状態が悪かった。

(1)は、魚の多さからいうと、もっとも可能性が高い項目だと思います。
ph、亜硝酸濃度、硝酸塩濃度等、水槽の状態を把握されていますか?
濾過システムがわかりませんが、生物濾過の能力を超えている可能性が有るので外部濾過器、または外掛け濾過器の追加と”自前の濾過バクテリア活性化”の為の24hエアレーションが必要だと思います。(下記URLで濾過システム見直しの参考にして下さい。)
(2)は、初心者でない限りわかっていると思いますので、より慎重に温度あわせ、水合わせをして下さい。
(3)は、オトシン、コリ、プレコ等ナマズの仲間は比較的薬品に弱いものです。
コケ対策の薬品、病魚薬使用等による薬品が底床に残留蓄積し、水槽の濾過システムに影響している可能性があるので、底床掃除によって毒抜きをしてみたら良いと思います。(濾過器との掃除を同時にしてはいけません。1~2週間ずらして実施します。)
(4)は、オトシンはワイルド物が多いので弱っているものもいます。購入ショップを変えてみたらどうでしょうか。

あと、オトシンとは関係なく問題点がいくつか有ります。
(5)外部バクテリアは増殖出来ず、定着しないので効果が短く、本来必要な濾過バクテリアの増殖を阻害する事が有るため、極力使用しない方が良い、少なくとも立ち上げ当初の一回だけにする。(多くのショップは販売増進目的で薦める場合が多い。)
(6)とにかく魚の数が多すぎ(90cm水槽クラス)、魚にかなりのストレスがかかっているものと考えられるので、出来れば水槽を大きくするか、隠れ家の水草を増やす等の対策が必要だと思います。(これ以上魚は増やさないか、別水槽に分けた方が良いでしょう。)
(7)魚の要求に応じて餌のやり過ぎは環境を悪化させ、結果的に魚にダメージを与える事が多いので、給餌は足りないぐらいにした方が魚の為だと思います。

とにかく、水槽は微妙なバランスによって維持されるので、基本的に余り手を加え過ぎず、システムが落ち着くまで、根気強く維持して下さい。

参考URL:http://plaza6.mbn.or.jp/~yoshiwo/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳しい解説をありがとうございました。濾過は一般的な上部濾過です。一番下にニッソーの(製品名は今,思い出せませんが)紙状の袋に小石の入ったバクテリアの住み家となるもの,その上に荒めのフィルター,その上にマットを2枚,計4層の一般的な組み合わせです。
 コリドラスはその種のみの数としては少し多めだと私も思います。水槽を始めた1995年には4匹でしたが,ガラスの側面によく卵を産んでいるのを見て,繁殖させて増やしてしまいましたので・・。ネオンはいつもは50匹も買って来ると少しずつ死んでしまうのですが,今回は一匹も死んでおらず,その環境の中に入れたオトシンが死んでしまったこと。さらには今回よりも前回の方がオトシンに対しては水合わせ,温度合わせは慎重でした。
 参考に載せていただいたURLは大変勉強になります。
 オトシンのエサについては特に考慮する必要がないとのアドバイスをいただきましたので,しばらくこのまま様子をみてみることにします。

お礼日時:2001/04/07 19:14

以前、熱帯魚にはまって飼っていました!今はもっと手がかかる子供達がいるんで、やめましたけど・・・。

(・_・ゞ-☆
オトシンは丈夫!そう簡単に死にませんよー!ガラスのこけとかも食べてくれるんで私も掃除用に(?)飼ってました。ちょっと60センチの水槽にしては数が多いのではないですか?コリドラスは5,6匹で十分では?オトシンはこのままでいいと思います。

えさをかえってたくさん与えすぎると水が汚れるんでよくないですーd(^-^)ね!
<゜)#)))彡かわいがってあげてくださいねー!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 オトシンを入れるのはこれが3度目,最初は数年前でどうやら苔を食べ尽くして死んでしまったようで,2度目は2週間ほど前,この時は入れてすぐあっという間に死んでしまいました。そして今回,今度は元気で生きていますが,やはり食べ物が心配です。緑の苔をいかに確保したらいいのか・・。はたまたオトシンの食べるエサとは?。それが今回皆さんにお尋ねしたいことの趣旨なのです。

お礼日時:2001/04/01 10:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小さいプレコ(オトシンクルス)の餌やりについて

30cmの水槽にグッピー[20匹]、プラティー[5匹]、オトシンクルス[3匹]で飼っています。
餌は、熱帯魚ショップで飼ったプレコ用のタブレットの餌を小さく割ってあげえています。

ここで相談なのですが、餌をオトシンクルスにあげても餌に気づく前に
グッピーに全部食べられてしまいます(汗)
グッピーがタブレットにたかるので、オトシンクルスは餌の近くにも行けない状況です。

オトシンクルスが餓死しないか心配です。

何かいい方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

> 30cmの水槽にグッピー[20匹]、プラティー[5匹]、オトシンクルス[3匹]で飼っています。
・まず、基本事項から。。。
30cm水槽とは、30×30×30cm(実水量24リットル)キューブ水槽ですか?
もしも、幅30×奥18×高24cm(実水量10リットル)水槽ならば、完全なる過密飼育です。
飼育開始直後でしょうか?
ならば、恐らく飼育開始後10日~21日間で、多数の魚がアンモニア、亜硝酸により中毒死すると思います。

しかも、、、、
グッピーとプラティは中性~弱アルカリ性の中硬水が好適飼育水。
オトシンクルスは弱酸性の軟水が好適飼育水。
ライオンとホッキョクグマは同一飼育環境では生きられません。
普通、混泳する際には、好適飼育環境を調べますよねぇ。。。
どうして一緒に飼育しようと考えたのか理解に苦しみます。

オトシンクルスは、餌付きの悪いことで有名な魚です。
購入時に、ペットショップで人工飼料に餌付いていたか確認されていますか?
現在のオトシンクルスが餌付かない場合、水槽導入後2~3週間で餓死することになりますよ。
しかも、過密飼育では、より一層餌付きにくい。

私も、No.2様と同様の意見です。
No.2様の意見は厳しく思えるかもしれませんが、的を得た意見です。
私も水槽を分けたほうが良いでしょうね。
グッピーとプラティの好適環境ではオトシンクルスの生涯飼育は難しい。
また、30cm10リットル水槽でグッピー20匹も無理。
最低でも45cm水槽への引越しをオススメします。

なお、オトシンクルスは、ほぼ24時間、餌を捕食し続ける種類の魚です。
特別な隠れ家を作る必要はありません。
水草でも、流木でも何処でも必要にて応じて休憩する種類の魚です。
オトシンクルスが餌付かない場合、洗面器に水を張り、流木を数本放り込んでベランダに放置しておけば10日ほどで目には見えないコケが流木に生えます。
この流木を順番に水槽へ設置すれば人工飼料に餌付かないオトシンクルスを餓死から救うことが出来ます。
30cm10リットル水槽に、自然に生えるコケで3匹のオトシンクルスの飼育は無理です。

> 30cmの水槽にグッピー[20匹]、プラティー[5匹]、オトシンクルス[3匹]で飼っています。
・まず、基本事項から。。。
30cm水槽とは、30×30×30cm(実水量24リットル)キューブ水槽ですか?
もしも、幅30×奥18×高24cm(実水量10リットル)水槽ならば、完全なる過密飼育です。
飼育開始直後でしょうか?
ならば、恐らく飼育開始後10日~21日間で、多数の魚がアンモニア、亜硝酸により中毒死すると思います。

しかも、、、、
グッピーとプラティは中性~弱アルカリ性の中硬水が...続きを読む

Q黒髭苔?糸状苔?

画像を見ていただいて教えてほしいのですが、これは何苔でしょうか?
色は緑で、茶や黒ぽい色は感じられません。
流木と底面フィルターの立ち上げパイプに発生してます。
検索で色々調べてみたのですが、どうも判断がつきません。
判断できる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!

その子・・・うちにも生えますw
アオミドロっぽいです。

まずは除去してからエビちゃんがいる様なのでツマツマ予防してもらいましょう^^

除去は歯ブラシ等でこすり取って、水替えの頻度をちょっと増やしてあげるのと、
日当たり(照明)の時間を短くしてあげてください♪

Qオトシンクルス

こんにちは。
60水槽でコケ対策にとオトシンクルスを6匹投入したのですが、全然コケを食べてくれません。
コケは緑のコケで、ガラス面についています。
お店でオトシンクルスが売られている時にはちゃんとガラスに吸い付いていたのですが、うちの水槽に入れてからはあまりガラス面に付かず、底にいます。
掃除をしているような仕草はしているのですが全くコケが取れていません。
お店の人も、コケ対策ならコレ。といっていたオトシンクルスなので品種的には問題ないような気はしますが・・・。

本来オトシンクルスってどこまでコケを取ってくれるのですか?

Aベストアンサー

 オトシンクルスは残念ながら全てのコケを食べてはくれません。

 茶色い珪藻(茶ゴケ)に対しては抜群の能力を発揮して、フレークフードは殆ど食べず、茶ゴケが無くなるといつの間にか消えてしまうよう感じています。私は60センチ水槽なら、1匹か2匹を茶ゴケの出具合によって入れてありますが、これで充分長生きして良く働いてくれています。

 ショップではコケ対策として色々な魚が販売されていますが、コケの種類によって全く効果の無い生物もありますので、よく店員さんに確認する必要がありますね。

 質問者様の水槽に発生してるコケが藍藻でなければ良いのですが、もしこの藍藻だったら、このコケを食べる生物は殆どありません。特徴は、深い緑色で、手で触るとペロッと剥がれ、強い不快な臭気が有ります。取っても取っても直ぐに発生する最悪のコケです。

このコケでない事を願っています。

Qうさぎに「かぶの葉」を与えても大丈夫でしょうか?

我が家のうさぎ(3歳)はペレット・りんご・人参に加えて葉物野菜も大好物。
中でも、夏には「葛の葉」、この季節には「大根の葉」がお気に入りです。
しかし、ここ数日「葉付大根」が店頭に見当たらず困っています。
今日スーパーで「立派な葉のついたかぶ」を見つけたので、大根の代用にしようと購入したのですが…
うさぎには「食べさせてはならない野菜(にら・ほうれん草・たまねぎ等々)」が数々あり、
「かぶの葉は大丈夫なのかな?」と心配になってきました。
手元の飼育書では「かぶの葉」については言及されていません。
そこで質問です。「うさぎにかぶの葉を食べさせても大丈夫でしょうか?」
また、他にも「うさぎに与えてはならない野菜」等の情報があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うさぎに、かぶの葉はだいじょうぶのようですよ。
いけないのは、ねぎ・玉ねぎ・にら・にんにくなどだそうです。
uran3さんちのうさちゃんは、何て名前なんでしょうね?

参考URL:http://www.demeken.co.jp/~usagi/howto.html#food

Qオトシンクルスについて

家にいるオトシンクルスなんですけどまったく役に立っていないようなんです。そもそもオトシンクルスって何を食べているんですか?

Aベストアンサー

いわゆる底物系で、主に水中草の苔・残餌処理として水槽に入れているようです。しかし、寿命が短く朝生きていても夕方には落ちているなんてこともあります。苔とりを残餌主体に考えるのであれば、セルフィンプレコは適していると想います。(私語)自分はセルフィンプレコメインです。余談ですが、石巻貝はひっくりかえると自分ではおきれないので死にます。小さな割には腐敗臭も強く、水質悪化の要因になります。あまりおすすめしません。

Qオトシンクルスについて

水草水槽を始め、コケ対策のためオトシンクルスを毎回5匹ほど入れるのですがみんな3日くらいで☆になってしまいます。どうしてでしょう?
飼育環境は、水槽60cm 底面ろ過(ロ材は大磯砂 CO2添加(10時間)
熱帯魚(ラスボラ2匹、グラスキャット2匹、アカヒレ2匹、ブラックネオンテトラ2匹、コリドラス.アドルフォイ、コリドラス.ゴッセイ各2匹)PH7.2くらい
オトシンクルスの他にプレコも何種類か☆になりました。
自分ではPHが高いのかな?と思ってます。どなたかアドバイスをお願いします。      

Aベストアンサー

普通のオトシンクルス アフィニス等であれば、pHを同
じに調整しても、新しい水環境への移植に弱いようです。
あと酸欠にも弱いようなので夜間に酸欠になっているの
かも。下の人のおっしゃるようにエアレーションしてみ
ては?私の水草水槽でも夜間エアレーションすることで
オトシン落ちなくなりました。

コケ対策で入れるのであればオトシンネグロの方が、
環境変化に強く酸欠にも強いしいいと思いますよ。

pHは、プレコの種類によっては高めの方がいいのも
ありますがどんなプレコでしたか?

それとGH(総硬度)とKH(炭酸塩硬度)を測定してみて
ください。KHがあまりに高いとCO2中毒という可能性
もあります。下記の式で濃度がわかりますから。
CO2(ppm)=KHx(10^(-pH))x3.72x10^7
ということで、KHが10くらいいくと、23ppmで
そろそろやばいぞっていう数値です。

Q汽水の作り方

 汽水については初心者なので
 教えてもらいたいです。

 GEX SEA water

 海水の場合
  1リットル 約36グラム

 これを汽水につかいたいのですが…。

Aベストアンサー

海水と淡水の中間の塩分濃度ならば、全部汽水です。
目的とする飼育魚が書かれていないので、ミドリフグやハチノジフグなどの飼育と言うことで回答します。

観賞魚店で購入したミドリフグやハチノジフグのチビは当初、1/4濃度の汽水から飼育を開始します。
海水の場合1リットルに36gを溶かし込む製品(人工海水の素)ならば、、、
36gの1/4である9gを1リットルに溶かせば、1/4濃度の汽水になります。

なお、水槽水は、いつも少しずつ蒸発しています。
蒸発するのは淡水だけです。
従って、水槽水は、少しずつ、塩分濃度が濃くなる危険性があります。
常日頃から、比重計で汽水濃度を管理する事が重要です。
比重計は、必ず購入しましょう。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=01&catId=1605000000&itemId=10907

ミドリフグやハチノジフグは成長に合わせて、塩分濃度を高くすると長期間飼育出来ます。
だいたい、体長が7cmを越える頃には3/4濃度~海水濃度(海水飼育)まで塩分濃度を高める事になります。

海水と淡水の中間の塩分濃度ならば、全部汽水です。
目的とする飼育魚が書かれていないので、ミドリフグやハチノジフグなどの飼育と言うことで回答します。

観賞魚店で購入したミドリフグやハチノジフグのチビは当初、1/4濃度の汽水から飼育を開始します。
海水の場合1リットルに36gを溶かし込む製品(人工海水の素)ならば、、、
36gの1/4である9gを1リットルに溶かせば、1/4濃度の汽水になります。

なお、水槽水は、いつも少しずつ蒸発しています。
蒸発するのは淡水だけです。
従って、水...続きを読む

Q新しく買うオトシンクルスのトリートメント

今アカヒレを飼っているのですが、水槽にコケがはえてきたので
コケ対策にオトシンクロスを飼おうと思っています。
オトシンクロスは、お店で売られているとき弱っていたりする可能性が
あるので、買って来てしばらくトリートメントした方がよいと
ネットで読んだのですが、具体的にはどうしたらよいのでしょうか?

ただ泳がせておいて様子を見れば?
薬浴ということでしたら、市販のどの薬を使えばよいでしょうか?
またその方法は?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

良いショップさんからお迎えすれば、弱っているということはないはずです。
既にショップさんで充分にトリートメントが行われていて、良いショップさんは弱っている個体は、
「今の状態ではお売りできません」という風に、販売はしません。

もしご自宅でもトリートメントなさるのでしたら、薬浴なさらない方が良いと思います。
オトシンのいる水槽で薬浴をしたことは何度かありますし、同じくナマズの仲間の
コリドラスも、規定量のアグテン(マラカイトグリーン)やエルバージュに耐えましたが、
基本的にナマズの仲間は、魚病薬には強くないと言われています。
使っても、規定量の半分程度など。

泳がせておいて、病気の発生がなければ良いと思います。
よくは調べたことがないのですが、オトシンはあまり病気にはならないと思います。
コリはエロモナスに弱かったりしますが、オトシンが病気らしい症状で落ちたことはないように思います。

Qこれは「オトシンクルス」でしょうか?

水槽初心者です。

近くのホームセンターで「オトシンクルス」として売っていたのを
飼ってきて2ヶ月が過ぎようとしています。

色々なサイトを見ていると
オトシンクルスは温厚な性格と数多く書いており、
「そうなんだぁ。こいつはおとなしいヤツなんだ」と眺めていると
ある時、同居人のコリドラスパンダの横っ腹をいきなりズドンと体当たり
その後、必要以上に追い回すことが続き可愛そうになったので
パンダを隔離。
今度は青コリに興味が出たのか後を青コリの後をくっついて回る姿を見て
「青コリなら大丈夫!」と思ったのもつかの間、やはり体当たり攻撃を仕掛け
威嚇もするようになりました。

そのうちウチの水槽の中で一番の「暴れん坊」になっていきました。

そこで、質問です。
最近、ネットで「オトシンクルス」の画像を見るようになり、
「なんか違うぞ」と思うようになってきました。

画像を添付します。
こいつは本当に「オトシンクルス」なのでしょうか?
もし違えばこいつはいったい何者なのでしょうか?

すいません。教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

写真を見る限り、口(吻)の形が違うのでオトシンクルス(吸い付きナマズ)では無いと思います。
第一、オトシンクルスは基本的に水底にベッタリ腹を付けることは、マズありません。
普段は、ガラス面や流木などに張り付いて暮らしている魚です。
また、オトシンクルスは他魚には無関心です。
他魚に、体当たりするなど考えられません。

写真では、ハッキリしたことは分かりませんが、コリドラスに体当たりを仕掛けるとのお話ですから、ある程度、気の強い魚。「モロコ」か「ウグイ」の稚魚でしょうか?
http://plaza.rakuten.co.jp/nessundorma/diary/200611010000/
http://homepage2.nifty.com/tokai-no-mizube/kanto/kanto_z1.html

なお、モロコやウグイならば、大きくなるので、小型魚との混泳は将来、不可能になります。(他魚が捕食されます。)
平和に混泳出来るのは体長6cm位までだと思います。

一般的なオトシンクルス(吻に注目)
大きさは最大でも4cm程。
http://webaf.biz/2006/10/post_74.html

写真を見る限り、口(吻)の形が違うのでオトシンクルス(吸い付きナマズ)では無いと思います。
第一、オトシンクルスは基本的に水底にベッタリ腹を付けることは、マズありません。
普段は、ガラス面や流木などに張り付いて暮らしている魚です。
また、オトシンクルスは他魚には無関心です。
他魚に、体当たりするなど考えられません。

写真では、ハッキリしたことは分かりませんが、コリドラスに体当たりを仕掛けるとのお話ですから、ある程度、気の強い魚。「モロコ」か「ウグイ」の稚魚でしょうか?
http://p...続きを読む

Q現在 シマドジョウ3匹と金魚2匹を一緒に買っています。

現在 シマドジョウ3匹と金魚2匹を一緒に買っています。
金魚の方が白点病になったので、アグテンを投薬しようと思うのですが、ドジョウに使用しても問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

一般に、金魚よりもドジョウの方が白点病を発生しやすい傾向にあります。
ドジョウと金魚の混泳水槽にアグテンを使用しても問題ありません。
アグテンは、濾過バクテリアや水草に被害の少ない、本水槽へ直接投入できる薬です。

アグテンの使用に際しての注意点
・薬剤は規定濃度を守ること。
・アグテンには魚毒性があります。
一般に、底モノの魚には薬剤の魚毒性が強く出る傾向があります。
水槽へアグテンを溶かし込む際は、時間を掛けてユックリ濃度を高めた方が安心です。
・活性炭は、アグテンを吸着し効果が薄れます。
外掛け濾過器ならば「濾過ボード」、その他の濾過器ならば「活性炭パッド」は、薬浴中は取り外します。
・薬効期間は3日間ほど。
3~4日毎に1/2程、換水します。
投入するカルキ抜きした新水には、自然分解量を補完するために、規定量の2割~3割ほど濃くアグテンを溶解します。
・治療期間は10日~15日ほど。
魚体が綺麗になったからといって、直ぐに薬浴を中止すると再発しやすいので注意が必要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報