先日、電話連絡で幼児・小学生の右脳型教育システム「PAM」という教育ソフトのセールスがあり、妻が説明を聞き内容的には良いのではといっています。
 子供は3歳と6歳で、販売会社は「能○開○○ンター株式会社」というところです。
 教材はCD-ROMと冊子及び2年間のサポートがつくという内容です。
 CD-ROMの内容は子供も興味をもってやっており、説明を受けた限りでは問題なさそうですが、金額は本体セットで約80万円から50万円弱と高額(分割手数料がプラス25万円)なもので、特に付属の冊子は子供は使わないように思われます。
 既存の回答で「迷ったら買わない方がよい」との貴重なアドバイスがありましたが、正直迷っています。
 前述の教材を買って使っている方、使った事のある方など何でも結構ですのでアドバイスいただけると助かります。 よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

個人的な意見だと思って聞いてください。



あまりに怪しくて驚いています。しかも高額・・・。
今、その会社のホームページも見てきましたが、会社案内のところに見覚えのある社名が・・・。
某有名画家の展覧会と称し、その作家のポストカードプレゼント!で釣って、いざ中へ入ると絵を買わせようとするあの会社。

大体、分割手数料がプラス25万円っておかしいと思いませんか?価格の5割ですよ?

申し訳ないですがこの会社および教材に信頼すべきところが全くありませんので、「止めるべき」それが私の意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報をありがとうございます。
「子供のため」と思うとついつい耳を傾けてしまい、色々悩むことしきりです。
あやしい・おかしいなと思いつつも子供の喜ぶ顔をみていると・・・・。
貴君のご意見で踏ん切りがつきました。
今後は慎重に教材を選んでいきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/04 20:28

幼児・小学生の教育で大切なのはいろいろな体験です。


ですから高額の料金を支払う教材を今買うのはおすすめできません。
いくらよい教材でも、直接的な体験にはおよびません。
例えば、1週間教材に取り組むのと、1週間家族での旅行をするのとどちらがいいのか?
もちろん後者でしょう。

子どもにとってはよく遊ぶ(遊びのもつ力は教育的にもすごいです)ことが大切ですね。
遊ぶことで信じられない力が身に付くのです。ゲームばかり、外で遊ばない、勉強ばかりの子は見てすぐわかるほど能力が高いとはいえません。

小学校入学前は、基本的なしつけと(自分でできることはやらせること。何でも手を出すと何もできなくなる)数の概念(これは1個、3枚など親子で楽しく)ひらがなを楽しみながら親子で書いてみることだけで十分です。

教育現場にいるものとしてのアドバイスでした。
    • good
    • 0

このような商品の価格が高いのは、半分以上が販売員の収入になるように設定されているからです。

こういう教材は高すぎます。
それだけのお金を使うので有れば、私なら家族で何回か旅行に行きますね。その方が、よっぽど家族の想い出にもなり、子供にとってもいい体験になると思います。
迷ったら買わない。これが基本です。
    • good
    • 0

あまりにも高額すぎます。


まして分割手数料が25万円とは、この低金利時代に考えられないことです。このことからもまともな営業をしている会社とは思えません。
念のためにこの会社に関してトラブルが無いか、消費者センターや国民生活センターに問い合わせてみるのも必要かと思います。
両センターの電話は市役所などでわかります。

いま、お子様にこれだけの費用をかけられるのでしたら
他に、もっと別のことがあるように思えます。

冷静にもう一度検討されたほうがよろしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
今後は慎重に教材を選び、子供とのコミニュケーションをとる方向に
お金を使っていきたいと思います。

お礼日時:2001/04/04 20:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q右脳教育について

妻が息子(1歳4ヶ月)の教育に七田式右脳教育を取り入れようと私を説得しています。月謝が2万円程度もかかります。
 右脳教育の効果のほどがどのようなものかわからないので評価しようがありません。
よきアドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

経験者としてあまり・・・という感じです。
私は以前音楽教室で働いていたときから七田の音楽教育とかにも多少興味があり
自分の子供が生まれた時には是非と思っていました。
子供が生まれて教室にいきましたがまず楽しんで学べません。
それに子供は風邪をひくことも多く月に二万円はとてもとてもという感じでした。
もしなにかお教室に通いたいのでしたら親子で楽しめる英語教室や音楽教室。
男の子で元気がありあまっているのならスイミングや体操教室。
そしてなんといっても親子共々楽しめる教室がいいと思います。
お母さんがお時間があれば簡単な絵本なんかは子供は覚えてしまいますし、幼稚園にあがる前にひらがなだって覚えられますよ。
ちなみに家の三歳の息子(一歳半から始めました)は親子で英語教室に通っていますが毎週とても楽しみに通っています。レッスンの中で英語の歌を身体を動かして歌いますので音楽教室に通う必要はなしです。
私が子供の頃に毎日何かしらお稽古事や塾に通う毎日ですごいストレスだったので子供にはあまりそういう経験はさせたくありません。
右脳を育てたいのでしたらきれいな音楽やきれいな絵などを見せるとか、絵本を覚えさせるとか家でできることをするくらいでよいと思います。
毎日暇しててというのでしたら音楽教室もよいでしょう。
まあ、親もそしてなんといっても子供自身が楽しめるようでしたら七田さんに行かれるのもよいかなというアドバイスです。

経験者としてあまり・・・という感じです。
私は以前音楽教室で働いていたときから七田の音楽教育とかにも多少興味があり
自分の子供が生まれた時には是非と思っていました。
子供が生まれて教室にいきましたがまず楽しんで学べません。
それに子供は風邪をひくことも多く月に二万円はとてもとてもという感じでした。
もしなにかお教室に通いたいのでしたら親子で楽しめる英語教室や音楽教室。
男の子で元気がありあまっているのならスイミングや体操教室。
そしてなんといっても親子共々楽しめる教室がい...続きを読む

Q日本語教育の教材

ayumu0102 現在、語学勉強での教材つくり(上級者向け)をしているのですが、はじめてなのでどんなことを作ればいいのか悩んでいます

1.日本語学習の教材作りで参考になる本があれば教えて下さい

2.具体的にどのような教材が良いか?
私が考えているのは
・日本語のドラマ(映画)を日本語で見せてそれを要約したりさせる
・何か日本文化に絡ませたものを出してそれについて問題を出す
なのですが、このようなのでも大丈夫でしょうか?

また後者の場合、学習者が興味を示しやすいものって一体どのようなものでしょうか?
宗教、政治、戦争類はデリケートな問題なので候補から外すとして「日本のいじめ問題」「天皇について」でも平気でしょうか?

3.問題を作るとなると具体的にどんなものが良いのでしょうか?
例えば「いじめ問題」を取り上げたとしても「このことについてこのことについて自分の考えを書きなさい」という問題はあまりに大雑把すぎるでしょうか?
上級者レベルなのである程度の日本語が出きることが前提なので、簡単すぎる問題もレベル相応ではありませんし…。

何でもよいので、何かアドバイスお願いします。

ayumu0102 現在、語学勉強での教材つくり(上級者向け)をしているのですが、はじめてなのでどんなことを作ればいいのか悩んでいます

1.日本語学習の教材作りで参考になる本があれば教えて下さい

2.具体的にどのような教材が良いか?
私が考えているのは
・日本語のドラマ(映画)を日本語で見せてそれを要約したりさせる
・何か日本文化に絡ませたものを出してそれについて問題を出す
なのですが、このようなのでも大丈夫でしょうか?

また後者の場合、学習者が興味を示しやすいものって一体どのよ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、ciceroさん。日本の学生が国語を学習するときは、文部科学省検定済み「教科書」を使用します。これが基礎資料になると思います。あとは、NHKの語学講座を何語でもかまいません。なんでも見て、聞いて、教材をどう作っているか、研究することですね。「英語でしゃべらないと」やドイツ語会話など、なんでもかまいません。ラジオ英語会話のストーリー、スキットは、忘れられないものがたくさんありました。ciceroさんが紹介したい、日本の歴史、文化があるのでは。戦争を避けなくても、一緒に考えていく方法もありますよ。憲法9条をどう思うか、討論してもいいとおもいますよ。テーマは、「漫画」「かわいい」「japanese cool」(かっこいい)
「いじめ」「平和」「人間が生きるということ」などなど、流行語大賞のキーワードなどを参考にしてみてください。受講生から、どんなことを勉強したいかが、事前にわかるのなら、協力を惜しみません。(資格はゼロ)
日本にやってくる外国人のことを知るには、「英語でしゃべらないと」が企画満載ですね。論争をさけないで、お互い意見を出し合うほうが、理解がすすむとおもいますよ。仮説社の「日本歴史入門」、「日本の戦争の歴史」「歴史の見方考え方」、そのほかたくさんありますが、授業書の形式になっています。すぐ授業で使えるようになっています。参考にしてみてください。

参考URL:http://www.kasetu.co.jp/index.html,http://www.tarojiro.co.jp/index.html

こんにちは、ciceroさん。日本の学生が国語を学習するときは、文部科学省検定済み「教科書」を使用します。これが基礎資料になると思います。あとは、NHKの語学講座を何語でもかまいません。なんでも見て、聞いて、教材をどう作っているか、研究することですね。「英語でしゃべらないと」やドイツ語会話など、なんでもかまいません。ラジオ英語会話のストーリー、スキットは、忘れられないものがたくさんありました。ciceroさんが紹介したい、日本の歴史、文化があるのでは。戦争を避けなくても、一緒に考えて...続きを読む

Q「日記」教育 効用について説明してもらいたい

私はまったく日記などつけない人間です。
しかし、なんらか過去に自分の書いたものを読むと、そこには思いがけないことがあったりします。今思っている過去の姿(人もの自分社会)などが、実際とは違う妄想に入っている場合もかなりあるということです(これは心理学の分野です)
しかも、嫌いな人や物事はもっと嫌いになるようなことをでっち上げていたり、またあばたもえくぼもある。
そういう意味で、もっと客観的に周りのものを認識できるように、という意味で日記は貴重なものです。

なぜこういう効用について説明がなされないのでしょうか。
私の独断でしょうか。

Aベストアンサー

質問文を読みながら、なるほど、と感心しました。
効用について説明する、という観点から自分の考えをお伝えしたいと思います。

質問者様はどの教育分野での説明をするべきだ、とお考えですか?
例えば心理学が挙げられていました。
「日記における心理分析」ということは考えられますね。
小学生や中学生では日記をつけることを奨励される先生がたくさん居ます。その人たちは、自分を見直すきっかけになるよ、と話します。
これは質問者様の意図にかなり近いと思いますが、アドバイスの領域をでません。
道徳として効用を説く、ということは出来るでしょうが、教育として行うならば実践も求められます。強制されて書く日記に、このような効果は求めにくいように思います。
つまり、教科教育の分野のどれに入るのか、入れられるのか、入れる必要性があるのかという問題があるのだと思います。

世の中にはこのように効果があっても、学校で教えたり効用を説明することになじまない分野があってもいいように思います。

以上、私見です。参考になればいいのですが。

Q教育内容について

学校の課題で、「私たちが教育を受ける理由とは」と「今と昔の教育内容の変化」について調べなければならないのですが、ぜひ教えてください。
それから、できれば「何のために勉強をするのか」についても回答をください。

Aベストアンサー

「何のために勉強をするのか」

自分自身のため。
 知識を習得し知恵を身につけるためです。

「今と昔の教育内容の変化」

現在は知識(メモリー)の教育即ち受験のためだけの教育になっており社会生活に必要な知恵を付ける
教育がないように思います。

Q小中高の情報教育の内容は…

現在では学校での情報教育の状況はどのようなものなのでしょうか?それはどのように行われ、効果的なものなのでしょうか?
また、これからの情報教育をどのように考えるか、皆様のご意見をお聞きしたいと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、学生ですが、若干の関係者ともいえないような、
関係者です。

 小学生では今現在、お絵かきソフトと使っての学習、
もうすこし高度になると、算数のソフトや理科のビデオ
をCD-ROMを使って行われているのが現状
のようです。

 しなしながら、このような学習用CD-ROMは、
出しているソフト屋が少なく、先生方は選択の余地が
ないと聞いています。

 また、著作権の関係からも、パソコン1台につき
1枚のディスクを購入しなければならないため、
また、同じ内容を2度学習することは(例えば理科の
ビデオCDなど)無駄になるため、実際問題として
これらのCDーROMを買う学校は、私立の学校か
村に一つの学校など、経済的にゆとりがある学校に
限られているようです。

 ホームぺ-ジの閲覧も同様で、大きな市では、
一つの学校だけに取り入れるわけも行かず、予算の都合
か知りませんが、学校にはIT革命が少々遠い
存在だと聞いています。

 これから、文部省では「総合的な学習」「生きる力」
として、その一環でパソコン教育も出てくると思いますが、
それはかなり難しいとおもいます。

 先生が、パソコンを使えないのですから。先生は
エクセルやワードはできるでしょう。ただ、
インターネットの設定接続、さらにLANの仕組などまで
熟知している先生が各学校にそんなに多くはなく、
また、各種トラブルに対しても先生方がまだついていけ
ないといった問題があるようです。

 僕個人的に、パソコンは小学生のうちから必要だと
思いますが、それ以上に授業として取り入れるような
例えば「心の教育」など、もっと重要なことが
あると思います。

私は、学生ですが、若干の関係者ともいえないような、
関係者です。

 小学生では今現在、お絵かきソフトと使っての学習、
もうすこし高度になると、算数のソフトや理科のビデオ
をCD-ROMを使って行われているのが現状
のようです。

 しなしながら、このような学習用CD-ROMは、
出しているソフト屋が少なく、先生方は選択の余地が
ないと聞いています。

 また、著作権の関係からも、パソコン1台につき
1枚のディスクを購入しなければならないため、
また、同じ内容を2度学習す...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報