『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

ATOK for macでの記号バー

最近WindowsからMacに乗り換えましたが、辞書についてはやはり長年使い慣れたATOKに勝るものはないので、mac版を購入して使っています。

Mac上でもATOKは非常に快適ですが、ただ、Windows版の時はF10で出てきた記号バーが出てこなくなりました。

※Macは「fn」キーを押しながらファンクションキーを押さないとF10が認識されないようですが、ちゃんと「fn+F10」の操作をしても何も出てきません。

Macで記号バーはどのようにすれば出てくるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ヘルプをご覧ください.


ATOKパレットの[ R漢 ]をクリックして表示されるメニューの[記号入力]を選択します。
入力モードが記号入力になり、画面下部に記号ウインドウが表示されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ヘルプを見てもよくわからず、質問させていただきましたが、ご説明でようやく合点がいきました。

確かに、目当ての記号ウインドウが開かれました。
結果としてはこれで問題ないのですが、ただWindowsの場合、F10を3~4回押すと記号ウインドウが出てきました。

私はWindows時代からATOKパレット(R漢などが表示されるバー)を非表示にして使用しておりましたので、この操作では常にパレットを表示させておかなければならなくなります。

Macでは、そもそもファンクションキーでの記号ウインドウの操作はできないということなのでしょうか。

もしご存じでしたら、引き続きご回答いただければ幸いです。
※その際は新しい回答としてご記入いただければと思います。

お礼日時:2010/04/19 13:08

「記号バー」とは、いったいなんのことでしょうか?ATOK 2009のヘルプで検索しても見つかりません。

こういうだれが読んでいるかわからない場所で、内輪だけで通じる言葉、俗語を使用するのは好ましくありません。ATOKのマニュアル、ヘルプに載っている用語、ということを基準にして、言葉を選んでいただけませんか?

いまのMacintoshでは、F10には「アプリケーションウインドウのExpose」という操作が割りふられているので、これにATOKの操作を割り当てるには、まずシステム環境設定>キーボード>キーボードショートカットで、「アプリケーションウインドウのExpose」のショートカットを無効にするか変更する必要があるでしょう。そののち、ATOKの機能(キー・ローマ字カスタマイザ)を使って、ATOKのショートカットをカスタマイズします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/20 14:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング