ガンダムに出てくる英語の意味

たとえばハマーン・カーンの搭乗する機体、キュベレイは英語でQueen バリー←
(女王やめろ)という単語に似ています。また、ガンダム0083でノイエジールというモビルアーマーがでてきますが、それが、コマンドス3の英語の会話の一部分にノイエジールという発音が出てきます。
以下のURL
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9643161
スナイパーとグリーンベレーが会話しているところの最初にニュウエジールというようなはつおんがでてきます。これはわたしの勘違いなのでしょうか?どうか、わかる方がいましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

キュベレイの語源は、ギリシャ神話のキュベレーだそうですよ。


http://www.infosakyu.ne.jp/~sekkan/qubeley.htm

ノイエ・ジールは、ドイツ語で、新しいゴール(new goal)だそうですよ。

http://74.125.153.132/search?q=cache:dIUuioBn-88 …

アルパ・アジールとノイエ・ジールは語源は一緒なのかと思ったら違うそうで・・・
むしろ勉強になりました笑
    • good
    • 0

発音がよさげな単語(組み合わせ)を適当に考えた


とTVで言ってた気がしますが・・。

要は別に意味はないんじゃないかな。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwatch TV? watch the TV?

「テレビを見る」と英語で言う時、TVにtheをつけないのは何故ですか?
「その試合を見る」だったら「watch the game」になりますか?

Aベストアンサー

少し違う例になりますが…、
「学校へ行く」を英語にすると "go to school" になりますよね。
この場合は生徒が学校に行って「勉強する」という意味が含まれています。
一方、"go to the school" という言い方も「学校へ行く」という意味になりますが、この場合は親などが行事で学校(という建物)に行くという意味になります。

"watch TV" と "watch the TV" もそのニュアンスの違いがあるのではないでしょうか?
「テレビを見る」と言ってもただ単にテレビの箱をじーっと見るわけじゃなくて、テレビで何かの番組を見るという目的がありますよね。

Qwebで英語圏の人と会話

webで英語圏の人と英会話したいと思っていますが、
お勧めのサイトを教えてください。

・会費が安いもしくはフリー
・先方が日本語習得を目的として日本の人と会話したいという
 要望は、できればご勘弁(フルに英語で話したいので)
・細かすぎる会員規約とか、余り制約のないもの

という条件であればありがたいです。
(すみません、わがままで)

Aベストアンサー

webでの希望ですから ここで探されてはと思います。
http://www.japan-eikaiwa.com/online.html

参考URL:http://www.japan-eikaiwa.com/online.html

Q友達との会話で使う英語

スノーボードをしにNZへ来ましたが、未だに友達ができません。
英語もコミニケーションをとる程しかできなくて、趣味の事なら楽しく話せます。それ以外は頭が固くなってしまって。

そこでリフトでさり気なく固い敬語でなくて、友達っぽく使える英語を教えてください。

例えば....
(1)調子はどう?
(2)一緒にスノーボードしてもいい?(数人いる場合)
(3)友達になってくれる?
(4)電話番号を教えて欲しい!
(5)明日も一緒に滑れる?

以上のでこんな言葉使わないよってのがあったり、こんなのはどう?って英語があれば教えてください。

ちなみにどんな感じで友達作ったらいいですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
スノボでNZかぁ・・・。いいですね^^*

コミュニケーションをとる程度できるのであれば、みんな知ってる言い方になってしまうかもしれませんが、普通の会話程度でよいでしょうか?
ちょっと意訳のものもありますが・・・。

(1)調子はどう?
What's up?
How's everything (going) here?

(2)一緒にスノーボードしてもいい?(数人いる場合)
Can I join you?
Do you mind if I join you?

(3)友達になってくれる?
これはあまり聞いたことないです。
Can I join your group? とか、でいいと思います。

(4)電話番号を教えて欲しい!
Can I get your number?

(5)明日も一緒に滑れる?
Can I join you tomorrow again?

とりあえず、「仲間に入れて」とか「一緒にいい?」とかは大体joinで良いと思います。
何にでも使える感じですよ。
とにかくフレンドリーに話しかけてみてはどうでしょうか?
せっかく同じ趣味の人に会うチャンスですし、一生の友達を見つける事ができたらいいですね。

こんにちは。
スノボでNZかぁ・・・。いいですね^^*

コミュニケーションをとる程度できるのであれば、みんな知ってる言い方になってしまうかもしれませんが、普通の会話程度でよいでしょうか?
ちょっと意訳のものもありますが・・・。

(1)調子はどう?
What's up?
How's everything (going) here?

(2)一緒にスノーボードしてもいい?(数人いる場合)
Can I join you?
Do you mind if I join you?

(3)友達になってくれる?
これはあまり聞いたことないです。
Can I join your group? とか...続きを読む

Q会話文の中の会話文

英語の論文を書いているのですが、
会話文の中に会話文というのは英語ではどのように書けばよいのでしょうか。
例えば、

ケンは「あなたは自分に『どうしたら自分は成功できるのか』と自問すべきだ。」と言った。

のような文です。どなたかお願いいたします。

Aベストアンサー

ご質問は、日本語で言えば「 」の中の『 』に当たる部分はどう表記したらいいか、ということですよね。

引用文の中の引用文にはシングルコーテーションマーク' ' を使います。
例文:Mrs. White said, "I heard my servant say, 'Good morning, Mr. Smith,' as I awoke."

こちらもご参考に。
http://www.rondely.com/zakkaya/brk/kuto5.htm

Q英語読めるけどリスニングも会話もダメ

英語はそこそこ読めるのですが、どうしても
聞けるようになりません。
一日一時間程度、NHKラジオ英会話などを、
英文を見ないで聞く→英文を見て聞く。
といったことを繰り返しています。
半年程度では効果ないものですか?
効率的な勉強法ありますか?
よいサイトご存知ですか?
長々とすいません。
今度外資系に転職できそうなので
急いで勉強しています。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

アメリカ人のほとんどは英語を使えますね。 しかし、みんなそのレベルは違います。 たとえば読み書きしゃべり聞き取りはほとんど問題なくても、英語と言う言葉使いこなしているか、と言うとそうではありません。 毎日何か習得しているのです、無意識的にも、また向上心あふれた人であれば意識的に、日本語を使う日本人でもです。 私の日本語を見ていただけばお分かりですね。 100%に近い確率で私は聞き取れます。 (漢字は書けるの?と聞かないでくださいね。<g>)

私は仕事以外では日本語では苦労していません。(相手は大変でしょうが) だからどうだって言うのでしょうか。 仕事に関する日本語を身に付けるようにしているのです。 これは、6ヶ月の言う限定をしていますが、80年でも結局同じことなのです。

何を私が言おうとしているのかお分かりでしょうか。 向上、と言うことなのです。 6ヶ月でできるようになろうとするから焦るわけです。 80年かけて完璧にしようとまず考えてください。 そして、結局言葉を習得するのには完璧と言うものは存在しないのです。 分からないことがたくさんありすぎるからですね。 専門にやっていることであれば詳しくしゃべることもできるでしょう。 しかし、だからといってまったく興味のない、または、経験したことのないことに関してどれだけ輪kる要になると言うのでしょうか。 まずこれはこれでいいですね。

向上と言う事は常に向上しているということであり常に向上させる努力が必要だと言うことでもあります。 しゃべれても営業マンの話術はもてませんね。 営業マンの話術、営業マンの聞く耳は始めてから向上するのです。

そうです。 始めるから向上するのですね。 

でも頓珍漢なことをやっている営業マン、つまり、この向上と言うものを意識して毎日営業話術と聞き取りをしているかどうかで後々が変わってくるわけです。

と言うことで、まず、この半年と言うことはこれから80年間の向上の6ヶ月であると言うことに気が付いて、6ヵ月後にすべてが分かりたいと言わないことです。

でも、やはり6ヶ月を有効に使いたいですよね、だって、6ヶ月で満足度がより高い結果を出したいわけですから。

それについてもうひとつ書かなくてはなりません。 聞き取ると言うことには本当はその実力を測る方法がないのです。 つまり、どんな試験でもこの聞き取り能力をテストすることは難しいと言う事なのです。

なぜなら、試験の内容が自分が経験していない内容、たとえば私が専門的にやっていることなどは英検一級TOEIC満点の人でもとても聞き取る(理解)することはできないでしょう。 聞き取る能力がない、と言うことよりも理解できるだけの知識がないからですね。 ですから、結局何を言っているのかわからない、と言うことになってしまうわけです。

なぜこの件について書いたかと言うと、今から6ヶ月の間で絶対に分からないことが出てくるからなんです。 DVDで映画を見ても同じです。 そして、大切なことは、計れない、と言うことと、分からないことは絶対に出てくる、ということさえ頭に入れておいておけば、詰まったときにまいなす思考に落ちにくくなる、と言うことであり、逆に、やる気が出てくるわけです。

これを私の業界ではIt's not difficult, just challenging.と言う表現をします。 つまり、難しくてできないではなく、今はできないから挑戦しても良い、と言う考えを自分にまず持たせるわけですね。 つまり自分に有効な布石を置いてしまうわけです。

全然分からないと言うことは決してないと思います。 なんとなく分かると言うこともありますね。 自分に満足してください。 昔はできなかったのです。 今ぺらぺらの人でも分からなかったときがあったのです。 そのできなかったことが一歩進んだからなんとなくわかるわけですね。 10単語の文章のうち3個分かったと言うことは次には4個わかるように自分を持っていけばいいわけです。

それをするには、聞いたときの自分で分かった分だけのフィーリングを大切にする、と言うことになります。 それがもしかしたらただプラス的だなマイナス的だなと感じるだけでもいいのです。

それにはどうするかと言うと、もっともっと自分に興味のあること、興味のあるDVDを使って文字だけでなく口調、顔つき、ジェスチャーなどからその雰囲気を感じ取ることから慣れていってください。

日本語の訳に直そうと言う邪推は捨てること。 通訳になるのではないですね。 自分が分かればいいのです。 そして日本語に直さなくてはならないと言うのであれば、わかったことを今度はそのフィーリングを適切な日本語に直せばいいのです。 ですから、分かったと言うことと日本語に訳せると言うこととを混乱させてはいけないのです。

Thank youと言われてありがとうと訳していますか、訳していませんね。 Thank youはThank youでちゃんと感じ取っているわけです。 日本語に直せ、と言われれば、行った人との間柄、その人の性格、その人の口調などから、あなたが、「感謝します」「ありがとよ」「言うだけ言うな、あんがと」「3Q!」そして「サンキュー」と訳すわけですね。

一日一時間これらのことを念頭に勉強すれば6ヶ月180日180時間、学校の2学期分以上自分の為に勉強することになるわけですから、一週間で聞き取りの実力は向上し始めるわけです。 どう向上したかなんて自分で測ろうとしてはだめですよ。 まったく時間の無駄です。

DVDで5-10分の聞き取りたい部分をまず字幕で見て何をいっているのかを文字から知ることです。 そして、その5-10分の部分があなたの教材となるのです。 5分の部分であれば、12回聞くことになります。 どんな単語を言っているのか、また、何を言っているのかはわかっているわけですから、それと音とをマッチさせるために何回も何回も分かっていても聞くのです。 音と意味とそして動作とだけを一生懸命に集中的にするわけです。 大変ですよ、この一時間。 でも、やれば必ず結果ができることであり、また、それが修飾した後からも使えるんだと自分に言い聞かせることもモチベーションにつながり、結局挫折せずに続けることができるわけです。

また、もしDVDをmpegやwmv等に変換して、真空波動剣やNVPlayer等の無料ソフトでスピードを落として聞くことができます。 昔みたいにスピードは落ちるけど音程も低く下がってしまうと言うことはありません。 スピードだけが落ちます。 よって、聞き取りにくい部分はこれを買って50%まで下げることができます。 半分と言うことは本当にスローですよ。

私がこれを見つけたのは時間がないために、スピードを40%ほど上げてmp3に変更したセミナーや講義を聞くためでした。 映画もスピードを上げることができるので2時間物を一時間ちょっとで見終えてしまうわけです。 そしてどうしても聞き取れないけどその部分だけは何が何でも聞き取らなくてはならないと言う部分があったら50%に落とすわけです。

長くなりすぎたので一応ここで終えておきますね。 

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

アメリカ人のほとんどは英語を使えますね。 しかし、みんなそのレベルは違います。 たとえば読み書きしゃべり聞き取りはほとんど問題なくても、英語と言う言葉使いこなしているか、と言うとそうではありません。 毎日何か習得しているのです、無意識的にも、また向上心あふれた人であれば意識的に、日本語を使う日本人でもです。 私の日本語を見ていただけばお分かりですね。 100%に近い確率で私は聞き取れます。 (漢字は書けるの?と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報