外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

仏壇の事で教えてください。わたしは次男の嫁で、家には仏壇がありません。この度、長男が実家で同居を始めることになりました。今まで知らなかったのですが、長男が位牌分けをして持っていたようで、実家に入るからその位牌を次男の家に…と渡され困っています。そのまま置くておいて拝んでいればいいのですか?仏壇を買ったほうがいいのか?一度、お寺に返したほうがいいのか?
詳しい方、教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。

40代既婚女性です。

わかりやすいたとえを言えば
位牌はあの世との交信器ということです。

ご実家にあるのは仏壇と位牌(親機)
旦那様の兄上が持っていたのは
子機だとおもえばいいのです。

兄上がご実家に住んだままなら
子機は必要なかったのですが
「長男が家を離れていた」から
兄上に子機を渡していたのです。

で、家に帰ったらから子機は必要なくなった。

さて、ここからが問題です。

あなた様は次男と言うことで
当然仏壇はない。
ではいつ仏壇や位牌、墓の類があなた様の家にあらわれるかというと・・・今までのしきたりを取るなら
あなた様ご夫婦のどちらかが
亡くなった後です。

それは誰が用意するのかと言うと
あなた様ご夫婦のお子さん達です。
(一人っ子なら一人で。複数なら話し合って分担して。)

あなた様ご夫婦のお子さんが
あなた様ご夫婦を一番初めの「ご先祖様」として
おまつりをはじめていくわけです。

もちろん、本家(旦那様のご実家)へのお参りもかかせませんが。

ということで、今は必要ない子機です。
本当の電話なら粗大ゴミに出せばいいのですが
そうはいきません。

ご実家を通じてお寺に聞いてもらい
処分するならする
処分しないならどうすればいいか。
後味の悪くない方法をさぐるしかないです。

立派な仏壇を用意する必要はないと思います。

ただ本当に位牌を世話するとなると
大変ですよ。

毎朝、お茶、お水、をかえ
お仏飯(炊いたご飯)もかえます。
(下げたご飯は捨てずに、食べる。これが線香臭くてまずい。)
仏花の世話。花も高いものですよ。
(普段は500円程度。盆や彼岸は1000円に上がる。
冬場は月2回花を交換。夏は毎週になります。)
安請け合いはできませんよ。
厳しいところでは旅行もいけなくなります。
(毎日のお世話、特に盆と正月は一番大事。)

たいていは、
その家の奥様がしています。
いったい、誰の先祖なんでしょうかね???

そういう点もふまえて
まず夫婦の考えをきちんと一つにまとめることです。
    • good
    • 2

>長男が位牌分けをして持っていたようで、


実家に入るからその位牌を次男の家に

これは、同じ戒名の位牌が二つあると言う事ですか?
そのうちの一つを貴方の方に押しつけてきた(失礼!)
と、いう事ですか?

もし、そうであるなら御実家に入られた御長男が
本位牌をご供養するでしょうから
貴方がたが仏壇を誂えてまでして、分位牌を供養する
必要はないと思いますよ

何かの事情が有って、御実家の仏壇にお線香をあげに行かれない
とでもいうのなら分位牌を祀るのもわかりますが
手元に位牌が有りながら、盆や彼岸には実家の位牌に線香を
上げに行く…というのは何だか変ですよね?

それに、先々、貴方がたの子供や孫の代に下がっていった時
とてもややこしく面倒なことにもなりまねませんから
今のうちに、ハッキリと整理しておいた方が良いですよ

お寺に、処分してほしい旨の事情を話してお願いすれば
やってくれます
多少の費用がかかりますが、仏壇、仏具を誂えたり
これからの事などを考えれば安い物です
    • good
    • 0

No.1さんと同じです。

お寺へ持って行って永代供養を包んで、位牌から遺骨も、無縁仏になる骨を納める場所があるはずですので、それでおわりです。仏壇は、高価ですので、簡単な祭壇で、位牌と香炉、線香立てぐらいで十分です。宗派によっては、多少流儀が違いますが、お寺に相談するにしても、親戚が気になるなら、上記のような簡単な作法で十分です。我が家には、つい先日まで、仏壇はなく、仏画を飾ってお線香を上げていました。そのぐらいで十分です。元来、仏教なんて唯物論にいろいろなオブラートを巻いて、宗教になったのですから。お仏壇は、本当に貴女が必要になったときに考えればいいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい内容でありがとうございました。お位牌は仏壇にいれたほうがよいと、聞いたことがあったので…。
気楽に考えればよいのですね!ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/10 17:24

宗派や地域により異なります。


 お寺にお聞きになるのが良いと思います

先祖の供養とは、残された人の安心・満足感であると思います
 お寺やお墓・位牌はその手段であります 貴女の安心・満足できる方法で
    • good
    • 0

仏壇を備える、備えない・・・別にこうしなきゃいけないというルールもありません。

位牌にしても、儒教から禅宗の僧によって江戸時代から普及し始めたもので、持たない方も大勢で、・・と言って粗末にも出来ないと、お寺さんに預ける方も居ます。実家があるのですから、実家の仏壇に安置されたらいかが?仏壇と一口に言いますが、安くて50万。高額品は億の値段があります。
位牌なんて単なる木札です。箪笥の上にでも置いておきましょう。お墓参りをしっかりされてるなら、ご先祖も文句言わないでしょう。
http://www.oihai.net/ihai7-1.htm  位牌についてはこのURLにあるように、坊さんの商売道具のなかの商品なんです。魂が宿ってるなんて脅かしてるのは金儲けのためだけなんですからね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次男は仏壇とかどうするものですか?

30代半ばの次男夫婦の妻です。
主人の実家の近くに家を買って住んでいて、義兄も近所にいます。
うちの家族構成は男女の子供が二人、義兄は女二人のそれぞれ4人家族です。
主人の親は今住んでいるところが出身でなく高速を使って2時間くらいの他県に実家がありますが、
祖母(舅の母)は老齢のため4年前から主人の実家で同居しています。

私は実家が神道で仏教の家に嫁ぎました。
実家では神様とご先祖の二つをまつっていたのですが、
主人の実家は祖母と4年程前に同居するまで仏壇もありませんでした。
(義父は長男で、祖父は10年程前に他界しています。祖父は次男だったそうです)
いずれ、祖母も亡くなり、舅姑が亡くなれば、義兄が継いでいくのだと思うのですが、
うちは主人が亡くなるまで仏壇も何もしないものなのでしょうか。
私達夫婦は5年前に初めて出来た子供を流産しており、
実父は将来的にはその子のお祭りは自分達でしていった方がいいと言われたのですが、
義両親も義兄も流産した子がいるにもかかわらず、
今まで特に供養も何もしていないようなので、
どうすべきか言い出しにくい感じもします。
実父は婚家の宗教でまつるといいと思っているようですが・・・
(実父は信仰に篤い人なので)

元々、主人自身も自分の宗派もはっきりと言えないくらい(多分真言宗?)、
普段は宗教とは関わらない感じです。
(自分は無宗教と言ってるくらいですから)
それでも、私の父の言うことも一理あると思っているようです。

私自身は仏教の家に嫁いだとはいえ、個人的な信仰は神道でそれ以外は知らないので、
先の話も絡むとはいえ、どうしたものかと思っています。

主人の両親の実家自体は他県になりお寺やお墓も遠いです。
お墓は将来自分達で作らないとと思うのですが、
今から悩むのも早すぎるので義両親にも相談しにくくて・・・
一般的にはどうされているのでしょうか。

30代半ばの次男夫婦の妻です。
主人の実家の近くに家を買って住んでいて、義兄も近所にいます。
うちの家族構成は男女の子供が二人、義兄は女二人のそれぞれ4人家族です。
主人の親は今住んでいるところが出身でなく高速を使って2時間くらいの他県に実家がありますが、
祖母(舅の母)は老齢のため4年前から主人の実家で同居しています。

私は実家が神道で仏教の家に嫁ぎました。
実家では神様とご先祖の二つをまつっていたのですが、
主人の実家は祖母と4年程前に同居するまで仏壇もありませんでした。
(...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ。参考まで。
次男ご夫婦とのことで、本家に対し分家となります。
 少し時代をさかのぼれば、分家の人間が他界しても本家の長が施主となって葬儀・法事を営んでいた例も全国各地で多数あります。が、現在そのケースは稀です。水子さんがいらっしゃるとのことで。一番良いのはお二人で新たに菩提寺を求め、檀家となることです。菩提寺は旦那様のお寺が良いでしょう。しかし、檀家(檀那=旦那の語源とも)となれば、檀家の責任も生じてきます。自らを無宗教だとおっしゃる位ですから、菩提寺との円満な関係も少し難しいかな?と感じます。
 お墓の意義などは多種多様ですが、遺された側に大きな役割があると考えます。今は建立の予定はない様ですが、高齢期を迎え始めた頃に皆さん本腰を据えられる様です。
 お仏壇、求められてはいかがですか?後々の事を考えて大きい仏壇でも、可愛らしく小さい仏壇でも構わないと思います。大きさ等は小事です。求めたら必ず僧侶に「入仏開眼供養」をしてもらいましょう。仏壇だけ求めて安置しても「仏が入っていない仏像と箱」になってしまいます。そして水子さんをお祀りしてあげればよろしいかと思います。そうして自分達には水子がいると覚えてあげていたらいいんです。それだけでいいんです。
 と、これが難しい様でしたら、全国各地には「水子供養」に縁が深い
お寺がありますよね。行ける時にお参りして、ご供養されてはいかがですか?と、私見ばかりですみません。
 一般的にどう?とのお話でしたよね。一般的というより多数派ですが、分家では家族に不幸があるまでは菩提寺も仏壇も求めないでしょう。お舅さん宅にも4年前までは仏壇も無かった。・・・このケースも多数派です。菩提寺との関係で、施主はお祖母様であり、当然おもに先祖をみてきたのもお祖母様だったのでしょう。水子さんの事ですが、どの様な形で供養していくか、ご夫婦で考えられたらば、周囲への相談や報告は一切無しでもよろしいのでは?などなど・・・

こんにちわ。参考まで。
次男ご夫婦とのことで、本家に対し分家となります。
 少し時代をさかのぼれば、分家の人間が他界しても本家の長が施主となって葬儀・法事を営んでいた例も全国各地で多数あります。が、現在そのケースは稀です。水子さんがいらっしゃるとのことで。一番良いのはお二人で新たに菩提寺を求め、檀家となることです。菩提寺は旦那様のお寺が良いでしょう。しかし、檀家(檀那=旦那の語源とも)となれば、檀家の責任も生じてきます。自らを無宗教だとおっしゃる位ですから、菩提寺との円満...続きを読む

Q誰が仏壇を持つのですか?

祖父母、四男叔父(独身)、父母、長男が入っているお墓があります。
その仏壇を誰が持つかで揉めています。

1、独身叔父(父の弟)
2、姉(独身)
3、長男の嫁&未成年の長男の息子(今は嫁の実家に住んでますが、嫁の実家は女系家族のため跡取り無し)
4、次男(子無し)←甥が未成年のため喪主代理

姉と長男の嫁は次男宅に置けといいます。
姉は長男の嫁が嫌いな為自分の親を見て欲しくないんだと思います。
次男→だったら墓から長男を出して俺が祭祀承継者になると言っていますが、長男の嫁はいずれそこの墓に入るので息子が成人するまで次男に持ってほしいと言います。
長男の嫁曰く、私の父母は長男の嫁の両親に面倒見られたら嫌だと思うからとの事です。
長男の息子の相続の後見人は長男の嫁です。

もし次男が持った場合、長男の息子が成人する前に次男もしくは次男嫁が死亡した場合、勿論分家なので墓は別で購入しますが、長男の息子が成人するまで同じ仏壇に位牌を入れるのですか?仏壇を2つ並べるのですか?

揉めています助けて下さい。

Aベストアンサー

分かり易く例えると、次男が祭祀承継すると、次男が本家で、長男が分家になる様な感じになります。
既に、次男は俺が祭祀承継したら、長男は墓から追い出すと宣言しています。
その為、別にお墓を用意するのは長男の家族になります。
次男の家族は、このまま両親が居るお墓に入る事になるので、別のお墓を用意する必要はありません。

既に長男が墓に入っているのに、息子が成人するまで祭祀承継したくない。
それなのに、いずれは私もその墓に入るから息子が成人になるまで待ってくれ。
長男の嫁、余りにも身勝手です。
それと、長男の嫁に祭祀承継させたくないから、次男に祭祀承継しろと言う姉。
だったら、自ら祭祀承継をさせてくれと言うのが筋かと思います。

祭祀承継順位は、3>4>2>1になりますので、長男の家族に祭祀承継するか否かを確認するしかありません。
勿論、長男の息子が成人になるまでや、姉の意見は関係ありません。
直ぐに祭祀承継をするか否かだけです。

一家に二つの仏壇があるのは良くない事です。
一人っ子同士が結婚した場合は仕方がないですが・・・。

Q長男に子供がいないとお墓は誰が継ぐのでしょうか?

お墓についてお尋ねします。
お墓は長男が継ぐのが普通だと思いますが、長男が結婚していても子供がいない場合もそうなのでしょうか?
もし、長男が継いでもその後をみる子供がいなければ、絶家になってしまいます。
それを防ぐために、子供のいる次男が継いでもいいのでしょうか?その場合、長男はそのお墓には入れないのでしょうか?
皆様のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

祭祀の承継問題ですね。
祭祀財産(お墓を含みます)は通常、一般の相続財産から引き離し、慣習に従って祖先の祭祀を主宰する者が単独で承継します。
被相続人が生前あるいは遺言で指定した時はその者が承継し、指定がない場合はその地方の慣習により、慣習が明らかでないときは、調停または審判により家庭裁判所が定めることになります。

親から祭祀財産を相続した長男に子供がいないのであれば、次男に祭祀の主宰を承継してもらったらいかがでしょうか?それなら長男がお墓に入ってもなんら不思議はありません。

なお、通常、お墓は所有権ではなく永代使用の権利を購入していると思います。ということは、お墓は墓地代や墓石代を払った人のものというより、その後の管理料支払い等の墓地継続使用の条件を満たす人のものと言えます。そして、どの霊園でも墓地使用者の名義を書換えする権利を認めていますが、今回のことではあまり関係はないでしょうが墓地使用者の名義書換のとき、使用者の姓の変更を認める霊園と、それを認めない霊園がありますのでご注意ください。前者は民営霊園に多く、後者は公営霊園に多いようです。

祭祀の承継問題ですね。
祭祀財産(お墓を含みます)は通常、一般の相続財産から引き離し、慣習に従って祖先の祭祀を主宰する者が単独で承継します。
被相続人が生前あるいは遺言で指定した時はその者が承継し、指定がない場合はその地方の慣習により、慣習が明らかでないときは、調停または審判により家庭裁判所が定めることになります。

親から祭祀財産を相続した長男に子供がいないのであれば、次男に祭祀の主宰を承継してもらったらいかがでしょうか?それなら長男がお墓に入ってもなんら不思議はあり...続きを読む

Q仏壇が無い場合の・・・

家には仏壇が無いので(主人が次男のため)
義母の写真をサイドボードの上に置き、毎日お水を上げ手を合わせています。

他にお供えした方がいい物やその時の配置など
アドバイスがあれば宜しくお願いします。

Aベストアンサー

位牌、香炉(線香をたてる)、線香立て、
仏飯器(ご飯をお供えする小さい器)、蝋燭立て、花と花瓶。
でいいんじゃないでしょうか?

配置は、センターに位牌。位牌の前に香炉があれば
サイドボードの上ならスペース的な物もあるので
適当でいいんじゃないでしょうか。
そんなもんです。
堅苦しく考えず、ご供養する気持ちが大切です。

でも、偉いですね。義理のお母さんのために。

Q仏壇、お墓の最終的な行き場は?

母は健在ですが自分が亡くなった時に誰がお仏壇を守って行くかの家族会議が行われました。

~家族構成~

母  60代半ば 実家持ち家(みんなとは別)
長男 40歳初め 実家近くに住んでる 未婚  持ち家で母親がなくなったら実家に住むと思います
次男 40歳初め (同上)         未婚         持ち家
長女 30歳初め (遠方200キロ弱)    既婚 現在妊活中 賃貸 旦那の転勤可能性もあり
 
流れで長男になりましたが、長男が亡くなった時に嫁、子供がいないのでその後、大きなお仏壇やお墓はどのようになるものでしょうか?
長男次男は結婚の見込みはないのでいつかその代で途絶えてしまいます。

そうしたら長女は嫁に行っていますが最終的に年の離れて順番でいえば1番下が長く生きるし、子孫を残していけるので長女が守っていくものでしょうか?
ちなみに長女の旦那は次男でその父親も長男ではないのでお仏壇等は持ってません。

また、置き場所や引っ越しの関係などで代々続いていた大きい仏壇から小さい物に変える方もいますか?
守って行く為にどうすれば1番良いか、また誰もいなくなった時にお仏壇、お墓はどうなるのかも考えた事なかったのでお聞きしたいです。

母は健在ですが自分が亡くなった時に誰がお仏壇を守って行くかの家族会議が行われました。

~家族構成~

母  60代半ば 実家持ち家(みんなとは別)
長男 40歳初め 実家近くに住んでる 未婚  持ち家で母親がなくなったら実家に住むと思います
次男 40歳初め (同上)         未婚         持ち家
長女 30歳初め (遠方200キロ弱)    既婚 現在妊活中 賃貸 旦那の転勤可能性もあり
 
流れで長男になりましたが、長男が亡くなった時に嫁、子供がいないのでその後、大き...続きを読む

Aベストアンサー

仏壇、お墓を守る風習は、
昔の農業中心で長男が財産全てを相続して、跡を継ぎ家を守り、兄弟がそれを支えていた時代の名残です。

現在は、子供が平等に財産を相続するために、財産、土地はあまり長男に残らなくなりました。
家が代々続いていけなくなっているのです。
又、会社つとめになって、その土地に住まなくなり、宗教の信仰心も薄れ、今の葬式は、形式的な物になっています。

自分たちは墓を守ることができても、次の世代はあてにできません。

基本的には、長男が亡くなったら、永代供養して、墓、仏壇を処分して、位牌をお寺に預けるとその後はお寺が位牌を管理してくれます。

葬式、お墓、全て宗教的な考えの上に成り立っています。
信仰心がなくなれば、葬式はお別れ会として、お墓は、遺骨を納めないので必要なくなります。

宗教は、全て生きている人のためにあります。
死んだ人は、自然界では無になり、生きている人の心の中にだけ存在します。
貴女が納得する、お母さんが納得する、満足するようなやり方を考えてください。

どれが正しいとかそんな物はありません。

Q四十九日までの自宅での供養を教えてください

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄土真宗)の檀家ではなくなり、仏壇は置いていません。
お盆やお彼岸はお墓参りだけで、自宅で祀ることはしていません。

現在、遺骨はローボードの上で、写真とろうそく立て・線香立て・花入れを並べています。
これもわからないまま、なんとなくです。
(住宅事情で後飾り壇・中陰壇というものを設置できません。)
仏壇があった頃は平常、仏飯器と華瓶を仏壇に供えていました。
この時期も同じようにしてもよいのかどうか。
故人の好物などを供えてもよいのかもわかりません。

お参りに来られる方も呼ぶべき人もいませんので、対面を気にする必要はありません。
信仰している宗教はないのだから好きなようにしていいのじゃないかと思いつつ、腑に落ちないまま日が過ぎています。
最初に初七日・逮夜・四十九日といった言葉を使いましたが、法要や、お骨やお墓をどうするかもまだ考えていません。
十分に悲しんで母との別れを納得したいです。
含めて助言をいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄...続きを読む

Aベストアンサー

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されていました。奥様が他界される1週間前、病床で私は生まれ育った故郷の墓に入りたいと言われたので離婚届を提出され、奥様を故郷の菩提寺に供養されたそうです。お墓参りには中々、行けないけど、奥様と過ごした写真を部屋中に貼られているそうで毎日、行って来ます、ただいま、と声を掛けられ、、その日の出来事を奥様の写真に話しをされているそうです。
 何が言いたいのかと言うと供養の方法等どうでもよいのです。ただ、悲しみが癒えるまでお母様との思い出に浸り、納得が行ったときにお墓に供養されればいいのです。そして、たまには故人を思い出すことが大切だと思います。

 大体、多くの日本人はクリスマスを祝った1週間後に初詣に行き、春になったらお墓参りしているんです。質問者様がどうかわかりませんが、そんな宗教にいい加減な人が仏教の供養方法にこだわっても無意味だと思いませんか?

 お墓は、離婚をされていなければお父様のお墓に供養されればいいです。ただ、遠くてお参りできないのなら近所に建てるのも良い思います。質問者様がご結婚されていて息子さんがいらっしゃるのなら、外墓地を探されるのもよいし、未婚、あるいは息子さんがいらっしゃらないのであれば納骨堂での永代供養墓というのもあります。納骨堂は比較的、費用を安く抑えられると思います。
 お墓に納骨する時期ですが、一般的には四十九日前にされる方が多いですが、それを過ぎたらいつ納骨しても同じです。ただ、永代供養墓の場合、契約期間が、十三回忌までとか三十三回忌までとなっているので手元にお骨を置いて供養する期間が長ければ、お墓の使用期間が短くなります。納骨堂の場合、使用期間を過ぎると合祀墓に合祀されます。
 話が前後しますが、故人を忘れないために、法事を行い、子孫に故人を語り継いでいく、そのことで故人の2度目の死を避ける事ができます。

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されて...続きを読む

Q仏壇は置かないとだめなものですか?

こんにちは。

母と祖母の位牌を守っているものです。
ふと思ったのですが、位牌は必ず仏壇に置かないとだめなのでしょうか?
例えば、位牌や写真や線香たて一式をタンスや、ローボードの上などに置いてはいけないものなのでしょうか?

ちなみに、今は仏壇はあります。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

ご位牌は必ず仏壇にお祀りしなければならない、という決まりはありません。
人の足で踏む場所や埃まみれになるような場所は困りますが、清潔でお参りに都合のよい場所であれば、どこでもかまいません。
仏壇は、そのお家で信仰されるご本尊さまをお祀りするお寺のミニチュア出張所のようなもの、いわば「仏の家」ですから、ご先祖さまをお祀りする場所としてもっともふさわしい場所のひとつ、ということはできます。
ことさらに「どこでなければいけない」ということはありませんが、お家なかで、どこが一番「ふさわしいか」という見方も大切ではないでしょうか。

Q親の位牌(嫁の立場)

昨年末父が他界しました。
私は2人姉妹で、お互い長男と結婚してしまいました。
私の両親は離婚しているので、現在は父の実家のお墓ではなく納骨堂で父の遺骨を預かってもらっている状態です。
実家も娘しかいないのでゆくゆくは私たち姉妹で納骨堂を買い父を引き取らなければなりません。
現在は姉のところでも私のところでも父の写真(位牌はありません)お供えや線香をあげています。
ネットショップなどで売られている携帯仏壇を買いたいなと思ってる矢先に
知り合いに嫁に行ったらそこの先祖を守るのであって自分の両親の写真であっても手を合わせたり線香などをあげると父が肩身の狭い思いをするのでやめろと言われショックを受けました。

行く末は旦那の方の仏壇を受け取り
供養していくのに男兄弟がいながために
自分の両親にはお寺に行ったときだけ手を合わせるだなんて納得いかず悔しい気持ちでいっぱいです。

この嫁に行ったら自分の両親の位牌を持つってことは絶対駄目なんでしょうか?
肩身の狭い思いをするというのは
どういう根拠なのかご存知の方はいらしゃるでしょうか?

昨年末父が他界しました。
私は2人姉妹で、お互い長男と結婚してしまいました。
私の両親は離婚しているので、現在は父の実家のお墓ではなく納骨堂で父の遺骨を預かってもらっている状態です。
実家も娘しかいないのでゆくゆくは私たち姉妹で納骨堂を買い父を引き取らなければなりません。
現在は姉のところでも私のところでも父の写真(位牌はありません)お供えや線香をあげています。
ネットショップなどで売られている携帯仏壇を買いたいなと思ってる矢先に
知り合いに嫁に行ったらそこの先祖を守るの...続きを読む

Aベストアンサー

いまの時代に「家」制度にとらわれて「嫁にいったらそこの家の・・・」という考えはおかしいです。
結婚しようが姓がかわろうが男だろうが女だろうが、親は親です。

そもそも、明治になるまで、大方の日本人に「○○家」は存在していませんでした。
「家制度」が国民に普及したのは、(軍国主義が敗れるまでの)たかだか半世紀の歴史です。
それを、長い日本の歴史伝統だと思うのが間違っています。

ところで、宗旨はどちらでしょうか?
「位牌がない」というのは、浄土真宗では当たり前のことですが(もちろんキリスト教等でも)、

他の宗派で、本来あるべき位牌が事情によりないのでしょうか?

Q仏像に魂入れは必ず必要か?

仏間に位牌と三具足を置いて毎日手を合わせています。今度、ご本尊の仏像を購入しました。仏壇店では、仏像に魂入れをやってくださいとの事です。その場合、ご本尊の仏像に魂入れは必ず必要でしょうか。仏壇の購入予定はないです。

Aベストアンサー

こんばんは。

魂入れはお位牌、新規に立てたお墓などでよく行われることなのですが、新しい仏像をお迎えになったということは、やはりこれも魂入れが必要になるものと思います。

魂入れとは開眼法要または開眼供養と申します。(ただし浄土真宗では呼び方が異なります。御移徙といいます。)
もともとは造られた仏像には眼を入れなかったんです。お祀りする際に法要を行って新たに目を書き入れるところから開眼と名づけられております。眼を入れるということは、仏法上から見ると「智慧の眼」を開いて仏法の真理を悟ることとされます。

お求めになられた仏像に眼がないわけではなく、お寺様において書くわけでもございませんが、魂入れである開眼供養をすることは、その造られた仏さまに「智慧の眼」を授けることで仏の世界に生き、ご本尊になるということになります。そしてお位牌などの祖霊は本尊となった仏さまの世界の中にお祀りされていくわけです。

詳しくは菩提寺様があるのであれば、そちらにもお尋ねになってみてください。
絶対今すぐにでも魂入れをしてほしいということは言いません。それぞれの事情もあり、すぐにはできないことも考えられるからです。ただご自身が納得されるようでしたら、魂入れである開眼供養をされるとよろしいかと思います。

以上です。

こんばんは。

魂入れはお位牌、新規に立てたお墓などでよく行われることなのですが、新しい仏像をお迎えになったということは、やはりこれも魂入れが必要になるものと思います。

魂入れとは開眼法要または開眼供養と申します。(ただし浄土真宗では呼び方が異なります。御移徙といいます。)
もともとは造られた仏像には眼を入れなかったんです。お祀りする際に法要を行って新たに目を書き入れるところから開眼と名づけられております。眼を入れるということは、仏法上から見ると「智慧の眼」を開いて仏法の真理...続きを読む

Q一つの家に仏壇が二つあっても良いですか

将来的な事ですが、私の親、先祖の仏壇と妻の家の仏壇を私の家で祭るかもしれません。宗派は違います。この場合仏間に二つの仏壇を置くのが正しいのでしょうか。現在は妻の実家に親は健在で仏壇を祭ってますが一人娘のため親の面倒を見た後(私も了解済み)その後のことになりますが。

Aベストアンサー

家に仏壇が2つあるのはよくないと言われました。
現在、私の家にも父方の祖父と母方の祖父の位牌が
あります。
仏壇を2つ買おうという話になったことがありますが
そのときに相談をお寺などにしたときに
「家に二つの仏壇があるのはいけません。」と
言われました。
理由としてはお互いがこの家は私のものだ!!と
思ってしまい争いが起きてしまうということです。

なので仏壇は買わずに私の家では1階で母方の祖父
2階で父方の祖父の位牌をみています。

こればかりは難しいことですよね↓
ちなみに宗派は違いますよ!!
仏教とキリスト教です。


人気Q&Aランキング