『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

(1)カラー映画です。
(2)ちょっとコメディ仕立てだと思います。
(3)ラストシーンで主人公ふたりが「まだ終わりたくねえよ」といって「THE End」の文字を拳銃で撃ちます。それを2回くらい繰り返して終わり。
自分はこれをずっと「腰抜け二丁拳銃」だと思ってたんですがこないだビデオ買って別の映画だと気づきました。

30年くらい前にテレビで見た映画です。
わかる方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご質問から5年近くたっての回答ですが・・・


ジェリールイス&ディーンマーティンの「底抜け西部へ行く」(米、1956)ではありませんでしょうか。
ちなみに駆け出し当時のシドニーシェルダンが脚本です。
    • good
    • 0

『リオ・ブラボー(Rio Bravo)』(1959年:米)


ディーン・マーチン、リッキー・ネルソン、ウォルター・ブレナン、アンジー・ディキンソンのキャストで、ハワード・ホークス監督ならありだと思います。(ジョン・ウエィンは関係なし)

ただ、「THE Endの文字を…」って別の作品っだったような、記憶不鮮明です。(日本映画か香港映画のギャングものでもあったように思います。)確認のしようもないので、回答の自身なしです。御気に召さなければ、放置で構いません。(イタリアンの可能性はありませんか?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>ただ、「THE Endの文字を…」って別の作品っだったような、記憶不鮮明です。(日本映画か香港映画のギャングものでもあったように思います。)
実はここが一番肝心なとこなんです。日本映画ではなかったですし70年代初めに香港映画はいくらもなかったと思います。
カラーの色合いがテクニカラーの色でしたからおそらく古いアメリカ映画だと思うんです。内容が西部劇だったのは確実だったと思います。ノリとしては珍道中シリーズみたいな感じだったと思います。

お礼日時:2003/06/25 11:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング