最新閲覧日:

もうすぐ春。春といえば桜。お花見の季節ですね。
桜についての質問なんですが、主に最近は川岸に咲いてますよね。何故川岸に1列で並んでいるんでしょうか?何故だかわかる人いたら教えて下さい!

A 回答 (4件)

樹木による堤防の補強は、中国においては古くから治水事業のひとつとして採用されてきました。

現在でも黄河を中心として、広く植樹がすすめられているようです。
これに対して、日本では堤防上の植樹は、樹木が風に吹かれると逆に根が動き堤防を脆弱化させるということで、あまり行われていません。
下のhiro1001さんのおっしゃる通り、桜は堤防を痛めないからこそ、植えられているのです。(下の参考ページをどうぞ)

桜が植えられるのは、昔から現在まで、やはり住民の要望によるところが大きいようです。(川べりを桜を愛でながら歩きたいーというのはやはり古くから私達日本人の中にあるDNAのせい・・・?説明になっていないかな?)
ちょっと前だと、戦地からの兵士の無事帰還を祝って植えられたりし、現在では卒業を祝ってとか、何かの記念事業の一環として植樹されるといったケースが多いように見受けられます。
公園の奥にかたまって植えられているより、確かに川べりにあったほうが多くの人の目にその美しさがアピールできますよね。

参考URL:http://www.ara.or.jp/arage/NEWS/nendo_report11/s …
    • good
    • 0

なぜ一列に桜が咲いているかと言う質問に対しては、それが植えられたものであるからとしか言いようが無いですが、一寸深いコメントもあったので、補足しておきます。


桜は、バラ科の植物でその主な根は、大体地表より30から50センチのところに有ります。
そのため、堤防を傷めないということがあります。
万が一根が堤防の肝心な部分まで届くと言うようなことがあればこれは一大事です。
堤防の破壊につながりかねません。
しかし、桜の場合はその心配が無いのです。
ですから、どの地方でも桜が植えられているのです。
こんなものでよろしいでしょうか。
    • good
    • 0

昔から桜の木には毒を消す作用があると信じられており、特に玉川上水などの飲用水道に沿って桜の木が植えられました。

それが時代とともに桜並木と川の風情がお花見にちょうど良いので、川に沿って桜の木が植えられるようになったのです。
    • good
    • 0

昔、土手に桜を植えることによって花見に来て土が踏み固められ、土手が強くなるので、昔の為政者が人為的にそこに植えたのです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。もうそろそろお花見の季節ですね。雪の中の桜が今日は綺麗でしたよ。

お礼日時:2001/03/31 21:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報