ご存知の方教えていただければと思います。
現在、五十肩で通院しています。
レントゲンで見たところ、肩に小さな石のようなものができていて癒着しているとのこと。
週1回、癒着を解消する注射を肩関節に打ってもらっています。(かなり痛い...)
また肩の体操も教わり、朝晩行っています。
この治療と体操を行って既に2年以上経ちます。もっと早く治ると思っていたのですが...
治療に2年以上かかることは珍しくないのでしょうか? それとも治療方法を変えた方がいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.3です。

補足ありがとうございます。


>体操は、指先を鎖骨付近に置いた状態で肩を回すという内容です。

これだけですか??
これでは正直厳しいかもしれません。医師法の関係で詳しいアドバイスは
出来ませんが、病院変えてみてもいいかもしれません。病院によっては、
専門家がマンツーマンでリハビリを行ってくれるところもあると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

指示された体操は、これだけです...
この体操だけでは治りにくいんですね... 今まで信じて体操していただけに少しショックです...

やはり病院を変えて新たな治療を受けてみようと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2010/04/20 06:46

No.3です。

補足ありがとうございます。


ちなみにどのような体操ですか?
病院ではどのような治療をしていますか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

補足ありがとうございます。

体操は、指先を鎖骨付近に置いた状態で肩を回すという内容です。(右肩ならば右手の指先を右肩の鎖骨付近に置いた状態)
これを朝晩、前後に30回くらいずつ行います。

病院では肩に注射を打っています。また肩を温めながら振動を加える機械を10分程行っています。

お礼日時:2010/04/19 06:50

通院とは整形外科ですよね??




放っておいても治ると言うのは

痛みだけが取れて関節の硬さが残っている場合
もともと軽度の五十肩だった

だと思います。痛みが強い、関節が硬いケースは積極的な治療が必要
です。どんな治療を行っているかわかりませんが、やり方が悪いのかも
しれませんね。

しっかり正しく治療を行えば、数ヶ月~一年ほどで治ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい。整形外科です。
私の場合、教えられた体操を1日サボっただけで、次の日に硬さを感じるので、関節が硬いのではないかと思います。
それにしても2年はかかりすぎかな..とも思っています。
正しい治療...と思って通院していたのですが、治療を変えてみようかな..と思っています。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/04/18 20:58

ほおっておいても一年ぐらいで自然と治るものなんですが。


ひとによって違いますが。
なまじっか変にいじってしまったゆえにこじらせてしまったのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに放っておいても自然治癒するという話はよく聞きます。
それゆえ2年もかかるのが疑問で質問してみました。
実は私も今の治療をしたが故に、長引いてしまっているのではないか...と感じていました。
治療を変えてみるか、放ってみるか... まだまだ悩みそうです..
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/04/18 20:55

私は2年近くかかりました。



治療法は、ある様で無い様な・・・
私の場合は50肩と特定するまでの時間が長かった・・のが実情ですが。

友達に治療師がいて、50肩の定義に当てはまらない・・との事で・・
50肩ではない・・との事・・
1年半ほど、腱鞘炎かもとか、使いすぎによる披露か・・などと思い、それらの対策に時間を費やしてしまいました。

とうとう、眠ると激痛が走り、眠れなくなってしまい、病院へ・・50肩との事。
シップ薬と体操を教わりましたが、両方ともすでに行っているものでした。

しかし、50肩との診断を得たので、治療は治療師(友人)に頼みました。
完治までには半年ほどかかりましたが、日々痛みは薄まって行きました。
薄皮が・・と言うくらいの早さで・・
一ヶ月ほどで、激痛も治まり・・眠れる様になりました。
痛みを感じなくなるには、先ほど書いた様に半年ほどはかかりました。

しかし、肩には3年ほどは違和感が残りました。

どの様な事でも共通して言えるかと思いますが、痛みがある時には、身体が緊張しています。
つまり固まっています。
その緊張をほぐす事が一番必要・・の様に感じます。

保険での治療では、治療時間も限られていますので、十分に身体をほぐすなどは望み薄・・の様に感じます。

私の友人は、いわゆる街の治療師ですので、保険は利きませんでした。
1時間6000円・・・
最初は毎日・・一週間後からは二日おき・・その一週間後からは三日おきに・・その一週間後からは週一にと間隔を開けては行きましたが・・
結構なお金がかかりました。

しかし、あの眠るとまもなく(15分位すると)激痛が走る辛さから解放されたのですから、安いもの・・と思っています。


参考にもならないとは思いますが・・
色々と試されると良いと思います。

お大事に。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

経験談ありがとうございます。
保険適用外だとやはり治療費が大変ですよね...
やはり治療を変えてみようかなと思い始めています。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2010/04/18 20:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいわゆる五十肩で関節腔内注射(ヒアルロン酸)しました。翌朝の入浴は可能ですか?

本日、午前11時頃
肩関節腔内注射(ヒアルロン酸)をしました

お風呂禁止
…と言われましたが

明日の朝、シャワーを浴びても良いでしょうか?

ネットで調べると
「シャワーすらダメというのは古い考え方」
「普通の注射と違い、深い部分に刺してるので細菌に注意のため風呂禁止」
と、両極の意見が有るのです

今晩は、我慢しますが
シャワーせずに、明日、出勤はこの季節は辛いです。
明日の朝なら、シャワーは大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

病院嫌いの素人のオジサンです・・・
 当日の入浴は禁止と有ります。 が
11時注射なら19時間以上の間隔があるかと思います。

明朝のシャワーですが 注射部位をこすらずに、有れば防水のパッチや防水のキズ絆創膏などを貼って下さい。
 ★ただ絶対に大丈夫と太鼓判は押せませんので、自己責任でお願いします。

Q五十肩について・・・・

もうすぐ55になる母ですが、半年以上近く、五十肩の痛みに悩まされています。 
病院で診てもらったところ、レントゲンにも異常がなかったことから、五十肩と診断され、これは仕方がないでしょう~・・・とのことでした。
母も、割り切って自然に治るのを待っているようですが、肩の痛みがひどいようで、洋服を着るのもとてもつらそうだし、夜も肩のジンジンとした痛みで、ずっと眠れない日が続いているようです。 
五十肩にも色々と個人差はあるとは思うのですが、やはりこんなに痛むものなのでしょうか。痛みには割りと強い母が毎日のように「痛い」といっているので、相当なのだと重い、見ているほうも辛いです。 
毎日のように、軽く動かすストレッチのようなものもやっているし、ホッカイロをあてて温めたりもしているのですが、一向に痛みは治まらないようです。 

五十肩に効くような何か良い方法かなにかご存知の方いらっしゃいましたら、どうかアドバイスください、お願い致します。 

Aベストアンサー

私もあなたのお母様同様五十肩を経験しました
五十肩になると非常に痛く特に就寝中でも寝返りを
したときはとくに痛みます。私は、最初のうちは
大学病院の整形外科に通い週1回程度筋肉注射をしておりましたが、あるとき右手首の手術をしたときに
肩麻酔をしておりましたので肩の筋肉が癒着して
おきる病気なので麻酔が効いている時に無理やり
整形外科の先生に癒着している部分を剥がしてもらってから痛みは治まりました。
右肩が治るまで1年ぐらいかかりました。
その後左肩も五十肩に罹りましたが
医者に行かずに自分なりに努力して治しました。
お風呂に入ったときに少しぬるま湯の中で肩を温め
ながらマッサージをすると良いかと思います。
また、痛くても我慢をして肩を動かす努力が必要で
す。痛いとは思いますが頑張って肩を動かす努力を
して下さい。もしお医者様にかかっておられるんで
したら、飲み薬(ボルタレン:痛み止め)を処方して
いただいたほうがよろしいかと思います

Q五十肩は時期が来れば治りますか?(1年以内?)

 今年の3月頃、自転車で転倒しそうになり、踏ん張った際に肩を痛めました。窓を拭くなど左右に腕を動かす動作など、激しい痛みのために出来なくなりました。8月頃整形外科を受診すると、五十肩だと診断され、ヒアルロン酸注射を3回受けましたが、まったくよくならず通院をやめました。

鍼灸院に通い始め、マッサージと鍼を受けていますがこちらも効果は無し。
主人は時期が来ると(1年経つと)、自然に治るといいます。本当でしょうか?

今は肩の痛みで毎朝目が覚めます。かぶり物の衣服の脱ぎ着が出来ません。

Aベストアンサー

No.3です。補足ありがとうございます。


>逆に横に動かないんです。

ですよね。あとで詳しくご説明しますが、肩とは色々な方向に動く関節ですから良い動き悪い動きがあるのです。


>毎回処方される薬(モービック)もまったく効きませんでしたし。

モービックは消炎鎮痛剤です。痛みの原因は炎症ですから全く効いていないということは無いと思います。またリハビリをすると炎症は悪化しますので、お薬で炎症をコントロールをしながらリハビリを行うことが重要になってきます。効果を実感できないのであれば銘柄を変えてみるという方法もあります。


>痛くても無理矢理動かした方がいいんですか?激痛が走るので、無理矢理動かそうとすると、恐る恐るのストレッチぐらいしか出来ませんが、やった方がいいのでしょうか?

やり方にもよります。ただ前の回答でも言いましたが、何もしなければ関節は固まってしまします。関節の固さが痛みを助長する要素でもありますので、積極的に(正しい)リハビリをしなければいけません。

繰り返しになりますが、何もしなければ痛みは治まってきますが、腕がぜんぜん上がらないなど肩の動きに異状が残ります。ですから積極的に可動域訓練しましょう。一応ご紹介しますが、必ず主治医に確認してから行ってください。

ではリハビリ(可動域訓練)の方法をご紹介します。肩は人間の関節の中で、最も動く関節で、基本8方向に動きます。
~~~~~~~
・屈曲…バンザイの動きです。左手を右ひじに当てて、
    痛みが出るところまでもっていきましょう。
    注意する点は、痛みの為に腕が外側になる事です。
    体に平行に真っ直ぐ上げましょう。
    もう一つ、背中をそると上がった気になります、
    これでは全く意味がないです。肩を意識して動かしましょう。
    一番良いのは、畳の上などに寝る方法です。
    そうすれば体の余計な動きを抑えることができます。

・伸展…バンザイの逆の動きです。肘を伸ばしたまま
    真っ直ぐ後ろに上げます。この時は体が前のめりに
    ならないようにしましょう。痛みが出るところまであげ
    れない場合は、後ろ向きでテーブルなどに手を着きます、
    肘を直角に曲げ、体を落としていきましょう。
    これで肩の伸展が出来ます。

・外転…横から、耳に近づけるように上げる動きです。
    90°(水平)の位置で手のひらを上に向けましょう。
    これも左手を右ひじに当てて、痛いところまで運動します。
    この時は、体が横に傾かないように注意しましょう。
    可動域制限が強いときは、腕が真横でなく斜め横から
    上がってしまいます。出来るだけ真横から上げて下さい。

・内転…この動きが悪くなることは、ないに等しいので割愛します。

・外旋…肘を90°直角に曲げます。しっかり脇を締めて、
    肘を体から離れないようにします。そして肘から上(二の腕)
    を軸に、肘から先を外側に回転させましょう。これが外旋です。
    これは体が回転しまいがちなので、屈曲と同じように、
    寝て行いましょう。テーブルを使ったやり方もあります。
    まずテーブルの横に立ち、肘から先をピッタリ、テーブルに
    つけましょう。そして体ごと頭の方に倒れこんで下さい。

・内旋、結帯動作…背中を下から掻く動きです。
         肘を曲げて背中の上のほうにもって行きましょう。
         体が前傾にならないように注意しましょう。
         うまく出来ない時は、右手にタオルを持ち、
         左手で引っ張り上げてください。

・水平屈曲…肩を90°屈曲します(バンザイの半分)、
      肘から先が上に向かうように、肘を直角に曲げます。
      左手を右肘に添えて、左に引き寄せましょう。
      これが水平屈曲です。体が捻れない様に注意しましょう。
      疲れてくると腕が下がってくるので、注意しましょう。

・水平伸展…フォームは水平屈曲と同じで、逆に動かします。
      外に広げるような動きですね。
      これも注意点は水平屈曲と同じです。

・結髪動作…頭の後ろで手を組み、肘を前面でくっつけましょう。
      この時、左右の肩甲骨を広げる様にイメージします。
      今度は逆に肘を後ろにもって行き、胸を大きく広げます。
      この時は左右の肩甲骨を、引寄せるイメージです。
~~~~~~~

一日三回、各動き5~10回行いましょう。やりすぎ、力任せに、勢いをつけてなどは悪化の原因になりますので適量・正しい方法で行いましょう。最大のポイントは「少し痛みを感じるところまで丁寧にする」ことです。これがおろそかになると、効果が半減、最悪意味がなくなってしまいます。フォーム、動きのポイント、回数などしっかり守ってください。

可動域制限が強いと、どの動きも痛いと思います。だんだん良くなってくると、痛い動きと痛くない動きが出ると思います。若しくはすでにそのような状況かもしれません。痛いということは、より悪いと言うことなので、時間がないときは痛い動き優先で行いましょう。

安静時痛もなく、日常生活で問題がなくなっても、左右差がなくなるまでしっかり行ってください。硬さを残し放っておくと、関節は固まり、再発、転倒時に怪我をしやすくなったり、年を重ね介護が必要になった時など、色々困ったことが起きます。

一生懸命行っても、自分出来ない範囲がどうしても出てきます。可動域制限が強い場合や、だんだん悪化する場合はPTなどのプロにもやってもらうのが良いと思います。

通っている病院で可動域訓練が行われなければ、病院を変えてみてもいいかもしれません。早い人でも数ヶ月、長い人は一年以上という方もいます。もちろん一年以上も日常生活に支障があるわけではなく、医学的に見てですが「痛みがないからいいや」と自己判断せず、医師のお墨付きが出るまで治療を頑張ってください。でもメインは自分でリハビリです。病院と自宅、頑張れば頑張った分だけ早く良くなります。頑張ってください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

No.3です。補足ありがとうございます。


>逆に横に動かないんです。

ですよね。あとで詳しくご説明しますが、肩とは色々な方向に動く関節ですから良い動き悪い動きがあるのです。


>毎回処方される薬(モービック)もまったく効きませんでしたし。

モービックは消炎鎮痛剤です。痛みの原因は炎症ですから全く効いていないということは無いと思います。またリハビリをすると炎症は悪化しますので、お薬で炎症をコントロールをしながらリハビリを行うことが重要になってきます。効果を実感できないのであれば...続きを読む

Q五十肩の治し方

私の父がこの1、2ヶ月五十肩に悩まされています。手を上にあげるだけで凄く痛いみたいでどうしようもありません?誰か良い治し方しれませんか?お願いします。。

Aベストアンサー

急性期は肩を安静にしますが、どうやら回復期のようですね。
肩のところの服をつまんで、腕を大きく回す。
前回し、後回しを一日数回やるとよいですよ。
要は回復期が過ぎれば、ほっておいても痛みは治りますが、そのままですと肩の可動範囲が狭くなり、腕をまっすぐ上げたり出来ないので、リハビリにより、動く範囲を大きくするわけです。
痛みは特に何もしなくてもその内なくなりますが、リハビリをやらないと動きが悪くなります。
私もかなり腕の動く範囲が狭く、思い出したようにやってます。
一応保険は利きますから、専門家にマッサージしてもらうのと並行するとよいですよ。

Q変形性膝関節症ヒアルロン酸注射

56歳男性です9月の初め膝が痛くなり整形外科を受診レントゲン撮影したら変形性膝関節症。
と診断されました、服用する痛み止めと、鎮痛消炎剤固形軟膏を処方されました。
先日1週間ぐらいたってもう一度診察してもらったらヒアルロン酸注射をしましょうか
と言われました、ヒアルロン酸注射は保険適用で1本の金額は、両膝ですので2本注射
でしょうか、ヒアルロン酸注射は直ぐすべきでしょうか、運動療法は欠かさず毎日しています。
運動療法をしながら膝の様子を見たのが良いのでしょうか、
今のところ膝に痛みはありませんが膝を曲げると時々膝からぽくぽくとかこきこきとか音がします。

Aベストアンサー

ヒアルロン酸注射剤は、国内では中外のスベニールと帝人ファーマの
サイビクスがあります。相性があって即効で効く方と副作用の痛みが
出る場合があると聞いています。また継続しての注射が必要になりますので、
よく主治医の方と相談されるのが良いと思います。
即効の方は痛みと違和感が消えて快適だそうですが、副作用の痛みはまた別の
痛みとして感じられるそうですので。

Q五十肩で苦しんでいます。

整形外科で五十肩と診断され、2か月くらい前から辛い毎日です。肩から首、腕。。。と痛みが広がり、夜も眠れません。
温めたり五十肩体操をすると良いと言われていますが、なかなか続きません。整体やカイロプラクティック、整骨院や接骨院、鍼やお灸、整形外科での注射。。。どれが一番効果があって治りが早いのでしょうか?
また、都内で良い治療院があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

No,1です。補足ありがとうございます。

補足ありがとうございました。五十肩としては結構悪いですね。しかも
両肩ですから、リハビリは相当な覚悟で取り組まれてください。補足頂
いた内容を見ると、肩の動く範囲(可動域)に問題があるようです。こ
の状態であれば夜間安静時痛が出てもおかしくないです。今お薬は飲ん
でいますか?お薬は絶対必要ですから、病院は通い続けましょう。

五十肩とは正式には肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)、英語
ではフローズンショルダーと言います。その名の通り「肩関節周囲の軟
部組織の多発的な炎症」により肩(腕)が動かない、痛みが出るもので
す。一般の方は “痛み” しか見ません。当然と言えば当然です。専
門家は痛みよりも “肩の動き” を重要視します。何もしなければ痛
みは治まってきますが、腕がぜんぜん上がらないなど肩の動きに異状が
残るからです。ですから積極的に可動域訓練しましょう。一応ご紹介し
ますが、必ず主治医に確認してから行ってください。

ではリハビリ(可動域訓練)の方法をご紹介します。肩は人間の関節の中
で、最も動く関節で、基本8方向に動きます。

※以下の文章は “右肩のリハビリ” です。左肩は左右入れ替えて
行ってください。

~~~~~~~
・屈曲…バンザイの動きです。左手を右ひじに当てて、
    痛みが出るところまでもっていきましょう。
    注意する点は、痛みの為に腕が外側になる事です。
    体に平行に真っ直ぐ上げましょう。
    もう一つ、背中をそると上がった気になります、
    これでは全く意味がないです。肩を意識して動かしましょう。
    一番良いのは、畳の上などに寝る方法です。
    そうすれば体の余計な動きを抑えることができます。

・伸展…バンザイの逆の動きです。肘を伸ばしたまま
    真っ直ぐ後ろに上げます。この時は体が前のめりに
    ならないようにしましょう。痛みが出るところまであげ
    れない場合は、後ろ向きでテーブルなどに手を着きます、
    肘を直角に曲げ、体を落としていきましょう。
    これで肩の伸展が出来ます。

・外転…横から、耳に近づけるように上げる動きです。
    90°(水平)の位置で手のひらを上に向けましょう。
    これも左手を右ひじに当てて、痛いところまで運動します。
    この時は、体が横に傾かないように注意しましょう。
    可動域制限が強いときは、腕が真横でなく斜め横から
    上がってしまいます。出来るだけ真横から上げて下さい。

・内転…この動きが悪くなることは、ないに等しいので割愛します。

・外旋…肘を90°直角に曲げます。しっかり脇を締めて、
    肘を体から離れないようにします。そして肘から上(二の腕)
    を軸に、肘から先を外側に回転させましょう。これが外旋です。
    これは体が回転しまいがちなので、屈曲と同じように、
    寝て行いましょう。テーブルを使ったやり方もあります。
    まずテーブルの横に立ち、肘から先をピッタリ、テーブルに
    つけましょう。そして体ごと頭の方に倒れこんで下さい。

・内旋、結帯動作…背中を下から掻く動きです。
         肘を曲げて背中の上のほうにもって行きましょう。
         体が前傾にならないように注意しましょう。
         うまく出来ない時は、右手にタオルを持ち、
         左手で引っ張り上げてください。

・水平屈曲…肩を90°屈曲します(バンザイの半分)、
      肘から先が上に向かうように、肘を直角に曲げます。
      左手を右肘に添えて、左に引き寄せましょう。
      これが水平屈曲です。体が捻れない様に注意しましょう。
      疲れてくると腕が下がってくるので、注意しましょう。

・水平伸展…フォームは水平屈曲と同じで、逆に動かします。
      外に広げるような動きですね。
      これも注意点は水平屈曲と同じです。

・結髪動作…頭の後ろで手を組み、肘を前面でくっつけましょう。
      この時、左右の肩甲骨を広げる様にイメージします。
      今度は逆に肘を後ろにもって行き、胸を大きく広げます。
      この時は左右の肩甲骨を、引寄せるイメージです。
~~~~~~~

一日三回、各動き5~10回行いましょう。やりすぎれば悪化の原因にな
りますので適量行いましょう。最大のポイントは「少し痛みを感じるとこ
ろまで丁寧にする」ことです。これがおろそかになると、効果が半減、最
悪意味がなくなってしまいます。フォーム、動きのポイント、回数など
しっかり守ってください。

それとご自宅の洗面所など大きな鏡の前で、時々フォームのチェックを
してみてください。左右差なども目安にもなります。「現状の把握」 
も大事な作業です。リハビリを始める前に確認して、メモを取るなり、
デジカメなどで撮影しましょう。一カ月おきくらいにチェックしていく
といいと思います。

可動域制限が強いと、どの動きも痛いと思います。だんだん良くなってく
ると、痛い動きと痛くない動きが出ると思います。若しくはすでにそのよ
うな状況かもしれません。痛いということは、より悪いと言うことなの
で、時間がないときは痛い動き優先で行いましょう。

安静時痛もなく、日常生活で問題がなくなっても、左右差がなくなるまで
しっかり行ってください。硬さを残し放っておくと、関節は固まり、再
発、転倒時に怪我をしやすくなったり、年を重ね介護が必要になった時な
ど、色々困ったことが起きます。

一生懸命行っても自分出来ない範囲がどうしても出てきますし、ご質問者
さんは可動域制限が強いので、PTなどのプロにもやってもらったほうが良
いと思います。通っている病院で可動域訓練が行われなければ、病院を変
えてみてもいいかもしれません。マッサージ院や鍼灸院など代替医療は、
このようなリハビリを行っているところはまずないと思います。整形外科
でも少ないですが、やっているとしたら整形外科しかないです。

早い人でも数ヶ月、長い人は一年以上という方もいます。もちろん一年以
上も日常生活に支障があるわけではなく、徐々に良くなっていくはずで
す。「痛みがないからいいや」と自己判断せず、医師のお墨付きが出
るまで治療を頑張ってください。

先ほども書きましたが、今消炎剤のお薬は飲んでいないですか?運動を
すると炎症が強くなりますから、お薬を飲みながらやった方がいいで
す。お薬を処方できるのは病院のみですから、病院は通い続けた方がい
いと思います。


病院でのリハビリも必要な状況だと思いますが、でもメインは自分でリハ
ビリです。病院と自宅、頑張れば頑張った分だけ早く良くなります。頑
張ってください。

長文ですいませんでした。
動きを言葉で表現するのは難しいですね・・・
表現で分からない箇所やまだ何かあれば、何でも良いのでお聞き下さい。

No,1です。補足ありがとうございます。

補足ありがとうございました。五十肩としては結構悪いですね。しかも
両肩ですから、リハビリは相当な覚悟で取り組まれてください。補足頂
いた内容を見ると、肩の動く範囲(可動域)に問題があるようです。こ
の状態であれば夜間安静時痛が出てもおかしくないです。今お薬は飲ん
でいますか?お薬は絶対必要ですから、病院は通い続けましょう。

五十肩とは正式には肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)、英語
ではフローズンショルダーと言います。その名...続きを読む

Q母親が五十肩になってしまい、右腕が全く上がらないという状態です。五十肩の親をサポートしたいんですが、

母親が五十肩になってしまい、右腕が全く上がらないという状態です。五十肩の親をサポートしたいんですが、五十肩が良くなる方法などあったら教えてください!お願いします!また母親にどんなサポートしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

動かさないでいると、筋肉が固まってしまって良くありません。
治す方法が無いそうですから、無理に成らない程度に日常の仕事をした方が、早く自然に治る近道だそうです。
その意味で、あまり神経質に成ってお母さんをサポートする事を考えない方が良いでしょう。

Q五十肩について・・・

私の母が、ひどい五十肩に困っています。
(特に左肩が痛いようです)
三ヶ月ほど前に病院に行って五十肩と診断されました。
それから、リハビリや整骨院に通ったり、家では運動したり温めたりしているのですが、痛みが和らぐことはなく苦しそうです。
五十肩になった原因は、ストレスと言われたらしくストレスをためないようにしているみたいなのですが、痛みがストレスになって余計に悪いみたいです。
少しでもやわらげる方法や治す方法があれば教えてください。
あと、もし福岡県北九州市の小倉北区・門司区などでいい病院や整骨院を知っている方がいたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

得に右って事は左も痛いって事でしょうか、両方同時に五十肩ってのは珍しい気もしますが。。五十肩はほっといても1年(プラマイ半年)で治る様です、しかし積極的に動かす事で其の期間は短縮出来ます。でも、動かすと痛いので根気良く続ける心構えも必要です。普通は痛みの有る時は安静にするんですが、これだけは別です。中には治り難い動かさない方が良い五十肩も有りますが病院のリハビリで運動してたなら心配しないで動かしても大丈夫です。
自宅でするなら壁伝いに指で歩く様にして腕を高い所に持って行く、椅子などに同側の肘膝を付いて背中を水平にして悪い方の手でアイロンもってブ~ラブ~ラする。など有りますが自分では痛いのに動かしたく無いと思うので病院や整骨院などで動かして貰うのが良いです。

Q四十肩、五十肩。なぜ二つの言葉が使われているのでしょうか?

先日突然五十肩になってしまいました。整形科に行って治療を受け症状は良くなりました。
それはさておき…

五十肩は正式には「肩関節周囲炎」と言いますが なぜ四十肩、五十肩 と俗称がふたつもあるのでしょうか?
その経緯などをご存知のかた教えてください。

知人に「五十肩になっちゃて」と説明する時に「まてよ…四十肩って言った方がわかりやすいのかな?」などと迷ってしまいまして。
どちらかに統一したほうがいいのに…と思った次第です。

Aベストアンサー

小生も今は完治していますが罹病した経験があります。

素人考えで申し訳ないのですが、年齢的に40代で罹った人が四十肩で、50代で罹った人が50肩というふうな、ごく当り前というか、単純な経緯ではないのかな、と勝手に思っております。

Q朝晩だけのジンマシン・・・

45歳の夫のことで質問します。この数ヶ月、夫にジンマシンが出て困っています。朝起きてしばらくすると手首・ひじの内側・首・太もも・ひざの裏側など比較的皮膚の柔らかい部分にふっくらとした赤みを帯びたジンマシンが出てきます。ちょうどかに刺されたようなふくらみ方なのですがかくと赤みがひどくなり、隣同士の発疹がつながって地図状になったりもします。本人はとにかくかゆいのが不快でボリボリとかいてしまうのですが我慢を続けると数時間で消えていくようです。その後夕方になるにつれてまた現れてお風呂に入ったりお酒を飲んだり布団に入ったりすると症状がひどくなるようです。
一時期、皮膚科に通って血液検査もしたのですが飲み薬をいただいて飲んでいる間は症状も和らぐ程度で薬が終わるとまた繰り返します。
もともとアレルギー体質で、ダニやハウスダストに弱い体質です。
一体このジンマシンは体のどこに問題があって起きるのでしょうか?
素人考えで、最近やや太り、運動不足なのでコレステロールもたまり血液循環が悪いせいでは・・・もしくは肝臓が悪いのでは・・・などと夫婦で話しています。
半年、一年とかかっても皮膚科に通い続けて症状を軽くする薬を飲み続けるしか方法はないものでしょうか?

45歳の夫のことで質問します。この数ヶ月、夫にジンマシンが出て困っています。朝起きてしばらくすると手首・ひじの内側・首・太もも・ひざの裏側など比較的皮膚の柔らかい部分にふっくらとした赤みを帯びたジンマシンが出てきます。ちょうどかに刺されたようなふくらみ方なのですがかくと赤みがひどくなり、隣同士の発疹がつながって地図状になったりもします。本人はとにかくかゆいのが不快でボリボリとかいてしまうのですが我慢を続けると数時間で消えていくようです。その後夕方になるにつれてまた現れてお...続きを読む

Aベストアンサー

慢性じんましん持ちです。症状はご主人とそっくりです。
10代のころ発症し、その後数年なんともなかったのですがまた再発しました。
直接のお答えにはなりませんが、皮膚科に通っているのでご参考までに。

私のかかってる医師によると、
原因の特定はまずできない。
血液検査で特定できるほうが稀。
内蔵の疾患からくるケースも全体から見たら少ない。

症状をやわらげる薬(わたしも飲んでます)
最初は毎日飲み、出にくくなってきたら減らし、最終的に断つ、
といった説明を受けましたが、服用してもう3年です。
先日、完治された実例を伺ったところ、言葉を濁されていました。

また漢方は、調合にもよりますが当たり外れがあり、
効く人には効くけれど、何年経っても効果が出ない人もいるそうです。
またちゃんとした専門の方に調合してもらわないと副作用の心配もあります。

私も専門の医師を他に探そうと思っています。
ご主人もいい専門医に巡り会えるといいですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報