新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

ナウシカは死んだのでしょうか?
ラストのラスト、木の芽が出てきます。あれが再生する生命を暗示しているようですが。と言うことは、ナウシカは死んでいる。その前の祝祭的場面は、幻想である……?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

結構有名な話ですけど


宮崎監督はナウシカを殺すつもりだったけど
スポンサーがそれを許可せず、仕方なく蘇らせたと。
だから宮崎監督は劇場版ナウシカを好きではなく
飲みの席やらでナウシカ絶賛されると
「あんなものがそんなに面白いか!?」と激怒したとの逸話があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

監督の真意が分かりました。
大衆受けはしたくないと彼は思ったのかもしれませんね。

お礼日時:2010/05/07 15:16

人間はどうしようもなくて、ナウシカみたいなスーパーヒーロー(ヒロイン)が導かなくてはどうしようもないけれど、そんなヒーローやヒロインが死ぬほど頑張ってもやはりだめなままで、それに比べて自然は力強いという感じですかね。


で、ナウシカが死んだのかどうかですが、映画を盛り上げるためのどんでん返しで一回死んだように見せていますが、結局人間ではなくスーパーヒロインなので、死なんて関係ないのだと思います。
あの頃宮崎さんは人間こそが悪の根源であって、地球を救いたいなら人間が滅亡するしかないという意味の発言を繰り返していて、「風の谷のナウシカ」という映画には宮崎さんの人間に対する絶望が溢れていると思います。
いくらアニメでも、暴走する王虫の群れに人間が跳ねられれば無事ではいられないわけで、神話的な復活劇には何だか宗教的な匂いがします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私も、最後の場面は、キリストの復活の女性版のような気がしました。
今の私も、例外的な少数者を除いて、人間ほど悪いいきものはいないと思っています。その少数者が、どうしようもない多数者を救おうとして、悲劇に陥る……。
どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/08 22:46

映画版についてですよね?


ナウシカはラストには死んでいません、途中死んで甦ったとも言えますが・・・

ラストの木の芽は飽くまでも、人の住む世界の再生を表すものです。
どんな酷い状況になった世界でも真に優れた指導者と、その指導を理解して行動する人が居れば良い世界にしていく事は出来る。
または、人間がどんなに世界を壊しても自然はたくましく再生する、そして(人間に有用なチコの木の芽である所から)人間を見捨てたりはしないのだと言ったところでしょうか。

ただあの絵には皮肉も込められていると思うのは穿ち過ぎでしょうか?
腐海の深部にナウシカ(とアスベル)が零した種は決して少数では無かったはずです。
しかしあの時点で芽吹いたのはたった一本の芽のみ・・・
この希望は、気を抜けばすぐにも駄目になってしまうそんな儚いものなんですよ。と、、、
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。そうだったんですか。
いや、どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/04/08 22:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

劇場版と、本とは、相当差があるみたいですね。
本を読んでみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/08 22:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q風の谷のナウシカの最後は?(ネタバレあり)

風の谷のナウシカの最後ですが

ナウシカは、「異国の服を着ている」、といわれますが
あれはドン・キ・ホーテですか?

結局は死んでしまったってことですか?

Aベストアンサー

>異国の服
アスベルと共にペジテに向かい、アスベルの仲間たちに会ったとき「風の谷を虫に襲わせる」と聞いて、ナウシカは風の谷に向かおうとしますが捕らえられて閉じこめられてしまいます。
その閉じこめられた場所にアスベルの母と少女が入ってきて、ナウシカと少女が服を交換し入れ替わります。
このとき着替えた服はピンク色なのですが、子供の王蟲が酸の海に入ろうとするのを止めたとき、王蟲の体液(青色です)を浴び、服が体液の色に染まってしまったため「青い服」になってしまいます。
この服の色が変わるとき、周囲が暗い色で描かれているため分かりにくいのですが、よく見ているとナウシカの服に体液が染みこんでいくのが分かります。

>ナウシカは死んだのか
これに関してははっきりと描かれていないのでどちらにとっても構わないと思います。
もしも死んでしまっていたとしても、最後は生きているわけですから王蟲が生き返らせたことになります。
生きていたのなら、王蟲が傷やケガを癒してくれたということでしょう。
ただ、王蟲に蘇生能力があるかどうかは作中でも語られていませんので(ケガを癒す能力はあるようですが)推測するしかない、ということですね。

>最後に出てくるマスクと木の芽
あの場所はナウシカとアスベルが落っこちた腐海の底にある清浄な場所です。
落っこちたとき、ナウシカは気を失っていましたのでフードや持ち物を落っことしたかもしれません。
実際、腐海の底でアスベルと行動しているときにナウシカはフードをしていません。
さらにナウシカのメーヴェが遠くに落ちたらしい(アスベルが探して持ってくるシーンがありますから)ので、他にもいろいろなものが遠くに落ちた可能性はあります。
チコの実はナウシカとアスベルが分けて食べ合っていますので、全部落っことしたと言うことはないでしょうが、何粒か落っことしたかもしれません。
(袋の口を紐で縛っているだけですし)
何故最後にあのシーンを持ってきたかというと、これは私個人の感想になりますので参考程度にしていただきたいのですが。
腐海は人間が汚した大地などを清浄なものへと浄化しています。
それは数年で出来ることではなく、何百年、何千年かけてゆっくりと行われることです。
大地が完全に正常な状態に戻ったとき、まだ人間が生きているかはわかりません。
ナウシカの生きている時代はまだまだ汚れた大地が大半を占めています。
しかし最後のあの場面で清浄な大地に新しい芽がでているのは、未来への希望を表しているのだと思います。
(というか思いたい(笑))
ナウシカがどこかに落っことしてしまったフードの側に、ひっそりと小さな芽が出ているのはそういう意味なんだと勝手に解釈しておりました。


>タペストリーの言い伝えの男の服
分かりにくいですが、青っぽい色になってます。
部屋自体が暗いですし、壁に掛かっているタペストリー全体の色合いも暗かったですし、ホントに分かりにくいですが……。

>異国の服
アスベルと共にペジテに向かい、アスベルの仲間たちに会ったとき「風の谷を虫に襲わせる」と聞いて、ナウシカは風の谷に向かおうとしますが捕らえられて閉じこめられてしまいます。
その閉じこめられた場所にアスベルの母と少女が入ってきて、ナウシカと少女が服を交換し入れ替わります。
このとき着替えた服はピンク色なのですが、子供の王蟲が酸の海に入ろうとするのを止めたとき、王蟲の体液(青色です)を浴び、服が体液の色に染まってしまったため「青い服」になってしまいます。
この服の色...続きを読む

Qナウシカが言った「あの人」とは

「風の谷のナウシカ」で一つ気になる事があるので質問させて頂きます。

王蟲の巣に不時着した時のことです。
王蟲の触覚にナウシカが包まれ、ナウシカの幼少時代に見た風景(?)が出てきますよね。
そしてハッとナウシカが我に返り「あの人が生きているの!?」と言います。

この「あの人」とは誰の事なのでしょうか?
普通に考えればアスベルの事なんでしょうが、
ナウシカの言い方とか切羽詰った感じからして
「あの人」がアスベルだとは思えないんです。
まだこの時は、全くの見知らぬ二人なので
そこまで真剣になって生死を気にするのはおかしい気がします。

私は、ナウシカが幼少時代に可愛がっていた
あの王蟲の妖精の事ではないかと思うんです。
我に返る直前に見えた木の木漏れ日は
王蟲の妖精を隠していたあの木だと思うんです。
そしてその直後に「生きているの?」と聞いているので、そうではないかと思っているんですが・・・

皆さんの意見を聞かせて下さい。出来れば私を納得させて下さい(笑

Aベストアンサー

ナウシカはアスベルの事は名前も知らないでしょう。でも、襲って来たのがペジテのガンシップという台詞もあったし、ガンシップは領主の乗物なので、当然パイロットはナウシカが最後を看取ったペジテの姫ラステルの父親か兄弟であることは理解出来たはず。
さらにナウシカは心情的にはペジテ寄り(反トルメキア)なので、攻撃して来たパイロットには怒りに我を忘れた自分の姿を投影していたと思います。もし腐海に墜落したパイロットがまだ生きていれば、自分がユパに助けられた様に、また助けられなかったラステルの代わりに、今度こそ命を助けたい!と思ったのではないでしょうか?

ちなみに原作漫画では、ナウシカはラステルから預かった秘石をペジテの王族に返す使命がありました。だから映画版以上にパイロットを助けなければならない理由がありました。

Qナウシカの最後に付いて

最後に「墓所の体液がオウムのそれと同じだった」「それは私とあなただけの秘密です」という箇所がありますが、なにを意味しているのですか。

Aベストアンサー

墓所はすなわち「旧世界の科学技術」ですから
王蟲の体液と墓所のそれが同じだ、となった場合には
王蟲その他もまた科学技術の産物であると気づく人が
出てくるかもしれません。そうすると。

「じゃあこの技術を解読してガンガンいろいろ作って世界を
作り変えちゃえばいいんだ」と思う人が出ます。
過去そうやった結果が現在の汚染された世界であり、
作中の土鬼皇帝の姿とその末路ですね。同じことの繰り返しです。

またはもう一歩進んでナウシカの回答にたどり着くかもしれません。
でも「私は嘘をつきました。これからもつき続けます」と覚悟できる
ナウシカのような人物で無い限り、「実は現人類とそれを取り巻く
生態系はすべて旧世界の汚染と一緒に絶滅するようにデザインされ
てるんです」なんて事実に耐えられるかっていうと私はそうは
思えません。大きなパニックが起こるでしょう。

このどちらもダメだ、となると墓所を塞いで沈黙するしかない、と
判断したのでしょう。そして、腐海が清浄になるのにかかる気の遠く
なるような時間をただ脈々と生き抜いて、いつしか「デザインされた
生態」も「この星」の本当の自然となって次の清浄な世界に滅びる
ことなく溶け込んでいける未来が来ることに懸けたんだと思います。

なんか長くなってすいません。ご参考になれば幸いです。

墓所はすなわち「旧世界の科学技術」ですから
王蟲の体液と墓所のそれが同じだ、となった場合には
王蟲その他もまた科学技術の産物であると気づく人が
出てくるかもしれません。そうすると。

「じゃあこの技術を解読してガンガンいろいろ作って世界を
作り変えちゃえばいいんだ」と思う人が出ます。
過去そうやった結果が現在の汚染された世界であり、
作中の土鬼皇帝の姿とその末路ですね。同じことの繰り返しです。

またはもう一歩進んでナウシカの回答にたどり着くかもしれません。
でも「私は嘘...続きを読む

Q風の谷のナウシカのどうしても解らないシーン

風の谷のナウシカ大好きです。もう何回も見ていますが
どうしてもあるシーンが理解出来ないでいます。

最初の方のシーンでトルメキアの大型飛行機が巨神兵の重さに
耐えきれず墜落しますね。その中にペジテのラステルが人質として乗っていますが
ナウシカに救出されます。そこで質問!

ナウシカが彼女の洋服のファスナーを開けて「はっ」とした表情で
何も言わずファスナーを締めて泣きそうな顔をしています。
あのシーンはどういう意味なのでしょうか。

その後ラステルが「積み荷を燃やして」という言いますがどうしてですか。

どうしても解決出来なく20数年経ちました。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

原作と映画版では中身がやや異なりますが、映画版での話をしますと、ラステルが乗っていた大型輸送船が墜落した際に輸送船の残骸が体を貫き、大量の出血をして瀕死の状態でナウシカに発見されます。

ナウシカは苦しんでいるラステルの呼吸を少しでも楽してあげようと、洋服の胸元を開けますが、そこで見た物はもう助からない程の傷と出血でした。
胸元を閉じたのは、せめても綺麗な姿のままで、息を引き取ってもらおうとのナウシカの配慮です。

「積み荷を燃やして!」の意味は、輸送船に積まれていた巨神兵が蘇ってしまうと、世界を焼き尽くした炎の七日間が再現され、数多くの罪の無い人々が死んでしまうからです。
それを防ぐために、自分の怪我の介抱はもう良いので、巨神兵を燃やして下さい!とのラステルの命を掛けたお願いだったのです。


人気Q&Aランキング