60cm水槽にコリドラス15匹,ネオンテトラ50匹を飼っています。「蛍光灯について」という質問をさせて頂いた時に,アマゾンソードやアヌビアスナナの葉の表面にこげ茶色の苔のようなものがついてしまい,葉が枯れてしまうという状況についてご説明させていただきました。熱帯魚店の店員さんからは「それはバクテリアが少ないとそうなる」と言われましたので,液体バクテリア(濾材に染込ませて使うもの)と共に<オトシンクルス2匹><石巻貝5つ><ビーシュリンプ4匹>を入れました。まずオトシンクルスのご質問からさせていただきます。オトシンクルスは葉の表面についたこげ茶色の苔のようなものをすべて食べてしまいました。その結果緑色の葉が鮮やかに見えています。またどういうわけか以前は水槽の側面に良く出来ていた緑色の苔はほとんど生えなくなりました。このままだとオトシンクルスの食べるものがなくなってしまい死んでしまうのではないかと心配です。図鑑によりますと茹でたほうれん草を与えても良い,とありましたのでそうしたのですが食べている様子がなく,またプレコ用のタブレットも与えてみたのですが気がついてくれないようです。そこで再度緑色の苔を発生させたいのですが,どのようにしたら良いでしょうか?。
 また蛇足ですが,ほうれん草のことを店員さんにお尋ねしたときに「タブレットがなかった頃はそんなものも与えていた・・キャベツやキュウリも食べるんだよ」と言っていました。亀はハムなど,ザリガニはお刺身などを食べますが,このように人口飼料以外で熱帯魚に与えても良い,あるいは与えたほうが良いエサなどがありましたら教えてください。長くなって申し訳ありませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

人の目にはあまり見えなくなってもいろいろな所にコケはついています。

そしてオトシンクルスは水槽に溜まる有機粒子も食べますから気にしなくてもよいでしょう。

コケを生やさせるには照明を強くしたり点灯時間を長くすればいいと思います。また、水質もかかわってきます。
しかし、水草にとって良い環境の水槽なら、このようなことをしても、コケはあまりコケは生えないということを覚えておいてください。

逆に考えれば、「水草水槽にたくさんコケが生えるから」という理由で照明を暗くしたり点灯時間を短くしてコケの発生を抑えても根本的な解決にはなりません。一時的な対策だと思ってください。

水槽の照明に太陽光を使う場合、直射日光はやめましょう。すりガラスなどをはさんだ間接光にしてください。
しかし、条件によっては直射日光を使ってもかまいません。

ザリガニに刺身を与えるのはかまいませんが亀にハムを与えるのはやめましょう。
ハムは"人間用に味付けされた"食べ物です。
塩分の量などの面でよくありません。

「60cm水槽にコリドラス15匹、ネオンテトラ50匹」は、入れていい量の上限というところです。
しかし
「多い水量に少ない魚を入れる」
「広く、ゆったりと」
が基本ということを忘れないでください。

人口飼料以外で与えた方が良い餌は、たとえばコリドラスの場合は冷凍のアカムシなどがあります。
生きているイトミミズなども販売されていますが白点病を持ち込む可能性があります。
しかし、たいていの場合、コリドラスならば大丈夫でしょう。
ネオンテトラの場合はブラインシュリンプや冷凍アカムシなどがあります。
生きているイトミミズもいいですがネオンテトラなどの場合は白点病に注意します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 オトシンは今のところ問題ないようです。このまま様子を見てみます。照明の照射時間は以前より増やしていますが,苔は増えてはいません。今はひょっとしたら苔の生えにくいバランスになっているのかもしれません。
 日光については以前にも別の方からアドバイスをいただきましたが,重たい水槽を日光の当たる場所まで移動させる事は現実的ではありませんのでやっていません。
 ハムや刺身の例をあげましたのは,ひょっとしたらお米やパンくずなどもたまにはあげた方がよいのかしら?・・なんて考えが少し頭をよぎったからでした。
 冷凍アカムシは以前によくあげていました。糸ミミズは活きエサとして何回か与えた事があったのてすが,その後魚の体調が悪くなったりしましたので,その後は与えた事がありません。でも糸ミミズを入れたときは魚がパニックになるぐらい食いつきがよかったので,さぞ満足だったかもしれない・・と今でも思っています。菌がいるので危ないらしいですね。
 今回はアドバイスをいただきありがとうございました。

お礼日時:2001/04/15 18:16

 皆さんの回答、まさに的を射ていますので、追加の書き込みをしなかったのですが、


回答が締切られないのは、まだ多少の不安をお持ちなのでしょうか。
蛇足を承知で、書き込みます。

 数年前のことですが、マニア向雑誌に連載を持っている方の、コリドラス、オトシンクルス
飼育セミナーを、聞く機会がありました。
 昔のことなので、うろ覚えですが、
 「コリ・オトの死亡原因はそのほとんどが、水合わせの失敗か、急激な換水により
水質が急変したため、エラや内臓にダメージを受けたためだ。」
ということです。
 どの魚にも水質の急変は厳禁ですが、致命傷でない限り、普通数日で回復します。
しかし、コリ・オトはエラや内臓の回復力が弱いため、他の魚では問題にならないような
軽いダメージでも徐々に体力を消耗し、購入後10日以上たってから死亡することも多いのだそうです。
「どんなに水合わせに注意しても、し過ぎるということはない。購入後、半月後に死んだ、
コリ・オトを解剖すると、エラなどに水質ショック特有の出血の後があることが多い。
 しかも、輸入漁の場合、ショップに届くまで、数回換水されているので、
輸送中に受けたダメージで、購入して数日後に死亡することもあるだろう。
病気などを考えると、コリ・オトに限らず、評判の良いショップで、半月くらい
飼いこまれたものを、購入するようにしたほうが良いだろう。」
ということでした。

 餌については
 皆さんのおっしゃるように、オトシンクルスは、コケだけでなく、
水槽内の有機混濁物や、貝の卵など動物質の物も食べています。
 私は、水草水槽に発生した巻貝を駆除した時に、殻を取って水洗いしたものを、
魚の餌として与えるのですが、生餌なのでどの魚も大変食いが良く争って食べます。
底に沈んだ物は、コリドラスやヌマエビと競争で、オトシンクルスも食べていますよ。
ー水質には良くないんだろうけど・・・-

 上記のセミナーでは、「コリ・オト、特にオトシンクルスには、エサをやらない飼育者が多いし、
通常それで問題はないが、コケが不足し、オトシンクルスがやせほそって、
餓死することも、無いわけではない。
 あまり、やせほそっているようなら、対策が必要であるが、その結果、
コケの大発生を招く危険の方が大きい。ジレンマがあるが、長期間水槽を維持するためには、
オトシンクルスやヌマエビは、消耗品と割り切る非情さも必要だろう。
というような話がありました。
ー多少ニュアンスの違いはあるかもしれませんが・・

 そのときは、けっこう反発したのですが、たしかにプレコやコリドラス専用タブレットは、
水質を悪化ーヌマエビがいると、てきめんにーさせますね。
 我が家のオト君達は、あまり、やせこけている様子もないので、たまのゴチソウとして、
貝の身を与えることで辛抱してもらっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 水草についてきた巻貝のからを取って,貝の身をそのまま熱帯魚のエサにする・・という事はすばらしいアイデアですね!。私は以前巻貝が大発生したとき,ひたすら捨てていましたので。今度水草を購入する機会がありましたら,草についている巻貝を取ってもらわずにそのままにしていただこうと思いました。
 回答を締め切っていないことについてご指摘いただきましたが,実はまだ不安なのです。苔を増やそうとしているのですがなかなか増えず,またオトシンが以前のように元気にガラスの表面を舐め取っている行動も観察できなくなっています。
 コリドラス用のタブレット,またはプレコ用のタブレットには見向きもせず,茹でたほうれん草も食べてくれませんでした。プレコ用タブレットはどの魚も食べないのですぐにカビのようなものが生えてしまいます。
 ただ,オトシン君を背中側から見るとお腹のあたりが微妙に膨らんで見えますから,ひょっとしたらお腹が一杯なだけなのか,とも思うのですが。
 キャベツやキュウリにはまだ挑戦していないのですが,近々やってみようと思いました。
 今回はどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/05 13:49

藻の発生を止めても、水中にある有機物質を餌として生息出来ます。

人間の目に見えないかすかな藻も発生しているので大丈夫!! いつも綺麗に・水槽水を安定に
していれば長生きしますよ。プレコあたりの飼育に難しいものは別ですが・・・。
強くたくましく育てましょう。もともと熱帯魚は、人間にリラックス感・インテリア性・心のなごみ・ゆとりを与えてくれる鑑賞用なので、神経質になってはつまらないと思います。  心くばりと愛情を忘れなければ、きっと魚達も答えてくれるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 今回購入しましたオトシンクルスは,今現在も元気に泳ぎ回っています。目に見える形でエサを頬張っている他の魚達と違い,なかなか目にはわかりにくいエサを食べている魚ですから,心配だったんですね・・。
 私が買わなければこの魚は販売店か,あるいは別の方の水槽で死なずにすんだものを・・と思うとかわいそうになってしまいまして。
 今回は生物濾過についていろいろと学びました。
 今後もなにかありましたら,よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/04/15 18:03

結論から言うとオトシンクルス程度の小魚類に餌は気にしないでも大丈夫です。

藻の発生具合は日光照時間で調整出来るので、一日に何時間でどれくらいの藻が発生するか研究してみましょう。仮に藻がなくなっても死ぬ事はありませんよ。大袈裟に言えば3日間餌をあたえなくても水槽の状態が安定していれば問題ないです。ちなみに私のオトシンクルスとグラミーは7日間餌なしでもたくましく育っています。旅行中は置き餌を忘れずに・・・(笑)   
60センチ水槽にその熱帯魚数は多いと思います。

この回答への補足

 仮に藻の発生が止まる・・あるいは故意に止めたとしたらオトシンは何を食べて生きているのでしょうか?。ご存知でしたら是非教えてください。

補足日時:2001/04/09 02:44
    • good
    • 0

kasimaruさんとダッブッってしましますが、数年前に苔を食べ尽くして死んだといのは違うと思います・・・。

他に原因があったのだと思います。

2週間前に入れてすぐ死んだということは最初から状態の悪いものを買ってしまったのか、水の状態がわるかったことのどっちかだと思います。

前に、数が多すぎるのではっと言ったと思いますが、はっきり言って60センチの水槽にこれだけいれて飼育するにはそれなりの浄化装置が必要です。数を減らすか大きな水槽に移すことをお勧めします。

苔をどうしても増やしたいのでしたら、照明をつける時間を増やすもしくは明るい(直射日光はお勧めしませんが)ところに場所を移してはいかがですか?すぐ苔だらけになると思いますが・・・。(掃除が大変ですよ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kasimaruさんとダッブッってしましますが、数年前に苔を食べ尽くして死んだといのは違うと思います・・・。他に原因があったのだと思います。

 そうかもしれません。考えうる原因を特定しなければ対策が講じられませんので困っているところなんです。

2週間前に入れてすぐ死んだということは最初から状態の悪いものを買ってしまったのか、水の状態がわるかったことのどっちかだと思います。
 
 買ったときの状態はすこぶる良く,またその前に買っていたネオンがまったく異常がなかったことを考えますと,水の状態にも問題があったとは思えませんでしたので。今回はひょっとしたら輸送に問題があったのかも・・と思い当たる節が出てきました。
 
前に、数が多すぎるのではっと言ったと思いますが、はっきり言って60センチの水槽にこれだけいれて飼育するにはそれなりの浄化装置が必要です。数を減らすか大きな水槽に移すことをお勧めします。
 
 図鑑を調べましたところ60cm水槽ではカラシン30~50匹,中型魚10~15匹程度が適切な数(上限)・・となっていました。濾過装置を強力なものにするためには外部濾過装置の新規設置,と言う事になりますね。部屋も手狭なためなんとかこの水槽一本で済ませたいと思います。
 
苔をどうしても増やしたいのでしたら、照明をつける時間を増やすもしくは明るい(直射日光はお勧めしませんが)ところに場所を移してはいかがですか?すぐ苔だらけになると思いますが・・・。(掃除が大変ですよ)
 
 現在照明点灯時間の延長,ならびにスポットライトの照射も行っていますが,目に見えて苔が増えてきているという兆候はありません。オトシンが増えている苔を食べていてくれる・・ということでしたら良いのですが・・。
 すぐに苔だらけにはなかなかなってくれませんでした。
 掃除をしなければならないほど苔を増やしたいわけではありません。ちょうど良いバランスで苔が発生する照明の照射時間,そのポイントを見つけられるかどうか・・ですね。
 再度のアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2001/04/07 19:13

結論から言うと60cm水槽にオトシン二匹なら餌は不要です。

(かえって有機無農薬でない野菜を与えて魚やバクテリアにダメージを与える方が恐ろしい。)
オトシンは一見何も無いように見えるガラス面の柔らかいコケを食べますので、餌は毎日発生しています。
私は、35cm水槽にオトシン4匹を入れていますが、丸々と太っています。(オトシン用の餌は与えていません。)

なぜ、オトシンがすぐに死ぬのかはいろいろ原因が考えられますが、主な原因は次の4点です。
(1)硝酸塩(硝酸イオン)の蓄積、亜硝酸の残留等による中毒死。
(2)水槽投入時の水合わせの不足によるショック死。
(3)薬品等の使い過ぎによる残留薬物の影響。
(4)はじめから入荷状態が悪かった。

(1)は、魚の多さからいうと、もっとも可能性が高い項目だと思います。
ph、亜硝酸濃度、硝酸塩濃度等、水槽の状態を把握されていますか?
濾過システムがわかりませんが、生物濾過の能力を超えている可能性が有るので外部濾過器、または外掛け濾過器の追加と”自前の濾過バクテリア活性化”の為の24hエアレーションが必要だと思います。(下記URLで濾過システム見直しの参考にして下さい。)
(2)は、初心者でない限りわかっていると思いますので、より慎重に温度あわせ、水合わせをして下さい。
(3)は、オトシン、コリ、プレコ等ナマズの仲間は比較的薬品に弱いものです。
コケ対策の薬品、病魚薬使用等による薬品が底床に残留蓄積し、水槽の濾過システムに影響している可能性があるので、底床掃除によって毒抜きをしてみたら良いと思います。(濾過器との掃除を同時にしてはいけません。1~2週間ずらして実施します。)
(4)は、オトシンはワイルド物が多いので弱っているものもいます。購入ショップを変えてみたらどうでしょうか。

あと、オトシンとは関係なく問題点がいくつか有ります。
(5)外部バクテリアは増殖出来ず、定着しないので効果が短く、本来必要な濾過バクテリアの増殖を阻害する事が有るため、極力使用しない方が良い、少なくとも立ち上げ当初の一回だけにする。(多くのショップは販売増進目的で薦める場合が多い。)
(6)とにかく魚の数が多すぎ(90cm水槽クラス)、魚にかなりのストレスがかかっているものと考えられるので、出来れば水槽を大きくするか、隠れ家の水草を増やす等の対策が必要だと思います。(これ以上魚は増やさないか、別水槽に分けた方が良いでしょう。)
(7)魚の要求に応じて餌のやり過ぎは環境を悪化させ、結果的に魚にダメージを与える事が多いので、給餌は足りないぐらいにした方が魚の為だと思います。

とにかく、水槽は微妙なバランスによって維持されるので、基本的に余り手を加え過ぎず、システムが落ち着くまで、根気強く維持して下さい。

参考URL:http://plaza6.mbn.or.jp/~yoshiwo/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳しい解説をありがとうございました。濾過は一般的な上部濾過です。一番下にニッソーの(製品名は今,思い出せませんが)紙状の袋に小石の入ったバクテリアの住み家となるもの,その上に荒めのフィルター,その上にマットを2枚,計4層の一般的な組み合わせです。
 コリドラスはその種のみの数としては少し多めだと私も思います。水槽を始めた1995年には4匹でしたが,ガラスの側面によく卵を産んでいるのを見て,繁殖させて増やしてしまいましたので・・。ネオンはいつもは50匹も買って来ると少しずつ死んでしまうのですが,今回は一匹も死んでおらず,その環境の中に入れたオトシンが死んでしまったこと。さらには今回よりも前回の方がオトシンに対しては水合わせ,温度合わせは慎重でした。
 参考に載せていただいたURLは大変勉強になります。
 オトシンのエサについては特に考慮する必要がないとのアドバイスをいただきましたので,しばらくこのまま様子をみてみることにします。

お礼日時:2001/04/07 19:14

以前、熱帯魚にはまって飼っていました!今はもっと手がかかる子供達がいるんで、やめましたけど・・・。

(・_・ゞ-☆
オトシンは丈夫!そう簡単に死にませんよー!ガラスのこけとかも食べてくれるんで私も掃除用に(?)飼ってました。ちょっと60センチの水槽にしては数が多いのではないですか?コリドラスは5,6匹で十分では?オトシンはこのままでいいと思います。

えさをかえってたくさん与えすぎると水が汚れるんでよくないですーd(^-^)ね!
<゜)#)))彡かわいがってあげてくださいねー!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 オトシンを入れるのはこれが3度目,最初は数年前でどうやら苔を食べ尽くして死んでしまったようで,2度目は2週間ほど前,この時は入れてすぐあっという間に死んでしまいました。そして今回,今度は元気で生きていますが,やはり食べ物が心配です。緑の苔をいかに確保したらいいのか・・。はたまたオトシンの食べるエサとは?。それが今回皆さんにお尋ねしたいことの趣旨なのです。

お礼日時:2001/04/01 10:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小さいプレコ(オトシンクルス)の餌やりについて

30cmの水槽にグッピー[20匹]、プラティー[5匹]、オトシンクルス[3匹]で飼っています。
餌は、熱帯魚ショップで飼ったプレコ用のタブレットの餌を小さく割ってあげえています。

ここで相談なのですが、餌をオトシンクルスにあげても餌に気づく前に
グッピーに全部食べられてしまいます(汗)
グッピーがタブレットにたかるので、オトシンクルスは餌の近くにも行けない状況です。

オトシンクルスが餓死しないか心配です。

何かいい方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

> 30cmの水槽にグッピー[20匹]、プラティー[5匹]、オトシンクルス[3匹]で飼っています。
・まず、基本事項から。。。
30cm水槽とは、30×30×30cm(実水量24リットル)キューブ水槽ですか?
もしも、幅30×奥18×高24cm(実水量10リットル)水槽ならば、完全なる過密飼育です。
飼育開始直後でしょうか?
ならば、恐らく飼育開始後10日~21日間で、多数の魚がアンモニア、亜硝酸により中毒死すると思います。

しかも、、、、
グッピーとプラティは中性~弱アルカリ性の中硬水が好適飼育水。
オトシンクルスは弱酸性の軟水が好適飼育水。
ライオンとホッキョクグマは同一飼育環境では生きられません。
普通、混泳する際には、好適飼育環境を調べますよねぇ。。。
どうして一緒に飼育しようと考えたのか理解に苦しみます。

オトシンクルスは、餌付きの悪いことで有名な魚です。
購入時に、ペットショップで人工飼料に餌付いていたか確認されていますか?
現在のオトシンクルスが餌付かない場合、水槽導入後2~3週間で餓死することになりますよ。
しかも、過密飼育では、より一層餌付きにくい。

私も、No.2様と同様の意見です。
No.2様の意見は厳しく思えるかもしれませんが、的を得た意見です。
私も水槽を分けたほうが良いでしょうね。
グッピーとプラティの好適環境ではオトシンクルスの生涯飼育は難しい。
また、30cm10リットル水槽でグッピー20匹も無理。
最低でも45cm水槽への引越しをオススメします。

なお、オトシンクルスは、ほぼ24時間、餌を捕食し続ける種類の魚です。
特別な隠れ家を作る必要はありません。
水草でも、流木でも何処でも必要にて応じて休憩する種類の魚です。
オトシンクルスが餌付かない場合、洗面器に水を張り、流木を数本放り込んでベランダに放置しておけば10日ほどで目には見えないコケが流木に生えます。
この流木を順番に水槽へ設置すれば人工飼料に餌付かないオトシンクルスを餓死から救うことが出来ます。
30cm10リットル水槽に、自然に生えるコケで3匹のオトシンクルスの飼育は無理です。

> 30cmの水槽にグッピー[20匹]、プラティー[5匹]、オトシンクルス[3匹]で飼っています。
・まず、基本事項から。。。
30cm水槽とは、30×30×30cm(実水量24リットル)キューブ水槽ですか?
もしも、幅30×奥18×高24cm(実水量10リットル)水槽ならば、完全なる過密飼育です。
飼育開始直後でしょうか?
ならば、恐らく飼育開始後10日~21日間で、多数の魚がアンモニア、亜硝酸により中毒死すると思います。

しかも、、、、
グッピーとプラティは中性~弱アルカリ性の中硬水が...続きを読む

Qオトシンクルスが動かない

よろしくお願いします。

10日前から、生まれて初めて魚を飼いはじめました。全くの初心者です。
あまりの可愛さに引かれ、オトシンクルスを買いました。30cmの水槽に3匹います。
そのうち、1匹が、朝からほとんど造花の葉っぱの上で動きません。餌や、コケも全然食べていないみたいです。
・・・あ、今見たら、水面下に移動してます。でも、背びれもねており、動いていません。エラは動いてます。

ずっとみんな元気だったのに、その1匹のオトシンくんは、どうしたのでしょうか?
弱っているんのでしょうか?
どうしたらいいですか?心配で、仕方ありません。

他には、ネオンテトラ3匹、グラスエンゼル3匹が、一緒にいます。
アマゾンとかいう水草も、ひとつ入れてあります。

アドバイス、お願いいたします。

Aベストアンサー

オトシンクルスは、活発に動いたりじっとしていたりといろいろです。群れで飼うと活発に動くようでもありますし、種類によって良く動くのとあまり動かないのとがいるようでもあります。
うちで長年飼っているのも、ほとんど動きません。というか、物陰に潜んでいて、時々出てきて、じっとしています。個体によっても、活発だったりじっとしていたりということがあるようです。餌も全然食べているようじゃないですが、ずっと生きてます。背びれが寝ていることも良くあります。

ということはありますが、前までずっと元気だったのが急変した、ということですと、病気かも知れません。見た感じでは、特に綿みたいのがついてるとか、かすれ傷が出ているとかいうことはないですか。なくても具合が悪くなることはあります。が、ちょっと治療は難しいです。オトシンクルスなどナマズの仲間は丈夫なんですが、薬に弱くて、一度病気になってしまうとなかなか治せないらしいです。実際、うちで前飼っていたのは、いつの間にか一つ死に、またしばらくしてもう一匹死に、という具合に減っていったことがあります。原因不明です。

とりあえず、水はきれいでしょうか。3分の1ぐらい、水を交換してみるのは、どんな病変に対してもまず第一にとるべき手です。一気にたくさん交換してはだめです。3分の1ぐらいにとどめてください。次の日も3分の一。次も3分の1。それでどうなるか、ですね。
その後も、一週間に一度、3分の1の水交換をお勧めします。

あと、熱帯魚は熱さに弱いので、水温が30℃以上にならないように気を付けた方がいいです。特にオトシンクルスはあまり高い水温に合いません。ガラスがかぶせてあったら外す、ライトと水槽のあいだになにかはさんで風通しを良くする(市販のそういった製品もあります)、それでもだめなら、保冷剤や凍らせたペットボトルなどをいれるという手もあります。水温は、25度~28度くらいが適温です。熱さでやられることはとても多いので、注意してみてください。

オトシンクルスは、活発に動いたりじっとしていたりといろいろです。群れで飼うと活発に動くようでもありますし、種類によって良く動くのとあまり動かないのとがいるようでもあります。
うちで長年飼っているのも、ほとんど動きません。というか、物陰に潜んでいて、時々出てきて、じっとしています。個体によっても、活発だったりじっとしていたりということがあるようです。餌も全然食べているようじゃないですが、ずっと生きてます。背びれが寝ていることも良くあります。

ということはありますが、前まで...続きを読む

Q熱帯魚のエサの回数は一日一回or二日に一回?

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわけではありません)
・いいや、熱帯魚は栄養も行き届いて生体が元気な時が一番美しい
などの意見を聞きました。

私は現在、一日一回少量のエサを与えていますが、
もし、美しくきれいなスタイルで、長生きするなら
二日に一回にしようかとも思います。

売られているほとんどのショップのお魚はガリガリにやせていますね。
(いわゆる、しぼっていると言うのでしょうか?)
体を大きくさせないためもあるでしょうが(成長を遅らせる)。。

自分で実際に経験(実験)すれば済むことですが、
皆様の意見を聞きたく、よろしくお願い致します。
(今回は金魚は含まれてません)

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわ...続きを読む

Aベストアンサー

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギンテトラ1匹を2年間飼育していましたが、水草とコケはえまくりの汚らしい(?)水槽でしたが、餌やらずともパトッロが大きくなりました。(ペンギンテトラを食べたわけではありません)

ちょっと話はずれるのですが、カージナルテトラがネオン病にかかった際に、ショップの人に相談したら「感染すると不治の病。延命措置として、なるべく魚に体力をつけさせる為にも、お腹がぽっこり膨れる位にして、魚本来の抵抗力を引き出してあげてください。」と言われました。現在もエロモナス症のモーリーを隔離中ですが、餌を少しずつこまめに与えています。

ある程度魚に体力をつけさせたい、早く大きくしたい…という場合は餌は多めで、水質の変化や魚の体型を気になさるなら少なめで…というのはいかがでしょう。もちろん「多め」といっても、1度に沢山ではなく、何回にも分けて与えることで、残り餌が出ないようにします)

ショップから来た魚は輸送ストレスなどもあるので、トリートメントしながら、その期間にお腹ぽっこりにしてあげて、本水槽ではそこまで気にせず…でやっています。

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギン...続きを読む

Qオトシンクルスがすぐに死んでしまうのですが・・・

よろしくお願いします。

グッピーとテトラを飼っている水槽に、オトシンクルスを1匹買って来て入れると、何度も1~2週間くらいすると死んでしまいます。
エサは、熱帯魚のエサや、メダカのえさ、乾燥赤虫などを水槽に入れていました。水草あり、水質も問題ないと思うのですが、考えられる原因はあるでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
1週間以内で☆になるのは、導入時の体調が悪いか水質が極端に違っていたかのどちらかですが、1~2週間では餓死と考えるのが正しいと思います。この魚導入時は人工飼料は食べず茶ゴケのみを食べますので茶ゴケがないと生きていけない魚です。
参考まで。

Q底砂はどれくらいの期間で掃除するべきか

こんにちは。60cm水槽で淡水の熱帯魚を飼育し始めて2ヶ月半ほどになります。
底砂のメンテナンスについて教えてください。

使用している底砂は「ボトムサンド」です。
コリドラスに良いとされる細かい砂です。
このような底砂はどれぐらいの期間で掃除(洗う)するべきなのでしょうか?

■飼育環境
水槽    :GEX600の60cm水槽(上部フィルター)。
フィルター :一般的なろ過マット、バクテリアを定着させ生物ろ過をさせる目的で
       ちぎったスポンジ、白いリング状のろ過材を使用。
       一番上・・・一般的なろ過マット
       真ん中・・・スポンジ
       一番下・・・白いリング状のろ過材 の順に上部フィルターにセットしています。

アクセサリー:小さめの流木が1本。使用している水草はアヌビアス・ナナ(小)を3つ。
       オブジェの小さめ水草が4つ。
ライト   :水槽を買ったときについていた1灯式。1日3~4時間使用。
ヒーター  :サーモタットヒーター使用。設定温度は27度。

水換え頻度 :週に1度1/4程度。
エサ    :朝1回(たまに2日に1回)少なめの量。

■水質
アンモニア :0.25mg/l(安全値)
pH    :7.0(中性)
亜硝酸   :0.3mg/l(安全値)

※全てテトラ試験薬にて計っています。

■飼育魚
ミッキーマウス・プラティ 6匹(内、オス3匹、メス2匹、1cmになりそうな稚魚1匹)
ネオンテトラ       2匹(たぶん成魚)
グリーン・ネオンテトラ  3匹(たぶん成魚)
クラウンローチ      3匹(内、1匹が6~7cm、2匹が4cm程度)
コリドラス・パンダ    4匹(小さめ)
----------------------------------------
            計18匹

また、漂っている水ミミズを1~2匹ほど見かけました。
水ミミズの発生は水質悪化のサインだと書いているページを見ました。
立ち上がった水槽でも水ミミズは発生するというページも見ました。
居なくなるように何か対処するべきなのでしょうか?
今のところ、ミッキーマウス・プラティの稚魚が水ミミズを捕食しています。
それもそれでいいのか、疑問です。体調に異変があったりしたらどうしようかと思います・・・・。
放置してていいものなのか教えてください。

こんにちは。60cm水槽で淡水の熱帯魚を飼育し始めて2ヶ月半ほどになります。
底砂のメンテナンスについて教えてください。

使用している底砂は「ボトムサンド」です。
コリドラスに良いとされる細かい砂です。
このような底砂はどれぐらいの期間で掃除(洗う)するべきなのでしょうか?

■飼育環境
水槽    :GEX600の60cm水槽(上部フィルター)。
フィルター :一般的なろ過マット、バクテリアを定着させ生物ろ過をさせる目的で
       ちぎったスポンジ、白いリング状のろ過材を使用。
...続きを読む

Aベストアンサー

> このような底砂はどれぐらいの期間で掃除(洗う)するべきなのでしょうか?
・飼育状態によりますが、通常は1月~3月に一度程度。
低床をピンセットで、少し掻き回して、スラッジが舞うようならば底砂清掃の時期です。
http://www.shopping-charm.jp/Items.aspx?tid=14&catId=1129260000
*電動が楽ちんです。

テトラテスト試薬ならば、検査水質については問題ありません。
・アンモニアは一番上から2番目、「薄山吹色~薄青大将色」。
・亜硝酸は一番上、「黄色」。
乱暴な言い方をすると、赤や緑で無ければOK。

> また、漂っている水ミミズを1~2匹ほど見かけました。
> 居なくなるように何か対処するべきなのでしょうか?
・急激に大量発生したミズミミズなどの水槽の不快生物は「富栄養化(水の汚れ)、酸欠、亜硝酸発生」など、飼育環境の悪化を飼育者に教えてくれる有り難いヤツだったりします。
大量発生した場合のみ、低床材や濾過器の清掃など、積極的に対応した方が良いでしょう。

・時々、ミズミミズを発見する程度ならば、状態の良い水槽の合図です。
特段、対策をとる必要はありません。
ミズミミズは低床内の有機物を分解し、水草にとって最高の肥料を作ってくれます。
水草の成長は、優れた自然浄化作用があります。

「熱帯魚を飼育し始めて2ヶ月半ほど」とのお話なので、そろそろ、水槽内には飼育した覚えのない、様々な生物たちが発生する頃です。
異常な数の発生では無い限り心配入りません。

> 今のところ、ミッキーマウス・プラティの稚魚が水ミミズを捕食しています。
・ミミズ類は、あまり消化の良い餌ではありません。
魚によっては、大量に与えると調子を崩します。
ですが、偶に突いている位ならば、問題ありません。
チビにとっては最高の動物性タンパク質です。

> このような底砂はどれぐらいの期間で掃除(洗う)するべきなのでしょうか?
・飼育状態によりますが、通常は1月~3月に一度程度。
低床をピンセットで、少し掻き回して、スラッジが舞うようならば底砂清掃の時期です。
http://www.shopping-charm.jp/Items.aspx?tid=14&catId=1129260000
*電動が楽ちんです。

テトラテスト試薬ならば、検査水質については問題ありません。
・アンモニアは一番上から2番目、「薄山吹色~薄青大将色」。
・亜硝酸は一番上、「黄色」。
乱暴な言い方をすると、赤や緑で...続きを読む

Q水槽の壁に白い糸みたいな虫が

60cmの水槽にポリプとピクタスとプレコをかっています。3匹ともまだ小さいのです。ろ過は上部フィルターにスポンジのみでした。
2~3週間水換えしてないなと思い水槽の汚れ具合を見ていると、壁面に1ミリあるかないかぐらい、細さは髪の毛ぐらいの白い糸状のものがたくさん付いていました。よーく見るとかすかに移動しています。
友達にはイトミミズじゃないかと言われました。でも、調べてみるとイトミミズはもっと大きいみたいだし、網ですくおうとしてもすくえてるのかよくわかりません。
以前も大発生したことがあり、そのときはリセットしましたが、対処方があれば対処したいです。
昨日とりあえずスポンジをすべて交換し、穴の開いた石みたいなやつをいれ、その上にスポンジマットを二枚ひいてみました。
とりあえず変化はないです。

Aベストアンサー

私は昨年まで120cm×60cm×60cmで250Lの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていましたが水槽の濾過状態が良くない時に同様の経験をしています。
それはミズミミズです。
水槽では発生する事が多い生物で特に生餌を与えている場合は発生しやすくなります。
少量であれば仕方が無いものなので特に気にする必要は無いと思いますが大量に発生した場合は見た目は気持ちの良いものではないですし更に水質悪化につながってしまう場合があるので駆除しましょう。
ミズミミズは水質が悪化している水槽に発生しやすいのでまずは換水を増やして水質を良くしましょう。
1/2ほどの水を替えるだけで結構いなくなりますが水を替える前に水槽の壁面などにくっついているミズミミズをスポンジ等でこすり落としてからやると効果が上がります。
ミズミミズはガラス面だけではなく砂利の中にもいますので水換えの際に砂利クリーナーといった商品を利用して砂利の中の餌の残りや排泄物も同時に掃除しましょう。
でもフィルターの濾材や底砂中などのイトミミズを根絶するのは大変です。
完全に根絶するには熱湯消毒か薬品によるしかありませんが濾過バクテリアが死滅しますので濾過バクテリアを増やすことをお勧めします。
上部フィルターの濾材をスポンジからリング状のものに取り替えたとのことですのでその効果は徐々に現れてくるでしょう。
リング状の濾材はものによっては1個でテニスコート1面分の濾過面積があるものもありスポンジよりもはるかに濾過バクテリアの量が増えます。
ただ濾過がスムーズに行われるまでは2、3週間はかかりますのでそれまでは毎週1/4ほどの水換えをしましょう。
そして餌を遣りすぎて底面に残り餌があったりしませんか。
水草が植えてあれば多少の残り餌や排泄物は水草の肥料として吸収されますが古代魚の肺魚やナマズではなかなか難しいかもしれませんので極力餌は残らないように与えて且つ濾過状況を常にチェックしていればそのうちに居なくなりますよ。

私は昨年まで120cm×60cm×60cmで250Lの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていましたが水槽の濾過状態が良くない時に同様の経験をしています。
それはミズミミズです。
水槽では発生する事が多い生物で特に生餌を与えている場合は発生しやすくなります。
少量であれば仕方が無いものなので特に気にする必要は無いと思います...続きを読む

Qネオンテトラお腹の膨らみ

最近飼っているネオンテトラの10匹のうち1匹のお腹がふくらんでいます。
1日1回餌をあげていますが、与えすぎで太っているのですか?
それとも卵でも抱えているのですか?
お店で買ってきて2週間は経ちます。
どなたかわかる方は回答お願いします。

Aベストアンサー

まぁ それだけだと なんとも言えないんだけどね

そうですね、あまり知られていませんが
そのメスと思しき固体の周りにオスが体を押し付けようと
群がっていませんか?

であるなら 抱卵は間違いないと思います。

でも、繁殖はあきらめたほうがいいかな

ネオンテトラは 安価で飼育しやすいですが
それが繁殖となると これはプロのブリーダーでも難しい

でも、まぁ少しだけ 書きましょうか

さて、さらに観察してみましょう
先ほどの群がるオスの中に
他のオスを追い払うような行動をし
なおかつ メスが体を押し付けられても嫌がらない固体が 一匹だけいるはずです

それがペアですので

何とかしてその2匹だけ確保してください

ちょっとしたコツで簡単に2匹のみ捕らえられます

抱卵しているメスは 動作が緩慢になり すぐに捕獲用網ですくえると思います。
こうなったら 占めたもの

グッピー産卵用の ケース(スリットが開いていて さらに2重構造になっているもの)
にメスを投入し 待つこと 少し
早々にあきらめる ペア以外のオスとはうって変わり
ペアのオスだけ
必死に産卵箱のメスに近づこうと 向かってきますので
GETしてください

で、確保したペアは
産卵用水槽に 移します。
(用意しなくてはいけません)

産卵用水槽は 30cm程度の小さいものでかまいません

飼育水をいれ 水が止水とならないように
エアストーンとエアポンプでかなり弱めに水を動かすようにしてください
今の時期なら ヒータを入れ ヒータで暖められた水が動く程度の水流でもかまいません
他には 基本的にベアタンクでよいのですが

そこ砂の代わりに ウィローモスを ふんだんに敷き詰め
水面には リシアを蓋の用に満面に浮かべてください
(それぞれ 3cmぐらいの厚みがあればOK)

そこに ペアを いてれおけば
後は勝手に 浮かべたリシアに産卵しますし
落ちた 卵は 親に捕食されますが
ウィローモスの森に囲まれ 生存率は高くなります。

さて、産卵が終われば
オス又はメス もしくは両方が お互いに対し興味をなくしますので
卵を捕食されないよう さっさと 元の水槽に戻します。

で、ここからが 正念場
運がよければ 1週間かからずに 卵は孵化しますが

ここからが大変
間違っても よく見ようと ライトで照らしたり
するだけで 稚魚は簡単に 他界します。

又、稚魚が恐ろしくちっさいため えさは自然に発生する
微生物がひつようとなり これも管理は難しい
(間違っても 稚魚用のえさなど 与えてはいけません)

なので 、産卵後は 少し薄暗い部屋にしばらく 放置し
稚魚が 2,3mmぐらいになるまでは 手を掛けては いけません
(このくらいでも ライトなど急激な採光は厳禁です)

で、さすがにそのくらいになると えさが不足しますので
稚魚用のえさを様子を見ながら 与えていきます。

って 書いて 実践して 繁殖できたら すごいんだけどね

とりあえず、経験上のネオンテトラ繁殖方法でした

まぁ それだけだと なんとも言えないんだけどね

そうですね、あまり知られていませんが
そのメスと思しき固体の周りにオスが体を押し付けようと
群がっていませんか?

であるなら 抱卵は間違いないと思います。

でも、繁殖はあきらめたほうがいいかな

ネオンテトラは 安価で飼育しやすいですが
それが繁殖となると これはプロのブリーダーでも難しい

でも、まぁ少しだけ 書きましょうか

さて、さらに観察してみましょう
先ほどの群がるオスの中に
他のオスを追い払うような行動をし
なおかつ メスが...続きを読む

Qオトシン・コリドラスのエロモナス・カラムナリス病の

熱帯魚を飼い始めてから約1ヶ月の初心者です。
オトシンクルスとコリドラスの病気への対処について、お知恵をお借りしたいです。

飼育状況は以下の通りです。
サイズ:60cm
立ち上げ~現在3週間
フィルター:外部フィルター(GEX)
水温:25~27度
底床:ボトムサンド
水草:流木に活着したウィローモスとアヌビアス・ナナ、ミクロソリウム
水質:phは未測定の為不明。
(以下はBICOMスターターテストキットの結果)
アンモニア→0.2
亜硝酸→2~5
硝酸塩→20~45
水換え頻度:(亜硝酸と硝酸塩が高い為)3日に1回、プロホースで底床も掃除。新水にバクテリア剤・粘膜保護剤を規定量添加。
餌:一日一回。ひかりコリタブ1個半~2個、ひかりプレコタブ1/4。
一時間後に食べ残しがあれば取り出し。
生体:
▼立ち上げ~1週間後に導入
コリドラスジュリー、パンダ 各3匹(計6匹)
オトシンクルス:4匹(5日前に薬浴用水槽に隔離。内1匹が☆に…)
▼立ち上げ~2週間後に導入
エンペラーペコルティア(約4cmの幼魚)1匹

初めは、オトシンクルス4匹全ての頭と肛門付近が赤く、内出血を起こしていた為
エロモナスかカラムナリスと思い、
エルバージュエースを溶かした薬浴用水槽に隔離し治療しています。本日5日目です。
コリ・オトシンは薬に弱いと聞いた為、規定量の1/3を入れ、薬の色が薄れた3日後に追加で1/3を入れました。
しかし症状は良くならず、内2匹がポップアイも併発し、先日一匹が死んでしまいました…。

本水槽も水質をチェックしたところ、
亜硝酸と硝酸塩が高いことが分かり、
3日置きに1/3の水換えをしました。

コリドラス達・プレコは至って元気で、よく食べよく泳いでおり、
見た目に異常は見られずヒレもピンと立てていたので
本水槽は薬浴せずそのままにしています。

しかし、先日一匹のコリドラスパンダの尾びれが欠けてしまいました。
その子だけ尾びれに白い筋が入っていて気になっていたのですが…。
また、ごく稀にですが体を底床にこすりつける姿も見られます。
他の魚たちも感染している可能性を考えて
本水槽も薬浴し、その後リセットも考えた方が良いのでしょうか…。

また、治療薬にエルバージュエースを使っていますが
他の薬に変更したほうが良いでしょうか?
エロモナスなのかカラムナリスか、もしくは両方なのか…
良い対処法が分からず、戸惑っています。

原因は、まだバクテリアの繁殖がままならないうちに
早く飼いたいから…という気持ちが先走って生体を入れ過ぎ水質が悪化したことだと思っています。
大切に長く飼おうと、よく調べて迎え入れたつもりでしたが
かえって病気を招いてしまい、魚たちには申し訳ない思いでいっぱいです。
まだ短い間ですが、たくさんいる中からせっかく出会った子たちですし可愛くて愛着があるので、誰も死なせたくありません。

以上の今の状況から、良い病気の治療・予防の方法・アドバイスを頂きたいです。
また、水槽立ち上げ後に気を付ける事や、水質向上・維持のポイント、魚の健康の観察ポイントなども
合わせて教えて頂けると嬉しいです。
あれこれと質問が多くまとまりがありませんが、お読み頂きありがとうございました。
よろしくお願い致しますm(__)m

熱帯魚を飼い始めてから約1ヶ月の初心者です。
オトシンクルスとコリドラスの病気への対処について、お知恵をお借りしたいです。

飼育状況は以下の通りです。
サイズ:60cm
立ち上げ~現在3週間
フィルター:外部フィルター(GEX)
水温:25~27度
底床:ボトムサンド
水草:流木に活着したウィローモスとアヌビアス・ナナ、ミクロソリウム
水質:phは未測定の為不明。
(以下はBICOMスターターテストキットの結果)
アンモニア→0.2
亜硝酸→2~5
硝酸塩→20~45
水換え頻度:(亜硝酸と硝酸塩が高い為)3日に1回、プロホースで...続きを読む

Aベストアンサー

お早うございます。

エロモナスは症状の進行が早いので、厄介です。
飼育水槽も薬浴が必要かと思われます。
エルバージュの他、パラザンD、マラカイト(個人的にはお勧め)、メチレンブルー、グリーンFゴールド等が有効です。
質問者様の云われる通り、ナマズの仲間は薬に対して抵抗力が低いので、規定量の1/3程度に留めておくのが無難です。
カラムナリス(尾腐れ病)も発症しているということですので、薬と併せて塩の投入も効果的だと思われます。
薬の投入前に、まず換水と底砂のあく抜きを済ませておきましょう。
換水時に使用したホース、バケツの道具類は、さっと熱湯をくぐらせた後、日に干して消毒します。

もしオールリセットをお考えであれば、勿体ないですが水草は破棄しましょう。
底砂、流木、外部フィルターの濾材は、煮沸消毒すれば再利用できます。
水槽立ち上げ後の濾過については、活性炭等の吸着剤から、通常の濾材に徐々にシフトしていけば問題ないと思います。

日頃から、魚や水質によく目を配られているようですね。
飼育歴1か月でエロモナスの惨禍に逢うというのは、不幸というしかありませんが、負けずに治療を頑張ってください。

お早うございます。

エロモナスは症状の進行が早いので、厄介です。
飼育水槽も薬浴が必要かと思われます。
エルバージュの他、パラザンD、マラカイト(個人的にはお勧め)、メチレンブルー、グリーンFゴールド等が有効です。
質問者様の云われる通り、ナマズの仲間は薬に対して抵抗力が低いので、規定量の1/3程度に留めておくのが無難です。
カラムナリス(尾腐れ病)も発症しているということですので、薬と併せて塩の投入も効果的だと思われます。
薬の投入前に、まず換水と底砂のあく抜きを済ませておきま...続きを読む

Q底にたまる、熱帯魚のえさ残りの処理法

はどうしてますか?

水変え時に舞ってしまって大変なんです.

水も澱んでしまってますし・・・.

魚がかわいそうなんです.

お願いします.

Aベストアンサー

水がよどんでしまう...びっくりしました。
確かに、餌のパッケージの表示に従えば、そんなことも起こるでしょう...
でも、それが何かおかしいとお気付きになったため、ご質問されたのでしょうね。

まず、餌の与えすぎです。

例えば、餌のパッケージに書いてある「3~5分で魚が食べきる量」とは、餌が沈むまでに魚が食べ尽くしてしまうことが前提で、
人間が極少量ずつ落とし込んでいく場合の時間です。

底に溜まってしまう=水質が悪化するので、絶対にやってはいけないという認識の元に
プロのブリーダー達が行う餌のやり方(時間)がそのままパッケージに書かれています。
この餌のやり方は、苦痛だと思われる方が大半ではないか...と私は思います。

例えば、テレビで養殖の餌やりのシーンを目にされたことはありませんか?
バサーバサーと大量の餌を撒いているところです。
あれ、大量に底にヘドロが蓄積してしまいます。
病気発生の原因となるので、業者は数年毎に海域を移動したり、淡水や汽水ならば、捨てて別の場所に新たに養殖池を作ります。
(いずれも、水産の世界では問題視され研究されています)
こういう餌のやり方を、小さな閉鎖空間である水槽の中でやって良いわけがありません。

成長速度を最大に高める必要性...というものがなければ、遙かに少量の餌で魚は生きていくことが可能です。
魚のお腹を良く見て、数週間、餌の量を減らしてもへこんでいなければそれで良しとする考え方が楽で現実的な対応だと思います。
実際、一般的な家庭では、その程度の方が長生きするのではないでしょうか?


次に、底に溜まった餌が、自然に分解されていかないのが問題です。
底床を敷いて、濾過の良好な環境を作り上げれば、有機物を分解する微生物が増えてきます。
濾過を担当するバクテリアを硝化バクテリアと言いますが、残り餌は高分子有機物で、まだまだ硝化バクテリアが分解出来る状態ではありません。

魚を飼うとは、こういった分解者である、バクテリア,微生物ごと飼うとの意識を持ってください。
餌がカビてしまったり、1日経って残っているようなら、このような環境は実現できていません。
1日しないうちに残り餌が溶けるように消える...ようになります。
ただし、通常、水槽立ち上げから数ヶ月しないとこの状態に持っていくことはできません。


上記の対策が第一ですが...
それでも、どうしても底に落ちてしまう餌を、他の生物によって食べて貰う...という方法もあります。
コリドラスという昔ながらの答えがあるのですが、コリドラスは意外に大食漢なうえ、集団生活を好む(落ち着く)魚なので、
残り餌のみでやっていく環境では、あまり向いていません。
更にナマズ類の骨格的な問題から、お腹の状態が普段の観察では分かりづらく、
ついつい餓死させてしまうケースが起こりやすいこともあります。
これを仕方ないと言ってしまうのは、私は観賞漁業界の人間ではないため、何の損害も受けないのでしません。

個人的に向いていると思うのは、クーリーローチなどのドジョウの仲間でしょうか。
また、レッドラムズホーンという貝も、残り餌掃除にとても向いています。
ただ、レッドラムズホーンは、アルカリ性,高硬度の環境では大爆殖することがあるため、注意が必要です。
魚がゼリー状の卵を見つけて食べてくれるなら増えませんが...

水がよどんでしまう...びっくりしました。
確かに、餌のパッケージの表示に従えば、そんなことも起こるでしょう...
でも、それが何かおかしいとお気付きになったため、ご質問されたのでしょうね。

まず、餌の与えすぎです。

例えば、餌のパッケージに書いてある「3~5分で魚が食べきる量」とは、餌が沈むまでに魚が食べ尽くしてしまうことが前提で、
人間が極少量ずつ落とし込んでいく場合の時間です。

底に溜まってしまう=水質が悪化するので、絶対にやってはいけないという認識の元に
プロのブリ...続きを読む

Qオトシンクルスの餌

オトシン・ネグロ3匹を30センチ水槽で飼育しています。
(他にネオンテトラ10匹、ミナミヌマエビ6匹を混泳させています。)

水槽や水草が茶苔でビッシリ覆われたのでオトシンを投入したのですが、これほどコケ取り能力が高いとは・・・。
もうすこしで茶コケが完全に消滅しそうです。

過去の質問をみると、コケを食べ尽くすと餓死してしまうとのこと。
そこでネオンテトラの餌(キョーリンのひかりクレスト"カラシン")を沈めてみましたが食べようとしません。
なかなか食べないのでエビに餌を持ち逃げされています。

ショップで探してみましたがオトシンクルス用の餌が置いてありません。
テトラ、キョーリンのHPを見てもオトシンの餌は無い模様。

オトシンを飼育されている方がいらっしゃいましたら、愛用されている餌を教えていただけないでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

キョーリンのプレコ用タブレットを使っています。
理由は安いから、キョーリンのものは、テトラと違って
コリドラス用と粗たんぱくが同じだから、コリや肉食傾向の強い他魚が突いても良いように
という意識で選びました。

http://www.kyorin-net.co.jp/crest/cr03.html

http://www.kyorin-net.co.jp/crest/cr04.html

スパイラルシェルフードという巻貝専用のえさがあります。
やはりタブレット形状ですが、実際は雑食性の巻貝やオトシンやエビ類は食べますが、
石巻貝やカノコ系は全く食べません。

プレコ用を選ぶことで、オトシンも他魚もよく食べます。
エンゼルフィッシュのような肉食傾向の強い中型魚も食べますので、
比較的安価で手に入りやすいプレコフードで良いと思います。
seraの製品は良いのですけど、置いてあるショップは少なめだと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング