旅先で恋に落ちたくなる?思わぬ運命の恋に巡り合う映画

ヤマダ電機さんが美容商材を販売し始めるに至った戦略なりマーケティングはどういったものだったのでしょう?
新宿の新店では美容商材も扱うとの事。
なぜわざわざ美容商材に乗り出したのか、憶測でもいいので皆さんのご意見頂戴できればと思います。
やはり女性を取り込むためのフック商品と言う事なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

新宿には家電量販店が乱立していて、何か特徴を出そうとしたのだと思います。


他の量販店ではやっていないこと=器具だけでなく付随する美容関係に力を入れる、のではないかなぁ・・・と今朝のニュースで思いました。
たしかに、他の量販店では、シャンプーや化粧品を扱っているところは見たことがないです。
また、立地として、新宿店はドンキホーテのすぐ近くです。
ドンキホーテとも戦わなくてはならないので、総合ディスカウントストアのようなポジションを狙っているのではないでしょうか。
ただ、どの程度安いのかがわからないので、女性(特に若い女性。ドンキを利用しそうな女性層)がどの程度利用するかは未知数だと考えています。
    • good
    • 0

ヤマダ電機さんの戦略~マーケティングは馬鹿にできないですね。

ふつうは「手を広げすぎると失敗する」が常識ですが、今のところ集客は断突で、大成功しているように見えます。美容商材を扱うというのも、ヤマダさんがやるのなら精緻なマーケティングの結果に見えます。集客増が見込めるという読みに基づいた展開なのでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング