現在、トラブルがおこっており、訴訟を検討しています。

1.先方の会社は、ある手続きを責任をもって行うと約束し、文書で出している。
2.その約束が3ヶ月以上も履行されていないのを私が発見し、先方も失念ミス
を認めている。
3.その手続きが履行されていなかったら、私の社会的信用度が低下する不利益
を被る。

先方は、会社、私は個人です。

結局は、私が先方のミスを発見し、水際で社会的信用度の低下(ブラックリスト
への掲載)は回避できそうなのですが、どうも納得いきません。

訴訟を検討するとしたら、このような未然の損失を何というのでしょうか?
教えて下さい。

A 回答 (4件)

 よほど悪質なやり方でなければ、恐喝にはなりません。

ただ訴訟を匂わすと向こうの態度を硬化させかねません。
 とりあえずは謝罪を求め、それが不満であれば行動を起こされるのが現実的と思われますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
確かに、おっしゃるのが現実的対応だと思います。

ただ、係争準備がある旨伝えた方が、真摯な対応をするかと思ったのです・・・

参考になりました。

お礼日時:2001/04/02 23:51

>「○月○日までに、御回答いただけない場合、係争の準


>備がある事を申し添え ます。」

>と書くと、実際に係争しなければ、脅迫に当たるのでし
>ょうか?

そんなことは有りません。
この文面で脅迫にはあたりません、正当な主張をしただけですから。

お怒りは判りますが、そんな会社は相手にしないことにして、忘れたほうがよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

きちんと謝罪してもらうべく、やるだけの事はやってみようかとも思って
いますが、おっしゃる通り、忘れるのがラクかもしれません。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/02 00:41

 この場合損害を被る恐れがあったというだけで、実際に財産的損害はなかったわけですよね。

そうすると慰藉料(精神的損害に対する賠償)請求ということになりますが、多額の請求額は認められないのではないでしょうか。
 とりあえず納得がいかないなら、どうしてvr4gsrさんと会社との約束が履行されなかったのか、その経緯と責任の所在を権原ある人が文書で明らかにするよう、会社宛に内容証明郵便で請求してみてはいかがですか。
 なお民法711条の規定(生命侵害の場合の慰藉料請求権者)はこの場合出てこないと考えますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

この件は、大金を取れないと思いますが、金額の問題ではなく、怒りを何らかの
形にしたいと思ったのです。

経緯と責任の所在の内容証明便において、

「○月○日までに、御回答いただけない場合、係争の準備がある事を申し添え
ます。」

と書くと、実際に係争しなければ、脅迫に当たるのでしょうか?

お礼日時:2001/04/01 02:29

実際に損失が発生していないのですから、もし請求するとしたら、精神的に心労があったわけですから、やはり「慰謝料」として請求することになると思います。



慰謝料とは、財産以外の損害に対して支払われる金銭のことです。これは損害賠償のうち、精神的損害(苦痛)の賠償を目的としたものです。民法710条と711条につぎのような規定があります。「他人の身体、自由または名誉を害した場合と財産権を害した場合とを問わず、不法行為の責任者は財産以外の損害に対しても賠償義務がある。

この規定からすると、損失が発生していないと難しいような気もします。

弁護士の法律相談で、相談されたらいかがでしょうか。
30分5000円で、下記のページに案内があります。

参考URL:http://www.secom.co.jp/life/law/law_l_1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

実害が発生しないと、難しいのですね・・・

先方から、きちんと謝罪があれば、係争など回避したいのですが、実は、この記載
の件の前にも同社は、ミスって私は危ないところだったので怒り心頭なのです。

どうしたものか・・・

お礼日時:2001/04/01 02:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法律用語の「及び」,「並びに」の用法の質問

法律用語に、「及び、並びに」ってありますよね??
あの使い方について調べていたのですが、以下の解説で疑問点がありました。
以下の質問で、その疑問点を記載するので、それを念頭に置いたうえで、解説文を見て私の質問にお答えください。

質問:下記の解説の中に、「同じ段階(並列する語句に意味上の区別を設ける必要のない場合)」と「小さな意味」と「大きな意味」との言葉が出てきますが、そもそも「大きい意味」とか「同じ段階」と「違う段階」とかっていうことがどういう意味なのかわかりません。
どういう意味ですか?

質問2:意味が大きいとか小さいとかって何をもってそう定義するのですか?


解説:『いずれも併合的接続詞であり、英語の「and」に相当します。 併合的接続が同じ段階の場合(並列する語句に意味上の区別を設ける必要のない場合)には、「及び」を用います。接続する語句が二つのときは、読点を用いないで「及び」で結び、三つ以上のときは、最後の二つの語句だけを読点を用いないで「及び」で結び、それより前の接続は読点で結びます。
※例 「A及びB」「A、B及びC」「A、B、C及びD」

併合的接続が二段階になる場合(並列する語句に意味上の区別がある場合)には、小さな意味の接続に「及び」を用い、大きな意味の接続に「並びに」を用います。
※例 「A及びB並びにC」(AとBが接続し、これとCが接続する場合)
※事例1
給料、手当及び旅費の額並びにその支給方法は、条例でこれを定めなければならない。

併合的接続が三段階以上になる場合には、一番小さな意味の接続のところだけを「及び」で結び、それ以上の段階の接続はすべて「並びに」を用います(この場合の「並びに」の使い分けを「大並び」「小並び」と呼びます。)。 』

法律用語に、「及び、並びに」ってありますよね??
あの使い方について調べていたのですが、以下の解説で疑問点がありました。
以下の質問で、その疑問点を記載するので、それを念頭に置いたうえで、解説文を見て私の質問にお答えください。

質問:下記の解説の中に、「同じ段階(並列する語句に意味上の区別を設ける必要のない場合)」と「小さな意味」と「大きな意味」との言葉が出てきますが、そもそも「大きい意味」とか「同じ段階」と「違う段階」とかっていうことがどういう意味なのかわかりません。
どう...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわっ…んたんとんとんさん!(お名前で遊んですみません)

ご質問文を読んで逆に勉強させていただきました。

ご質問1:
たとえば、
「Aand((BandC)and(DandE))andF」
を日本語で書き表すときは、
「A並びにB及びC並びにD及びE並びにF」
となり、「並びに」の種類は
A大並び(B及びC)小並び(D及びE)大並びF
となるということですね。
しかし、
A大並び(B及びC)大並び(D及びE)大並びF

A小並び(B及びC)大並び(D及びE)小並びF
などと見分けがつきませんね。
その解説に書かれていること以外に、紛らわしくないように書く工夫が要りそうです。

ご質問2:
これは定義ではなく、その文章が
「A及びB並びにC」
と書かれていれば、その場合は、「及び」が小さく「並びに」が大きいと解釈すべきだということです。
どこのつなぎが大きいか小さいかは、書く人が決めるということです。

Q口約束の契約不履行

文書で明確にはしてなくても、「○○を買ってやる」とか「○○してやる」
といった口約束は法的に有効だと、テレビの法律番組で言っていました。
言われた方はそう記憶していて、言った本人に記憶が無い場合でも本当に有効なんでしょうか?
「確かに言った」と証明(周りにいた人も聞いていたと証言して貰うとか、録音してあるとか)
できないことには無効になりますか?

そんな証明は不要であるならば、「○○を買ってやると言ったから」と請求していいのですね?
相手が知らぬ存ぜぬととぼけた(あるいは本当に忘れた)場合、どのように請求したらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

諾成主義と要式主義の事ですね。

口約束での契約が有効とするのは「諾成主義」と言って契約の根本的な考え方をしめすものです。つまり一方が「この土地を君にあげる」と意思表示して、もう一方が「貰います」と意思表示すれば、その土地の所有権は移ります。これは実際の登記が変更されてなくても、代金のやりとりがなくても、実際に引き渡してなくても、二人がそれで合意し納得してるなら有効ということです。

しかし上記だけの契約では、一方がその後に心変わりして契約不履行になった場合には、証拠がないので揉めることになります。また初対面などで信頼できない相手と「諾成契約」するのは危険です。
なので「要式主義」といって契約書などの書面や手続きによる契約をみんなするのです。


つまり

>そんな証明は不要であるならば、「○○を買ってやると言ったから」と請求していいのですね?

「諾成主義」の精神にのっとり請求するのはOKです。

>相手が知らぬ存ぜぬととぼけた(あるいは本当に忘れた)場合、どのように請求したらいいのでしょうか?

忘れた場合は、約束した時の状況やその時やりとりした言葉を言って、思い出してもらうしかないでしょう。
「知らぬ存ぜぬ」の場合は言った言わないの水かけ論になりますが、要するに相手は「買いたくない」のですから、買ってくれないと思います。

諾成主義と要式主義の事ですね。

口約束での契約が有効とするのは「諾成主義」と言って契約の根本的な考え方をしめすものです。つまり一方が「この土地を君にあげる」と意思表示して、もう一方が「貰います」と意思表示すれば、その土地の所有権は移ります。これは実際の登記が変更されてなくても、代金のやりとりがなくても、実際に引き渡してなくても、二人がそれで合意し納得してるなら有効ということです。

しかし上記だけの契約では、一方がその後に心変わりして契約不履行になった場合には、証拠がな...続きを読む

Q法律用語としての「人権」「人権保障」とは?

タイトルのままですが法律用語としての「人権」「人権保障」とはどう定義づけられているんでしょうか。法律用語の辞典等が今手元にないので、どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

私の手元の本には「人間が生まれながらにして、人間であるがゆえに有する権利を人権又は基本的人権と云う。」と書いてありました。また、国家はすべての国民を個人として尊重し、保障する。と云う趣旨のことが書いてありました。保障と云うのは、例えば、AがBに怪我を負わせばBは刑事制裁に、民事では損害賠償責任を負うことになり、どちらも、最終的には国家権力により刑事では逮捕や留置、民事では強制執行でBの財産を差押等が、その「保障」と私は考えています。

Q同時履行と民事訴訟

特定物の売買契約をなしたところ、買主は売主に代金債務の弁済の提供をすることなしに、目的物の引渡しを裁判上で請求した。売主は同時履行の抗弁権を抗弁として主張することができる。

では、もし買主が債権ではなく、所有権に基づいて引き渡すよう請求したならどうなるんでしょうか。そこでも売主は同時履行の抗弁権を主張できるのでしょうか??
同時履行の抗弁権が債務の履行上の牽連性を保つものだとすれば、相手が所有権に基づいて請求したのなら、当然には同時履行の抗弁権を主張できないと思うのですが…

ご教授お願いします。

Aベストアンサー

 留置権を主張します。

Q新しい法律用語の英訳を教えて下さい

以下の法律用語を教えて下さい。私なりに訳をしてみたのですが、意味がよく通じないというといわれてしまいました。
よろしくお願いいたします。
公判前整理手続
procedure with examination of evidences before the trial
共謀罪
crime for conspiracy
又、法律用語(外国語)を検索できるサイトがあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

>procedure with examination of evidences before the trial

公判前整理手続には、原告、被告人の言い分、事実認識、事件の争点、取調べ証拠、想定される刑罰(判決)等についてあらかじめ話合われます。したがって、証拠だけではありません。米国の陪審員制度では、日本と異なる点もあるでしょうがこれらの一連の手続きを 大きく三段階に分けていますが、まとめて一般にpretrial stage/process
それにかかわる手続きをpretrial procedure などとよく言います。

どうしても、証拠を強調したいなら、pretrial procedure of (evidence) discovery stage などとすれば良いでしょう。
(法律用語で、discovery を調べてみください)

必ずしもこれが行われたから、陪審員の公判が行われるとは限らず途中で決着することもあり、英語での arrangement は、どちらかと言うと、arbitration, mediation の意味にも近くります。

共謀罪
crime for conspiracy

多分、for のせいでしょうか。tort of conspiracy あるいは conspiracy crime などでわかるでしょう。

国によって法制度が違うのでその点を留意されてください。参考までに。

>procedure with examination of evidences before the trial

公判前整理手続には、原告、被告人の言い分、事実認識、事件の争点、取調べ証拠、想定される刑罰(判決)等についてあらかじめ話合われます。したがって、証拠だけではありません。米国の陪審員制度では、日本と異なる点もあるでしょうがこれらの一連の手続きを 大きく三段階に分けていますが、まとめて一般にpretrial stage/process
それにかかわる手続きをpretrial procedure などとよく言います。

どうしても、証拠を強調したいなら、pr...続きを読む

Qオークションによる契約不履行での小額訴訟

先日、某有名オークションサイトで商品を3600円で落札しました。その商品ページには発送方法の「ゆうパック、普通郵便、宅急便」とあり送料は1000円と固定でした。海外からの発送と書かれていましたが、こちらはてっきりゆうパックを使って(都合により日時指定してもらいたかったので)発送してもらうつもりで落札しました。
落札後来たメールには「保障も追跡も日時指定もできないものでの発送」とあり「保障と追跡をつけたいなら送料2200円払ってください」とのことでした。
さらに「紹介欄にあるようにキャンセルはどんな事情でも受け付けません」とも記載されていました。
こちらが落札した時点ではそのようなことは一切記載されていませんでした。
これは話が違うぞ、と思いそのまま振り込まず放置していたところ「顧問弁護士と相談して契約不履行で小額訴訟に踏み切ります」とメールがきました。
こういう場合キャンセルはできないのでしょうか?
また訴訟で賠償金を払わなくてはいけないのでしょうか??
法律には詳しくないのでとても心配です。
対処法等詳しく教えていただけないでしょうか?
どうかよろしくおねがいします。

先日、某有名オークションサイトで商品を3600円で落札しました。その商品ページには発送方法の「ゆうパック、普通郵便、宅急便」とあり送料は1000円と固定でした。海外からの発送と書かれていましたが、こちらはてっきりゆうパックを使って(都合により日時指定してもらいたかったので)発送してもらうつもりで落札しました。
落札後来たメールには「保障も追跡も日時指定もできないものでの発送」とあり「保障と追跡をつけたいなら送料2200円払ってください」とのことでした。
さらに「紹介欄にあるようにキャン...続きを読む

Aベストアンサー

貴方はもしも、落札時に送料2200円だったら、落札しなかったですか?もしそうなら、民法95条の錯誤無効により取り消す事ができるかもしれません

民法第95条(錯誤無効)意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。

錯誤とは勘違いの事です。法律行為とは契約の事、今回の場合は、落札した事に該当すると思います。つまり、その事実(追跡可能な送料は2200円だった、取り消しはできないなど)を落札前に知っていたのならば落札(契約)しなかったという場合は契約の無効を主張できるかもしれません。ただし、だれが見ても気がつく場所にそれが書いてあったなど、単に貴方が見落としたといった場合は主張できません。

また、出品者が事業者の場合は、消費者契約法第4条1項1号不実の告知等により契約の無効を主張できる可能性があります。

とはいえ、わずか3600円程度の金銭問題で弁護士つけて少額訴訟まで起こすとは思えませんが・・・

Q法律用語と日本語語源の文化的宗教的背景

1、日本語において、日常使っている言葉において、例えば「往生した。」という時の往生は、仏教から、「俺の面子に関わる問題」と言う時の面子は儒教から来ていると思うのですが、又「禊になる選挙」と言う時の禊は、神道からきていると、「三位一体改革」という時の「三位一体」はキリスト教から、それに法律用語は殆んど、明治以降の欧米語からの意訳、翻訳だと思っているのですが、これらの語源を説明してくれていたり、分類、範疇分けしてくれているような本、辞書など、ご存知であれば、教えて頂ければ大変ありがたいのですが。
2、又、法律用語で、明治以前から使われていた言葉が、法律用語としてあれば、おっ知らせ頂ければ大変ありがたいのですが。

Aベストアンサー

「翻訳語としての日本の法律用語――原語の背景と欧州的人間観の探究――」
という本が面白かったですよ。

参考URL:http://www2.chuo-u.ac.jp/up/isbn/ISBN4-8057-0717-8.htm

Q受託契約解除による先方からの訴訟について

法律にお詳しい方に下記問題について、どの様な顛末が予想されるかご助言いただきたいです。
ご助言の程、何卒よろしくお願いいたします。

>>>>>
当方、個人事業主でWEB制作業を営んでおり、今回個人のお客様より、
WEBのシステム開発を受託しました。
契約書を交わしたもののお互い法律的な知識が乏しく、
あらゆる事態が想定されていない簡易的な内容です。

契約書にある仕様は非常に曖昧で、
こちらが進捗で提出する内容物に対し、
仕様には無い(というか曖昧すぎて、どの様な解釈も出来る)、
要求を頻発される状態に、納品物の形が見えない為、
作りようが無いのと、仕様ともない設定された納期・金額等も
根拠がなく、仕事は続けられないと申し出ました。

また契約書にある仕様の解釈が違う以上、金額・納期その他諸条件
にも根拠が無く、契約としてなりたっていないと主張させていただ
きました。

その後、納品物の仕様を明確にする為に、お互い解釈の相違が無い所
まで、仕様をつめ、確定した仕様に基づいて、再度金額・納期・
支払い条件を協議したいと申し出ました※。
※契約書には仕様に変更追加がある場合は納期・金額・支払い条件に
ついて協議の上、調整する事とすると明記あり。

この申し出を数回にわたり明確に拒否され、
とりあえず始めの納期以内に作らなければ、損害賠償を請求すると
言われ、私は弁護士さんに相談し、いただいたアドバイスを元に、
先方に対し、「上記、先方の帰責事由に基づく、契約解除を
通知いたします」と連絡いたしました。

ちなみにこの案件は80万円の規模で、
現在契約から現在1ヶ月と10日程度です。
先方からは何かしらの金銭をすでにいただいている訳ではありません。
当方は、制作に協力いただいた外注先にすでに代金を支払っています。

先方は訴えると言っておりますが、この場合、
どの様な訴えをしてくるのでしょうか?
違約金でしょうか?損害賠償でしょうか?

客観的に本件はどの様な展開になっていくと考えられますでしょうか?
当方としては、クレーマーに近い先方とこれ以上、法的に争うなどの面倒をかけてまで作業分を徴収するよりは、契約解除でもう一切のやりとりをしないのがベストです。
ただ相手が訴えた以上は、法的に対応する事にはなると思いますが。

これまで、当人通しで代替案などの選択肢を提示しあってましたが、
あまりに無謀な要求が多く、調停や裁判になっても和解などの道は
無いのではと考えています。

どなたか、今後の処し方についてご助言いただきますようお願いいたします。

法律にお詳しい方に下記問題について、どの様な顛末が予想されるかご助言いただきたいです。
ご助言の程、何卒よろしくお願いいたします。

>>>>>
当方、個人事業主でWEB制作業を営んでおり、今回個人のお客様より、
WEBのシステム開発を受託しました。
契約書を交わしたもののお互い法律的な知識が乏しく、
あらゆる事態が想定されていない簡易的な内容です。

契約書にある仕様は非常に曖昧で、
こちらが進捗で提出する内容物に対し、
仕様には無い(というか曖昧すぎて、どの様な解釈も出来る...続きを読む

Aベストアンサー

結果はどうなるかわかりませんが、当面は、
あなたが、「相手の帰責事由」とする根拠を書類として整理しておく
ことです。

具体的な打ち合わせ日時、打ち合わせ内容、あなたからの提案内容と
相手の主張 など 議事録的なもの

仕様が確定できなかった根拠(技術的側面や費用的側面)

相手が無謀であるという主張の具体的根拠(ただし、素人であると
いう前提が必要)

Q法律用語について教えてください

こんにちは。

法律に関してとても無知なものです。
そんな中、適切な法律用語を知りたくて投稿します。

例えば、ある被害を被って、相手方を訴えようとします。
しかし、たとえ訴訟で勝ったとしても、
自分が被る利益というものが、微々たるもの、
又は、ないと言うことを想定し、
または、適正な法律が存在するわけもないであろうから、
自らその訴訟を取り下げる、という場合、
法律用語を用いて一言で言うことはできないでしょうか。

なんかよくわからない文章ですが、
お答えいただける方いらっしゃいませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「提訴断念」ですかね~...(-_-;)

ちなみに、民訴133条「訴えの提起」です。

Q履行遅延と履行遅滞の違い

契約書の作成にあたって、契約相手先が契約内容の履行について遅れがでる場合に、その損害補償金の支払いについて契約書に明記する場合、契約書に記載する文言としては履行遅延と表記するべきなのか、履行遅滞とするべきなのか、はたまたどちらでもかまわないのか、アドバイスいただけれると幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

契約書は両者の合意事項を書面にし、後日争いが起きた時のための
証拠や判断基準とするものです。

よって両者間において内容が分かりさえすればいいかとは思いますが
法律用語で一般的に使われるのは「履行遅滞」です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報