ひょっとしたら有資格者しかできない工事なのかもしれませんが、教えてください。(良いサイトが見つかりませんでした)
マンションの1つのコンセントから石膏ボード内を通して数メートルはなれたところにコンセントを増設したいと思ってますが、そこでご質問です。
1.供給元の(2つ口)コンセントの裏側には、穴が4つ空いてますよね。そのうち2つはコンセントに電源を供給している黒と白の線がはまってますが、残りの2つから電気を分配できるのでしょうか?
 または、供給元のコンセントの手前で分配しなければいけないのでしょうか?その場合は分配器みたいなものがあるのですか?
2.新たにコンセントを石膏ボードに付けるときは、石膏ボードに直接ネジ止めできるのでしょうか?
 今のコンセントは壁の奥からしっかりしたメスネジ穴が見えますが、何か専用のユニットボックスみたいなものにはめ込まなければいけないのでしょうか?
以上、ご経験者の方、よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

#3の方の書かれているとおりこの工事は2種電気工事以上を持った者しかしてはいけない工事です。



書かれているような工事は一般的に行われております。渡り配線といって2~3個のコンセントをつないだりします。ただし電線の差し方が悪かったりするとそこから火を噴き火災になります。また電線の這わせ方が悪くて電線の皮に傷が付いて漏電することもあります。これも火災につながります。

 コンセントの取り付けは石膏ボードを挟む金具などもありますが、ボードの開口がマズかったり、コンセントの抜き差しが荒っぽかったりすると開口部の周りが割れたりします。

 後付のボックスというのもありますが、中が狭いので慣れていないと使いにくいでしょう。接続が悪くて火を噴いたときのことを考えるとボックスを仕込んだ方が安全ですが。
電線は延長コードに使っているようなコードは使えません。VVFケーブルと呼ばれる物を使います。
 それと、数メートル離れたところということですが、普通壁の中はボードを止めるために骨組みが333mm~455mm幅で入っていますので横方向には電線が通らないと思います。
 
 最後に、、隠蔽部分の電気工事は安全のための色々なノウハウがありますので、知識のない人があまり気軽に工事しない方がよいと思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ウ~ンン、やはり素人工事は危険とイウことですね。
でも、つなぎ方は良く分かりました。
有難うございました。

お礼日時:2003/06/25 13:16

>ちゃんと繋げば、過電流になればブレーカーが落ちる


一般的な屋内配線では、20アンペアを超えると落ちるブレーカーが設置されています。確かに過電流は保護されます。しかし、電気火災というのは、過電流だけが原因ではありません。たとえ、1アンペアであっても、接続部の抵抗が大きければ(正規の工法でないと)、そこにジュール熱というものが発生し、火災に至ることがあります。この場合、流れている電流はあくまでも20アンペア以下ですから、ブレーカーが落ちることはありません。

>1.の分配方法は「一応」で、本来やらないのですか
No.4の方が書かれているように、2~3個の渡り配線をすることはあります。しかし、貴方が、供給元と考えたコンセントが、既に渡り配線で3~4個目の終末かもしれません。この一連につながったコンセントすべてで、所定の負荷容量に抑えることが必要となります。No.2の方が「計算が必要」といわれているのはこのことです。

>繋ぎ方を教えてください
No.4の方が言われる「安全のための色々なノウハウ」ももちろんありますし、専用の工具も必要となります。1~2箇所のコンセント増設のため、専門学校に通ってノウハウを学び、かなり高価な道具をそろえることは、DIYの趣旨にはずれると思います。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

素人工事は危険ということですね。
有難うございました。

お礼日時:2003/06/25 13:18

1.の答え→残りの二つの穴から電気は「一応」来ます。

しかし、増設したコンセントにつながる電気機器の容量(ワット数)によっては、最初のコンセントも停電してしまうおそれがあります。
2.の答え→石膏ボードにはねじ止めできません。「専用のユニットボックスみたいなもの」が基本的に必要ですが、ボックスを用いない工法もあることはあります。

ところで、マンションは分譲でしょうか、賃貸でしょうか。コンセントの増設は、電気工事士免状(No.1の方もNo.2の方も言われる弱電の資格ではない)を持った者しかしてはなりません。素人工事により、電気火災に発展しても、誰も補償してくれません。マンション1棟を弁償する財力がおありなら、やってみるのもオモシロイかもしれませんね。
質問内容から想像すると、貴方の知識・技能では、絶対になさらない方が賢明かと考えます。
以上、本職の電気工事士より。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

有難うございます。
マンションは分譲です。

室内の見えないところに這っている電気コード(名前は分かりませんが針金状の銅線)をちゃんと繋げば、過電流になればブレーカーが落ちるのですから簡単に工事できると思うのですが...
とても失礼な言い方ですが(ごめんなさい)、リフォームで電気工事のやり方を見ていましたが、なんだこれなら自分でできるな、というのが率直な感想で、2つ口を3つ口には既にDIYしてます。
1.の分配方法は「一応」で、本来やらないのですか?
無理を承知で、よろしければ繋ぎ方を教えてください。

お礼日時:2003/06/24 22:31

現在実際に工事士の仕事はしていませんが、弱電の資格をもっています。



#1さんが仰るように一番怖いのは余計な抵抗(負荷)をかけることでのコードの過熱発火ですね。市販の細いコードを電気が流れることによって負荷がかかり弱い電気ストーブ状態になると思います。

本来はブレーカーの後からもう一個口のフューズブレーカーを増設してコンセントを増やすのが良いかと思います。ただし、現状そのコンセントがあるブレーカーからの負荷がどの程度かかっているかで、余裕があるのならば仰るような工事も可能かと思います。しかしながら、きちんとした計算は必要になります。
    • good
    • 3

まず、弱電の資格が要ります。



正式な工事が必要でしょう。ムリに素人がやると、配線に対してブレーカーが設定されてますので、電気容量が足らなくて落ちまくりになるかもしれません。それどころか漏電を起こしたら火災の原因にもなりかねません。

確かにホームセンターに行けば、該当するパーツは売ってますのでやってやれないことは無いでしょう。ですが、電気工事屋さんにお任せすべきだと思います。

どうしてもというのであれば、コンセントからタコ足的に延長及びコンセントの口数を増やすのはかまいません。つまり、2個口のコンセントから1個のコンセントで分配する形になります。これもちょっと怖い気がしますが…。
    • good
    • 2

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンセント形状とプラグ形状が違う時の変換方法?

エアコンを移設するのですが、移設先のコンセント形状(添付写真)とエアコンの電源プラグ(100v、極々普通にある形状)が合わない時、変換プラグのようなものはないでしょうか?できるだけ簡単に安くできる方法を教えてください。

Aベストアンサー

現状の平刃型プラグ付きコードを切断しhttp://www.monotaro.com/g/00069765/?displayId=23&dspTargetPage=1
等のプラグに交換して使用します。
再引越し等で平刃に復元時は市販のネジ留めタイプを使います。
いずれも機器側の配線なので無資格で出来ます。

Q照明の壁のスイッチに、コンセントを増設する方法。

ブレーカーの容量の関係で、どうしても照明の壁のスイッチ(2個)にコンセント穴(1個)を増設したいと考えております。
早速、3穴のスイッチケースとコンセント部材を買ってきて、セットしました。
次に、現在使用中の2個スイッチを取り外そうとしましたが、黒いリード線と、赤、白の3本しかありません。
コンセントをつなぐには、もう一本壁の中を通して、引っ張ってこないと無理なのでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

文面から察するに
壁にあるスイッチは、電源を共有した
片切スイッチが、2つあるのだと
思われます。

もしどちらかの、スイッチにある線(いわゆるFケーブル)に
接続(分岐させてですが)した場合
照明が点灯していないと、使用する事は出来ません。
常時使うのであれば、ブレーカーから電源を引っ張って来る
以外に方法は、ありません。

ですので、お近くの電気工事店なりに行って
コンセントの増設工事を、依頼して下さい。
他の方も言われておりますが、無資格工事は違法行為であると共に
もし万が一事故を起こした場合は、全ての責任を負う事となります。
たかだか数万円の工事代をケチって、数千万円の損害賠償を
払いますか?

Qアース付きコンセント

アース付きでない一般的なプラグ(2穴)を、アース端子付きコンセント(3穴)に差して使っても問題ないでしょうか?
また、アース付きでないプラグをアース付きに変換できるグッズってありませんか?

現在新築中でコンセント周りを検討中です。
水周りはアース付きコンセントが標準でついているのですが、パソコン等を使うコンセントもアース付きコンセントにしようかと悩んでいます。
購入したパソコンが海外製のためプラグがアース付きの3穴だったので普通のコンセントに差すことができず、3穴から2穴に変換できるアダプターを購入した話しを聞いたので、念のためにアース付きコンセントにしていたほうが良いのではと思い始めました。
3穴から2穴に変換するアダプターはありますが、その逆で2穴から3穴に変換するアダプターってないのでしょうか? 
海外旅行グッズで2穴を3穴にできるものがあったのですが、アースの所がプラスチックになっているようなのでそれでは肝心なアースの機能がないですよね。 でもそういったグッズがあるってことは3穴のコンセントに2穴のものを差すってことは良くないのでしょうか?

また、アース付きコンセントにするメリットとして、
落雷時の故障が防げる、 パソコン等からでる電磁波が軽減される ってくらいが思い当たるのですがいかがでしょうか?
もしアース付きコンセントを設置するなら水回りとパソコンを置く部屋にと思ってるのですが、他にお勧めの箇所はありますか? モデム等はウォークインクローゼットにまとめて置く予定ですがこちらも設置したほうが良いのでしょうか?
アース付きコンセントに変更すると一箇所4000円かかります。そもそも必要ないでしょうか?
まったくの素人です。 何かひとつでもアドバイス頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。 

アース付きでない一般的なプラグ(2穴)を、アース端子付きコンセント(3穴)に差して使っても問題ないでしょうか?
また、アース付きでないプラグをアース付きに変換できるグッズってありませんか?

現在新築中でコンセント周りを検討中です。
水周りはアース付きコンセントが標準でついているのですが、パソコン等を使うコンセントもアース付きコンセントにしようかと悩んでいます。
購入したパソコンが海外製のためプラグがアース付きの3穴だったので普通のコンセントに差すことができず、3穴から2穴に変...続きを読む

Aベストアンサー

最初の質問は、機器本体にアース端子があればそれを繋げた方が安全ですが、アースなしでも使えます。ただし、感電の恐れはある事を承知する必要があります。

後の質問は、@ウラグだけ変換しても無意味です。アースしたいなら、本体とアース線を繋ぐ必要があります。本体にアース端子がない場合は本体を解像する必要がありますが、普通そこまでしないと思います。

Q外壁に防水コンセントを後付けできますか?

現在、家を建てておりますが、建物や内装はほぼ完成しています。
外壁に防水コンセントを付けてもらうように頼んでいましたが、
どうやら付いていないようです。
その他不具合などがあり、明日業者さんと打合せする予定です。

もし防水コンセントを付け忘れていた場合、
付けてもらうよう主張することはできるのでしょうか?
後付けは大変ですか?どんな工程になるのでしょうか?

ちなみに設置予定場所の近くにガスの機械(給湯器?)が置かれています。
そこから電気を取ることが可能でしょうか?電気容量(?)を超過して危険ですか?

外壁や室内石膏ボードなどを剥がしたり、
完成後に外壁に穴をあけるリスクを負うくらいなら、
我慢したほうが良いのでしょうか?悩んでおります。

お詳しい方、ご意見を聞かせてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

我が家が後付で外壁に防水コンセントを付けた時の話です。

建築3年後にクリスマスイルミネーション用に2階ベランダ外壁に3つ
1階外壁に2つコンセントを増設しました。

つけたい位置の部屋側(内側)に室内コンセントがあれば
とっても簡単です。

壁にドリルで穴をあけて、内側に通っている配線から分岐させ
外側にコンセントを設置して防水処理をして終わり。

5つつけるのでも半日もかかりません。

エアコン設置の際に穴をあけるのと比べると
工事としては小さいもののように感じます。

Qコンセントライトの修理

先日、20数年間大切にしていた
コンセントライトを壊されてしまいました。
同じ品が手に入りづらく、破損部位も少ないため、
修理にだして、修理費を負担してもらおうと思います。

ですが、どこで修理に出せば良いか分かりません。
具体的なお店の名前、
もしくはこういう所で直してもらえる、という所を
ご存知でしたら、教えてください。

○参考【破損前のライト】→http://himedaria.exblog.jp/4686267/
○購入場所は不明です。
○場所は東京都内、もしくは郵送でやり取りし、修理して頂ける所が希望です。
○破損部位は、コンセントに差し込むプラグ部分のみです。
○修理費は全額負担してもらうので、購入価格よりも超えても結構です。

Aベストアンサー

この手のものは修理出来ないでしょう。

キャラクター商品でどうしても直したいなら、同種のコンセントライトを購入して傘の部分だけ取り替えるとかしか出来ないと思います。

Q照明の配線は、コンセント配線に転用できますか?

根太むき出しの天井に照明用として配線されているコードなのですが、現在は使用していないのでビニールコードで端を始末された状態でぐるぐる巻きされ、根太に固定されています。

この配線を、コンセント配線として利用することは可能でしょうか?
スピーカーを天井吊する際、アンプの電源をこちらから配線した方が見栄えがいいのではないかと考えています。
以前、シーリングにカチッと付けてコンセントにするような商品をホームセンターで見かけたような気がするのですが、容量的に大丈夫なのかどうか心配です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分で施工は違法です が可能です 照明用の配線とのことですからSWは入れないと電気がきませんね 
方法は単純にビニールテープ(ですよね?)を剥がし 単体コンセント(を買って来て たぶん数百円)の裏の穴に白黒の2線を適正な長さで被覆をめくって差し込むだけで使用可能になります 基本はWと記されているほうに白線だったか 
分電盤でどう分けられているか解りませんが コンセント用の1ブレーカーより照明用の1ブレーカーの方が余裕があると思います

とーっても簡単ですが資格が無いと違法ですからね 
と言ってる私は簡単だから色々と自分で#$%&・・・  あ 資格は無いですが勉強したから知識はあります 

もちろん火事になっても自己責任で・・・ すからね

Qコンセントのタイマーについて!!

コンセントタイマー(家電製品のコンセントを接続し、時間をセットして、時間が来たらその家電製品の電源が切れる機器)には、使用出来る家電製品とそうではない家電製品がある様ですが、私が見たタイマーには、「電源を入れた状態でコンセントを抜いて再びコンセントを差し込んだ時に、抜く前と同じ状態で作動する家電製品に使用出来ます。」と書いてありました。(但し、エアコン・クーラーやタイマー内蔵機器は除く。)

質問は、『電源を入れた状態でコンセントを抜いて再びコンセントを差し込んだ時に、抜く前と同じ状態で作動しない家電製品にも使用出来るタイプ』はあるのでしょうか?
あるとしたら、どんな物がありますか?

Aベストアンサー

『電源を入れた状態でコンセントを抜いて再びコンセントを差し込んだ時に、抜く前と同じ状態で作動しない家電製品にも使用して、電源OFF前と同じ運転状態に復帰させることができる』コンセントタイマーなんてのは、無いです。

ただし、『電源を入れた状態でコンセントを抜いて再びコンセントを差し込んだ時に、抜く前と同じ状態で作動しない家電製品』に対して、普通のコンセントタイマーを『使用』すること自体はできます。
もちろん、復電しても「停電前と同じ状態でその機器が動作」はしないけれど、元電源の供給/遮断用としては普通に使えます。コンセントタイマーとしては、接続された機器の動作までは知ったこっちゃないですって理由で、ああいう風に書かれていいるにすぎません。

~~~

「電源を入れた状態でコンセントを抜いて再びコンセントを差し込んだ時に、抜く前と同じ状態で作動する」ことを停復電動作と言います。一般家電品では複雑な制御を必要としない、照明や換気扇、電気ポット、ホットプレートやコタツ等、単純なON/OFFスイッチ操作で動かすものが該当しますね。

一方で停電復帰しないものは、
・内部電源(内蔵電池)を持たない電気回路で制御しているため、停電前の設定情報を保持できず、工場出荷時の状態に戻ってしまう。
・ユーザーの安全確認を受けないと、故障や安全上の危険を生じる恐れがある
といったもので、全て停電前の動作に復帰しないだけの『理由』があります。

その『理由』を無効化できるコンセントタイマーなんてのは、ありえません。

『電源を入れた状態でコンセントを抜いて再びコンセントを差し込んだ時に、抜く前と同じ状態で作動しない家電製品にも使用して、電源OFF前と同じ運転状態に復帰させることができる』コンセントタイマーなんてのは、無いです。

ただし、『電源を入れた状態でコンセントを抜いて再びコンセントを差し込んだ時に、抜く前と同じ状態で作動しない家電製品』に対して、普通のコンセントタイマーを『使用』すること自体はできます。
もちろん、復電しても「停電前と同じ状態でその機器が動作」はしないけれど、元電源の...続きを読む

Q家庭用コンセント増設 配線

家庭用コンセントの1500Wを超えないようであれば
プラスとマイナス一本ずつ計二本構成の1口しかないコンセントを
渡り線だけで繋ぎ2口、3口に増設してくださいと業者さんに
お願いできるのでしょうか?
負担が大きくなる、と断られてしまいますかね?
高校で習ったことを思い出して簡単に画いてみました

Aベストアンサー

>渡り線だけで繋ぎ2口、3口に増設してくださいと業者さんに…

素人がそこまで口を挟めば、業者は煙たがります。

単に
「1口コンセントを 2口か 3口に交換できませんか」
といえば、快く引き受けてくれます。

1口コンセントをいくつも並列つなぎするのは、接続部分が多くなればなるだけ故障のリスクも増えます。
故障とは、過熱、発火ということです。
もちろん、通常の使用状態では過熱することはありませんが、千に一つ、万に一つの危険性もできるだけ回避したいのがプロの根性というものです。

そんなわざわざ並列つなぎなどしなくても、最初から 2口あるいは 3口のコンセントが販売されています。
そちらに交換するほうが、
・渡り線など不要
・所要時間が半分以下
・部品価格も 7~8割で済む
などのメリットがあり、よほどの事情がないかぎり、プロはお書きのようなことなど、素人の発想と一蹴します。

Q中国での電子機器充電とコンセントプラグ形状について

当方、中国雲南省に旅行計画のある者です。
iPhone5や充電する為のモバイルバッテリー(anker astro M3)、カメラのバッテリー(富士フィルムX-E2)ですが、どれも、純正付属のコンセントプラグやバッテリーチャージャーには100-240Vの表記があるのですが(中国は220V)、充電される側のiPhone5,モバイルバッテリー等、本体にはどれも記載がありません。

そこで質問ですが、
(1)純正付属のコンセントプラグやバッテリーチャージャーがその国の電圧に対応していれば、海外で充電可能と考えて良いのでしょうか?(海外に対応したコンセントの変換プラグは持っています)

(2)また雲南省で主に使用されているコンセントプラグの形状はどの型ですか?
中国は広く、B,C,OやC,BF等、色々な意見があり、雲南省では主にどの形状が使用されているのか分かりません。

どちらかお分かりの方だけでも構いませんので、知識のある方ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

携帯電話やデジカメなどのバッテリーの充電はコンセントからのAC(交流)を充電器でDC(直流)に変換して行います。
(と言うか一般家電製品は全て実際の動差はDCで動いている。)
ですから充電される側のバッテリーは、充電する側の充電器が何ボルトACで作動していようが関係ないのです。
関係するのはその充電器が何ボルトDC(直流)の出圧と何アンペアの電流を出力するかが問題なのです。
ですからバッテリー側に元電源から充電器への入力電圧が記載されていないのは当然のことです。

そこで回答ですが、
(1)その考え方で正解です。要は充電器側への入力電圧が対応していれば何ら問題はありません。

(2)当方上海在住の為、雲南省などのド田舎の正確なタップ形状は分かりませんが、少なくとも上海はAタイプとBタイプの供用、それと別口でOタイプの3種類が一つにまとまったコンセントが主流です。
これは上海に限らず北京のホテルでも同じでした。
感じから言って今の中国で新しめの建物はこの手のコンセントが主流になっていると思います。
Bタイプ、Cタイプも延長タップなどでは使えるものがありますが、実際の壁についている元コンセントはA,BとOが殆どだと思います。
でも、確かに田舎の方へ行き、古い建物だとBやCしか使えないコンセントもあるようですね。
でも、もし仮にタップ形状が合わなくても、現地でいくらでも変換タップは売ってますし、日本で買うよりもはるかに安価で買えますので(ちなみに上海でも10元しません。せいぜい5,6元で買えます)、さほど心配することはありません。

携帯電話やデジカメなどのバッテリーの充電はコンセントからのAC(交流)を充電器でDC(直流)に変換して行います。
(と言うか一般家電製品は全て実際の動差はDCで動いている。)
ですから充電される側のバッテリーは、充電する側の充電器が何ボルトACで作動していようが関係ないのです。
関係するのはその充電器が何ボルトDC(直流)の出圧と何アンペアの電流を出力するかが問題なのです。
ですからバッテリー側に元電源から充電器への入力電圧が記載されていないのは当然のことです。

そこで回答ですが、
(1)...続きを読む

Qコンセント増設したい(定格・方法について)

こんにちは。
こんど電気工事士取得見込みの者です(^^;


正式に取得後は、自分の部屋のコンセントを
増設したいと思ってます。
現在2個コンセントがついているところを、3個
にしようと思います。

で、ふと思ったのですが、よくタコ足配線の
過熱による事故防止の為に、テーブルタップ等の
コードの定格より
多くの電気製品をつながないことが重要ですが、
コンセントに差し込む場合はあまり定格を気にしませんが
コンセント1つで何ワット(家庭の場合)までOK
なのでしょうか?
また、コンセントの壁内部の幹線へと通じる電線(IV線)の定格はどれくらいなのでしょうか?

そして、コンセントを2個から3個へ増設する
場合はすでについているコンセントから渡り線にて
増設のコンセントに並列につなげばいいのでしょうか?

ちなみにこういう工事技術についての手引き書みたい
なのは市販されていますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通常のコンセントの定格電流は15Aです。
ワットにすると1300ワットくらいです(力率により変わります)。
通常屋内配線で使用する電線の許容電流は少なくて19Aです。
コンセントを増設する場合は並列につなげばOKです。
工事方法は状況により変わります。
手引きは電気設備技術基準や内線既定などありますが、あなたが見てもわからないでしょう。
電気工事士になってから工事しましょう。
わからないことはまたここで詳しく聞きましょう。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング