【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

個別の増加率と、総合計の増加率の乖離について

例えば、200件のデータの1件、1件に一定の増加率2%をかけたデータがあるとします。
個別にみていくと、オリジナルの数字と2%かけた後の結果は2%増で間違いないのに、オリジナルの総合計と2%かけたあとの総合計を比べたときに、2%増にならないのは何でですか?
乖離が発生します。Roundupによる端数処理の関係だとしても、数百万単位で差が出るので
何故なのかわかりません。

A 回答 (1件)

計算が合わないときは、計算ミスか人為的ミスです。


計算ミスというのは、計算そのものの間違いであり、Excelなどで計算することで防げます。
人為的ミスというのは、計算方法や手順の間違いです。Excelを使っていても、計算の範囲指定を間違っていたり、使い方の間違いで式がずれることがあります。

どちらの可能性が高いか再検討して、見直すしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
再度見直します。

お礼日時:2010/04/12 13:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング