海底深層水には、比重の高い重水素水(D2O)が含まれており、美容(肌アレ)や健康によい(体力の回復?)と聞きました。
でも、実際の処それは本当ですか?ちゃんとした研究があるのですか?
アメリカでは重水を使った、健康水が販売されているそうですが、本物ですか?
その、商品を頂いたのですが、それが本当に良いのか心配です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あんまり自信がありませんが…



>アメリカでは重水を使った、健康水が販売されているそうですが、本物ですか?

生体内に高濃度の重水を取り込むと健康が損なわれたり、
重水では植物の種が発芽しなかった、というお話を聞いたことが
あります。
    • good
    • 0

多少の理科の知識のあるものです。


個人的にはその種の「健康・美容」製品に懐疑的です。もちろん効果を完全に否定するものではありませんし、信じて使うことで効果が現れるのならその人にとっては価値ある製品ということになります。

重水はそのへんの水にもわずかですが含まれています(0.2%くらい)。海底深層水でその割合が多少高くなっていることは否定できませんが、それにしても10%や20%も入っているわけではないです。
重水自体は生体にはむしろ悪い作用を及ぼすと考えられています。重水の割合の高い水では植物は発芽せず、魚などは生きられないそうです(岩波、理化学辞典)。
ただし、海底深層水くらいの濃度なら飲んでも特段の問題はないでしょう(私も飲んだことがあります)。

その手の美容・健康製品はよく「マイナスイオン」や「弱アルカリ性」「微量必須元素」といった科学的(?)用語を宣伝使っていますが、ちりばめてあればあるほど私は懐疑的になるのです。

すみません、以上ひねくれ者の独り言でした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重水を用いたCannizzaro反応?

この前、ベンズアルデヒドを用いたCannizzaro反応の実験を行いました。
レポートの課題として、重水を用いてCannizzaro反応を行った場合の生成物を示せ。というものが出ました。
しかし、どこで重水を使うのかが分かりません。重水がCannizzaro反応を起こすはずがないですよね?それとも最初の塩基が重水ということでしょうか?または安息香酸のイオンを安息香酸に戻す際に用いる酸をD3O+にするということなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

PhCHO + NaOH + D2O → PhCOONa + PhCH2OD
生成するPhCH2ODのCH2にDが含まれないことから、溶媒から来た物ではなく、ヒドリドシフトであるとの反応機構の証明。

Q疲れやすい・体力増強、にいいもの教えて。

二児の母です!とにかく疲れちゃってます。なんだか疲れてるといい子育てって出来ないな。って最近特に感じています^^;
体力をつけて、元気で、あまりイライラしないお母さんになりたいのですが、なかなか。・・・
運動は家にほとんどいるので、なかなか出来ません。ホントは散歩とかウォーキングとかが趣味なんですが・・

そこで手軽に疲れやすい体質が改善できたり体力が増す方法、ものなどご存知でしたら教えてください。
家に養命酒がありますが、どうも苦手で飲めません・・・

Aベストアンサー

食品なら、疲労回復に効果的なビタミンB群の豊富な豚肉、あるいは鉄分が豊富なマグロの赤身やレバーのほか、豆類(納豆、豆腐)、粘りのある野菜(オクラ、モロヘイヤ、山芋)、香りの強い野菜(ネギ、ニラ、ニンニク)などをしっかり摂りましょう。

イカやタコ、貝類には、タウリンが豊富で血圧の降下や肝臓の疲労回復に効きます。
代謝に重要な役割を果たすミネラルは、海藻類(のり、メカブ、ワカメ)から主に補給します。

具体的な献立としては、餃子、ニラレバ炒め、マグロの山かけ、イカ納豆、アサリとネギの酒蒸し、ワカメと豆腐の味噌汁などが考えられます。酢の物なども積極的に摂りましょう。

無論、3食バランスよく腹八分目にするのは基本です。
それでも疲労が抜けないなら、サプリメントの使用も考えてください。

なお、普段、特に運動ができないなら、背筋を伸ばしきびきび動くのに加えて、気が付いたときでいいので、深い腹式呼吸をしてください。これだけでも体力の低下はある程度食い止められます。

あとは、子どもを誰かにあずけて1~2日のんびりすることも考えてください。また、時間ができたら、可能な範囲でこまめに運動することも心がけましょう。

食品なら、疲労回復に効果的なビタミンB群の豊富な豚肉、あるいは鉄分が豊富なマグロの赤身やレバーのほか、豆類(納豆、豆腐)、粘りのある野菜(オクラ、モロヘイヤ、山芋)、香りの強い野菜(ネギ、ニラ、ニンニク)などをしっかり摂りましょう。

イカやタコ、貝類には、タウリンが豊富で血圧の降下や肝臓の疲労回復に効きます。
代謝に重要な役割を果たすミネラルは、海藻類(のり、メカブ、ワカメ)から主に補給します。

具体的な献立としては、餃子、ニラレバ炒め、マグロの山かけ、イカ納豆、アサリ...続きを読む

Q重水保存

重水の保存法についてお聞きします。
重水は、冷暗所保存とパッケージには書いてるのですが、吸水性もあったり、H,D交換が起こったりして、軽水に戻っていってしまうと思うのですが、どのように保存すれば一番長持ちするのでしょうか?

Aベストアンサー

買った時栓付きの容器ではないでしょうか?その栓をしっかりしめておけば通常はそんなに簡単にHと置き換わらないと思います。
仮に300Lの冷蔵庫で278K(5℃)の水蒸気で飽和だったとして、飽和水蒸気圧は863.2Paですから、水蒸気全部で約0.11 molです。これに対して重水100 gなら5 molで、交換も拡散が必要になりますから速やかにはいかないと思います。
本当に長期間保存するなら、オスジョイント、コックと封じ切りをつけた容器を作り、この中に入れ、真空ラインにつないで、冷却・凍結、コック開けて排気、コック閉じて融解(融解で容器を割らないようにドライヤーで外側を早く融かします)を繰り返して完全に脱気し、最後に凍らせた状態で排気しつつ封じ切れば可能です。あとはすばやく融解させます。
取り出すときはやすりで傷をつけて、ガラスの熔解した玉で割ります。
それほどの手間をかけるなら、通常は速やかに使って新しいのを買った方が良いかも知れませんね。

Q体力をつけたいです。

体力をつけたいです。
現在52歳の女性です。子供の頃から体力がなく、頭脳労働で生き延びてきました。
更年期のせいもあると思いますが、本来得意だったこともやっているとすぐに疲れてしまったり、元気がなくなったりします。やりたいことがいっぱいあるのに、気力も体力も続かなくてくやしいです。
同年齢で元気な人を見ていると、もともと体力があって疲れにくいようです。
健康づくりのために、週に2回ジムで運動していますが、1時間(筋トレ+有酸素運動)やって、ちょうどいいという感じで、その後は疲れて、家で何もする気が起こりません。
このジム通いは今後も続けるという前提で、何か他に、体力がつく、元気が出るというヒントがあったら教えていただきたいと思います。
仕事は翻訳業。たまに会社に出て、あとは家でやっていますので、比較的自由な時間を取ることができます。更年期対策としては、漢方医に薬をもらっています。

Aベストアンサー

7ヶ月前から通勤を自転車にしました。
筋力はあまり付いていないように思えるのですが、体力は上がってきたように感じます。(風邪とか引かなくなりました!)
通勤は片道10キロ程度で、一日仕事をやれるくらいの運動量です。大体25分から30分くらいです。それからすると体力は、無理をして何もやれなくなる運動を週二回やるよりは、30分くらいの運動を毎日やったほうがつくみたいです。
筋力は逆に負荷の大きい運動を集中的にやらないと付かないみたいです。通勤がないのであれば、皆さんの仰っているように、散歩とかの無理のない運動を続けるのが良いと感じます。
自転車も、寄り道などが自由にできて、途中でカフェなどに寄ったりの寄り道も楽しいですよ~。
ジョギングでも「買い物ラン」とか寄り道前提で続ける事を目的としたものが流行っているようなので、それのほうが継続できると思います。
楽しいと思えるものがみつかるといいですね。

Q重水のイオン積

重水のイオン積を求める方法を教えてください。
参考書やURL等なんでもいいです。
お願いします。

Aベストアンサー

下の追記です。

http://read.jst.go.jp/ddbs/plsql/fs0_kdi_detail_j
ではリンク切れするようなので、

http://read.jst.go.jp/ddbs/plsql/fs0_title_list_j?START_CNT=35&DDB1=KKN&DDB2=KNKYSH&DDB3=KNKYKDI&DDB4=KNKYSGN&KEY=%E9%87%8D%E6%B0%B4&KOU=RECORD&KEY=%E9%87%8D%E6%B0%B4%E7%B4%A0&KOU=RECORD&OP=NOT&KEN=20&ALL_CNT=38&SUBMIT=SENTOU&KKN_SUU=0&KNKYSH_SUU=34&KDI_SUU=4&SGN_SUU=0&OP=DUMMY
の検索結果の一番上を参照して下さい(重水溶液における水素同位体効果,赤外分光法による有機極性分子の水和に関する研究)。

Q手術に関係のある体力とは?

「体力の衰えた高齢者には手術より化学療法の方が良い」と聞くことがあります。
ここでの体力とは、筋力や持久力の事でしょうか?
あるいは治癒能力のようなものでしょうか?
鍛えられるものなら普段から鍛えて維持していきたいものです。

Aベストアンサー

高年齢化によって健康状態が下降線になっている人、疾病状態が続いていて全身状態が良くない人、此れらの人が手術をうけますと「外科的侵襲」に耐えられなくて「転帰」は「死亡」になる可能性が大きいから、手術を避けるのでありまする。

Q減速材-軽水・重水について

減速材-軽水・重水について

日本では減速材として軽水を用いていますが、軽水の水素原子は中性子と衝突するだけでなく、中性子を吸収することもあるそうです。
そこで疑問に感じたのですが、中性子を吸収した水素原子は重水素になるのでしょうか?
また同様に重水素がトリチウムになるのでしょうか?
仮に重水素やトリチウムが原子炉内で生成されているなら、冷却水中の重水素・トリチウム濃度が上がり、軽水炉は徐々に重水炉になっていくのではないでしょうか?
お詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください!

Aベストアンサー

中性子を捕獲した水素原子は2重水素、2重水素はトリチウムに変わります。
何かいい解説がないか探したのですが、サイトが見つかりませんでした。
高速中性子のうちは、水素の原子核と衝突して減速されるだけです。しかし、エネルギーを失うと、捕獲される確率が上がります。中性子と、水素の原子核である陽子は共鳴状態になるため、このような捕獲が起きやすいのですが、2重水素の原子核との間にはそのような共鳴がないので、起きにくいのです。
定量的なデータは持ってませんが、減速剤に使われる水の総量に比べ、捕獲される中性子の数は
わずかでしょうから、軽水炉を運転している間に軽水からできる重水はごくわずかでしょう。そんな簡単に貴重な重水素が大量に作れたら好都合ですが。

Q専門科それとも人間ドック?

以前から人間ドックを受けたいと思っていましたが
最近、橋本病らしき症状が出ていますので
甲状腺専門の病院に受診すべきか迷ってます。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

まずはその病気の疑いに対しての治療診察をすると。
その後でその状態に目処と言うか、原因も含めてある程度受け止められた後で、改めて全体を調べるドックに進んだ方が良いんじゃない?

Q重水に塩化水素を溶かし、蒸発させて得た塩化水素の平均分子量

^35Cl : ^37Cl = 3 : 1 のCl2と、^1Hのみを含む水素と、を反応させて出来たHCl(以下ではAと表記) 0.400mol を^2H (以下ではDと表記)のみを含む重水2molに溶かし、これを十分な時間放置した後、蒸発させて得られた塩化水素Bの平均分子量を求めよ。

という問で、重水中ではD^+ 2molとDO^- 2molに電離してるから、^35Cl、^37Cl、^1H、^2H (それぞれ、0.3、0.1、0.4、2.0mol)を組み合せて、分子量が36、37、38、39のHClが3 : 15 : 1 : 5作られる、と考えたのですが、
解答では^2Hが4.0molで組み合わせています。
なぜ4.0molなのですか?
Cl^-がDH^-からD^+を奪うのですか?だとしたらその仕組みを教えて欲しいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「十分な時間放置」してるから, もともと重水 D2O だけだったとしてもそのうち DHO とか H2O とかができるよね.

で, あたりまえだけど DHO の電離平衡は
H^+ + OD^- ⇔ DHO ⇔ D^+ + OH^-
だよね.

Q日本の食生活とそれの問題

日本人の食生活の現状と、それと「肥満」や「生活習慣病」などの関連性などを教えてください。
また、それを防ぐにはどうしたらいいですか?

Aベストアンサー

えっと 基本として理想の食生活は塩を減らした昔の日本食と言われております。魚と野菜・海藻・野草、雑穀が多かったためで、ビタミン・ミネラル・食物繊維・良質の脂肪酸が豊富なメニューです。欠点は塩分の多さとたんぱく質の少なさぐらい。
で、今の現状ですが欧米化が(特に外食を中心に)進んで生活習慣病は確実に増えております。

ちなみに肥満も生活習慣病に含めていいと思いますよ。文字通り生活の習慣が悪いことで起こる疾病が生活習慣病ですから「食」と「運動」とライフスタイルを原因とするものです。
「食」は栄養バランスや余計な添加物など 「運動」は不足や過剰 「ライフスタイル」は喫煙や飲酒、睡眠不足など 様々な要因があります。

食生活に関して言うと、魚と野菜を増やすべきです。今は脂肪酸のバランスが悪い人が増えてるんで、魚油を倍摂るように心がけ、野菜は昔に比べ栽培法の違いで栄養素が減っていますから極端な話3倍から5倍くらいを目標に(あくまで一般化した話)摂るのを生活スタイルにするといいんじゃないでしょうか。もちろん単純に上乗せするんじゃなくてその分肉とか減りますからバランスはよくなると思います。

少し乱暴ですが関連性の高いものを記しておきます。
野菜不足(抗酸化力不足)→がん 動脈硬化などいろいろ
脂肪過多→肥満 高脂血症 高コレステロール血症
糖質過多→糖尿病
食物繊維不足→便秘 大腸がん
たばこ→肺がん
その他いろいろ

えっと 基本として理想の食生活は塩を減らした昔の日本食と言われております。魚と野菜・海藻・野草、雑穀が多かったためで、ビタミン・ミネラル・食物繊維・良質の脂肪酸が豊富なメニューです。欠点は塩分の多さとたんぱく質の少なさぐらい。
で、今の現状ですが欧米化が(特に外食を中心に)進んで生活習慣病は確実に増えております。

ちなみに肥満も生活習慣病に含めていいと思いますよ。文字通り生活の習慣が悪いことで起こる疾病が生活習慣病ですから「食」と「運動」とライフスタイルを原因とするもの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報