将来、鍼灸マッサージ師になりたいと考えている23歳フリーターです。

現在、鍼灸マッサージの専門学校に行くために資金を集めています。


2年間アルバイトをしてお金を集めようと思っているのですが、
せっかくなので並行していろいろな資格を取りたいと思っています。

将来、開業をしたい考えているのですが、
その際に持ってると役に立つ資格や知識ってありますか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

柔道整復師は “急性のケガ” を治療する資格です。


ケガとは具体的に打撲、捻挫、挫傷です。このことから当然、腰痛や肩
コリなど治療は一切出来ません。

また保険が使えるのも “急性のケガ” のみです。多くの整骨院は、
このシステムを悪用して不正を働いています。その金額は毎年、なんと
4000億円です。このお金は全て、我々が納めた保険料です。


鍼灸師の鍼治療も健康保険の適応になります。
その疾患及び症候群は下記の通りです。

(1)神経痛 
(2)リュウマチ 
(3)頸腕症候群 
(4)五十肩 
(5)腰痛 
(6)頚椎捻挫後遺症 
(7)その他 保険者が適当と認める疾患症候群

以上の疾患で、医師の同意書があれば保険が使えます。柔整師の鍼治療
の保険は、これも残念ながら不正の可能性が高いです。

先ほども言ったように鍼灸は保険が使えますが、鍼灸師、柔整師の免許
の違いはありません。鍼治療には必ず医師の診察の上、同意書が必要です。
保険証を窓口に提示して即保険で鍼治療の場合は、整骨の保険(ケガの
保険)で鍼をしているケースが多いです。これは例えていうなら、出産
時自然分娩にもかかわらず、帝王切開として保険請求するようなことで
す。これが普通の病院なら大問題です。マスコミに大きく報道され、二
度と再起できない状態に追い込まれるでしょう。しかし鍼灸整骨院に関
してはお咎めなしです。



このように柔道整復師の資格は、全く要らないと思います。
柔整師になることは詐欺師になることと同じです。
レセプトに特別な資格も無いので、鍼灸マッサージのみで十分です。
    • good
    • 0

鍼灸マッサージ師は正式名称ではないでしょう。



通称『あはき法』では、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師でしょう。
どの資格を目指すのか、どの資格を中心に学習するのか、などを決める必要があるでしょう。

ただ、医師や柔道整復師でなければ健康保険診療は出来ない?難しい?と聞いたことがあります。
はり師のはり治療は健康保険の適用が受けられないが、柔道整復師兼はり師が行うはり治療は健康保険の適用が受けられると聞きました。

これらの資格は共通分野もあるでしょう。資格取得の順番によっては、免除などもあるのかもしれません。私の世話になっている接骨院の先生は、柔道整復師として勤務や開業しながら、夜間・休日を利用して他の資格を取ったようです。

健康保険が使えない治療院などへは、よほど技術や実績のレベルが高いと評判がなければ行かないでしょう。健康保険適用の治療と自由診療としての治療を使い分けられる方が、開業時には役立つと思いますよ。

あとは保険診療を扱う上で、レセプトの作成などの資格を取得することで、開業時にあわてることが少ないでしょうね。
    • good
    • 0

資格に関しては特に何もいらないと思います。



問題は知識、経験、技術ですね。
本当なら卒業後は病院で勤務し、しっかりした医学を学ぶべきだと思います。

患者さんとの会話もありますので、鍼灸マッサージの経験だけと言うのも
面白くないです。色々な職種を経験し、色々な趣味・興味を持つことが患
者さんとの会話に役立つでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鍼灸師の資格がないのに鍼灸治療をしている柔道整復師を摘発したいのですが

鍼灸師の資格がないのに鍼灸治療をしている柔道整復師を摘発したいのですが、どうしたらいいでしょうか。警察へ届ければいいでしょうか?それとも市役所がいいのでしょうか。それとも保健所でしょうか。ご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

言語道断ですね。
実際に被害に遭われたのなら、警察。その他は保健所に聞いてみてはいかがでしょうか。

Q柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師について。

私は今鍼灸師を目指して専門学校に通っていてさらに柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師の資格を取ろうと考えているんですが、最近柔道整復師はあと2~3年で保険が取り扱えなくなるとか10~15年もすれば柔道整復師の資格は持っていても意味が無くなる資格などとあまり良い噂を聞かないのですがこのような噂はほんとうなんでしょうか?

将来は開業を目指しているのですごく心配です。

また鍼灸師と一緒に持つと開業に役立つ資格があったら教えていただきたいです。(自分の腕が一番大事だとは思いますが・・・。)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かなり偏った意見ですので、ご気分を害されたゴメンナサイ。


>最近柔道整復師はあと2~3年で保険が取り扱えなくなるとか10~15年もすれば柔道整復師の資格は持っていても意味が無くなる資格などとあまり良い噂を聞かないのですが

柔整師が保険を扱えるのは打撲、捻挫、挫傷、(脱臼、骨折)です。脱
臼と骨折の治療は医師の同意が必要です。なので比較的治療数の多い、
肩コリや腰痛は保険対象外です。柔整師は慢性の腰痛を「階段から転落
し腰を強打」と“打撲”というような虚偽の受傷理由をつけて保険を請
求します。要するに“ウソ”をついて商売をしています。

健康保険は皆さんから預かっている大事なお金です。適切に運用されな
ければいずれ破綻してしまいます。消費税など税金が上がる一因ににも
なっています。

そもそも、診断とは医師にしかできません。打撲、捻挫などの診断名は
本来柔整師には出来ないはずです。それなのに独断で保険が使えるの
は、凄く矛盾しています。こういった理由からも、どんどん規模は縮小
されるべきですね。

実際に大企業の保険組合は、整骨院の保険を通さなくなってきていま
す。こういった怪我は整形外科に行きましょうということなんですね。
国も取締りの強化をしていってほしいです。私個人的には保険の偽装請
求、あはき法違反を日常的に行っている、社会のお荷物“柔整師”はな
くなれば良いと思っています。


>また鍼灸師と一緒に持つと開業に役立つ資格があったら教えていただきたいです。

やはり、マッサージ師でしょうか。
鍼に対して抵抗のある患者さんは必ずいますので、マッサージは必須か
とおもいます。

かなり偏った意見ですので、ご気分を害されたゴメンナサイ。


>最近柔道整復師はあと2~3年で保険が取り扱えなくなるとか10~15年もすれば柔道整復師の資格は持っていても意味が無くなる資格などとあまり良い噂を聞かないのですが

柔整師が保険を扱えるのは打撲、捻挫、挫傷、(脱臼、骨折)です。脱
臼と骨折の治療は医師の同意が必要です。なので比較的治療数の多い、
肩コリや腰痛は保険対象外です。柔整師は慢性の腰痛を「階段から転落
し腰を強打」と“打撲”というような虚偽の受傷理由をつ...続きを読む

Q「鍼灸あんまマッサージ指圧」に最適なベッドの特徴

鍼灸あんまマッサージ指圧の専門学校に通っている学生です。
自宅に実技練習等の為の治療用ベッドを購入しようと検討中です。治療用ベッドって多種多様で困りました。
簡単でもいいので、実際に鍼灸やあんま等で使用されている治療家さんのご意見が頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

私のしたい治療は、あんま・鍼灸です。
主に患者さんは、関節痛、ムチウチ、偏頭痛、腰痛、婦人科が弱い…方達です。

今手元にあるのは、胸枕と、額枕だけです。治療ベッドは自分の部屋に置きます。ベッドを置くスペースは確保してあるので、それによってベッドを小さくしなくてはならない等は無いです。

●迷っている内容↓
1、高さ:35cm~あるようですが、鍼灸・あんま兼用でやるには低めに合わせた方が良いのか?でも鍼灸だと腰が痛くなりそうですね。(私の身長は154cm)

2、幅:60cmにしようと思っていますが狭いでしょうか?

3、長さ:180cmの長さのベッドは短いでしょうか?(患者さんの身長:147~178cm位)

4、有孔 or 無孔 ?:うつぶせ練習する際に、胸枕+額枕を利用していますが、無孔+胸枕+額枕 がいいのか、有孔で何も使わないのが良いのか…。(首の悪い人も居るので)
しかし胸枕を使うと、腰治療の際に患者さんに力が入ってしまうと言う意見もありました。

5、高さ調節は必要?:
 電動式は今金銭的に難しいですが、下記のような物があったので検討中です。
 ハイローDXベッド(下記ページの一番下の方)
 http://www.takada-bed.co.jp/product/bed_highlows_3.htm
 ラチェット式昇降という方式で2cmきざみで最大10cmは高さを変更できるそうなのですが…もし使っていらっしゃる方が居ましたら、頑丈度や使い勝手はどうですか?

以上のような内容を踏まえてご意見頂けたら嬉しいです。
長々とすみませんが、よろしくお願い致します。

鍼灸あんまマッサージ指圧の専門学校に通っている学生です。
自宅に実技練習等の為の治療用ベッドを購入しようと検討中です。治療用ベッドって多種多様で困りました。
簡単でもいいので、実際に鍼灸やあんま等で使用されている治療家さんのご意見が頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

私のしたい治療は、あんま・鍼灸です。
主に患者さんは、関節痛、ムチウチ、偏頭痛、腰痛、婦人科が弱い…方達です。

今手元にあるのは、胸枕と、額枕だけです。治療ベッドは自分の部屋に置きます。ベッドを置...続きを読む

Aベストアンサー

治療院を経営しております

1、私は55cmのベットを使っています、身長は165cmですが調度良い高さだと思います、やはり自分に適した高さはあると思いますので色々なベットを使って試せればいいのですけどね、余り低いと力が入るづらくなったりしますから、きちんと選んだ方がいいでしょう

2、私は70cm幅を使っています、マッサージの時患者さんが横になったり、自分が膝を立ててマッサージするのでとても便利です
それと、患者さんがうつ伏せになったとき肘が出ないのもいいですね、ベットの横を通過するとき狭いとぶつかってしまいますので

3、180cmのベットですが今のところ不都合はありません、施術室にゆとりがあれば長くてもいいかと思います

4、私も有孔か無孔かで悩みましたが、無孔にして良かったと思います、胸枕と額枕を使用しています
有孔はやはり圧迫感というか息苦しく感じます(自分の感想として)胸マクラを使うと変な体勢になりますしね
U字マクラも用意しましたが更に息苦しくなるので返品しちゃいました

>>しかし胸枕を使うと、腰治療の際に患者さんに力が入ってしまうと言う意見もありました
それは施術者側が加減すれば良い事なので問題無いと思います
むしろベット直接の場合反力が強いので、お年寄りのうつ伏せ時の指圧の場合肋骨を痛める可能性があります

5、便利なようですが、いつの間にか固定になることが多いようです
自分好みの高さに出来るのは強みですが高額なことと故障の可能性もあります、格安ならば1つあればそれなりに使うかもしれませんね

治療院を経営しております

1、私は55cmのベットを使っています、身長は165cmですが調度良い高さだと思います、やはり自分に適した高さはあると思いますので色々なベットを使って試せればいいのですけどね、余り低いと力が入るづらくなったりしますから、きちんと選んだ方がいいでしょう

2、私は70cm幅を使っています、マッサージの時患者さんが横になったり、自分が膝を立ててマッサージするのでとても便利です
それと、患者さんがうつ伏せになったとき肘が出ないのもいいですね、ベットの...続きを読む

Q関東「以外」で、よい鍼灸マッサージの学校を教えてください

鍼灸マッサージを学びたいと思っているのですが、関東「以外」で、評判の良い学校を教えていただけないでしょうか。

なお、国家試験重視の学校ではなく、臨床・実技重視のところを選びたいと思っています。

Aベストアンサー

鍼灸学生です。
知り合いや勤務先の人、現役鍼灸師さんに聞いた話をまとめると。

学校のみで技術を学ぶのは正直難しいと思います。

なお、関東以外にこだわると、私自身が関東在住なので、正確にはわかりませんが、4年生の大学(明治鍼灸、関西鍼灸等)へ行かれると、有名な先生に出会う機会も増えますし、学習時間数が圧倒的に多く、実践的な研究に多数関わることも可能なので、実技重視であれば、そちらをお勧めします。

なお、ホームページで記述されている内容と現実は相当違うので、やはり地元の鍼灸院の先生や、実際通われている学生に聞いてみるのが良いと思います。

なお、学校という枠に囚われず臨床実技を学ぶと言うのであれば、各種勉強会や練習会等に参加されると良いと思います。結構有名な先生が教えていたりします。
医道の日本という雑誌を見ると情報が載っています。

私自身もスポーツ鍼に力を入れているという学校に入りましたが、実際の授業は本当にヒドイものです。他の学校の人に聞いても、どこの学校も同じみたいです。

関東であれば数校程、評判の良いところを知っていますが、それでも勉強会や練習会の方が為になると、学生の方がおっしゃってました。

以上ですが
臨床実技の腕を挙げるのが目的であれば、取りうる手段も色々ありますので、考えてみてはいかがでしょうか。

鍼灸学生です。
知り合いや勤務先の人、現役鍼灸師さんに聞いた話をまとめると。

学校のみで技術を学ぶのは正直難しいと思います。

なお、関東以外にこだわると、私自身が関東在住なので、正確にはわかりませんが、4年生の大学(明治鍼灸、関西鍼灸等)へ行かれると、有名な先生に出会う機会も増えますし、学習時間数が圧倒的に多く、実践的な研究に多数関わることも可能なので、実技重視であれば、そちらをお勧めします。

なお、ホームページで記述されている内容と現実は相当違うので、やはり地元の鍼灸...続きを読む

Q鍼灸指圧師の将来性

今も「癒しブーム」は続いているのでしょう。
あまり詳しくはないんですが、町中には「クイックマッサージ」「カイロプラクティック」「リフレクソロジー」「鍼灸」などなど、
いろいろなマッサージ屋さんがありますよね。

その専門学校もいっぱいあって、独立しました(し易い?)なんて記事もよく見ます。

もちろん、しっかりとした技術があれば何の業種でもやっていくことは可能だと思いますけど、
無資格者にもバイトで施術させたり、資格がいらなくても営業できたりするマッサージも数多くありますよね。

かたや鍼灸指圧などは国家試験があります。

今、鍼灸指圧の専門学校に入ろうか迷っているのですが、このような現状で将来的な需要はまだまだあると思いますか?

Aベストアンサー

鍼灸師です。

#2さんもおっしゃっていますが、今後は医師も鍼灸業界に進出してくる可能性が高いですね。
しかも、われわれが自由診療なのに対し、医師は安く施術できる保険診療という分野で入ってくるでしょう。

鍼灸師も増える傾向にあります。
現在、年間約2000人の鍼灸師が誕生していますが、学校の乱立によって数年後にはおよそ5000人ほどに増加するだろうという見通しがあるほどです。

鍼灸師がこれだけ増え、さらに医師まで入ってくるとなると競争過渡期に突入する事が安易に予測できますね。

ただ、東洋医学的な治療を専門とする鍼灸師には焦りや不安は全くありません。
鍼灸師の中でも本格的に東洋医学としての鍼灸を扱っている術者は意外と少ないので、差別化が容易に図れるからです。
また、医師による鍼灸治療もどちらかといえば針を用いた物理療法であり、いわゆる東洋医学ではないので、それも全く心配していません。

>このような現状で将来的な需要はまだまだあると思いますか?
需要はあります。
ただ、患者さんが何を求めて鍼灸を訪れるのかを理解できなければその『需要』を捕まえる事は出来ません。
つまり、東洋医学としての鍼灸をどれだけ勉強し、上達できるかが今後生き残るためのカギとなるでしょうか。

鍼灸師です。

#2さんもおっしゃっていますが、今後は医師も鍼灸業界に進出してくる可能性が高いですね。
しかも、われわれが自由診療なのに対し、医師は安く施術できる保険診療という分野で入ってくるでしょう。

鍼灸師も増える傾向にあります。
現在、年間約2000人の鍼灸師が誕生していますが、学校の乱立によって数年後にはおよそ5000人ほどに増加するだろうという見通しがあるほどです。

鍼灸師がこれだけ増え、さらに医師まで入ってくるとなると競争過渡期に突入する事が安易に予測できますね。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報