私が小学校頃なので20年以上前のことだと思います
もちろん内容も好きだったのでしょうが
主題歌が非常に好きでよく聞いてた記憶があります
もう一度聞いてみたいと思うのですが、タイトルが全く浮かびません
内容も、スチュワーデスもの、としか言えません;
有名な、ノロマな亀です、とかいうスチュワーデス物語ではないと思います
内容的にはああいう感じだったのではと思いますが。
毎週一時間、夜にやってました

歌手は女性です
なんとなく…伊藤という感じにピクっとします
でも全然違うかもしれません(ーー;
羽とか風とかが歌詞にあったような…ないような…;

情報が少なすぎて本当すみません

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご記憶なさっている主題歌の情報からピンときたのが


伊藤麻衣子の「見えない翼」です。

ただ同じ制服ものでも、スチュワーデスではなく、婦人警官もののドラマでした。
(「婦警候補生物語」)
ドラマのタッチは、「スチュワーデス物語」によく似ていたと思います。

後年、自分もスチュワーデスものだったと勘違いしていたことがあったので、参考までに回答させていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見えない翼、びびびと来ました!!!
早速聞いてみたらビンゴでした
懐かしい!嬉しいです
スチュワーデスでなくて婦警だったとは…;orz
すっとしました。ありがとうございました!

お礼日時:2010/04/09 18:18

 「トップスチュワーデス物語」(1990年)


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%83% …

 主題歌「夢みてTRY」田中美奈子
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND6330/index.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2さんさんの回答で分かりましたが、記憶違いで
スチュワーデスではなく婦警だったみたいです
わざわざ調べてもらってすみません
ありがとうございました!

お礼日時:2010/04/09 18:19

トップスチュワーデス物語 1990年TBSでは? 主題歌は田中美奈子の 夢みてTRY

    • good
    • 0
この回答へのお礼

聞いてみましたが、違う気がします
でもこの曲も懐かしかったので見てたのかも。
探してるのは、この曲よりも古い気がします
こういうノリノリ元気という感じではなかったんですよねえ
寂しげというか、綺麗というか。

また思いつきましたらお願いします
ありがとうございました

お礼日時:2010/04/09 12:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今日の純情きらり見逃しました(><;)内容教えてください!!

毎回かかさず見ているのですが、今日だけ見逃してしまいました・・・。公式のホームページだと詳しく書いていないので、どなたか教えてください(><;)

よろしくお願いいたします(><;)

Aベストアンサー

先週のあらすじ…省略

昭和14年(1939)3月
東京音楽学校入試会場
N:東京音楽学校の受験もすでに最終段階を迎えていました。音楽家になりたいという幼い頃からの夢を叶える最後のチャンスです。
試験会場。女子の受験生がピアノを弾いている。椅子に座り、順番を待つ桜子。
膝の上でそっと達彦が書いてくれた“頑張れ”の結び文を開く桜子。
演奏終了を告げる鐘の音。女学生が演奏を止め、試験官たちにお辞儀をし退席する。
試験官「では、次、23番の方どうぞ」
桜子「…はい」
ピアノの脇に立ち、試験官らにお辞儀をする桜子。試験官の中に西園寺もいる。
N:一年間、自分を支えてくれた家族や達彦の応援を胸に、桜子はピアノに向かいました。
ピアノの上に御守りと達彦の文を置く。意を決したようにため息を一つつく…

岡崎・山長
N:そして一週間…

達彦が店の電話から、喫茶店のヒロさんへ電話をかけている。
達彦「ヒロさん…まだ?…」
ヒロ「まだだよ。もうすぐかかってくる手はずになっているから、かかってきたらかけ直す」
達彦「お願いするね…」
心配そうに受話器を置く竜彦。

喫茶マルセイユ
ヒロのうしろでは、徳治郎、磯、杏子、笛子らが聞き耳を立てていた。
ヒロ「…まだですよ。今のはヤボ用です」
徳治郎「他所からの電話なんか取るな!桜子から何時かかってくるか、わからんじゃないか」ムチャを言う
磯「まぁまぁおじいちゃん…すみません」謝るおば
その傍では冬吾が呑気につまみの豆を食べている。
N:合格発表の日、有森家では桜子と申し合わせ喫茶マルセイユに合否の電話がかかってくるのを家族全員で待っていたのです。

音楽学校-大勢の受験者が掲示板の前に集まっている。
合格者名簿が張り出されようとしている。
最前列に人垣を掻き分けて進む桜子。
張り出され続ける合格者名簿を見つめる桜子。
受験番号が十八番まで見えた。
じっと見つめる桜子。

電話機の前で固唾を飲む有森家一同。緊張に耐えられなくなり苦しがる徳治郎。
徳治郎「うっっ、いかん息苦しい…」
磯「おじいちゃん、息止めとったんですか?」
徳治郎「バカ、息止めとったら死ぬわ!」
笛子「昼過ぎには発表終わってる筈だでね」
冬吾「そったに根詰めねえで、お茶っこでもすすってたらいいんでねぇが」相変わらず呑気である。落花生の殻になにやら描いている。
磯「そうねぇ、緊張して待ってると疲れたでねぇ、コーヒーでももらおうかな、落花生つけてね」
笛子「あたしも飲もうかなコーヒー」
徳治郎「わしゃあ、水くれ」
マスター「はい」

電話機のベルが鳴る。あわてて取るマスター
マスター「はい。…はい、もしもし…そうですが…」
後ろで待っていた笛子がたまらず受話器を取り上げる。
笛子「もしもし!桜子!!」
桜子「…姉ちゃん?…あたし…桜子…」
笛子「…わかっとるよ…」
桜子「そうだよね…そんなのわかってるよね…」
受話器を持ったまま固まっている笛子。顔を近づけ耳をすましている磯。
笛子「…桜ちゃん?どうした?…泣いとるの?…そう…ダメだったんだね…」
悲鳴を上げ、しゃがみこむ磯。
笛子「気にすることないよ。いいじゃん、ねっ!やるだけやったんだから…」
桜子「…姉ちゃん…あたし…受かった…」
笛子「!…えっ!」
桜子「ちゃんと受かった!」
笛子、ガッカリしている磯の肩をたたきながら
笛子「…うかっ…受かったって!」
磯「!受かった!?おめでとうーーっっ!!」電話機に駆け寄り叫ぶ磯たち
安心したのか、腰が抜けたように椅子に座り込む徳治郎。あわてて冬吾がコップの水を差し出す。

笛子「おめでとう!」
桜子「ありがとう!」
笛子「ちょっと待って、冬吾さんに代わるから」
冬吾「桜ちゃんか?」
桜子「冬吾さん…」
冬吾「泣いでるのが?…泣ぐな試験さ受かったぐれぇで…えがったなぁ」
桜子「はい、ありがとうございます…」
磯に受話器を渡す冬吾。
磯「(冬吾のマネをして)泣ぐな試験さ受かったぐれぇで」大笑いする笛子、杏子たち
「おめでとうーーーっっ!」受話器からみんなの祝福の声が聞こえる。

山長で達彦が電話を受けている。
達彦「そうか!…よかった…ヒロさんありがとう!…じゃあ」受話器を置く
笑顔がとまらない達彦にキヨシが声をかける
キヨシ 「どうかしたですか?」
達彦「なんでもない…」
怪訝そうなキヨシ。
達彦「有森が音楽学校受かったんだ」
キヨシ「本当か?」
当然のように達彦が頷く。
キヨシ「やった!やった!」店先で踊りだすキヨシ。

西園寺邸。
西園寺「おめでとう」
桜子「ありがとうございます…先生のご指導のおかげです。これから岡崎に戻って家族に報告をしてまいります」
西園寺「ご家族の応援があることは心強いことです。この時代に音楽を思いっきり勉強できる…それだけでも幸せな事ですよ」
桜子「…はいっ」
西園寺「…松井君はどうしているんでしょうねぇ…」
何も云えない桜子。

有森家。
不審な男が家の様子を伺っている。桜子の姿を見つけると逃げていった。不審がる桜子。

桜子「ただいまーっ!」
「まぁまぁ、よぉお帰りやした」
「長旅で疲れただろう」
「やっぱしねぇ」「本当だねぇ…」
見知らぬ婆さま二人が桜子を迎えた。あっけにとられる桜子。
桜子「あのぉ…ちょっ、ちょっと…」

座敷では杏子が別の婆さんの肩を揉んでいた。
「せんせ、お戻りやしたよ」
「さすがせんせのおいもとさん、かしこそうだわねぇ」
杏子「おかえり桜ちゃん。ごめんね、今手が離せんもんで」
桜子「ううん、いいけど」どうやら杏子の患者さんらしい

磯「桜ちゃんおかえり。おめでと、今日はご馳走作るでねぇ」奥から磯と勇太郎が笑顔で出てくる
勇太郎「俺も受かったんだ、第八高等学校に、見事、合格いたしました!」
桜子「…!!おめでとう!勇ちゃんなら受かるとおもっとった」駆け寄る桜子
勇太郎「まっ、軽いもんだよ」
磯「嘘つけー、ヒヤヒヤもんだったじゃないの。試験の当日、“よう眠れんかった”って真っ青な顔して」
勇太郎「そうだったか?」

婆「しゃんとしたわなぁ、ありがとう、ありがとう…」肩を揉まれていた老婆が杏子に礼を言っている。
婆「杏子せんせの手は神さんの手だでねぇ、すーっと楽になるだでぇ」

桜子「ねぇ…何あの人たち?」
勇太郎「ああ、杏姉ちゃんのお客さん。患者さんちゅうか…」
磯「杏ちゃんね、お産婆さんより指圧の方で人気が出ちゃって…」
桜子「指圧?」
磯「うん、お産の後にねぇ妊婦さんのおばあちゃんの腰を揉んであげたんだわぁ、そしたらえらい楽になったってお礼を言われてねぇ、それが人づてに伝わって、もぉ後から後から…指圧だけじゃなくて、ああやって話を聞いてあげるのがいいんだろねぇ…家に帰るのがいやになったって、ここに何泊もしていく人がおるのよ」
桜子「笛姉ちゃん、それ許しとるの?」
勇太郎「笛姉ちゃん、今それどころじゃないんだよ」
意味ありげに頷き合う磯と勇太郎。
桜子「…?」

有森家、居間。笛子と徳治郎が話している。そっと覗き込む桜子。
徳治郎「本当にいいのか、笛子?」
笛子「ええ」
徳治郎「親に勘当された身で収入も無し、売れん絵描きの女房になっても苦労するのは目に見えとるわ。どう考えても幸せにゃなれん!」
笛子「冬吾さんと一緒になることが、私の幸せなんです。他に幸せなんていりません」
徳治郎「…ほっか…ほんなら、好きにせぇ」
笛子「好きにしていいんですね」
徳治郎「…ああっ、好きにしろ」出て行こうとする徳治郎、桜子と顔を合わす
徳治郎「…おお、帰っとったのか!よう帰った!」
桜子「ただいまっ」
笛子「おかえり!桜子!」
徳治郎「…おおっ、肉の味噌漬けだ!」と、ご馳走の用意をしようとする徳治郎

笛子「桜子、おめでとう!」
桜子「ありがとう!おねえちゃん!」
笛子「お祝いしよう!」微笑み合う二人

茶の間では婆さんたちが歌い踊り、宴会で盛り上がっている。
楽しそうな桜子、姉妹たち、そして徳治郎も上機嫌で踊りだす。

台所。笛子が料理を続けている。
桜子「おじいちゃん、ずいぶん機嫌良くなったね」
笛子「桜ちゃんや勇ちゃんが合格したんでホッとしとるんでしょう」
桜子「お姉ちゃんの結婚も、本当は喜んでいるんじゃない」
笛子「ほうだといいけどねぇ」
桜子「冬吾さん、遅いね」
笛子「うん、外に絵を描きにいっとるの。興がのっちゃうと止まらん人だでね」
桜子「ほだ、ほだ、ほだったね冬吾さんは」笛子を手伝う桜子。
笛子「絵を描く為に生まれてきたような人よ…お姉ちゃんね…あの人には、好きなだけ絵を描いてもらいたい。あたしが教師をして働いて絵が売れんでもあの人を支えていくわ。今迄だって、あたしの稼ぎで桜子や勇ちゃん、この家を支えてきたんだもん…うん…大丈夫だよ」微笑む笛子
桜子「お姉ちゃん…あたし、冬吾さんとお姉ちゃんが一緒になるの本当に嬉しいよ。二人とも大好きだでね」
笛子「…ありがとう…」
微笑み合う二人

玄関より声がする
「ごめんください」
「はーい!」桜子が出迎える
西野である。

桜子「!…西野先生!」
西野「桜子さん、おめでとう!音楽学校に受かったんですって、あなたならやると思ってたわ」
桜子「ありがとうございます。…どうぞ、入ってください」
西野「いえ、ここでいいわ…有森先生いらっしゃる?」
桜子「…?…はい…」西野の様子がおかしい

桜子「笛姉ちゃん!」
笛子「はーい…」奥から笛子がやって来る

笛子「あっ…西野先生…何か御用ですか?」
西野「…実はね…今日はちょっとあなたに伺いたいことがあって来たのよ」
笛子「…!?…はい…?」
西野「あなたの許婚の杉冬吾さんの事なの…」
笛子「どういうことでしょうか?」
西野「…6年前、杉冬吾さんが左翼運動で逮捕された経歴があるのはご存知かしら…」
驚く笛子、桜子。

N:冬吾に前科がある…信じられない知らせが飛び込んできました。

母親用に録画しておいたものがまだ消去されていませんでしたので、セリフを中心に起こしてみました。読みづらくて申し訳ありません。
誤字脱字はご容赦ください。

先週のあらすじ…省略

昭和14年(1939)3月
東京音楽学校入試会場
N:東京音楽学校の受験もすでに最終段階を迎えていました。音楽家になりたいという幼い頃からの夢を叶える最後のチャンスです。
試験会場。女子の受験生がピアノを弾いている。椅子に座り、順番を待つ桜子。
膝の上でそっと達彦が書いてくれた“頑張れ”の結び文を開く桜子。
演奏終了を告げる鐘の音。女学生が演奏を止め、試験官たちにお辞儀をし退席する。
試験官「では、次、23番の方どうぞ」
桜子「…はい」
ピアノの脇に立ち、試験...続きを読む

Qフェイト/ゼロ。言峰きれいは、元から「人の不幸は蜜の味」ってああいう感じだったのですか?どう思う?

ゼロのラストの方で、

「その部分」について、アンリマンユの泥を浴びて、

高笑いと、共に、自覚しますが、元から、「そういう性格」だったのですか?

そうなら、奥さんができたのは何故ですか?
お願いしますw

Aベストアンサー

普通の人間が美しいと感じるものが美しいと思えない、
人の不幸が無いと自分は幸せになれない、というような生まれながらの破綻者ですね。

奥さんはアルビノで免疫機能が欠如した女性だったので、
そういうところに惹かれたのかもしれません。

Qスチュワーデス物語のサブちゃん…

深夜再放送をしていてたまたま見てしまいました!!おもしろいですね~☆すっかりはまってしまったのですが、途中から見たため肝心のところが全然わかりません(^_^;)教えてください。
1.片平なぎさナゼ手袋をしているの?
2.堀ちえみと親しげな‘さぶちゃん'とは何者?

一番気になっている事はさぶちゃんを演じている役者さんです。どっかで見たことあるような…(最近もよくTVに出演されていらっしゃると思うのですが)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.一流ピアニストだった新藤真理子(片平なぎさ)の両手を、
村沢教官がスキーの衝突事故によって奪ってしまい、それから手袋をしています。

2.堀ちえみに片思いしている幼馴染・江原三郎を演じているのは光石研さんです。

詳しくは、参考URLをご覧ください。

http://www.remus.dti.ne.jp/~shunbow/kurenairyou/

光石研さん

http://www.dongyu.co.jp/mituishi.html

参考URL:http://www.remus.dti.ne.jp/~shunbow/kurenairyou/

Qスチュワーデス物語の教官役は?

むらさわ教官役だったひと誰かわかりますか?

Aベストアンサー

「スチュワーデス物語」なつかしいですね。

村沢浩教官役は風間杜夫さんです。
 

Q金曜エンターテイメントのスチュワーデス刑事が好きで・・・。

あのドラマが大好きなんですけど、ファイナルは見逃してしまって・・・。途中までしか見てません。悲しい。で、劇中で流れてる曲って何か知ってます?あれは女性でフランス語かな????すごく気に入ってホームページ見てみたけど、挿入歌は書かれてなくって・・・。ファイナルで流れてたんだけど、知ってる方は是非教えて下さい。

Aベストアンサー

今晩は
Clementineの「marizinha」でしょうか?
参考URLで試聴できますのでご確認下さい。
もし違ってたらごめんなさい。

http://www.fujitv.co.jp/jp/faq/faq_new/qa/02/020125_2.html

参考URL:http://www.mp3.com/albums/334296/summary.html?q=Marizinha


人気Q&Aランキング

おすすめ情報