現在、日本で稼働している下水汚泥溶融システム(スラグ化等)を導入している下水処理センター等の一覧をまとめたサイト、文献等をご存じないでしょうか。
一般ごみ焼却施設から発生する焼却灰等の溶融固化処理施設の設置状況一覧は、厚生省のホームページにあったのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ホームページは分からないので、旧建設省が下水処理センターの管轄ですので、そちらをお調べになってはいかがでしょうか。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q廃棄物焼却灰と溶融固化物の成分について

一般可燃廃棄物(紙、木、各種ビニール等)を焼却処理した際に発生する焼却灰について質問です。

まず、焼却灰の中に塩素、炭素はどれぐらい含まれているのでしょうか。
もちろん、焼却する廃棄物によりますが、自分が文献を探した中では、
(1)塩素:HClのかたちで飛散する
(2)炭素:CO、CO2で飛散する
といった表現ばかりで、定量的な数値は見当たりません。
論文、書籍等を問わず、記載されているもの、または経験的に(測定を行った等)ご存知でしたらお教え下さい。

次に、それら焼却灰を溶融し、スラグ化させた場合の塩素、炭素の残存率についても、上記同様、具体的な数値を探しています。

以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ある地方公共団体ののゴミの焼却場で働いています。
焼却灰の分析結果等は、誰にでも公表していますのでゴミの焼却場に行けば教えてくれます。
私の工場では、建って十数年ですが聞きに来た人は、廃バス分析、焼却灰等でもほとんどいないようです。(笑)
私は、事務系ですのでお尋ねの項目を全部分析しているかどうかは、わかりませんが。
一見は百聞にしかず。一度聞いて見てください。

Qゴミ処理焼却施設に関して

ゴミの焼却処理に関してなのですが,施設あるいは処理方法として
stepgrate,rotarygrate
の2種類は日本語ではどのように訳せば良いのでしょうか?
また,どういったものを想像すればよいのでしょうか.

ご存知の方いらっしゃいましたらお願いいたします.

Aベストアンサー

一部しか解らないですが.....。

Stepgrateは、正確(※)には「Step grate stoker : 階段ストーカー」と言います。

  ※:業界で通用する語というか、海外業界誌の用語

各種ある焼却炉の一つで、火格子が階段状に並んでおり、固体の燃料を上から下に向かって滑り落としながら燃焼させるタイプです。


rotary grate については解りません。

Rotary kiln のことかな?
Rotary kilnだとして、これは「ロータリーキルン」といいます。

耐火物で内張りした鋼板製の円筒で、入口に固体燃焼物の供給装置と着火用バーナ、廃棄物の供給装置などを持ち、わずかに出口方向に傾斜しています。

対象は主に固形の燃焼で、入口から固体を供給し、バーナーで着火後、円筒をゆっくりと回転させ、攪拌しながら徐々に傾斜方向に排出します。


この二つは、組み合わされて利用される場合が多いですね。

Q教えて!一般廃棄物の焼却、溶融時に発生するばいじんはすべて産業廃棄物?

一定の能力以上の焼却炉や溶融炉から発生するばいじんは、大気汚染防止法上、産業廃棄物に分類されています。しかし、行政が運営する一般廃棄物対象の上記施設から発生するばいじんは一般廃棄物だと言う人がいます。間違いではないでしょうか。

Aベストアンサー

政令では、
第2条の四 特別管理産業廃棄物
五  特定有害産業廃棄物(次に掲げる廃棄物をいう。以下同じ。)
ワ ばいじん(国内において生じたものにあつては、別表第三の一三の項又は一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)又は燃え殻(国内において生じたものにあつては、法第二条第四項第二号 に掲げる廃棄物の焼却に伴つて生じたものを除き、同表の一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)であつてダイオキシン類を含むもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)及びこれらの廃棄物を処分するために処理したもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)

別表3の14項 ダイオキシン類対策特別措置法施行令別表第一第五号に掲げる施設

同別表第一第5号
廃棄物焼却炉:火床面積(廃棄物の焼却施設に二以上の廃棄物焼却炉が設置されている場合にあっては、それらの火床面積の合計)が0.5m2以上又は焼却能力(廃棄物の焼却施設に二以上の廃棄物焼却炉が設置されている場合にあっては、それらの焼却能力の合計)が1時間当たり50kg以上のもの

以上から、通常発生するばいじん・燃えがらは特別産業廃棄物になります。
ただ、溶融炉で処理をされ、ダイオキシン類を含まない(基準以下)とされる場合は除外されます。
溶融時に発生するばいじんは、再度溶融炉に戻すのが一般的です。

政令では、
第2条の四 特別管理産業廃棄物
五  特定有害産業廃棄物(次に掲げる廃棄物をいう。以下同じ。)
ワ ばいじん(国内において生じたものにあつては、別表第三の一三の項又は一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)又は燃え殻(国内において生じたものにあつては、法第二条第四項第二号 に掲げる廃棄物の焼却に伴つて生じたものを除き、同表の一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)であつてダイオキシン類を含むもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)及び...続きを読む

Q無機汚泥と有機汚泥の区分

産業廃棄物の内、建設発生土の汚泥は有機性汚泥と無機性の汚泥に分類されていますが、発生の方法ではなく、泥そのものに含まれている物質で区別する方法。また、その基準値を調べたいのですが、どこをどう調べれば良いのか皆目検討がつきません。どなたかHPか、本の名称でもかまいませんので、御存知の方いらっしゃいませんでしょうか?

Aベストアンサー

有害・無害に関する組成基準、溶出基準はありますが、有機、無機については排出工程(消化設備)で分類されていると思うのですが

ご質問の内容が、現実に発生するものであれば発生地の所管保健所の廃棄物担当または県庁の廃棄物対策課に具体的内容をもとに照会する事をお勧めします。

私の経験では、組成基準で判断されたことはありませんでした。

Q半導体工場の汚泥処理について

半導体工場で半導体製造時に発生する汚泥(特にフッ素汚泥、有機汚泥)について処理方法をどうしているのか教えて下さい。

Aベストアンサー

シリコンウエハの研削・研磨粉を含む排水を処理するのでしたら、ろ過方式が一般的だと思います。

参考URL:http://nmc.nikkeibp.co.jp/news3/n9594.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報