出産前後の痔にはご注意!

合鍵の複製を行っている業者様は、なぜ靴の修理もしているのでしょうか?
鍵と靴の因果関係を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ミスターミニットが始まりではないでしょうか?



ミスターミニットの歴史を見ると
1957 ベルギー・ブリュッセルのオー・ボン・マルシェ・デパート内に「タロン・ミニット」の名称で世界初の「婦人靴のヒール修理サービス店」を開店
1960 合カギサービスとナイフの刃砥ぎサービスを同店にて開始
1964 靴修理用機器と靴修理用材料の自社工場生産開始

http://www.minit.co.jp/company/history/index.html
    • good
    • 0

業務形態が同じだからです。


駅やデパートなどの店舗では、持ち込まれたものを修理する。つまり、そこにいれば完結できる商売ってこと。
で、じゃあ、それを仕掛けたのはどこかというと、合鍵のメーカーです。靴修理に限らず、自転車屋とかはんこ屋など、そういう「待受け商売」やってるとこに複製機械を売り込んで、店頭で副収入が稼げますよ・・・って、そのへんのお店を口説いて回った。ミスターミニッツとかは、そういう業態を複合的にしてFC展開してるってことです。
一方で、金物屋で合鍵ってとこは、販売してる錠のほうから入ってるので、流れは違います。まあ、そういう業態で扱ってたものを、違う業態に持ち込んだってのが、いちばん正しいのかな。

もちろん、靴修理の技術や機械、部材と、合鍵のそれは、まったく違うもので、設備として相乗りする合理性は、一切ありません。メーカーも違うし。
    • good
    • 1

どちらの機会も、形状はよく似ています。



モーターで削るという作業ですから。
おそらく、機械のメーカーも同じようなところではないかと思います。

作業的にも、機械の操作も似ていて、どちらも短時間で通りすがりに作りたいものです。
一緒になっているのも、合理的ですね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合鍵と靴の修理はなぜ一緒?

例外もあるようですが、合鍵作成と靴の修理をいっしょに行っているお店が多いです。

近所にある合鍵&靴修理のお店の人に聞いたところ、
「片方やってても暇だから、ふたつやる。」と言っていました。
しかし、どうもそれは違う気がしてなりません。

なぜ一緒なのか、ご存知な方教えてください。

Aベストアンサー

ミスターミニット社の例で推測できるかもしれません。

同社は、ベルギーのデパート内に1957年「お待たせしない方式の靴修理サービス店」を開店しました。

その後の1960年には(経緯は不明ですが)同店に合鍵作製サービスと刃物研ぎサービスも開始しました。

※どちらもサービス員にそれほど高度な技術を要しないこと、設備も多くのスペースを必要としないので同じ店舗内でできること、どちらも日常生活リペアの範疇にあることなども要因でないかと推察します

その成功により、同社は世界各地に進出、かばん修理も扱うようになり、
サービスの幅を広げた、ということのようです。

このあたりを他の企業も倣っているのではないでしょうか?

Q鍵屋さんと靴修理

このカテゴリーで合っているか分からないのですが…

合鍵を作る鍵屋さんと、靴の修理を兼ねている所ってよくありますよね。
逆に靴屋さんで合鍵を作ってくれるところもありますよね。
どうして一緒に営業しているのでしょうか?
機械が一緒なんでしょうか?

分かる方がいれば教えて下さい。

Aベストアンサー

さほど難しく理由を突き詰めなくとも、単純にその方が売り上げが総合的に上がるから、効率的だからでしょう。

「八百屋」として野菜だけ扱うより、果物も置いておいた方が同じ店舗面積でも売り上げが違うでしょうし、金物屋、文房具屋、ガラス屋などの専門店より雑貨屋、コンビニの方が他用途に顧客ニーズに応えられるわけですからね。

ただ削りくずの出る作業を行う店舗で精密機器を併用して売っても弊害が出るばかりですので、例えば分解修理を行う時計店で合い鍵も作ったりしてますが、その場合、作業にあたるブースは別々に仕切ってあったりしますね。

手先の器用な店主さんが行う商売として、靴屋さんが合い鍵用の研磨機を使えたとしても不思議ではありませんし、共に店舗内で店番しながら出来ますので2枚看板あげるにはお手頃というだけではないでしょうか?

そういう意味では作業形態も違うし、待たせることなくその場でさばかなければならないラーメン屋が合い鍵も作りますっていっても仕事が来ない、2枚看板にそぐわないということですね?

手先技術の面や、お客が相次ぎ回転が勝負といった業種ではない点では、はんこ屋さんが合い鍵もとかってのもありますね。

さほど難しく理由を突き詰めなくとも、単純にその方が売り上げが総合的に上がるから、効率的だからでしょう。

「八百屋」として野菜だけ扱うより、果物も置いておいた方が同じ店舗面積でも売り上げが違うでしょうし、金物屋、文房具屋、ガラス屋などの専門店より雑貨屋、コンビニの方が他用途に顧客ニーズに応えられるわけですからね。

ただ削りくずの出る作業を行う店舗で精密機器を併用して売っても弊害が出るばかりですので、例えば分解修理を行う時計店で合い鍵も作ったりしてますが、その場合、作業に...続きを読む

Q靴修理屋さんと鍵屋はセットなのはなぜ?

タイトルの件です。靴修理屋さんと鍵屋はなんでセットであるんですか?

Aベストアンサー

その業態が多いのは、同業の "ミスターミニット社" が成功しているので、右へ習いした結果だと思います。

 ミスターミニットは、当初、デパート内の片隅で「婦人靴のヒール修理サービス店」を開店し、数年後には、合鍵複製サービスとナイフの刃砥ぎサービスをはじめています。
 どのサービスも、同じような設備で、広いスペースも必要としないので、サービスを広げていけたのでは、ないでしょうか。

Qイエス・キリストを英語読みでジーザス・クライストと読むのは・・・

日本のキリスト教で「イエス様」と呼んで馴染みの深いイエス・キリスト。
私も最初はそう言っていましたが、英語の勉強(いまさらだけど。しかもまだ全然出来ない)をするうちに、ジーザス、と言うようになりました。確かにこれでいくと、ヨハネはジョンになるし、ヤコブはジェームス。ペトロはピーター。
ジーザス、というのは誰でもその呼び方でわかっても、「12使徒のピーターが・・・裏切り者になってしまったジュダは・・・マシュ―の福音が・・・」と英語読みで言うと、「誰それ?」となってしまう。(英語を使用している国は別)
 それでも私はジーザス、と言っています。しかし教会などにおじゃました時はみなさんイエス様、と呼んでいますので合わせています。
 個人的には、ジーザスという響きが一番好き。
しかしこれは良くない?・・・英語で話すときは「THE Gospel According to MATTHEW」で通じますが、日本人同士だと「マシュ―の福音書」ではすごく変なので、通説通りに「マタイの・・・」と言っています。
確かにこれだけばらばらに呼ぶと、「あんた、何語しゃべってんの」と言われても
仕方ないかも・・・全部英語で統一するべきでしょうか。

日本のキリスト教で「イエス様」と呼んで馴染みの深いイエス・キリスト。
私も最初はそう言っていましたが、英語の勉強(いまさらだけど。しかもまだ全然出来ない)をするうちに、ジーザス、と言うようになりました。確かにこれでいくと、ヨハネはジョンになるし、ヤコブはジェームス。ペトロはピーター。
ジーザス、というのは誰でもその呼び方でわかっても、「12使徒のピーターが・・・裏切り者になってしまったジュダは・・・マシュ―の福音が・・・」と英語読みで言うと、「誰それ?」となってしまう。(英...続きを読む

Aベストアンサー

既にご理解しているようですが、イエス・キリストの発音は
国によって異なります。(それから12使徒もですね。)

日本ではなぜ「イエス」と発音するかについてですが、
素人意見ですけれども、日本に始めてキリスト教を伝えたスペイン人が
「イエズス」と発音していたためではないでしょうか。

日本語訳の聖書では、たいてい「イエス」と記述していますので、
とりあえず日本国内では「イエス」でよいのではないでしょうか。
(イエズスという記述をしている日本語訳聖書もあったような気もしますが。
ものみの塔の聖書だったかな...)

ちなみにイスラエルでの発音は「イェズァー」というような発音だそうです。
この名は比較的ポピュラーだったそうで、けっこう「イェズァー」さんと
いう名の人は多いという話を聞いたことがあります。
(この箇所、ちょっと自信なし)

Q本日天気晴朗ナレドモ波高シ……は何故名文なのか?

東郷平八郎が丁字戦法を使ってバルチック艦隊を破った時、
秋山参謀という人が東京にこんな打電をしたそうです。

「敵艦見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、
本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

高木彬光先生の歴史小説の中で「名文中の名文」と謳われていましたが、
どうもしっくりきません。

だって、単なる指令と天候を伝える平叙文じゃないですか。
これだけシャープに必要なことをまとめた、ということが
賞賛されているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連合艦隊は予定どおり、故障艦も脱落艦もなく、直ちに出撃し敵を撃滅することを前文で伝えています。後半の天気の文章も海軍の現場の人にはいろいろな情報を伝えています。即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。砲撃戦に理想の天気である。しかし、海上には高波が見られるので、魚雷艇などを使った細かな作戦を実行するには難がある。本日の戦いは砲撃で決着がつくだろう。

ようやく近代国家の仲間入りをしたばかりの日本の存亡を賭けた戦いを前にして、七、五調の短い電文でこれだけの情報を送れるのは名文でなければ出来ません。しかし、これが決意表明ではなく作戦の変更や指示を仰ぐ電文であれば、決して名文とはいえないでしょう。読む人によって理解が異なるような文章は戦時に使用すべきではないでしょう。やはり戦争に勝ったということと決意表明の電文だったからこそ後世まで語り継がれたのでしょう。

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連...続きを読む


人気Q&Aランキング