痔になりやすい生活習慣とは?

「英語圏&仏語圏、互いにどう思っているのか」について…

こちらへの投稿が適切でなかったら申し訳ありません。

現在カナダ・ケベックに留学している学生です。
大学でフランス文学を専攻し、ケベックという仏語圏に興味をもって留学先に選びました。
こちらで生活し、ケベック人はもちろん他の様々な仏語圏の国出身の友人とも交流するうちに、
彼らは、英語圏の人をどうみているんだろう?そして英語圏の人は仏語圏の人をどうみているんだろう?という事に興味を持つようになりました。
上手く言えませんが…私にとっては同じ「外国」でも、この2つの地域は考え方や価値観が全く違うんだなと気付いたのです。

日本では、外国と言えばまずアメリカ、外国語=英語を連想する人が多いと思います。
「英語が話せる=かっこいい」、「フランス語=おしゃれ」といったイメージも強いですし、アジア・アフリカにはあまり興味がなく、いわゆる「欧米」が大好きな日本人も少なくありません。
しかし、仏語圏の人々は、アメリカに対し日本人のような一種の崇拝、憧れの念を抱いている人はあまりいない気がします。

イラク戦争の時にアメリカにはっきり「NO」といったフランスや、
アメリカの強大さを肌で感じているアフリカにとって、英米を中心とした英語圏はどう映るのでしょうか?
また、私は英語が少ししか話せ&読めませんが、「英語で書かれた歴史書などは、英米に多少なりとも影響を受けたものが多い」というのは本当でしょうか。
英語圏とフランス語圏の価値観の違いというのはどういったものなのでしょうか。

勉強し始めたばかりで全く無知ですが…こういったトピックに詳しい方、同じような考えを持っていらっしゃる方、どんな切り口からでもかまいませんので教えて下さい。
たくさん学んで視野をぐんと拡げたいと思っています。

乱文失礼いたしました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ケベックに親戚がいる関係で、何人かのケベコワとお酒を飲みながらざっくばらんな話をしたことがあります。


10年くらい前の話なので、今は変わっているのかもしれませんが、少なくとも当時は「英語が流暢な奴はインテリ」でした。日常会話が完全にフランス語のため、我々と一緒で、英語は学校で習うものなんだそうです。90いくつの婆さんが日本人と英語で会話している、Sophisticated!すげえ!みたいな。(他の人も含めコミュニケーションはお互いグダグダな英語でしたが、グダグダ加減が似たようなものだったので、かえってお互い気を遣わなかったかもしれません)

そういう点も含めて、私の目から見た感想ですが、アメリカ、特にニューヨークあたりの大都会を見る彼らのまなざしは、地方から東京を見るようなものかと感じた記憶があります。(実際、物理的な距離もそんなもんだったかと)
「東京すげえ、でも東京怖い」みたいな、羨望、憧憬、畏怖、嫉妬、夢、そんなものが複雑に入り混じったような、です。
一方で、アメリカ「人」に対しては、正直小バカにしているような印象を持ちました。
当地にもアメリカから大勢の観光客がやってくるのですが、彼らに対しては「どこ行っても英語が通じると思うなよ」的な、言葉を選ばずいえば「単細胞のカウボーイがやってきた」的な、「ゴチャゴチャ抜かすと電気卸さねえぞ」みたいな、何と言うか、やっぱり小バカにしている感じです。
アメリカが絡むニュースに対しても同様で、どこか冷ややかで、隣同士だけど一緒にしてほしくないみたいな、そういう敬して遠ざける意識です。京都の人が東京のスケールの大きさに圧倒されつつ、関東から来た観光客は小バカにし、一方で大阪と一緒にはしてほしくないと思う気持ち、かもしれません。
あくまで10年前に見聞きした個人的な感想に過ぎませんが、何かの参考になれば。
    • good
    • 0

 英語には、フランス語から流入した単語( 借用語 )が多いです。


流入がとくに多かった13世紀ごろに入った借用語は captain など
フランス語起源であるとは認識されていない単語も多いです。

 時代が下って17~18世紀では、フランス語が欧州の共通言語でした。
英語がのしてきたのはイギリスの産業革命後、そして米国が世界一の
大国になってからです。それでもまだ、ショーファー(運転手)とか
アピタイザーといった借用語は普通に使われています。

 このように英語自体がフランス語の影響を強く受けています。そして
現代でも英米側にはフランス的なものへの憧れがあり、ビートルズが
『ミッシェル』でフランス語の歌詞を歌っているのもその一環です。

 また米国では、カフェなどでフランス語を話していると、「 私もフラ
ンス語が話せます 」と会話に入ってくる米国人が少なくありません。
外国人同士での英語の会話に入りたがる日本人と同じ構図なんですよ。

 いっぽうで第二次世界大戦後のフランスは、インドシナやアフリカの
植民地を失い、社会主義的な経済政策で国の活力も失い、英米に差を
付けられました。これは政治面でもそうで、EUではフランス語も公用
語のひとつなのに、フランス語の公式文書は年々減る一方です。

 また、国際政治・経済における主導権が米国に移ったことから、
英語の影響力は大きくなっています。だから文化を守りたいフランス
のほうは、IT関連用語などで英語流入に抵抗しています。たとえば
(電子)メールをクーリエと言い換えるといったものですね。

 また、米国文化への憧れもけっこうありますよ。音楽と映画では
米国発のものが受け入れられていますし、ファッションでもGAPが
フランスに40店舗を展開するなど、若者には米国への憧れがあります。

 お互いの思いですが、英→仏は「 伝統に憧れる、おしゃれ、政治・経
済面では少し見下し気味 」ですね。いっぽうの仏→英は「 新参者、拝金者、
成功者(ちょっと羨ましい) 」であり、対抗心はかなり強いです。

 大雑把にたとえると、フランスは京都で、英米は東京です。伝統文化
に関しては京都の素晴らしさは否定できませんが、現代の文化で言えば
東京のほうが豊かでしょう。経済面は比べるべくもありません。

> イラク戦争の時にアメリカにはっきり「NO」といったフランス

 これは、それ以前からの経緯も関係しています。フランスは西側陣営
でありながら、外交については独自路線を貫き、1966年にはNATOから
脱退しています( 昨年復帰したのは記憶に新しい )。

 だからイラク戦争の開戦時には、集団的自衛権を理由に出兵する
必要もなかったし、そもそもフランスはイランのホメイニ氏が亡命
していた国です。この手のバランス外交には長けているのです。

 最近でもロシアに軍艦を売却したり、中国に大量の武器を輸出する
といった動きを見せています。これは米国への対抗心というよりは、
独自のポジションをもつことで外交を有利に進める方策でしょうね。
賢いともいえるし、狡猾と評する人もいることでしょう。
    • good
    • 0

No.1です。


すみません、1つ書き忘れました。

>「英語で書かれた歴史書などは、英米に多少なりとも影響を受けたものが多い」というのは本当でしょうか。

それは、たとえば著者がアメリカ人ならアメリカ人的な見方になるでしょう。
日本人が書いたら多かれ少なかれ日本の視点が入りますよね?
「フランス人がフランスを中心に書いたものの英訳」ならば、フランスの見方で書かれているでしょう。
もちろん国だけでひとくくりに出来ず著者ごとの個人差はありますが、傾向として。

ついでにまた書いてすみませんが、
「英語がかっこいい」とか、「カッコイイ外国語」という考え方は確かに日本に多いですが、「海外旅行」カテゴリ・「外国語」カテゴリ・「英語」カテゴリあたりに書き込んでいる人々はそう考えない人が多いと思います。
「歴史」カテゴリを覗いてみるのも面白いかもしれません。
    • good
    • 0

>しかし、仏語圏の人々は、アメリカに対し日本人のような一種の崇拝、憧れの念を抱いている人はあまりいない気がします。



カナダの場合は「フランスのフランス語と違いがある」程度しか知りませんが・・・・・。
フランス語やフランス自体が憧れを持たれる対象ですから、
日本人のような感じで憧れはしないのでしょうね。
我々はアジア人で、あちらは白人さんです。
と言うと卑屈に聞こえるかもしれませんが(笑)
まあでも、「西洋文化」の点では、日本のほうが後発でしたからね。

フランス語はかつて外交用語でしたし、英語全盛の今でも国際語の地位を保っていますよね。
また、米国は新興国で田舎者、ヨーロッパのほうが歴史があり、文化的にも優れている、という時代もありました。
フランスは特に欧州文化の中心でしたよね。

「欧米」といっても欧と米では違いがありますし、たぶん米国とカナダでも違う部分があるんじゃないでしょうか。
また「ヨーロッパ」と言っても、国により気質や習慣の違いがあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング