琴初心者です(半年)。

実技だけでなく、邦楽の楽典や理論など初心者向けの本を探していますが、普通の書店にはありません。誰か教えて下さい。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

芸大の安藤先生がかかれたものがわかりやすくかかれています。


絶版になっていますが ことやさんにのこっているかもしれません。
    • good
    • 1

生田流の方でしたら、Amazonで、「生田流の箏曲」という本が販売されています。


楽器篇・学理篇・技術篇・歴史篇が、写真入りでとてもわかりやすく説明されています。。
    • good
    • 0

 私もちょっとやってますが、先生に聞いてみてはいかかでしょうか!?…参考になるかどうかわかりませんが、小野衛先生の「琴教則本」は?…もしかして、技術中心になってしまっているかもしれませんが、私が最初にお琴に触った時に使った本(!?)です。

半年だと、もう「六段の調べ」はやりました!?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

aona様、回答ありがとうございました。まだ始めたばかりでまったく勝ってがわからず(オスなどの記号の意味もいまだ分からないものもある。。。。。。)、ただ弦をはじくのに必死だったため、質問した次第です。教えていただいた本、早速捜してみます。技術中心ですか、勉強になりそうですね。少しずつでも上達するように頑張ります。

お礼日時:2001/05/29 15:40

琴を売っている店に聞いたら判りませんか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

その通りかもしれませんね。

まだ身近なお店を知らないので、早速調べてみます。

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/01 21:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q師範免許をとるまでの必要なお金について

私は以前、お琴を習っていたことがあります。
結婚を機に、いったん辞めたのですが、また挑戦してみようかな、と思ってきました。

ただ、習っていたときから気になっていたのですが、師範免許を取ろうと思ったら、いったいいくらかかるんだろうって。
私は純粋にお琴を弾きたかっただけなので、そういう免許関係の試験はお断りして練習させてもらっていたのですが、どうせならやっぱり師範免許が欲しい。

でも師範免許を取るまでには、何段階も試験を受けなくてはいけないし、試験代とは別に先生へのお礼なんかもかかる、って話まで聞こえてきます。

お琴の世界だけに限らず、一般的に人に教えることの出来る芸事の免許を取るまでにはどれくらいかかるものなんでしょう?
茶道でも華道でも、全然違う世界のものでもかまいません、教えてください。

Aベストアンサー

私は生田流の筝と三弦の師範の資格を持っているものです。
免状料金は所属する会派によって異なるかと思いますので、以下の記述はすべて某会派の例としてご参考になさってください。(今年4月時点での規定に拠ります)
 
免状料金
「階級」(筝・三弦ともに同額)
 初伝   5万円
 中伝   7万円
 奥伝   8万円
 皆伝  10万円
 
「職格」
 助教  20万円
 教師  30万円
 師範  50万円
 大師範 70万円
 
人に教えたいというのであれば、最低でも助教のお免状が必要になりますが、そのためには、筝だけではなく、三弦も皆伝まで受ける必要があります。
助教までは昇格試験はありません。段階的に所定の曲を修めれば、お免状を頂けます。
教師については、会派の所定の試験に合格しなければなりません。
師範については、教師免許を持ち、所定の曲を修め、数度の講義(実技)を修了すれば頂けます。
大師範については、師範免許者のなかで特に功績のある人にお免状が授与されることになっています。
ちなみに、お免状を受けると師匠にお礼をするものですが、教師以上のお免状を受ける場合には、師匠だけではなく、師匠の親師匠、そして家元にもお礼が必要です。(師匠だけでいいような気がするんですけどね…)
ちなみに、私は師範になって十数年になりますが、職格の免状料金はほぼ当時のままです。

hirorinkappaさんは、ご結婚を機に辞められたとのことですが、お免状はお持ちですか?
もしお持ちの場合、新たに他の会派で習うとなりますと、また最初からお免状を受けることが必要になると思います。(私の所属する会派ではそういう決まりになっています)

私は生田流の筝と三弦の師範の資格を持っているものです。
免状料金は所属する会派によって異なるかと思いますので、以下の記述はすべて某会派の例としてご参考になさってください。(今年4月時点での規定に拠ります)
 
免状料金
「階級」(筝・三弦ともに同額)
 初伝   5万円
 中伝   7万円
 奥伝   8万円
 皆伝  10万円
 
「職格」
 助教  20万円
 教師  30万円
 師範  50万円
 大師範 70万円
 
人に教えたいというのであれば、最低でも助教のお...続きを読む

Qお琴の譜面の読み方がわかるURLor本

お琴を習い始めて1年半ですが、復習・予習の為に譜面の読み方が掲載されているURLもしくは本を探しています。

新しい記号が出てくるたびに先生に教えてもらっていますが、ある程度の予習や復習はやはり必要だと感じました。

どなたかご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

お筝のホームページは結構ありますよ。
「筝曲部」ここにはたくさんリンクがあります。
http://kiuchi.jpn.org/souhome.htm
「伊豆高原研究室」ここから「お琴のおけいこ」をクリック。見事です。
http://www10.ocn.ne.jp/~oishii/

教本やビデオは、和楽器の専門店にいろいろあります。
たとえば、こちら「日野屋和楽器店」
http://www.hinoyawagakki.com/index.html

ビデオ「お筝入門」
http://www.wagakki.com/product_info.php?products_id=16&osCsid=a81a560e2dde680bbc4386c7e9a35681


人気Q&Aランキング