旅人が教える「旅に出たくなる映画」

前の質問からも分かるように「神経症」、「自律神経失調症」、「社交不安障害」などが
疑われる状態なのですが、治療法や自分でもできるようなこと
はありますか?

緊張する要素がない

ただ、初めての場所に行くというだけで異常な緊張がして吐き気がします。(吐くときもあります)

本当に辛いです。
早く治したいです。

時間はかかると思いますが、少しでも早く治したいです。
何かアドバイスを下さい。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

不安恐怖症から開放された経験が在ります。

もう30年も前になります。森田療法を受けた結果という事と、鈴木大拙博士の書いたものを学んだと言う事が、神経症の完治の後押しをしたと思っています。

神経症は治り難いメカニズムで発症しています。そのメカニズムを始めに書いて見ますが、今の貴方には、理解できないかも知れませんが、知っておく事で何時か役に立つと思いますので書いてみます。又どういう療法や、治療を受けたとしても治るか、治らないかは、貴方の考え方、或いは生き方、或いは世の中の認識の仕方が、大事な鍵になります。只言える事は、是は鈴木知準先生の受け売りと、私の実感からですが「神経症の人は素直な生き方」が一番大事な事になります。世の中をひねくって見ない生き方の事です。

神経症とは『自我意識』ともう一つの意識との、食い違い、或いは意識のずれ。或いは認識の違いから起きています。今貴方は生き難い、という思いの中で生きているかと思いますが、この思いは、貴方のもう一つの意識からの情報を、貴方が勘違いをして受け取っているためです。この勘違いが全ての『神経症、或いは自律神経失調症或いは、社交不安障害』等の原因となっています。

その意識とのずれという事を説明してみます。貴方は自分自身が、貴方の自我意識のみで成り立っていると思っていると思います。処が貴方の自我意識の他に、貴方にはもう一つの『意識』が存在しています。この事が判りにくい事から『今の医学は「精神疾患」「神経症」、「自律神経失調症」、「社交不安障害」』等に付いては本当の意味では、内因性の疾患の原因を究明出来ていない、という立場となっています。

内因性の疾患の原因を究明出来ていない、という事は『完治』を求めていないと言う事を意味しています。何故ならば、原因が分からない所には完治は在り得ないからです。今の医学では『精神疾患』の完治ではなくて『寛快』止まりと言う意味になります。

私の神経症が完治した経験からするならば、精神疾患の完治は当然在り得ます。その完治と言う観点から話を進めてみます。

鈴木知準先生の言葉には意味がありました。『ノイローゼは悟りを開かないと治らない』『ノイローゼの一年は十年座禅をした事と同じ』という言葉です。精神疾患や、神経症や、自律神経失調症や、不安障害やパニック障害等は、皆同じ原因から起きています。それは『心の矛盾』というものが根本原因です。人間には心が二つ在るという意味になります。

人間には自我意識=顕在意識というものが在ります。この意識は説明する必要は無いと思いますが、ひとつだけ説明しておきます。自我意識は言葉で考えて、言葉で全てを処理していると言う事です。ですが『言葉には限界が在って』生きてゆくためには言葉以外にも必要な事が在ると言う事です。違う言い方をするなら、自我意識には限界が在る、もっと言うならば自我意識には『有限』の世界しか理解できないと言う限界が在るという意味になります。

もう一つの意識は『無意識』の中に在ると言う事です。自我意識と絶えず交代しながら、毎日の生活が成り立っていると言う事になります。この事が分かる事が『悟りを開く』という事になります。従って『精神疾患や、神経症や、自律神経失調症』はもう一人の『無意識の意識』と仲直りする事が『完治』という事になります。


具体的には神経症の症状とは『無意識の意識』が自我意識に加えている圧迫という事になります。精神疾患の症状も同じ事になっています。そういう事で『薬』に頼ったとしても、その症状を治そう、症状を軽減しようという試みには『限界』が在って、又治りにくいという事になります。此処が今の医学の限界の『寛快』という事になります。

神経症の完治を求めるなら、症状を軽減しようという試みは捨てる事です。症状を無くしたい、軽減したいという『自我意識』の計らいが症状を醸し出しているからです。症状とはもう一つの自分自身からの『言葉によらない』メッセージです。このメッセージは自我意識を助けようとするメッセージです。不安とは悪いものではないという事になります。この不安を受け取ろうとしない事から、もう一つの意識はこの情報をもっと大きくして送ろうとします。この大きくされたメッセージが『恐怖』という事になります。パニック障害の本当の意味は、小さな不安でも受け取ろうとしない『自我意識』に受け取ってもらいたくてもう少しそのメッセージを誇張して送ってくる事に当たります。

従って神経症の完治を望むなら、症状は『受け入れる』他にはないという事になります。症状を『心から』受け入れることができた時は『自分自身を知る』時です。すなわち『不安を起こしていた者と仲直りをする時』です。キリスト教ではこの事を『神に会って和解する』と言います。
    • good
    • 2

自律訓練法 (九州大学病院心療内科)


http://www.med.kyushu-u.ac.jp/cephal/methods/AT. …

深呼吸のリラックス効果と健康効果 - goo ヘルスケア
http://health.goo.ne.jp/column/fitness/f002/0060 …

毎日続けると想像以上に効果があります。
    • good
    • 1

「1回の治療で50%の患者はカウンセリングで治る!」などとメチャクチャな理論を書いている輩が居ますが、無視してください。



さて本題。
自分でも、何の病いか気付いているし、早くラクになりたいと考えているようですね。抗不安剤を飲めば15分程度で、すごくラクになります。即効性があり効果も非常に高いクスリです。ただこのクスリは対処効果はありますが、根本的な治療にはあまり役立ちません。
そこで「森田療法」を行っている精神科・心療内科を探すことを勧めます。5~10件のうち1件程度の精神科・心療内科しかやっていません。「森田療法」をマスターすれば、再発予防になるし、今後ラクに生きられます。お大事に。
    • good
    • 0

自分でできることを探すならカウンセリングを受けてみてはどうでしょう。

お医者さんに薬を貰う前に自分でやってみる、極めて自然な考えですばらしいことと思います。

カウンセリングでは日常生活の細かな点検をすることによって何ができるか考えて観ます。案外本人が見落としていてそれを改善すれば悩みが解消するものが実は殆どなのです。

これは何度か行くうちに実現できますが、1回で解決できる率が50%もあるのです。カウンセリングは電話帳デイリーで探してください。
    • good
    • 0

何の病気でもそうですが、病院に行く気持ちがあるのなら、まずはそれが先決ですよ。


まず専門医に今のあなたの状態を診断してもらい、今後の治療方針などを聞き、自分でもよく理解して納得することです。そこから、何をしたら良いかが見えてきます。
病院で正しい診断が下され、治療をする中で、自分の辛さがやわらいで来ないと、焦るばかりで良い知恵も浮かびません。
それに主治医を持てば、「自分でも何かできることはありますか?」とか「日常生活でどんなことを心がけたらいいでしょうか?」といった質問に対し、プロのアドバイスが聞けるではないですか。
    • good
    • 0

自分ひとりの力で治そうなんて思わないほうがいいです。


早めに心療内科か精神科を受診しましょう。

この回答への補足

自分ひとりで治そうなんて思っていません。
病院にも行きたいです。
でも、それ以外に自分でもできるようなこと
って無いでしょうか?

補足日時:2010/04/11 21:33
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 自律神経失調症<こころの病気>の症状や原因・診断と治療方法

     よく使われる病名ですが、確立した疾患概念や診断基準があるわけではありません。自律神経系の不定愁訴(ふていしゅうそ)があっても、その症状が一般的な疾患概念にあてはまらない場合にこの病名をつけることが多く、いわばゴミ箱病的な扱いを受けている疾病です。  よくみられる自律神経症状には表20にあげるようなものがあります。自律神経系の症状は、心理・社会的ストレスの影響を受けやすいことや、原因不明の愁訴である...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自律神経失調症を乗り越えた方、体験談を教えてください。

強いストレスや環境の変化、睡眠不足などが続き、体調をくずしてから、2年になります。それまでは元気でじっとしていることが苦手で、スタミナにはかなり自信がありました。
2年間、病院でいろいろ検査をしました。なかなか原因が分からず苦しみました。半年前に、甲状腺機能がごくわずかに低下していることが分かり、薬を飲み始め、これで少しずつ体調を整えていければ!と希望を持ちました。チラーヂンを飲んで、鬱状態はすっかりよくなり、少し体も楽になったものの、その後も体調を崩してばかり。副腎皮質機能も病気と言うほどではないですが低下ぎみで、血液の栄養状態が悪い、食べる量が少ないのでは?と言われましたがむしろ多いほうで、食欲はなくなるということがなく、39度超の熱が出たときも普通に食べ、おかわりしたくらいです。
今、内分泌代謝内科に通院中ですが、一向によくならず悪化していくので、先生も甲状腺のせいばかりではないと、漢方の専門医を紹介してくださり、3週間漢方薬も飲んでいますが、今のところ改善しません。
一時3ヶ月寝込んだときにものすごく体力が落ち、運動は大事と思い、辛くても通勤時間に歩くようにしていましたが、この一年でだんだん歩ける時間が減り、今では歩けない日のほうが多くなり、仕事も週に1度は休んでしまう状況になりました。
ストレスがかなり強いので、思い切って仕事はやめようと思っています。
しかし、仕事をやめれば治るのか…。不安です。
克服された方、どのくらいの期間でどんなことをして治りましたか?
体験談をお聞かせください。

強いストレスや環境の変化、睡眠不足などが続き、体調をくずしてから、2年になります。それまでは元気でじっとしていることが苦手で、スタミナにはかなり自信がありました。
2年間、病院でいろいろ検査をしました。なかなか原因が分からず苦しみました。半年前に、甲状腺機能がごくわずかに低下していることが分かり、薬を飲み始め、これで少しずつ体調を整えていければ!と希望を持ちました。チラーヂンを飲んで、鬱状態はすっかりよくなり、少し体も楽になったものの、その後も体調を崩してばかり。副腎皮質機...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私は20歳の時、自律神経失調症にかかりました。症状はnozonozo5さんと殆ど同じです。新入社員で入った職場は新人苛めが酷く、私は1.8ヶ月で辞めたのですが、それでも新人在籍の最長記録…。ストレスは相当でした。これが原因だったので、自律神経失調症の治療に、ストレスからの開放はまず絶対条件だと思います。私の場合、自律神経失調症とわかったのは病気が治癒して、再発した時でした。再発の時の原因も、やはり過度のストレスでした。

効果のある克服方法…で考えたのですが、漢方や針をしても一時的なものになってしまいますし、考え方云々だと変な宗教に走ってしまう場合もあるので^^; まずは、あれこれしようとせず、長い目で回復を考えた方がよいです。私は最初の時は病名もわからず色々と試しましたが、何一つ効果があった克服方法はありませんでした。

一番効果があったのは、「時間とゆとり」です。仕事を辞めて、家事手伝いで半年~1年弱過ごしたことです。それで回復しました。自分が自信のあること、できる事から少しずつ始めて、ストレスや急な環境の変化に自分がついていけるように慣らしていきました。二度目の自律神経失調症の時は、その原因であるストレスから逃げられる状態ではなかったので、友人に悩みを聞いてもらったり、心療内科のカウンセリングを受けながらストレスを自分で解消できるようにしていき、焦らないで日々を過ごすようにして、自然に治癒していきました。

未だにストレスには弱いですが、焦ったり、対策したり克服したりしようとするのが一番治癒には良くないように思います。長い目で、ゆったり、ゆっくり。日々の季節の流れや、道端の草花に目を向けて、ゆったり過ごしてみてくださいね。

こんにちは。
私は20歳の時、自律神経失調症にかかりました。症状はnozonozo5さんと殆ど同じです。新入社員で入った職場は新人苛めが酷く、私は1.8ヶ月で辞めたのですが、それでも新人在籍の最長記録…。ストレスは相当でした。これが原因だったので、自律神経失調症の治療に、ストレスからの開放はまず絶対条件だと思います。私の場合、自律神経失調症とわかったのは病気が治癒して、再発した時でした。再発の時の原因も、やはり過度のストレスでした。

効果のある克服方法…で考えたのですが、漢方や針をして...続きを読む

Q神経症の治し方を教えて下さい。

神経症の治し方を教えて下さい。
8ヶ月前にストレスから神経症になってしまいました。緊張性頭痛や、のぼせが出ましたがそれは
収まりました。最近、精神の高ぶりや、イライラ、倦怠感、手足のしびれが強いです。
すべては緊張が取れないからこのような症状が出るのではないかと思います。

薬は漢方のヨクカンサンとオウレンゲドクトウ、グランダキシン、デパスを少しです。
その他、催眠療法、整体、まだ始めたばかりですが認知行動療法を受けています。

どうしてこんなに緊張するのか、精神の高ぶるのか、気持ちをリラックスさせる事がなかなか
できません。
毎日が非常に辛いです。
なにか良い気持ちを落ち着かせる方法があれば教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

森田療法で直った経験が在ります。その事を書いてみます。神経症は自我意識と『自分自身の命の働き』がうまく同調出来ない事が原因で起こる現象です。

治すために学ぶ事がありますので書いて見ます。症状らしきものを意識して困っていると思いますが、その意識する事が神経症の症状らしきものを招いています。

問題の核心が、貴方は『症状らしきもの』と思っているかと思いますが、その視点から神経症を治そうとする事は、かなり無理があります。問題の核心は『意識をする事』に在ります。

神経症には様々な症状が在りますが、症状を相手にしている間は治らないです。一生掛かっても治らないかも知れません。症状を嫌って『治そうとする』心の働きが症状を作り出して固定させているからです。

他の方法からのチャレンジでないと、神経症は治らないと思います。他の方法には幾つかの方法がありますが、決定的なものは特別には無いかも知れません、が治ったと言う事を先に書いて後で具体的な方法を書いて見ます。

治ったと言う事は『症状が』意識には上がって来なくってしまう事です。症状をすっかり忘れてしまう事が完治したと言う事になります。私の場合には14歳から32才までの18年間症状に苦しんだ経験が在りました。

その4年前に鈴木知準先生のところで入院森田療法を2ヶ月間受けました。入院期間に色々な話を聞きました、主に悟りを開くと言う話が多かったようです。或いは道に到る、或いは免許皆伝と言うような話です。あの頃は『何の話かさっぱり』分かりませんでした。

先生はノイローゼの一年は十年座禅をした事と同じ、或いは悟りを開かないとノイローゼは治らない。という事を言っていました。何の事かさっぱり分りませんでしたが、先生の言う生活態度を忠実に守って暮らした結果、4年後の事、自分の自我意識が『無意識の意識』に出会うという体験が在りました。

もう30年位経ちました。この30年の間神経症になったことも治った事もすっかり忘れていました。今62歳になりました、65才位に引退をしてから、悩み多い人達に『出来る事は無いだろうかと思い』今はこうして書いています。

そうして完治した事が、冒頭の言葉になっています。そこで治すと言う事を書いてみます。私の言う事を信じて、言うとおりにするなら貴方にも治る機会が訪れる筈です。その方法とは『症状』の事は不問にすると言う事です、症状が在ったら苦しいとか、治りそうだから嬉しいとかは口にしたり書き物にしない事です。

症状を相手にしない人間性が育った時が治る時です。症状が在って苦しい想いが続くと思いますが、その事はもうどうしようもない事と『症状が治ると言う事を』諦める事が大事となります。

本当に大事な事は神経症が治る事です。症状の解決を図る方法では解決しない事をよく覚えておいて下さい。症状を意識してその意識する事が症状を起こしてその症状を固定させている事実を、覚えておいて下さい。精神科医に掛かったり心療内科で見てもらって、沢山の薬を長期間飲んだとしても、『頭の中は治したい、治らないのスパイラルに入ってしまい何十年しても症状の改善は一進一退になる筈です。

そうして他に学ぶとしたら『禅』と言うものを学ぶ事です。鈴木大拙博士の書いたものが良いと思います。禅を説明するなら、人間を働かせている『命の働きを』直接に掴み取れ!と言うほどの意味になります。

神経症で苦しい想いをしている人が『自分の症状を起こしている者を直接に掴み取れ!』と言う意味になります。人間はどうして苦しまなくてはいけないのかが判った時に『完治』になります。症状を起こしていた者が自分の心の中に存在していた事を知るからです。

自我意識が『命の働き』の情報を勘違いして受け取っていた事が分るからです。その出会いからは症状が消えてしまいます。自我意識に送られていた情報とは必要に迫られて送られていたと言う事がわかるからです。

それ以後心の矛盾は消えてしまいます。心は限り無く静寂を取り戻すと言う事です。それ以後自我意識は計らいでは生きようとはしなくなるからです。在るがままに悠々と、案楽に生きてゆく心持になっています。どんな事が起きようが、心は静かに対応するようになります。

そのために、今は症状を不問として、症状の有無を問題としない生き方を学んで下さい。人間の心は『無意識の意識』からの情報を受けて感情が湧く仕組みになっています。

不安も恐怖も、あの人が好きと言う事も、如何いう風にどんなに好きかと言う事も無意識が教えています。納期が来たと言う事も、試験が近ずいて来てピリピリする事も、全ては無意識からの情報です。

無意識になれなくなる事や、無意識からの情報を嫌って受け取ろうとしなくなる事で『症状』として感じています。

森田療法で直った経験が在ります。その事を書いてみます。神経症は自我意識と『自分自身の命の働き』がうまく同調出来ない事が原因で起こる現象です。

治すために学ぶ事がありますので書いて見ます。症状らしきものを意識して困っていると思いますが、その意識する事が神経症の症状らしきものを招いています。

問題の核心が、貴方は『症状らしきもの』と思っているかと思いますが、その視点から神経症を治そうとする事は、かなり無理があります。問題の核心は『意識をする事』に在ります。

神経症には様々な症...続きを読む

Q自律神経失調症とはずいぶん都合のいい病気だと思ってしまいます

私の会社の30代未婚女性が過労からきた自律神経失調症で2ヶ月近く休んでいます。確かに、休む前はかなり忙しかったです。詳しくは聞いていませんが、耳鳴りめまいがするそうです。
大変だなぁ、大丈夫かなぁ、と最初は思っていました。
しかし休みはじめてから2週間した頃、会社の同僚の結婚式があり二次会へ行くことに。彼女はばっちりおしゃれして来ていて、会社の人達、上司ともきゃーきゃー騒いでいたかとおもうと、「三次会行くでしょ。いこうぜーい!」とみんなを誘導し、その他の来客の方達ともはしゃいで踊ったりを終電すぎるまでしていたそうです(私は少し先に帰りました)。で、翌日からはまた体調不良でずっとお休み。休んでいる間、旅行に行ったりも。最近はたまーに一日だけ会社に来ては、次の日からしばらく休み、この繰り返しです。

言葉は悪いですが、ずいぶんと都合のいい病気だなぁ、あんだけ遊べても仕事はできないんかい、体調悪いならどうして自己管理しようともしないだろう、と不愉快に思うようになってしまいました。
自律神経失調症っていったい何なんでしょうか?

Aベストアンサー

自立神経失調症にかかったことのある者です。

ご質問者様のお気持ちはよくわかります。この病気に私がかかったことがなければ、恐らく同じように思うでしょう。

自律神経失調症は、自分ではどうにもならない症状に苦しみますが、
その症状が軽い時は日常生活を営めます。ですからその女性も終電過ぎるまで遊べたのでしょう。
人にもよると思いますが、「元気ない態度で周りに心配掛けてはいけない」と無理して元気に振舞うケースもありますので
終電まで付き合って帰ったからと言って、その女性が本当に元気だと言うことにはならないのではと思います。
ですので、「都合がいい」と見えるかもしれませんが、その点は、どうとも言えません。
本当に自律神経失調症で苦しんでいるのかもしれないし、それほど苦しんでなく都合よく使っているのかもしれない。

ただ、一つだけ言える事があるとすれば、その女性は配慮が足りなかった、と言うことだと思います。
仕事を休むことで、多くの人に迷惑を掛けてしまっている立場だと言うことは、自覚していなくてはならないことだと思います。
そうした時に、飲み会に出ることが回りの人にはどう見えるのか、彼女は考える必要があったのではないかと思います。
彼女は、そうした配慮を怠った、これだけは事実だと思います。

仕事をしてお給料をもらう以上、現実的にシビアに考えなくてはならない問題ってあると思うんです。
遊ぶだけ遊んで仕事は出来ない、と言うのは、それが本当に症状によるものだとしても、
病気のことをよく知らない人にいい印象を与えないことは、少し社会生活を送ったことがある人なら分かることです。
彼女は自分が客観的にどう見えているのかがわかっていないか、それに配慮するだけの余裕がないか、どちらかですね。

私も実はその女性と同じような失敗をしたことがあります。
病気ゆえに友人とも会えず、久々に他の人と楽しく遊べる、と思うと、無理をしてでも行って、元気に振舞うのですが、
次の日は、何故かいつも以上に症状がひどかったり…。
飲み会には出ないのが一番なんだ、と自分で割り切ることが出来るようになるまでに随分かかりました。
自分では飲み会に参加しないほうが楽だと分かっていても、その後の付き合い等考えると
出たほうがいいのかもしれないと考えてしまって、なかなか割り切れないんです。

自律神経失調症と言うのは、自分では原因はよくわからないのに、常に何らかの具合の悪い状態が続くという症状が主だと思います。
それ自体は、本人にはどうにもならないことなので、都合のいい病気ではないと思います。
ですが、病気だからとそれを免罪符のように何でも自分に都合のいいことだけするという風に見えてしまっては、
世間的に理解されない状況を作ってしまい、よくないでしょうね。
ただ、本当に病気でどうにもならない部分もあると思いますので、
その点は、ご迷惑かもしれませんが、遠巻きにでも多めに見ていただけるとありがたいなと思います。

自立神経失調症にかかったことのある者です。

ご質問者様のお気持ちはよくわかります。この病気に私がかかったことがなければ、恐らく同じように思うでしょう。

自律神経失調症は、自分ではどうにもならない症状に苦しみますが、
その症状が軽い時は日常生活を営めます。ですからその女性も終電過ぎるまで遊べたのでしょう。
人にもよると思いますが、「元気ない態度で周りに心配掛けてはいけない」と無理して元気に振舞うケースもありますので
終電まで付き合って帰ったからと言って、その女性が本当に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報