痔になりやすい生活習慣とは?

めだかがポップアイになりました。

気づいた時には、結構目が腫れていたので、慌てて隔離しました。
現在、隔離5日目です。
グリーンFリキッドで薬浴をしているのですが、よく調べると
グリーンFゴールドで薬浴しないといけないことに気付きました。
今日にでも、購入する予定なのですが、もう手遅れでしょうか?

めだかは餌は食べるのですが、元気がなくってきたように思います。
画像を添付しますので、どなたか教えてください。

よろしくお願いします。

「めだかがポップアイになりました。」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 眼球突起(ポップアイ)の他に水カビ病を併発しています。

飼育環境にも因りますので一概に言えませんが、春先にはこの疾病は多発しますので注意が必要です。

 水カビ病は伝染しますので、罹患した個体は早期に隔離する等の処方を怠ると同じ水槽にいる個体全てに罹患して対応が遅れる疾病です。眼球突起はその症例の一つですので、眼球の濁りが出ていますから疑いはあります。

 薬品の処方箋ですが、どちらでも構いません。早期に処方をしないと細菌を増殖させる事になりますので、リキッドは原液を処方し、ゴールドは粉末薬を湯煎して処方するので内容は一緒です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

水カビ病も併発してるんですね。
気づきませんでした。。。

薬品が今のままでいいのは安心しました。
根気よく治療を続けていこうと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/26 09:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメダカの目が出ています。

ヒメダカを飼って3年くらいです。
4日前くらいから左目がとび出てきました。
ネットで検索して薬品を入れたほうがいいかと思い、店員さんに薦められたメチレンブルー水溶液を買って2リットルの水に1滴入れました。
5日くらい前に変えた水だったのでかえずにそのまま入れました。
今は入れてから3時間くらい経ちます。
今のところメダカに変化はありません。
目が出る頃か水を替えた頃から上に上がったりしないで底を口でつついてばかりいます。
尾ひれやからだに白い点などはありません。
この目が出るのは治るんでしょうか?
また、どこか間違った処置がありましたら教えてください。


飼育環境はガラスの器(2リットルくらい水が入る)に1匹です。
砂利はしいていません。水草(ホテイ草)は冬に枯れてしまったので取り除き、ないままです。
酸素プクプクもろ過装置もしていません。
ひどい環境だったと反省しています。

Aベストアンサー

痩せた為に目が飛び出て見えるようなのでなければポップアイですね。
これを直す方法は現在では明らかにされておりません。
飼育数が多くないのであればエアレーションは必要ないですが、せめてろ過機をつけてあげましょう。
また、どんな病気であっても薬浴後すぐに良くなるわけではありません。
まずは環境を整えるのが先決です。
単独飼育でしょうか?
1匹であればそのままで良いですが、他にもいるなら薬浴用水槽を用意し、そちらで薬浴させてあげましょう。
薬はエルバージュ、手に入らないのであればグリーンFゴールドをお勧めします。
ただ、ろ過機が無い水槽で薬を使用すると薬漬けになってしまいます。
弱ってしまいますので必ずろ過機を使用して下さい。

Q和金のポップアイが2か月近くたってもなおりません。

和金(飼育歴約2年、約体長15cm)が年末から相次いで病気になりました。
病気は今回が初めてだったので試行錯誤しながら、
ほかの症状はなんとか回復してきましたが
ポップアイが治らず、現在も進行しています。
ポップアイを治す方法、あるいは
治らないまでも進行を止めるにはどうすればいいでしょうか。
長くなりまして恐縮ですが、参考までに、これまでの経過と、
現在の症状、現在の対応の仕方を下に書きます。

--<経過>--
最初の原因は和金3尾(仮に和金A,B,Cとします)が
大きくなりすぎて水槽(17L)が狭すぎるようになったことと
昨年12月末の水替え時の水温の急激な変化だと思います。
(発病してから調べました)
それまでは3尾とも非常に元気で、病気をしたことはありませんでした。

最初に3匹すべてに尾ぐされの症状が現れたため、
ペットショップできいて
グリーンFゴールドと0.5%の食塩を併用したところ
尾は落ち着きましたが、和金Aに口腐れがでました。
そのうち、和金Cの様子が急激に悪化し、
急に沈めなくなり、時折狂ったように暴れる症状がでて
数日で死亡しました。
和金Aは元気と食欲がなくなり、目が曇ったようになり
尾びれを畳んでじっとしているようになりました。
和金Bはこの時点では尾ぐされだけで元気でした。

いま思えば、私が薬浴に慣れておらず
薬を入れたら水を取り換えたり、ろ過装置を回しては
いけないと誤解していたので
水質が悪化したせいかもしれません。
ネットで調べて水温と食塩と薬の濃度を合わせて
水替えをする方法を知り、その点は改善しましたが
症状からカラムナリスが原因だと思って
症状の改善が感じられないのでおかしいと思いつつも
薬はグリーンFゴールド顆粒のまま続けました。
目の曇りについて調べましたが、当時はわかりませんでした。

2月初め、和金Aに
突然眼球内に出血のように鮮紅色の塊が現れました。
このときやっとポップアイという症状を知り、
出血だけでなく目が少し出てきていることに気が付きました。
出血はしばらくするとおさまりましたが
今も黒目の周りに黒い跡が残っています。
また、和金Aの背びれの付け根あたり
直径1.5cmぐらい大きさで
人間の青あざのように青黒く色が変わった部分ができました。
(これについては、ネットで調べても似た症例が見つかりませんでした)
そのうち和金Aの目がどんどん出てきて
ついに和金Bにも出血が現れたので、
やっとエロモナス菌を疑い始め
3月初めに薬を観パラD+0.5%食塩に変えたところ、
ひどかった口ぐされが劇的に改善して数日で症状が消え
食欲も出て、和金Aも約1か月ぶりにえさを食べました。
口腐れならカラムナリス症、カラムナリス症ならグリーンFゴールド顆粒だと思いこんで、薬を変えなかったことが悔やまれます。

--<現在の様子>--
口ぐされ病の症状はほぼなくなりました。
尾ぐされの痕跡は残っていますが、病気自体はほとんど治っているように見えます。

観パラDの効果を一番期待していたポップアイは
現在も改善の様子を見せず
和金Aの眼は出目金のように飛び出し
しかも、少しずつ飛び出し方がひどくなっています。
視力はあるようで、目の動かし方は正常です。
その他の様子ですが、2匹とも
食欲はかなり復活し糞もよく出ています。
2月のように一日中じっとしていることはなくなりましたが
発病前ほど活発ではありません。
背びれは広げていることが多いです。

--<現在の対応>--
2~3日おきに15リットル中12リットルを取り換えています。
水は汲み置き水6リットルと
水道水に「きんぎょの水できちゃった」で
カルキ抜きしたもの6リットルを温度合わせをし
食塩60g、観パラD1ml、パワーバクターを規定量加えたものです。
水温は23~25度ぐらいです。
ろ過は「ラクラクフィルターM」のスポンジタイプの
白い部分を外して黒いスポンジだけでまわしています。
餌は食欲が回復してからは朝一回だけ少なめにあげています。
直射日光は当たっておらず、水槽専用の蛍光灯もありませんが
人間の生活時間帯の都合上
夜間、完全に暗くなるのが長くても4時間ぐらいしかないのは
病気に影響するでしょうか?

このやり方をこのまま続けていいのか、
薬害を警戒して薬浴を休んだ方がいいのか
何かを改善したらよいのか
わからなくなり、行き詰まってしまいました。
このままでは本当に目が取れてしまいそうで、
恐ろしくてなりません。
よろしくお願いいたします。

和金(飼育歴約2年、約体長15cm)が年末から相次いで病気になりました。
病気は今回が初めてだったので試行錯誤しながら、
ほかの症状はなんとか回復してきましたが
ポップアイが治らず、現在も進行しています。
ポップアイを治す方法、あるいは
治らないまでも進行を止めるにはどうすればいいでしょうか。
長くなりまして恐縮ですが、参考までに、これまでの経過と、
現在の症状、現在の対応の仕方を下に書きます。

--<経過>--
最初の原因は和金3尾(仮に和金A,B,Cとします)が
大きくなりすぎて...続きを読む

Aベストアンサー

まず、
>口腐れならカラムナリス症、カラムナリス症ならグリーンFゴールド顆粒だと思いこんで、薬を変えなかったことが悔やまれます。
これば正しい治療法です。
間違ってはいません。
ただ、特定の治療法に耐性を持った病原菌もいますので、杓子定規の治療法で効果が無い場合もあります。
一週間~10日程で効果のない薬や治療法は見直した方がいいでしょう。

>水は汲み置き水6リットルと水道水に「きんぎょの水できちゃった」
「きんぎょの水できちゃった」と薬は併用しないで下さい。
薬の効果が軽減します。

>食塩60g、観パラD1ml、パワーバクターを規定量加えたものです。
薬浴中の市販のバクテリア投入は意味がありません。
水換えをして水質の悪化を防いでください。

>ろ過は「ラクラクフィルターM」のスポンジタイプの白い部分を外して黒いスポンジだけでまわしています。
ラクラクフィルターのことはわかりませんが、活性炭を使用した吸着効果のあるフィルターを外しているのであれば大丈夫です。

>夜間、完全に暗くなるのが長くても4時間ぐらいしかないのは病気に影響するでしょうか?
短めとは思いますが、生活のリズムが狂うほうがストレスになります。

薬以外の治療方法としてココア浴もあります。
発病の原因は水質の悪化である場合が多いのですが、餌が原因のポップアイもあり得るとのことです。
参考URLに載せておきます。

参考URL:http://tansuigyo.maxs.jp/a/link9-2.html

まず、
>口腐れならカラムナリス症、カラムナリス症ならグリーンFゴールド顆粒だと思いこんで、薬を変えなかったことが悔やまれます。
これば正しい治療法です。
間違ってはいません。
ただ、特定の治療法に耐性を持った病原菌もいますので、杓子定規の治療法で効果が無い場合もあります。
一週間~10日程で効果のない薬や治療法は見直した方がいいでしょう。

>水は汲み置き水6リットルと水道水に「きんぎょの水できちゃった」
「きんぎょの水できちゃった」と薬は併用しないで下さい。
薬の効果が軽...続きを読む

Q白メダカの片方の目が黒くて膨れているのは病気ですか

こんにちは。質問です。シロメダカの片方の目だけが
黒くややふくらんで異常です。7月29日からおかしです。
泳ぎは普通にしています。
メダカを15匹かっていてその中にいました。今は、隔離しています。
断定できませんがカメラの光にも目があまり反応しませんでした。
すこしふくらんでいます。写真、添付します。どうか
このシロメダカの目の治し方についてご教授下さい。


自分で調べたところ何かの病気かなと思い
検索してみたら
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1329384653


(運動性エロモナス病)という病名がでてきました。

もしかして思ったのですが病気なのか遺伝性なのかどっちなの判別できずかわかりません。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

>今は、隔離しています。どうかこのシロメダカの目の治し方についてご教授下さい。

ポップアイです。エロモナスの病気であっています。水質悪化などが原因です。

エロモナスに有効な薬は、薬の影響でぼぼ全てのバクテリアが死滅するニトロフラン系のグリーンFゴールド、ニフルスチレン酸Naのエルバーシュ、バクテリアに影響が少ない薬のオキソリン酸の観パラD、グリーンFゴールドリキッドなどです。

ポップアイ自体がなかなか治りにくいです。薬を長期間使わないといけないです。それでも治るかわからないです。

飼育水の水質改善、飼育水を清潔にする感じです。水温、定期的な水換えと餌の量に注意します。

隔離してあるメダカに薬を使うと飼育容器が狭くて、体も小さいですのでずっと薬づけになると、薬の副作用に耐え切れず亡くなる可能性がとても高いですが、治療されるなら上に書いたグリーンFゴールドなどの薬を使って治す感じです。

Qめだかの転覆病?

朝どうもなかっためだかが、夜、帰宅して見ると
体を横にしてきりもみしていました。

その1匹だけ、別の入れ物(料理用のメジャーカップ)に移し、
手元にあったグリーンFを少し垂らして様子を見ているのですが
一向に状態が元に戻りません。
ネットで検索してみたのですが「転覆病」というのでしょうか、
体を水平に保てず、横になった状態です。
お腹がぷっくり膨れて、横になっているからか
他のめだかに比べて目が飛び出ているようにも見えます。
その状態でくるくる動き回り(かなり激しく)、
しばらくするとくたっと体を横にして浮いています。
そしてまたしばらくするときりもみするようにくるくる動き回ります。

水温を上げる、絶食させるなど回答例がありましたが、
どの程度どれほどすれば良いのでしょうか。
決定的な治療法?というのがないようなのですが、
えらを激しく動かせてきりきりしている状態を見ているのは
可愛そうで何とかしてやりたいのですが。。。

「ココア浴」というのもありましたが、これは実用性はどうでしょうか。

よろしくお願いします。

朝どうもなかっためだかが、夜、帰宅して見ると
体を横にしてきりもみしていました。

その1匹だけ、別の入れ物(料理用のメジャーカップ)に移し、
手元にあったグリーンFを少し垂らして様子を見ているのですが
一向に状態が元に戻りません。
ネットで検索してみたのですが「転覆病」というのでしょうか、
体を水平に保てず、横になった状態です。
お腹がぷっくり膨れて、横になっているからか
他のめだかに比べて目が飛び出ているようにも見えます。
その状態でくるくる動き回り(かなり激しく)、
...続きを読む

Aベストアンサー

心配すると色々な所がおかしく
見えてきますよね。
まずは落ち着いて、症状をよく確認します。
目が出ていて、横たわる・・・となれば
転覆病とポップアイの併発になるので、
両方ここではふれておきますね。



■症状・・・
転覆の可能性もあり、目が出ているなら
ポップアイの可能性もあります。
メジャーカップでは水量が少ないので
バケツぐらいの器に隔離させましょう。

■ポップアイの様なら・・・
グリーンFでもOKですが、もう1段階
強い薬が「パラザンD」です。
メダカということで薬は箱に書いてある
規定の量より、ちょい少なめに入れて下さい。
同時に塩を0.5%~ぐらいになるように
水に溶け込ませると効果的です。

■転覆病であれば・・・
絶食させてみてください。
症状がまだ軽ければ1~2日でおさまる時もあります。
ただ、転覆病の場合は治るのが難しく、
再発性の高い病気です。
「治っても再び転覆したら絶食で戻す・・・」
というように、うまく付き合っていくものだと
思っておいたほうが無難でしょう。
こちらも一応、塩を0.5%~ぐらいになるように
水に溶け込ませておきましょう。

■水温・・・
市販の魚病薬に含まれている薬効成分は
25℃前後の水温のときに最も高いことがわかっています。
20℃以下や30℃以上になると効率が落ちますので、
薬浴をするときには水温のコントロールをすることで
効果を高めることができます。

■ちなみに・・・
メダカがぐるぐると狂ったように泳ぐのは
「カルキ抜きが十分でない」時に起こります。
温度や水質の中和具合を一度、確認しましょう。


もっと症状が性格に判断できれば
的を絞った回答ができたのですが、
書き込み内容で色々な判断・可能性が
ありましたので、各面でふれときました。

最後に・・・ココアは実証性がないので却下の方向でww

心配すると色々な所がおかしく
見えてきますよね。
まずは落ち着いて、症状をよく確認します。
目が出ていて、横たわる・・・となれば
転覆病とポップアイの併発になるので、
両方ここではふれておきますね。



■症状・・・
転覆の可能性もあり、目が出ているなら
ポップアイの可能性もあります。
メジャーカップでは水量が少ないので
バケツぐらいの器に隔離させましょう。

■ポップアイの様なら・・・
グリーンFでもOKですが、もう1段階
強い薬が「パラザンD」です。
メダカということで...続きを読む

Q子めだかが成長しません。

去年の夏ごろから秋(8月~11月)にかけて、飼っているめだかが卵を生みました。卵つきの水草ごと別の水槽に移して育て、現在孵化した子めだかが約20匹ほどいます。
めだかの飼育についてのHPをいくつか見てみた所、子めだかは孵化から3ヶ月後には親めだかと変わらない大きさまで成長するとありました。ところがうちの子めだかは、一番若いものでも生まれてからほぼ3ヶ月は経っているはずなのに、成魚の大きさまで成長しているものが一匹もいません(最も大きいもので1.5cmほど、小さいもので5mmほどです)。
餌は朝に一日一回、水槽はエアポンプなしです。水草についていたサカマキガイがこの水槽内で大繁殖しつつあるのですが、全て取り除いてしまうとあっという間に水が汚れてしまうので今の所放置しています。

何かご存知の方はご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

卵&稚魚を入れている水槽はどのくらいの大きさですか?
あまり小さいものだと、それに比例した大きさぐらいにしか成長しないと思います。
うちでもメダカを飼育していますが、先に孵化して1リットルぐらいのプラケースで育てている白メダカたちは
数ヶ月後に孵化して30センチ水槽で育てている楊貴妃光の半分強ぐらいの大きさしかありません。

また、エアポンプ(フィルター?)は
できれば設置した方がいいのではないでしょうか。
水槽内で良い環境がすでに出来上がっているのなら問題ないと思いますが…
小さなスポンジフィルターを一つ付けるだけでも
だいぶ違うと思いますよ。

Qメダカの水槽のライトと部屋の明かりについて教えてください。

メダカの水槽のライトと部屋の明かりについて教えてください。

今日、メダカを飼い始めたんですが
水槽に蛍光灯のライトがついています。

メダカも明るいと寝れないと聞いたので夜は消そうと思うんですが、何時ごろ消せばいいですか?


水槽がある場所は
昼は日光が自然に入るのでライトをつけるのは大体暗くなってからです。



それと
水槽のライトを消していても
部屋の明かりがついてると、メダカは寝れませんか?

水槽がある部屋は
夜中まで明かりをつけていることがよくあるんですが…メダカに影響ありますか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

我が家は実に適当なのですが、照明は自分のためと、水草の為です。
外泊するとき消し忘れたら帰って来るまで、点灯したままの時のも有れば、朝点け忘れて暗いままのときも有り、小口モーリーの水槽なんか、稚魚の隠れ家として繁殖しているアメリカンスプライトに、遮られて殆ど明かりの無い状態が、2ヶ月ほど続くことも有りますが、元気です。
明かりには、神経質に成らなくても、大丈夫だと思います。

それより、温度管理と、水質管理が大事です。
他の方と同じですが、窓辺は、温度管理が難しいので、対策が必要かなと思います。

Qメダカが底に沈んで動かなくなります。

メダカが底に沈んで動かなくなります。

1週間くらい前まで元気に泳ぎまわっていたメダカが、
底に沈んで(というか、底に敷いた小石の上に横たわった状態で)動かなくなりました。
時々ぱっと泳ぎだすのですが、以前のように水面まで上がってくることもなく、
餌をやっても上まで上がってこないので餌を食べているのかもわかりません。

こういう状態になる直前に、立て続けに★になっためだかが続いたので、
水質が悪いのかと思い、水を替えました。
水道水を放置してカルキ抜きをした水と、カルキ抜き剤を入れた水の両方を使いました。
(↑以前からこの方法です)

普段から1ヶ月に2~3度くらいは水を替えていますが、
上記のように立て続けに★になったのと、
底に横たわるようになったメダカをみるのは初めてです。

ポンプでエアーを送っていますが、酸素不足でしょうか。
エアーはろ過ドームを使っています。ろ過剤は水交換のたびに新しいものと交換していますが、ドーム本体は最初に買ったものを使っています。

毎朝、★になっていないか、ドキドキして水槽をチェックしています。
どうすればまた元気に泳ぎ回るでしょうか。
よろしくお願いします。

メダカが底に沈んで動かなくなります。

1週間くらい前まで元気に泳ぎまわっていたメダカが、
底に沈んで(というか、底に敷いた小石の上に横たわった状態で)動かなくなりました。
時々ぱっと泳ぎだすのですが、以前のように水面まで上がってくることもなく、
餌をやっても上まで上がってこないので餌を食べているのかもわかりません。

こういう状態になる直前に、立て続けに★になっためだかが続いたので、
水質が悪いのかと思い、水を替えました。
水道水を放置してカルキ抜きをした水と、カルキ抜き剤を入れた...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、先ほどの回答者です。
14リットルくらい入る水槽だと思います。ろ過ドームS単体はまずいでしょう。
そして全交換するろ過材なので損ばかりしますよ。
水はいつまで経ってもただの水で、生物に適さない水のままです。
かなりの数が同時期に亡くなったのは、やはり水が原因でしょう。
これは、縁日の金魚が水槽の無い家に貰われると早死にするのと同じ理由です。



ろ過材というのは、微生物の巣でなくてはなりません。
その巣を一ヶ月に3回も取り除いたら、まるで意味が無いのです。
通常、微生物がろ過材に定着するまで、約一ヶ月かかります。
この一ヶ月の間に、金魚や他の観賞魚は死ぬことがあるのです。
ただし、微生物が定着すれば、亜硝酸が硝酸へ変換できる環境になるので、
水が原因で死ぬことはめったになくなります。

質問者様のように、一ヶ月に3回程度の水換え頻度だと、
低濃度でも亜硝酸がいつまでも残り続け、やがて中毒になります。
頻度をもっと増やせばいいのですが、面倒なのでおろそかになるものです。
もちろんろ過ドームだけで育てている人も居ますが、
水換えは月に5、6回以上になるでしょう。それだけ亜硝酸が怖いからです。

ろ過ドームだけで1ヶ月1回水換えは逆に全滅コースです。
ろ過能力が足りないからです。なので、別のろ過装置が必要になります。

別のろ過装置の場合、最初の一ヶ月を乗り切りさえすれば、
微生物のおかげで亜硝酸はほぼゼロになるんですよ。
たとえ一ヶ月の間にサカナが全滅しても、病気ではなく亜硝酸のせい。
一ヶ月経ってからべつのサカナを入れてあげれば、まず死にません。
まぁ、めだかは乗り切れるでしょうね。うちは大丈夫でした。

その後、ろ過材は捨てずに、軽く表面を洗うだけで数年は同じものを使うのです。
底砂もそうです。3ヶ月か半年に一回軽く洗うだけ。

そして、洗うときに注意するのが、飼育していた水槽の水だけで洗う事。
水道水をつかうと、塩素で微生物が死ぬからです。
バケツやボウルに飼育水を少し移して、そこで優しくもみ洗うだけで大丈夫。

なので、メインのろ過を別の装置で行い、
エアレーションのついでにろ過ドームを入れる、
ろ過ドームはメインじゃないから定期的に中身を替えても問題なし、
というやりかたが普通のやりかたです。あくまで補助ですね。

亜硝酸はこれでなくなりますが、かわりに発生する低毒の硝酸を捨てるために、
一ヶ月に一回程度水替えをします。それでもサカナには最高の環境です。




外掛けフィルター
http://item.rakuten.co.jp/chanet/12305/

ろ過

ボール状ろ過材
http://item.rakuten.co.jp/chanet/20780/
リング状ろ過材
http://item.rakuten.co.jp/chanet/10184/
ウールマット
http://item.rakuten.co.jp/chanet/42720/



外掛けフィルターの中にはろ過ドームのような使い捨てフィルターが入っています。
これを使ってしまえばろ過ドームの惨劇再びですので、
中身を使わずに、別のろ過材を入れるのが一般的です。
ボール状やリング状のろ過材を90%入れ、
ウールマットでウンコを濃し取る。そんな環境にします。
もちろんウールマットは適性なサイズがないんで、はさみで適当に切ります。



ただし、お金に余裕があるのなら、外部フィルターをおススメします。

外部フィルター
http://item.rakuten.co.jp/chanet/10080/

外掛けよりもはるかに多くのろ過材が入ります。
水流が強いので水の吐き出し方向の調節が必要ですが、
これに勝るフィルターは無いといっても過言ではありません。
もちろん、中身は先ほどのろ過材を使います。

ただし、外部フィルターの場合は酸素不足になりがちです。
なので、エアレーションを別に用いるか、ろ過ドームを併用しましょう。



ちなみに酸素の供給についてですが、泡がいくら発生しても意味ないですよ。
水面から供給される酸素が大半ですので、水面がかるく波立つ状態が理想です。
とはいっても、めだかなんかは水流に弱いので、本当に軽いエアーで十分。
水流が強すぎると、泳ぎつかれて死ぬ可能性もあります。



さらに、メダカの数ですが、少々飼い過ぎです。
水1リットルに対し、1cmの観賞魚とお考え下さい。
なので、14リットル入るとすれば、14cm分です。
つまり、2cm程度のめだかであれば、7匹が限界です。
3cmから4cmまで成長しますから、5匹以内が望ましいですね。
タマゴもガンガン産んで増えますし…。

楽しい観賞魚ライフを!

どうも、先ほどの回答者です。
14リットルくらい入る水槽だと思います。ろ過ドームS単体はまずいでしょう。
そして全交換するろ過材なので損ばかりしますよ。
水はいつまで経ってもただの水で、生物に適さない水のままです。
かなりの数が同時期に亡くなったのは、やはり水が原因でしょう。
これは、縁日の金魚が水槽の無い家に貰われると早死にするのと同じ理由です。



ろ過材というのは、微生物の巣でなくてはなりません。
その巣を一ヶ月に3回も取り除いたら、まるで意味が無いのです。
通常、微生物がろ過材...続きを読む

Qメダカが痩せてゆく原因は?

水槽内の1匹が、食欲があまりなく痩せていっています。
元気も以前ほどありませんし、目に力がない感じもします。
他のメダカは全く問題ないのですが原因と対処が思いつくようでしたら教えてください。

エサの量、水質とも問題ないと思います。

Aベストアンサー

「老化、老衰」ではないでしょうか。

病気も似てますが、老けたように見えないでしょうか。
背中が少し痩せこけている。尾に張りがない。目が窪んでいる。など



考えられる事は、4つで老化が早まります。

1.古いエサを与え続けている。
2.硝酸塩などが多い水質での長期飼育。
3.ストレス下での長期飼育。
4.生まれつきのもの。


1は酸化が原因で、強力です。

経験上、エサの喰い付きがいい個体(ボスのような)ほど早く現れます。
メダカのエサは細かいので2~3ヶ月で新しいものと交換がいいと思います。

また開封後は空気になるべく触れぬよう工夫しましょう。
チャック式では空気を抜く習慣をつける。
容器では気休めですが、お菓子の酸化防止剤を入れておくなどです。



2と3は共にストレスが原因です。

水質は見た目で綺麗でもわからないこともあります。検査キットを購入する必要はありませんが、
ただ丁寧に掃除、水合わせをすればすればいいでしょう。
掃除は手に届きにくい所も、もう一度意識してしましょう。

ろ過器を使用していれば、水流もなるべく弱め、負荷を減らしてください。


4は致し方のない事ですが、飼育環境が悪化すると、老化のスイッチが入りやすい個体もいます。


些細なことばかりですが、積み重なると影響もあり、今回は原因が2つ以上考えられそうです。


残念ながら老化であれば止めることが出来ませんが、環境を改善すること(1~3)で緩やかに出来ますし、さらに若返ったように見せることも出来ます。

飼育環境がわからないので、すでにしている事かもれませんが、冷凍アカムシなどの冷凍餌を与える。
魚用のビタミン・ミネラル添加剤を使用する。
添加剤はおまじない程度かもしれませんが、冷凍餌は体格も良くなります。
今回だけの期間限定でも効果はあります。

「老化、老衰」ではないでしょうか。

病気も似てますが、老けたように見えないでしょうか。
背中が少し痩せこけている。尾に張りがない。目が窪んでいる。など



考えられる事は、4つで老化が早まります。

1.古いエサを与え続けている。
2.硝酸塩などが多い水質での長期飼育。
3.ストレス下での長期飼育。
4.生まれつきのもの。


1は酸化が原因で、強力です。

経験上、エサの喰い付きがいい個体(ボスのような)ほど早く現れます。
メダカのエサは細かいので2~3ヶ月で新しいものと交換がいいと思い...続きを読む

Q魚病薬 観パラDとグリーンFゴールドリキッドの違い

熱帯魚の細菌性の病気の治療薬で、
「観パラD」と「グリーンFゴールドリキッド」は
同じ成分の薬剤で、「グリーンFゴールドリキッド」は「観パラD」の含有量が10分の1
と見ていますが、含有量以外に違った面があるのでしょうか?

もし同等だとすれば、「観パラD」を水で薄めると「グリーンFゴールドリキッド」となりますよね。
貧乏的な意見なのですが、価格的に考えると、そのほうが得と思ったりもします。

もしもの時に備えて、薬を保管しておこうと思うのですが、
どちらを購入するほうが良いでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。
・パラザンDの承認はS63,7,14
・観パラDの承認はH17,12,28

カンパラDとパラザンDは、どちらも国の承認を得た主成分は、同じ「オキソリン酸」製剤です。
休日に付き詳細を調べられませんが、変更するとすれば表記義務のない「オキソリン酸を安定させる溶剤や液剤」の変更だと思います。
「溶剤や液剤」を変更することにより、より一層、オキソリン酸の魚毒性が減少するとか、良く水に溶ける、自然分解率が下がるなどの効果が望めます。

蛇足ながら、観賞魚水槽の常備薬は次の3剤がオススメ。

1・白点病やコショウ病などの小型寄生虫対策
・マラカイトグリーン製剤
製品名:ヒコサンZ、アグテンなど

2・グラム陰性菌(エロモナス菌やカラムナリス菌)対抗薬
・オキソリン製剤
製品名:グリーンFゴールドリキッド、観パラD、パラザンDなど

3・真菌(水カビ類)対抗薬
・メチレンブルー製剤
製品名:メチレンブルー

1と2は水草、濾過バクテリアともに被害が無いため、本水槽に直に使用可能。
3は水草、濾過バクテリアともに被害があります。
ですが、真菌には極微量で効果があるたため、水カビが初期ならば、水草、濾過バクテリアに被害の出ない量の添加が可能です。(60Lに対し2~3ml程度)
また、卵のカビ防止にも使えます。(隔離水槽にスポイト1滴程度)

No.1です。
・パラザンDの承認はS63,7,14
・観パラDの承認はH17,12,28

カンパラDとパラザンDは、どちらも国の承認を得た主成分は、同じ「オキソリン酸」製剤です。
休日に付き詳細を調べられませんが、変更するとすれば表記義務のない「オキソリン酸を安定させる溶剤や液剤」の変更だと思います。
「溶剤や液剤」を変更することにより、より一層、オキソリン酸の魚毒性が減少するとか、良く水に溶ける、自然分解率が下がるなどの効果が望めます。

蛇足ながら、観賞魚水槽の常備薬は次の3...続きを読む

Q水槽にフタ要る??

水槽にフタって必要ですか??
池とか養殖場にはついてないですよね。
ペットショップの水槽も上が空いてました。
なぜフタが必要なのですか??

Aベストアンサー

単純に、脱走防止ですよ。

あらゆる魚は定期的に脱走を試みます。
魚の場合、水位を低くすることである程度は脱走を防止できますけどね。

また、脱走するつもりが無くても飛び出してしまうことがあるんです。
水槽の外で大きな音を立てたり、水槽にぶつかってしまったり、
あるいは魚同士の喧嘩がヒートアップしたときなどに、
ロケット花火か!!!という勢いでジャンプすることが稀にあります。

冗談抜きで、魚がフタに衝突する音とか、たまに聞こえますよ。
ライターくらいの小型魚が、ゴッ!と突然音を出すことが。



アナタが熱帯魚を飼うとしたら、数は限られるでしょう?
すると、その魚にとても愛着がわくはずです。
そうなりますと、どうしても「死なせたくない」「逃がしたくない」と思うでしょう。

水槽から飛び出して干物になって死ぬ、という不幸な事故は、
アクアリストからするとかなり悲しい事故なんです。
どんな人だって、水槽の前で24時間座って見つめていられないでしょう?
だから、目を離している隙に干からびないように、ふたをするんです。

魚だけでなく、エビや貝類も脱走します。魚より頻度は高いですね。



ペットショップの水槽にフタが無い理由ですが、利便性の問題です。
お客さんに売るたびにいちいちフタあけてたら手間だから、という。

そして、なにより1匹1匹に対する愛もそれほど無いわけで。
1匹脱走して死んでも、損害額でしか勘定しないでしょう。
だからこそ、利便性だけで考えるわけです。悪い意味ではなく。



養殖場にふたがないのはとても簡単。
管理上難しいというのと、はっきりいって必要ない、という事ですね。
デカイフタをキレイに維持しようとすると清掃の手間がかかります。
ということはつまり清掃に人件費、お金がかかります。無駄なお金です。

そもそも、家庭の水槽よりもかなり深く作られてますし、
魚のジャンプ力よりも、余裕をもって水位を低くしているでしょう。
ふたを用意する必要が、そもそも無いわけです。



フタがあったほうがいいかですが、無いほうが水の状態は良くなります。
水面に触れている空気が循環しやすいので、酸素量は増えるでしょうし。
ただ、フタをすると病気になるほど不健康になるわけでもないし、
ふたをすれば脱走を避けられるわけで。
だったら、フタをしておこうじゃないか、という話なんですよ。

冬場は、水温の低下防止にも役立ちます。熱がこもるので。

尚、夏になるとフタと水面の間で湿度が高くなり、温度が高くなりやすいです。
照明の熱がそこにこもるんですよ。思いっきり。
なので、夏だけ水位を減らしてフタをあける、と言う人もいますよ。
水位を減らすのは、脱走防止ですね。

単純に、脱走防止ですよ。

あらゆる魚は定期的に脱走を試みます。
魚の場合、水位を低くすることである程度は脱走を防止できますけどね。

また、脱走するつもりが無くても飛び出してしまうことがあるんです。
水槽の外で大きな音を立てたり、水槽にぶつかってしまったり、
あるいは魚同士の喧嘩がヒートアップしたときなどに、
ロケット花火か!!!という勢いでジャンプすることが稀にあります。

冗談抜きで、魚がフタに衝突する音とか、たまに聞こえますよ。
ライターくらいの小型魚が、ゴッ!と突然音を出す...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング