末期肝硬変と腹水について
末期の肝硬変の父(60歳)の腹水が、まるで臨月の妊婦のような状態になっています。
先日の受診では、「腹水を抜くと、身体がふらふらし、意識も朦朧とする為、抜くことは出来ない。利尿剤を増やして様子を見ましょう」と医師から言われました。
現在の血液検査の数値は白血球:4.8 赤血球:323 ヘモグロビン:9.8 ヘマグリット:29.0 血小板:8.6 GOT:82H GPT:22 γGTP:185 ALP:480 総蛋白:6.9 アルブミン:2.8 総ビリルビン:3.1 LDH:424 A/G比:0.68 eGFR:45 直接ビリルビン1.6H アンモニア41
という結果になっています。
余りにも腹水がすごく、医師も入院での投薬治療をとおっしゃりましたが本人が拒否。
余命1ヶ月と言われてから、現在約1年半が経過し、医師も「低空飛行でなんとか飛んでいる」と…。
肝性脳症の症状も出始め、食事中座ったまま気づくと寝ていたり、常に微熱があり、尿も余り出なく、尿が出ないと一日中水の様な下痢が続いている状態です。
現在食事もほぼ採れず、一日一食麺類やアイスなら多少食べられる状態ですがアルコールだけは常にウィスキーをロックで一日中飲んでいます。
また、肝臓ガンも最初に3個見つかりそれらは、ラジオ波等で治療したのですが、その後また再発した1つに関しては現在1cm位で、腹水や肝機能の悪さから処置は不可能と言われました。食道静脈瘤はごく小さく破裂の心配はないとの事。
本人は、最後は自宅でと希望しており、入院を拒否していますが、自宅で注意すべき点等アドバイス頂ければと思います。
担当医も、現在生きているのは奇跡的で、予後はここまで来たら予測がつかない。意識がなくなったらすぐに救急車を呼べと言われています。
ここまで、父とも話しアルコール依存症の治療をし、余命を延ばして行こうと担当医含め相談してきましたが父は、拒否し、家族も納得した上で、本人の希望通り飲ませ続ける事を決断しました。
今後どの様な事が考えられるか、在宅で本人が少しでも苦しまないように家族に出来ることがあるか、ご回答頂ければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

残念ながら肝硬変の末期症状が全て出ている様子です。


癌が悪化しなければ、何処かが猛烈に痛む、という病ではないのが幸いです。しかし、今日にも肝性昏睡から旅立ちに進行しても不思議ではないです。
アルコール依存症の治療はもう必要ありません。
やりたいコトをやらせて、食べたいもの、飲みたいものを遠慮なくあげてください。
在宅で死にたい人を支援する専門グループが私の近くの病院にはありまして、私の母を肝硬変で送るときはそれを利用しました。やはり母も家で死ぬ、と言い張ったので。
    • good
    • 7

 私の母も、C型肝炎から肝硬変・肝癌へと進み、腹水が溜まり、妊婦のような状態になりました。

本人の気力で持っていると言われていましたが、最後は肺炎を起こして亡くなりました。
 今の状況は、医学の出来る範囲を超えているので、自宅で頑張っているというお父様の気力と、それを支えているご家族の努力に敬服いたします。

 いまは、お父様のしたいようにさせて、「生きる気力」に頼る他はないと思います。
 心配なのは、体力を消耗させる肺炎や誤嚥などの余病を併発することです。丁寧な看病が第一と思います。大したアドバイスは出来ませんが、ご健闘をお祈り申し上げます。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
生きる気力大事ですよね…。
家族がもう一度、その父の気持ちを酌んで支えていかなければと、改めて思いました。
腹水が溜まり過ぎて、限界に来たのか、昨日私の説得に応じてくれて、明日入院して注射で尿の出を良くする治療を受ける事を決めてくれました。
但し、医師が言うには腹水を急激に抜くこともリスクがあると…。
なんとか、支えて行きます!本当にありがとうございます。

お礼日時:2010/04/26 01:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肝硬変から肝不全!腹水や黄疸や出血傾向の症状あり肝臓にガンらしきものがある(主治医はおそらくガンです

肝硬変から肝不全!腹水や黄疸や出血傾向の症状あり肝臓にガンらしきものがある(主治医はおそらくガンです)
本人はいたって元気に見える。ビールを朝から飲んでいます。食事は、食べると苦しいらしく少しづつ食べています。
余命宣告もありましたが、見た目は元気なんで本当にそんなに永くないの?って思ってしまいます。最期の日は近づいているのでしょうか?

Aベストアンサー

http://morichika.fmed.jp/liver-knowledge/liver-cirrhosis.html
これでいうところの、非代償期の中度から重症の間くらいと推測します。
ここまで来たら、現在の医学ではほぼ確実に一方通行の道です。
余命に関しましては食道静脈瘤破裂などが起きれば、短くなる可能性はありますが、
長くなる可能性はあまりないと思います。

Q肝硬変の末期の治療とは

私の祖母(75歳)が肝硬変の末期と診断され入院しています。
医師から余命3ヶ月位といわれたのですが、本当にもう助からないのでしょうか。悲しくて悲しくてたまりません。
私は父から聞いた話ですので、詳しい検査結果は知らないのですが、膵臓の辺りに水が溜まっていると聞きました。癌細胞は発見されていません。
治療法がなくどうしようもないとすれば、だんだんと痛みが増して本人はとても苦しくなってくるのでしょうか。
何かしてあげられることはないかと考えているのですが、どうかどうか教えて下さい。

Aベストアンサー

わらにもすがる思いなら出来ることはいろいろありますよ。
http://homepage1.nifty.com/morishita_/index.htm
http://www.popuri.info/
我々は他人だから何が良いと断言することはできませんので、ご自分で調べて判断してみてください。
医者の治療なんていうのは無数にある方法のうちのほんの一つです。
この方法でダメなら全てダメなんていうバカな話はありません。
助かる道があるかも知れないのに何もせずに諦めてはいけません。

Q肝臓癌末期 余命1ヶ月といわれ…

私の父は、昨年6月に胃癌がみつかり、肝臓にも小さな転移があり今日まで入院と通院で抗がん剤治療をすすめてきました。
一時は肝臓も胃の方も癌が小さくなり、順調に進んでいたのですが(2月の検査時)今回、肝臓の検査をしたところ大きな癌がたくさんあり今日、突然肝臓癌の末期と宣告されました…
このまま、抗がん剤も何もしなかったらもって1ヶ月。
副作用の強い抗がん剤をしたら数ヶ月は抑えられると。
先生いわく、肝臓の癌が急に大きくなったのは、抗がん剤によって抑えられてたのが一気に爆発して大きくなったのだと…
こんな事ってあるのでしょうか。
今になって体力の落ちるばかりの抗がん剤の恐ろしさに疑問を感じました。
今は、腹水も黄疸もなく特に痛みはないようですが、何も治療しなければもって1ヶ月と言われ、どうしたらよいのかわからない状態です。
本人はとても落ち込みやすい性格なので余命の事は話してありません。

免疫療法など試したほうがよいのか、延命目的で抗がん剤投与したほうがよいのかとても悩んでます。
インターネットでいろいろ調べていますが、情報が多すぎて何を最後の望みで信じたらよいのかわからず困惑してしまってます…
同じように末期の状態で回復された方など、治療法などいろいろと教えていただけたらと思います。お力貸してください。
よろしくお願いします。

私の父は、昨年6月に胃癌がみつかり、肝臓にも小さな転移があり今日まで入院と通院で抗がん剤治療をすすめてきました。
一時は肝臓も胃の方も癌が小さくなり、順調に進んでいたのですが(2月の検査時)今回、肝臓の検査をしたところ大きな癌がたくさんあり今日、突然肝臓癌の末期と宣告されました…
このまま、抗がん剤も何もしなかったらもって1ヶ月。
副作用の強い抗がん剤をしたら数ヶ月は抑えられると。
先生いわく、肝臓の癌が急に大きくなったのは、抗がん剤によって抑えられてたのが一気に爆発して大...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちよくわかります。
私は父をガンで亡くし、姉は末期ガンの治療中です。
私も父には余命を告げませんでした。
私達がしたことは、父にとって何をしてあげるのが1番良いことなのかを考えたのです。意識もなく機械で無理やり生かされていたり、抗がん剤を使って体力も落ち、もがき苦しみながら最後を迎えるのは、見ている家族も辛いですが本人が一番辛いはずだし、本人が望んでいることではないと思ったのです。苦しませずに最後を迎えさせたいという事をお医者さんにも告げ、治療方法はお任せしました。最後の最後は痛みをとる為、少量のモルヒネを使用していました。
だからといって、pu-tyさんのお父様にも・・・ということでは決してありません。
こういった考えもあると言う事だけです。
事前にお医者さんに相談をしてからって事になりますが、カバノアナタケ・サルノコシカケ・レイシ・鮫の軟骨などの漢方も試してみるのも
良いのかもしれません。森林浴も良いそうです。木があり、川や滝がある場所は免疫効果もあると効きました。
決して安いものではないし、効くかどうかはわかりませんが、試してみるのも1つの方法だと思います。
そのお陰かどうかはわかりませんが、父も余命宣告から半年近く長く生きてくれましたし、末期ガンの姉も通常の生活を送っています。

セカンドオピニオンって言う方法もありますので、お父様とって
最善の方法を見つけてあげて下さい。

お気持ちよくわかります。
私は父をガンで亡くし、姉は末期ガンの治療中です。
私も父には余命を告げませんでした。
私達がしたことは、父にとって何をしてあげるのが1番良いことなのかを考えたのです。意識もなく機械で無理やり生かされていたり、抗がん剤を使って体力も落ち、もがき苦しみながら最後を迎えるのは、見ている家族も辛いですが本人が一番辛いはずだし、本人が望んでいることではないと思ったのです。苦しませずに最後を迎えさせたいという事をお医者さんにも告げ、治療方法はお任せしました。...続きを読む

Q彼氏の母親が胆嚢癌末期で余命3ヶ月と宣告されて2ヶ月が経ちます。

彼氏の母親が胆嚢癌末期で余命3ヶ月と宣告されて2ヶ月が経ちます。
今は、食事の量も減り、モルヒネをずっと点滴でしているので1日中寝た状態です。
腹水もたまり、痩せ細り…そんな状態なのに抗がん剤を勧められました?おかしくないですか?

後、こんな状態なのに退院を勧められます。なぜでしょうか?

ベッドのレンタルはいくらくらいでできるんですか?

後、どのくらいもつのでしょうか?

わからないことだらけで苦しむ彼氏をみてるのが辛いです。

Aベストアンサー

私の父も似たような状況でした。病院から出て行くよう言われ途方に暮れていましたが、入院先の病院の「医療相談室」というところが相談に乗ってくれることを知り、そこで転院先を見つけてもらって現在はそちらの病院に入院しています。ある程度の規模の病院であれば、「医療相談室」はあるらしいので相談してみてはいかがでしょうか?自宅で看病するにしても、どんな準備が必要でそれが可能かどうか相談する必要があると思います。病院もこれらが確定するまでは追い出すことはしないと思いますよ。

仮に入院先が見つかっても、今度は患者さんの心のケアや家族の負担などいろいろあります。頑張っても誰一人幸せになれない、という意味では戦争みたいなものかも知れません。

うまくいくことをお祈りしています。

Q来年結婚しようと思っている彼氏の母親が胆嚢癌の末期で余命3ヶ月と宣告さ

来年結婚しようと思っている彼氏の母親が胆嚢癌の末期で余命3ヶ月と宣告されています。
今は、最先端医療のビタミン注射を週3回通い奇跡を信じて治療中です。
裕福な家庭ではなく兄弟で支えあい一回14000円の高額治療費、入院費を払っています。
末期癌で余命まで宣告されていてもこの治療は意味があるのでしょうか?

末期からの克服はありえますか?

Aベストアンサー

去年結婚しました。30歳の女性です。

わたしの父は末期の腎臓癌。
数年前に腎臓を1個摘出して、その後抗がん剤治療をしています。
腎臓癌は他の癌に比べて患者数が少なく、治療の選択肢もかなり少ないです。
今年のはじめに余命3~6ヶ月といわれましたが、本人いわく「まだちょっと大丈夫」とのことです。

義理の父も胃がんでこれまた末期。
抗がん剤治療ができなくなってしまい、いまは自宅で痛みをおさえながら暮らしています。


意味があるかどうかはその人に合うか合わないかの問題なので、はっきりいってわかりません。

わたしの父もはじめは保険の利かない(日本で当時未承認)抗がん剤を使っていました。
入院とかいろいろあって1ヶ月100万円くらいかかってました。
その後保険がきくようになってだいぶ楽にはなりましたけど、裕福ではないのできつかったはずです。
でも父にはあっていたようで癌も若干ちいさくなったりしていました。
高いお金をだしただけあったと思います。


末期であっても、その家族からしたらなんとしてでもいいから奇跡をおこしたい
なおってほしい
だから出来ることであればなんでもしたい。
そういう気持ちで治療をやってます。

なので意味ないかも・・・なんて考えたりはしませんでした。
意味ありそうなことはなんにでも手を出したからです。


ステージIVでも癌の状態によってぜんぜん違うんですけど、余命宣告は普通短めに言われることが多いですし、どうなるかわかりません。
完治はのぞめない状態です。
体力もかなりない状態だと思います。

でも本人とその家族がちょっとでも長く過ごしたいと延命を望んでいるのならば、どんな行為も無意味なことはないはずです。

それでも、おかあさまに奇跡がおこりますように。
あなたと恋人のおもいがつうじますように。
わたしも父と義理の父に、スーパーミラクル奇跡(完治)がおきるようまいにち祈っています(どこの神様も信じていないけど)。

去年結婚しました。30歳の女性です。

わたしの父は末期の腎臓癌。
数年前に腎臓を1個摘出して、その後抗がん剤治療をしています。
腎臓癌は他の癌に比べて患者数が少なく、治療の選択肢もかなり少ないです。
今年のはじめに余命3~6ヶ月といわれましたが、本人いわく「まだちょっと大丈夫」とのことです。

義理の父も胃がんでこれまた末期。
抗がん剤治療ができなくなってしまい、いまは自宅で痛みをおさえながら暮らしています。


意味があるかどうかはその人に合うか合わないかの問題なので、はっきりい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報