出産前後の痔にはご注意!

スパイラル投法で、ピッチングのコントロールが良くなる、というのを聞いたのですが、

スパイラル投法ってなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 スパイラルを日本語に翻訳すると「回旋」です。

つまり、スパイラル投法とは回旋投法のことです。

 しかし、野球ではどんな投げ方であっても必ず回旋の力を利用しているはずです。
 陸上競技の砲丸投げであっても、上腕部はポンプ式に押し出すとしても、体全体は背骨を軸として回旋させて力を得ています。まして野球の投法ではよほどイレギュラーな投げ方をしない限り、必ず回旋の力を利用していると言えます。

 では、スパイラル投法をあえて普通の投法と区別する理由は何かというと、投球の原理が回旋運動にあることを認識し、「良い投法=回旋運動をむら無く合理的に使う投法である」ということを意識させることにあると言えます。
 手塚一志さんという方が、この理論に先鞭をつけ、二重回旋投法もしくは二重スパイラル投法という形で、積極的に著述していらっしゃいます。手塚さんは二重スパイラル投法をさらに推し進めて、その投法によってジャイロボールを投げることを提唱しています。それでしばしば「二重スパイラル投法によるジャイロボール理論」などとも呼ばれます。

 私も手塚さんの書物をいくつか読みましたが、じつに合理的で説得力に富むものでした。また、著者が述べるように、この理論はただ単に野球のピッチング、ピッチングのみならず、テニス、ゴルフなどのそのほかのスイング系スポーツ全般にも通じるものだと感じました。

参考書籍
 手塚一志著「ピッチングの正体」(ベースボール・マガジン社)
 手塚一志著「バッティングの正体」(ベースボール・マガジン社)
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、ありがとうございます。
昔、野球の科学というシリーズで体の捻りで投げる、というのがあったのを思い出しました。
2重スパイラル、すごそうですね。購入して読んで見ます。
身につけるのはそれなりに修練が必要、という、率直な意見もありがとうございました。参考になります。

お礼日時:2003/06/29 12:37

こんにちは。



スパイラル投法は、体、腕のねじれを利用してパワーを生み出す投球法です。

投球フォームで体や腕をやや精一杯ねじって、そのねじれが元の状態に戻ろうとする力を利用して球のスピードが増す効果が得られます。

普通の投球法と比較して、関節や筋肉に負担がかからない投球法ですが、コントロールの安定にはそれなりに練習量が必要です。
    • good
    • 0

「腕と体のねじれをうまく使う投法」--だそうで、



雰囲気的には野茂の「トルネード」っぽい感じですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスパイラルリリースの意味が・・・

手塚氏の魔球の正体などの本を読んでみました。どれもすごくわかりやすかったのですが、スパイラルリリースの意味がわかりません。
ヒップファーストで並進し、鋭く1stスピンを起こし、2ndスピンを誘い出すとスパイラルリリースができるみたいなのですが、スパイラルリリースになると、球が速くなったりするのですか? なにが起こるのかよくわからないので質問させてもらいました。誰かわかる方おしえてください。

Aベストアンサー

プロ野球の投手の投げた直後の写真などを見たことはありませんか?恐らく大体の投手は投げた直後腕が内側にねじられ、手のひらが上を向いています。また野球に限らずテニスのサービス、バドミントンのスマッシュなどでも腕は内側にねじられながらスイングしています。その本には意識して腕をねじりなさいとは書いてなかったはずです。私たちの体は、物を前に投げるときは自然とねじられるようになっているのです。自然な、理にかなったリリース、それをスパイラルリリースと名づけているわけです。手塚さんは。

野球の指導などでよく言われる「上から腕をまっすぐ振り下ろせ」ということを忠実に実行しようとしすぎると体の自然な動きに反して本当にまっすぐねじらず腕が触れてしまう、それが彼の言う二重振り子運動です。

まあ要するに、スパイラルリリースが出来るようになるということは人間の体のつくりにそった動きが出来るということです。つまり、

1:体に無理を掛けないから、関節などに負担を掛けず故障がしづらくなる

2:自然な動きだから、エネルギーを効率よく使え、球速が速くなる。

3:自然な動きだから、コントロールがつきやすくなる。

といったメリットがある。こういうことだったと思います。参考までに。ただし、人間の体は複雑な構造をしていますし、手塚氏が完全に正しいことを言っているかどうかもわかりませんから、いろんな理論を調べて、自分なりの答えを見つけられるといいと思いますよ。

プロ野球の投手の投げた直後の写真などを見たことはありませんか?恐らく大体の投手は投げた直後腕が内側にねじられ、手のひらが上を向いています。また野球に限らずテニスのサービス、バドミントンのスマッシュなどでも腕は内側にねじられながらスイングしています。その本には意識して腕をねじりなさいとは書いてなかったはずです。私たちの体は、物を前に投げるときは自然とねじられるようになっているのです。自然な、理にかなったリリース、それをスパイラルリリースと名づけているわけです。手塚さんは。

...続きを読む


人気Q&Aランキング