切手代等郵便代を税込処理としてきましたが、これは間違いですか?もう長いこと私が担当する前の方からそうしていました。担当の上司もずっと同じですが、今日起票した伝票を見て切手代は非課税じゃ・・・と言ってきました。あんたは今まで何ををみてたんだ?と言いたくなりました。事務処理を外部委託するようになってからも、委託先からは何も言われないし、会計監査の際も特に指摘は無かったので疑問に思わず処理していました。
確か、消費税の制度が導入された当時、60円の切手に消費税が2円係っていたように記憶しています。一円切手なんてのがありましたが、当時と今とでは違うのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

切手やはがきについては、郵便局や切手売りさばき所における譲渡については非課税となります。



切手・はがきについては使用時(郵便物に貼付した時)に消費税がかかるのであって、郵便局等での購入時には消費税は非課税となります。

例えば、80円切手は84円で買うわけでも、逆算して76円の切手を80円で買っている訳ではありません。
ただ消費税相当額が額面に含まれているだけです。

しかしながら、経理上は、一々貼ったときに消費税を計上していたのでは、面倒なので、継続適用を前提に、購入時に課税扱いしても差し支えない旨を規定していますが、あくまでも購入時は非課税です。
(消費税基本通達11-3-7、下記サイトを参考にされて下さい)

逆に言えば、上記の場所以外、例えば金券ショップなどでは、売買時点で課税対象となります。

結論が後になりましたが、sagamitoさんの今までの処理方法で間違いはありませんので、大丈夫ですよ!

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kanse …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

よかったぁ~間違いでは無かったのですね。ホッとしました。良く分かりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/06/23 14:05

#5さんとダブリましたが、「その通り」は、対#4さんです。


#5さんに失礼になってもいけませんので書き添えておきます。
    • good
    • 1

その通りです。



切手は、郵便というサービスに対する料金を納付する目的で購入するものですから、そのサービスを受けるまでは、あくまでも「前払」的性格があるため、非課税となっています

従って、その切手を貼って郵便を出すことによって、「前払」した切手代金と引き替えに初めてサービスの提供を受けるわけです。この、サービスの提供を受けた段階で、課税取引となります。

従って、実務上は基本通達により、自分で使用する目的で購入した切手については、切手を購入した事業年度で課税取引としても良いことになっています。

チケットショップでの購入は、その切手自体がすでに「商品」として売買されるため、課税取引となります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。間違いではないことが分かって、安心しました。

お礼日時:2003/06/23 14:08

切手等の売買時(郵便局や金券ショップが売り・買いするとき)は非課税ですが、企業が買って通信費等の経費で計上するときは内税処理でよかったはずですが。

。。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/23 14:03

「原則」非課税です。



「原則」と書いたのは、郵便局や売りさばき所などの、正式に認められて場所で買った場合のみ非課税です。

従って、例えばチケットショップなどで購入した場合は、消費税の課税取引になります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/23 14:02

そうですね。


消費税の影響を受けて 値上がりしたような記憶がありますから、そのように勘違いしてたのかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/23 14:01

非課税です。


ただし、宅配便の運賃などは課税です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/23 14:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q郵便局での料金支払いに切手は使える?

NTTの窓口にて電話料金を支払う際にテレホンカードが使える、という話は聞いたことがありますが、郵便局での各種料金の支払いに切手を使うことは可能なのでしょうか?
(ゆうパックの送料に充当出来ればよい)

不要な切手がそこそこ大量にあり、もしそのように使えたら 助かるのですが…。

ゆうパックは送り状に「料金別納」となっていなければその切手を直接貼付すればよいのでしょうが…。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

切手は郵便物の郵送料にしか使えません。各種料金の支払が切手で出来ないか?とのことですが、郵便局は料金収納の代行を行ってるだけで切手で支払いができるわけありません。あなたがお店をしてて、お客さんが他店の商品券で買い物できるか?と聞かれるのと同じ質問をしてるものです。
 それからはがき等の購入にも切手は使えませんが、書損はがき等の交換手数料を切手で支払うことは可能なようです。

Q未収会費の会計処理(伝票起票)について教えてください。

非営利法人で経理を担当しはじめて数ヶ月の経理初心者です。今、決算書を出すにあたり、困っています。前年からの未収会費30万があり、17年度末に一部(3万円)入金がありました。17年予算に未収会費入金の科目(予算30万)がありましたので、銀行預金30000/未収会費入金30000で起票しましたが、未収会費損金という科目で支出の予算(30万)も入っておりました。この場合の起票の仕方はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

そうなると未収会費入金は
又、戻されてしまいますね。
どうしても、複式簿記で考えると無理が出てくるようです。

一旦、会費で受けて
銀行預金  /  会費
この会費は未収分ですよと言うことで、
未収会費入金  /  未収会費損金
とすれば、未収分は減額されますが、
今年度の会費に前年度の分がプラスされることになります。

予算を立てて、そこから減額していく方法は単式簿記です。
単年度で考えるべきところは単年度で考え、
次年度の予算を立てる時に、
調整して行くようにしましょう。

参考URL:http://www.boki.hajimete.tv/be/be05.html

Q郵便局で切手の代わりに貼る赤い紙 あれ何

普段は地元の郵便局に行って、書き留めやら速達やら
その場で「これを送りたいんですが…」なんていうと
料金を教えてくれてその分の切手代を払い、買った切手を
ベタベタと郵便物に貼って(800円分とかだったら6枚
ぐらい張ることになります)たのですが
ついこの間、(郵便局の)本局に行って同じように
「これ速達でお願いします」と封書を渡したら
「600円になります」と言われ600円を払い
また切手を貼るかなと思いきや、係りの人が機械に何か入力すると
一箇所600円と書かれた一枚と切手より少し大きなぐらいの
白紙をベースに赤のインクで印刷された切手まがいなもの
が出てきて、それをペタッと貼って終わりでした。
同じお金なのに切手を何枚も貼るよりこっちのほうが
断然見栄えがよかったんです。
で、地元の郵便局でも同じやり方でやってもらおうと
思ったのですが何ていうものかわからなくて…。
というかあれは本局ならではの技だったのでしょうか?

誰か教えてください!(><;)
その前にこの汚い日本語を理解していただきたい;

Aベストアンサー

郵便証紙じゃないでしょうか。

大きい郵便局だと、不在窓口やATMがある、夜も開いている入口あたりに、お客が自分で操作する郵便証紙の機械が置いてあることもあります。
はかりに郵便物を載せて、速達にする?とかを選び、お金を入れるとその赤い文字の紙が出てきます。

特に特殊なものではないので、ないか聞いてみてもいいのではないかと思います。
しかし窓口でも、切手を売るより証紙を作ったほうが楽でしょうから、切手が出てくると言うことは証紙を作る機械が窓口にもないかもしれません。

お客操作用は「証紙君」という名前がついているようです。
下記URL写真の機械は窓口用と思いますが、御参考までに・・。

参考URL:http://www.japanpost.jp/Procurement/spec/Products/Products01/Products01-04-j.html

Q消費税・簡易課税・税込経理

会計ソフトを使っており、税込経理でしていますが、

仮に売上105万(税込)として、消費税申告書(簡易課税)の

課税標準額は100万と会計ソフトではなっていました。

そこから税額計算して特に問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

 税抜きの経理処理をしていても、消費税の課税標準額の計算をする際には、いったん税込みの売上げを計算(売上げに仮受消費税をたす。)した上で、105分の100をかけます。
 ご質問のように税込み105万とした場合でも、課税標準額は100万円で正解です。
 ただし、輸出取引のように消費税が免税の売上げの場合は、105分の100はしません。
 なお、これは、簡易課税の場合も、一般課税の場合も同じです。

 参考URL のP6「4 確定申告の流れ」の申告書(1)のSTEP2を参考にしてください。

参考URL:http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shohi/06_pdf/12.pdf

Q郵便局での切手交換について

超大量の切手があります。諸事情でどうしてもこれらすべて現金化しなくてはいけません。
切手の種類がばらばらで(1円~1000円切手)金券ショップでも額面の半額くらいと言われました。
ショップの店員さんから郵便局で全部80円切手のシートに変えたほうが
買取率がいいと言われました。

ここで質問ですが、郵便局の窓口で一度に額面100万円以上の切手交換は嫌がられますよね?
色んな郵便局で3万円ずつくらいなら大丈夫でしょうか?

ちなみにこの切手はDMを出す予定で購入した切手ですが
このたび廃業するため、従業員さんたちへの給料に当てたいのです。

Aベストアンサー

100万円分でも嫌がりません。
それより、手数料がかかるため損しますよ。
切手の場合は1枚につき5円です。

http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/charge.html

Q青色申告・消費税還付のため 税込経理VS税抜経理

輸出取引の個人事業をしています。
青色申告で納税しています。

輸出取引の場合は、「消費税納税者」を選択すれば、消費税の還付を受けられることを知りました。21年度から、還付を受けようと思います。

そこで今までは、「免税事業者」として消費税は無視して帳簿をつけていましたが(会計ソフトを利用)、21年度からは会計ソフトの扱いを消費税の還付に対応できるもの変えなければなりません。

消費税の還付を受けるためには、まず、「原則課税(本則課税)」を選択しなければならないことは分かりました。
次に、「税込経理方式」または「税抜経理方式」のいずれかを選択しなければならないと理解しています。

そこでお尋ねしたいのですが、「税込経理方式」と「税抜経理方式」は、どちらの方がよろしいでしょうか?

アドバイスをどうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>次に、「税込経理方式」または「税抜経理方式」のいずれかを選択しなければならないと…

どちらでもかまいません。
お好きなようにどうぞ。

税込経理のほうが事務量としては少ないですけど、取引に課税と免税 (非課税なども) が多く混在しているなら、区分に神経を使うかもしれません。

>そこで今までは、「免税事業者」として消費税は無視して帳簿をつけていましたが…

消費税は無視していたのではなく、税込経理をしていたということですね。
いままでどおり税込経理を続けるほうが、消費税ばかりでなく所得税の計算などでも一貫性を保つことができ、過年分との利益比較などもやり安いでしょう。

>21年度から、還付を受けようと思います…

一般に「年度」というと 4月から翌年 3月を言います。
個人の確定申告書などにある言葉は、「平成△年分」です。
課税事業者選択届けの提出期限は、3月でなく 12月ですからお間違いのないように。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6629.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>次に、「税込経理方式」または「税抜経理方式」のいずれかを選択しなければならないと…

どちらでもかまいません。
お好きなようにどうぞ。

税込経理のほうが事務量としては少ないですけど、取引に課税と免税 (非課税なども) が多く混在しているなら、区分に神経を使うかもしれません。

>そこで今までは、「免税事業者」として消費税は無視して帳簿をつけていましたが…

消費税は無視していたのではなく、税込経理をしていたということですね。
いままでどおり税込経理を続けるほうが、消費税ばか...続きを読む

Q切手シールは郵便局ならどこでも購入できますか?

日本郵便のHPでディズニーの切手シールを見つけました。
↓↓↓この切手が欲しいです。
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2013/h250808_t.html

発効日が2013(平成25)年8月8日(木)とあるので、今は買えないのは
分かったんですが、8月8日になったらどこの郵便局でも(小さな郵便局含む)
購入出来ますか?

大きめな郵便局には行くつもりですが、行って無かったというのを避けたいので
どれ位大きな郵便局に行けばいいかなどあったら教えてください。

Aベストアンサー

欲しかったら郵便局へ行くなり電話で仕入れてもらって
とっておいてもらえば確実です

Q消費税95%ルール撤廃後の 消費税処理について

平成24年度の消費税に関しての質問です。


消費税95%ルール撤廃前は、消費税を全額控除できていたため
月次決算に単純に下記仕訳を行っていました。

仮受消費税XXX   仮払消費税XXX
             未払消費税XXX

そして、実際の確定申告時に
未払消費税を取り崩して支払を
行っていましたが、今後全額控除ができなくなるため
月次の時点で5万ぐらいの控除できない、消費税が
発生しています。

この場合月次時点で雑損を認識しなければなら
ないのでしょうか?勘定は雑損でよいのでしょうか?
具体的な処理が記載されてある
ページがあれば教えて頂けないでしょうか?

当社では、一括比例配分方式を選択しています。


仮受消費税XXX   仮払消費税XXX
雑損   XXX   未払消費税XXX

Aベストアンサー

月次決算の精度をどこまで要求するかにかかってるけど、今まで勤務してきた会社
の場合は消費税差額の損益は決算時点だけで良かったです。
ただ制度が変わり金額的重要性が出てくるなら、検討の余地ありかもしれません。

表示も上場会社なのに雑損を使う会社や租税公課を使う会社があります。
金額的に重要で無いので監査上の争点にならないケースが殆どですが
金額的重要性が生じてくると租税公課として処理するのが適正なのではないかと
個人的には思います。

日本公認会計士協会(消費税の会計処理に関するプロジェクトチーム)が公表した
「消費税の会計処理について(中間報告、平成元年)」では租税公課処理
って書いてるからね。

Q郵便局でゆうパックを出すとき低額切手を17枚渡したら嫌な顔をされましたが・・

1000円のゆうパックを出すとき、60円切手16枚と40円切手1枚を手渡しました。局員は貼る場所がないとか言って1000円切手をわざわざ貼っていました。
料金別納の消印をゆうパックに一つ押して差し出した切手にも全部消印を押せばいいのではないですか。
家族でやっているような簡易郵便局での出来事です。

Aベストアンサー

それは局員の心得違いでしょう。
春場所がなければその旨を記載しておけば裏に貼ってもいいはずですし、言われるとおり別納扱いでもいいわけですから。

Q中間決算での「仮受消費税」「仮払消費税」の仕訳処理

私の会社は期首が11月初めで期末が10月末なのですが、
「今年から中間決算を始める」とのことで今中間決算処理に追われています。

経理は初心者の私一人で過去の前任の方が作成したデータを参照しながら何とか日々の経理業務をこなしているのですが、この前見つけた仕訳が理解できなくて困っています。

その仕訳がこれです。

仮受消費税 15141666仮払消費税 15241414
雑損失    99748
仮受消費税 5178700未払消費税 5178700

「仮受消費税」のうち、(1)「未払消費税」に振替えられる部分と(2)「仮払消費税」と相殺される部分に分解されていますがこの仕訳は何を意味しているのでしょうか。
また「雑損失」はどういう意味の「雑損失」なのでしょうか。

前任の方は私が入社するのと交代で辞めてしまわれたので
詳細をご存知の方が周りにいません。

わかる方いらっしゃいましたらお教えください。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

どないな目的で中間決算をするんかね?

中間申告目的とか株主向けとかなら、原則として期末と同様の処理をする必要があるで。他方、社内向けなら、会社で自由に決めてええ。

その仕訳は、消費税の申告書をつくって、それに基づき仕訳をしたものやろな。仮受消費税と仮払消費税は期中に積み上げておくものやんか。リクツではその差額を税務署に納めることになるけど、実際に納める金額(申告書の金額)はこれとピタリ一致するものではないんよ。せやから「仮」。

未払消費税は実際に納める金額やんか。雑損失は、仮受消費税と仮払消費税との差額と、実際に納める金額とのズレ。

今回の中間決算が中間申告目的とかなら、原則として同様の処理をする必要があるで。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報