be friendly with / be friends with
上記の熟語の違いと、使い方を教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大体同じ意味かと思うのですが、Googleで引用符で括って


"be friendly with"や"be friends with"のようにして
フレーズ検索すると文例やどれくらい使われてるかとか
とかワカルかと、あくまでザックリな感じですが。。。
    • good
    • 0

英和辞書で、friendlyとfriendを調べてみましたか?



friendlyは友好的で、

friendは友達ですよ。

もともと意味が近いですが違います。 もうすこし何処が分らないのか、補足してくれませんか?

この回答への補足

使い分けを知りたかったのです。

1.be friendly with a person人と仲がよい / 2. be friends with a person〈人と〉親しい[親しくしている] になっています。be friends with a personは(お気に入りの)デートの相手;ボーイフレンド, ガールフレンド, (特に女性の)恋人, 愛人と書いてあります。

1.be friendly with a person
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=frien …
2. be friends with a person
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=frien …

今やってる長文では"be friendly with a person"は「兄弟と仲がいい」と言う使い方で、"be friends with a person"は「職場の人と仲の良い友達になる」と言う意味で使われていました。  

1.he was not so friendly his brother.
2.he couldn't be good friends with some of the professors.

(お気に入りの)デートの相手;ボーイフレンド, ガールフレンド, (特に女性の)恋人, 愛人でもない相手に be friends with a personが使われてたので、質問させていただきました。

補足日時:2010/04/30 09:36
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【都・道・府・県】名前以外にどういう違いがあるのですか?

【都・道・府・県】名前以外にどういう違いがあるのですか?
どなかかご教授くださいませ。

Aベストアンサー

歴史カテじゃないんだから自治体としての面について。

「都」と「道」のみいろいろな特例があります。

○都
・特別区の区域については、都が市の事務の一部を行う。
東京という大きな都市の仕事のうち、広域的なものを都が担当する。
都市計画などですね。この関係で固定資産税・都市計画税は、都の税金です。
都バス・地下鉄も。

さらに、多摩地区も含めて、消防を東京消防庁が統一して担当しています。

○道
道の仕事は、道庁本体ではなく、ほとんどが支庁の担当。
法律で決められたものではないけれど、そうなっている。

Q「We can be friends」・・・友達である?「can be」の使い方、意味を教えてください。

「We can be friends」と言う言葉をテレビの映画で聞きました。
チャンネルを変えてたら、たまたまそのセリフが流れていたところだったので、話しの前後等は全く分かりませんが「友達になることができる・・・という意味だな」と意味を考えていて、あれ?と思いました。
「なる」はbeaomeだし・・・と思い、翻訳サイトで訳してみるとひとつのサイトでは
「私達は友達であるかもしれない」
また別なサイトでは
「私達は友達でありえます」
と訳されました。
「We can become friends」と入れてみると「私達は友達になることができる」と訳されたので、やはり「can be」とは違う意味なのだと思いました。
それで「can be」を調べてみましたが

http://eow.alc.co.jp/can%20be/UTF-8/?ref=sa

こちらのサイトでも色々な使われ方で例文がたくさんあり、結局この場合、どういう意味になるのか、どういう時に使うのか、どういう使い方をしたらいいのか理解できませんでした。

過去の同じ質問も見ましたが、私には少し説明が難しすぎてそちらを読んでもよく理解できませんでした。
「can be」について、どういう意味なのか、どういう時に使うのか、教えてください。

どうぞよろしくお願いします。

「We can be friends」と言う言葉をテレビの映画で聞きました。
チャンネルを変えてたら、たまたまそのセリフが流れていたところだったので、話しの前後等は全く分かりませんが「友達になることができる・・・という意味だな」と意味を考えていて、あれ?と思いました。
「なる」はbeaomeだし・・・と思い、翻訳サイトで訳してみるとひとつのサイトでは
「私達は友達であるかもしれない」
また別なサイトでは
「私達は友達でありえます」
と訳されました。
「We can become friends」と入れてみると「私達...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。11/23のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「We can be friends」・・・友達である?>

前後文脈なしに、この英文をぱっと見で感じ取った意訳は
「私達お友達になれそうね」
です。


ご質問2:
<「can be」の使い方、意味を教えてください。>

1.beは「ある」「いる」「なる」どちらの意味でも使えます。特に、未来を示唆する助動詞と共に使うと、beは実存的な訳し方の「ある」ではなく、「未来の可能性」を示唆す訳し方に伴い、「なる」で訳されることが多いのです。

例:
She is pretty.
「彼女は美しい」
She will be pretty.
「彼女は美しくなるだろう」

2.ご質問文では、canが使われていることにご注目下さい。ここでのcanの用法がこの意訳を解明するポイントになります。

3.ここでは、canは「能力の可能性を示すcan(できる)」ではなく、「蓋然性(起こり得ること)の可能性を示すcan(あり得る)」の用法として使われています。

つまり、「未来の蓋然性」について言及しており、その場合、beは「なる」と訳すことができるのです。

例:
We are friends.(現在の事実)
「私達は友達だ」
We can be friends.(蓋然的未来)
「私達は友達になれそう」
We will be friends.(意志未来)
「私達はきっと友達になれるだろう」

4.ただ、文脈によって解釈が違ってくることもあり得ます。

例:
Whatever happens, we can be friends.
「何が起こっても、友達でいられる」
Even if we grows up, we will be friends.
「大人になっても、きっと友達でいられるだろう」

このような副詞節で条件を提示することで、beは「いる」の訳がふさわしい場合もあります。いずれも文脈次第です。


以上ご参考までに。

こんにちは。11/23のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「We can be friends」・・・友達である?>

前後文脈なしに、この英文をぱっと見で感じ取った意訳は
「私達お友達になれそうね」
です。


ご質問2:
<「can be」の使い方、意味を教えてください。>

1.beは「ある」「いる」「なる」どちらの意味でも使えます。特に、未来を示唆する助動詞と共に使うと、beは実存的な訳し方の「ある」ではなく、「未来の可能性」を示唆す訳し方に伴い、「なる」で訳される...続きを読む

Q中国の唐の辺境統治、節度使と潘鎮、都護府の違いは?

中国の唐の辺境統治、節度使と潘鎮、都護府の違いは?
Wikipediaなどで調べても、それぞれの関係性がいまいちわかりません…。
潘鎮のリーダーのことを節度使というのでしょうか。都護府って潘鎮とどう違うのでしょうか…。詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

藩鎮というのは、日本語というか日本史的に言うと、「大名」みたいなもの。
日本史でも守護大名やら戦国大名やら近世大名やらいろいろなスタイルがありますが、要は「地方を武力を持って統治しているヤツ」

で、初期の唐は中国本土から外に侵略していったので、現地の勢力を見張る軍事力が必要。
というので設置されたのが都護府。
玄宗の時に、中国本土内を中心に置かれたのが節度使。
どちらも、「地方を武力を持って統治しているヤツ」だから、本来の役職名は違っても、藩鎮ということになります。
玄宗が中国本土内に節度使をおいたのは、玄宗が唐の再建をした皇帝だから。
再建をするには武力で見張る必要があるので、中国本土内にも節度使をおいたわけです。
このへんの構造は、室町初期に守護が南朝方を制圧するために足利家によって任命され、いつの間にか現地の武力勢力として独立化していったのに似ています。

Qbe covered with/by の違い

ある問題を解いていて、

be covered with は状態を表し、be covered by は動作を表します

と書かれていたのですが、どういうことでしょうか;;
具体的な例などがあると助かります;;

よろしくお願いします;;

Aベストアンサー

ん~、withとbyを入れ替えて使ったら絶対いけないかと言われると、場合によってはそうとも言い切れないかもしれませんが。発言者の気持ちがちょっと違うといいますか。普通は、こんな感じでは。

●何かの物質・物体で表面を覆う……with
 beef covered with cheese チーズで覆った牛肉
 path covered with fallen leaves 落ち葉で覆われた道

参考 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=cover&stype=0&dtype=1

●coverという行為(動作という言い方が適切とは限らないかも)がイメージされ、それを行う人間などについて言う……by
 music covered by Juju Jujuがカバーした曲
 words covered by this dictionary この辞書が取り上げている範囲の言葉

参考 http://ejje.weblio.jp/content/not+covered+by


ところでwithは、coverとの組み合わせの場合に限らないのですが、「何か具体的な物で、物を使って」といった意味でよく使う前置詞です。

write with a pencil / write in pencil 鉛筆で書く
sing with a microphone マイクで歌う

ん~、withとbyを入れ替えて使ったら絶対いけないかと言われると、場合によってはそうとも言い切れないかもしれませんが。発言者の気持ちがちょっと違うといいますか。普通は、こんな感じでは。

●何かの物質・物体で表面を覆う……with
 beef covered with cheese チーズで覆った牛肉
 path covered with fallen leaves 落ち葉で覆われた道

参考 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=cover&stype=0&dtype=1

●coverという行為(動作という言い方が適切とは限らないかも)がイメージされ、それを行う人間などに...続きを読む

Q都と府と県と道の違い

都と府と県と道の違いを教えてください。記事は読んだのですが、わかりやすく説明していただければ助かります。

Aベストアンサー

これをお読みになればわかります。
http://www.biwa.ne.jp/~toda-m/geo-hist/prefrank.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E9%81%93%E5%BA%9C%E7%9C%8C

Qbe full of be filled with

どうしてbe full with でも be filled ofでもないのでしょうか?of とwithのちがいはここでは何ですか?

Aベストアンサー

>This box is full of flowers.
>という文はまちがいということになりませんか?箱が花という箱とは異なった物質で満たされているのですから、A is filled with B. のみが正しいということになりませんか?

「つまり、with B という言い方は、Aとは異なっているという意味合い」という書き方がまずかったようですね。ここでは、of とwith の比較ですから、「異なっている」とか「同じ」と言っても、比較の問題なのです。ofが持つ感覚に比べて、withが持つ感覚は、例えば、The box
was broken with a hammer.の文と同じで、主語とwith の後に来る語は異なることをニュアンスとして持つわけです。つまり、明らかに例外なく「異なる」と言う意味ではありません。

また、A is full of B. となるのは、AとBが同じものという意味ではありません。もし、容器とその中身が同じものなら、満たすという意味自体が成立しません。
自分は最初の回答で「 ある意味、AがBをもともと備えるのが自然であり、自然に、または、たまたまBでいっぱいになっている」と述べましたが、まさに、問題にされている文は、「AがBをもともと備えるのが自然」な場合になります。
つまり、this box に 花がいっぱい咲くという感覚が特に第三者の行為と意識されず、その箱と花がある意味、一体となったものと意識されれば、自然な表現です。

それから、補足ですが、be filled with は、受身ですから、「誰かの行為を受けて」という感覚がある程度あります。

>This box is full of flowers.
>という文はまちがいということになりませんか?箱が花という箱とは異なった物質で満たされているのですから、A is filled with B. のみが正しいということになりませんか?

「つまり、with B という言い方は、Aとは異なっているという意味合い」という書き方がまずかったようですね。ここでは、of とwith の比較ですから、「異なっている」とか「同じ」と言っても、比較の問題なのです。ofが持つ感覚に比べて、withが持つ感覚は、例えば、The box
was broken with a hamm...続きを読む

Q今さらながら、都・府・県の違い?

何となくイメージはあるのだが・・・
<人口・政令都市・区政・法令に準拠・歴史的経緯・行政府機関の存在>


(1)法令や制定・申請の基準ってあるのでしょうか?

(2)神奈川・愛知等は府に大阪府が都に申請(住民合意の上で)すればどうなるのですか?

Aベストアンサー

補足的にお答えすると、府と県に権限などの違いはありません(道と府、県も違わない)。愛知や神奈川が「府」を名乗ろうとしない事情は分かりませんが、権限が異なるとか格が上とかいう事情がない以上、意味がない(必要ない)と思っている人が多いということだと思います。

ちなみに、地方自治法の規定により、県が府に名称を変えるためには特別の法律制定が必要になるはずですから、政党、あるいは他都道府県出身の議員を説得してまで名称を変えるメリットはないでしょう。

Qbe filled with と be full of

be filled with と be full ofをどのように使い分ければ良いのですか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 この2つを「~が水で満ちている」等と使う場合はほぼ同じように使えますよ。
 そんなに大きな違いは無いように思いますが、fullの方が少し守備範囲が広いと感じます。
 「あの人はユーモアに満ちている」とか「彼は不満でいっぱいだ」等の時はfullがいいですね。
 
 根本的には、fullは形容詞でbe filled withは受動態ですから、fullは状態的、filledは動作的です。
 よって、上記の例文の「ユーモアに満ちている」などはfullでは書けますが、filledではしっくりきませんね。
 形容詞のほうが守備範囲が広いですね。
 
 ただ、ある知らせを聞いて喜びに満ちたというような場合はどちらも使えると思います。
 動作・状態どちらでもあてはまりますので。
 
 説明がヘタクソでごめんなさい。
 

Q「都」「道」「府」「県」の権限の違い

#検索した限りでは過去の質問中に見当たりませんでしたので。
(「道州制」に関する似た質問はありましたが。)

歴史的な経緯ということではなく、都道府県に権限の違いが有るのでしょうか。
特に「府」についてがよく分かりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 与えられている権限に、都道府県の違いはありません。都道府県知事の権限は、全て平等です。ただ、都道府県によっては、該当しない法律がある場合には、その部分についての権限は無い場合がありますが、同一条件下では知事の権限は平等です。

QFriend と Friends の違い

あなたの友達は元気ですか? と聞く時に、一人のことを聞く時は、
How is your friend? 複数を対象に聞くときは、
How are your friends? でいいのでしょうか?
Friend と friends の違いは何なんでしょうか?
Let's be friends.  のfriends は friend ではだめですか?
以上、よろしくおねがいします。  


  

Aベストアンサー

 ひとつには friend は「一人の友人」,friends は「複数の友人」という違いがあります。
 
 もう一つ,「あなたと~は友人同士」という意味で friends と複数になることがあります。
 すなわち,「~と友達になる」を英語では make friends with ~や be friends with ~となります。
 たとえば,I made friends with Tom. で「私はトムと友達になった」という意味になります。I am friends with Tom. も,「私とトム
で2人の友達同士」という意味で用いられます。
 
 したがって,Let's be friends ~は friend にすることはできません。
 change trains「電車を乗り換える」も同じパターンで,相互複数と呼ばれるものです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報