今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

屋内用レフランプ60wをLEDランプに交換できますか

自宅マンションの廊下のランプが屋内用レフ60wの電球を使っています。
今度80歳になる祖母と暮らす事になり、廊下の電気を一晩中つけようと思い、
少しでも消費が少なくなればとの考えで、LEDランプか蛍光灯型ランプが
取り付けられれば変えたいと思っています。
で、近くの量販店に行ったのですが、そこでは代替出来るランプはありませんでした。

ランプの取り付ける形がレフランプの形になっているので、それ以外の形状では
取り付けられないと思うのですが、今販売している中で対応できるランプは有るのでしょうか?

A 回答 (2件)

屋内用の場合、口金さえ合えばレフランプでなくても取りつけられる場合が多いです。


ただし、見た感じ不自然だったり、延長アダプタが必要な場合もあります。
また、電球型蛍光灯は熱の関係で断熱材施工タイプのダウンライトには使用出来ません。


電球型蛍光灯レフランプタイプ60w型
http://www.akaricenter.com/denkyu_keikoutou/palo …
http://www.akaricenter.com/denkyu_keikoutou/neob …
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82 …


LEDレフランプタイプ40w型
http://www.akaricenter.com/hakunetu/mitsubishi/l …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

リンク先を見させていただきましたが、そのままでは口金まで届かないので、
延長ソケットを足せば取り付けられそうです。
ただ、取りつけると天井から飛び出る形になるので、はみ出ない物が有ればと思ったのですが、
やはりそのような物は無いのでしょうかねぇ?

お礼日時:2010/05/01 17:27

どのような照明器具か分かりませんが


器具からランプが出て大丈夫なら
ソケットを延長するものが有ります。

http://www.akaricenter.com/ka1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
確かに延長ソケットをつければこだわらなければ取り付けられそうです。
ただ、今のレフランプが丁度天井に埋め込まれる感じで取り付いてるので、
出来ましたらはみ出ない形のを探しています。
そういうのはやはり無いのでしょうかねぇ?

お礼日時:2010/05/01 17:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLED電球に交換したい

洗面所の電球が熱いので、洗面所に立っているだけで暑くて汗びっしょりにしまうのと、安い電球だとすぐに切れてしまう・・・
という理由でLEDに交換したいのですが、よくわかりませんので教えて下さい!

電球のソケット横に以下のように表示があります。
◆ レフランプ  E26 100V 100Wまで
◆ 一般照明用電球 E26 100V 40Wまで

レフランプという標記の方が1個、一般用の方を2個で使用しています。
レフの方も一般の方もLEDに交換して大丈夫なのでしょうか。

E26口金のサイズで、100W相当、40W相当のものであればどれでも大丈夫でしょうか。
また、メーカーによって性能や持ちは違うのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>E26口金のサイズで、100W相当、40W相当のものであればどれでも大丈夫でしょうか。
照明機器に表記されている消費電力(=w数)の範囲内で、口金が合うならば、ほぼどんな電球をつけても問題ありません。店員さんに、「白熱球で100wぐらいの明るさのLEDが欲しい」と伝えて下さい。

>また、メーカーによって性能や持ちは違うのでしょうか。
違います。パッケージには大抵、消費電力と明るさ、定格寿命消費電力が書いてありますから、より消費電力が低く、より明るく、より寿命が長いものを選んで下さい。あとはおサイフと相談です。


蛇足ですが…

現在一般に出回っている家庭向け照明用電球は、大まかにわけて白熱球、電球型蛍光灯、LEDの三種類です。

白熱球というのは、明るさがほぼw数によって決まっているため、白熱球しかない時代においては単にw数で選べばよかったのですが、白熱球に比べて消費電力(=w数)を抑えた電球型蛍光灯が製品化されました。

従来の白熱球に比べて、電球蛍光灯の消費電力は概ね1/5程度であるため、白熱球と同じように表記して販売すれば、今までw数でのみ電球を選んでいた消費者は混乱してしまいます。そこで、明るさの目安として、「100W相当、40W相当」という表現が生まれました。

次に、電球型蛍光灯よりもさらに消費電力を抑え、熱くなりにくいLED電球が製品化されましたが、LEDは、その性能よって、w数は同じでも明るさがまちまちであるため、ルクスやルーメン(光の強さ、明るさを示す範囲)での表記が多くなりました。「○○ルクス(白熱球○○w相当)」なんて書いてあるものもあります。

以上のような経緯を知っていると、電球選びの一助となる…かも…?

>E26口金のサイズで、100W相当、40W相当のものであればどれでも大丈夫でしょうか。
照明機器に表記されている消費電力(=w数)の範囲内で、口金が合うならば、ほぼどんな電球をつけても問題ありません。店員さんに、「白熱球で100wぐらいの明るさのLEDが欲しい」と伝えて下さい。

>また、メーカーによって性能や持ちは違うのでしょうか。
違います。パッケージには大抵、消費電力と明るさ、定格寿命消費電力が書いてありますから、より消費電力が低く、より明るく、より寿命が長いものを選んで下さい。あとはお...続きを読む

QレフランプとLED電球の対応について

家に以下のレフランプの照明があります。
それをLED電球に付け替えたいと思っています。
完全に一致しなくても構わないのですが、対応するLED電球を教えてください。
よろしくお願いします。
1、東芝 レフランプ RF110V95WM
2、東芝 レフランプ RF110V57WM
3、東芝 レフランプ KR100/110V45W

Aベストアンサー

1.2.3共に「口金サイズ」とワット数を調べて(測って)こちらのサイトで探します
E26は一般電球タイプ、E17は小型電球タイプを選べば間違いありません。

http://www.sharp.co.jp/led_lighting/consumer/index2.html

Qレフ電球の球切れについて

自宅マンションの廊下部分の照明は、レフ電球なのですが、頻繁に球切れします。常に2コ程度の予備を抱えていますが、レフ電球の使用場所が3ヶ所あり、月1回は交換しています。
最近は、電球形蛍光ランプも多く見受けますが、レフ電球は、ネジの部分から細長い形状であるため、一般的な電球の形状では取り付けられません。以前、「ネオボールZ」(東芝)というランプを試してみたのですが、やはり付けられませんでした。
球切れの少ないレフ電球をご存じありませんか?

Aベストアンサー

各社のカタログを見ると、レフ電球の定格寿命は概ね1500~2000時間ですね。実際には点滅の頻度などにもよると思いますが。

110V形もあります。家電量販店やホームセンターの店頭でも見かけます。わが家でもミニクリプトン球を多用していて、100V形がよく切れるので110V形に交換してみたのですが、実感できるほどの差はありませんでした。

今は電球型蛍光灯に全部取り替えています。低格寿命は概ね6000時間。先日交換したときにざっと計算してみたら、カタログ値と大差ない結果でした。
電球型蛍光灯は首の部分に電子回路が入っているので、細いものでも40mm程度はあります。東芝「ネオボールZ」のD形40mm、T形38mmでもダメでしょうか。
器具がE26の場合は、E17変換用のアダプタもあります。電器店などで聞いてみてください。

電球型蛍光灯のレフランプは相当な太さです。わが家のスポット照明用(ナショナル、100W・E26口金)は、基部が50~60mmもあります。

【ナショナル】
 白熱 http://national.jp/product/conveni/lamp/e_bulb/index_g.html
 蛍光 http://national.jp/product/conveni/lamp/cfl/

【東芝】
 白熱 http://www.tlt.co.jp/tlt/lampmura/catalog/cat/01haku.htm
 蛍光 http://www.tlt.co.jp/tlt/lampmura/catalog/cat/05den.htm

【日立】
 http://www.hitachi-hll.co.jp/lamp_all/denkyu.html

各社のカタログを見ると、レフ電球の定格寿命は概ね1500~2000時間ですね。実際には点滅の頻度などにもよると思いますが。

110V形もあります。家電量販店やホームセンターの店頭でも見かけます。わが家でもミニクリプトン球を多用していて、100V形がよく切れるので110V形に交換してみたのですが、実感できるほどの差はありませんでした。

今は電球型蛍光灯に全部取り替えています。低格寿命は概ね6000時間。先日交換したときにざっと計算してみたら、カタログ値と大差ない結果でした。
電球型蛍光灯は首の...続きを読む

Q電球の100Vと110Vの違いについて、

 先日私の父が電球を買いに行きました。そのとき、100Vの物と110Vの物があり、父が店員さんに
 「(一般家庭の電圧は100Vのはずなのに)どうして110Vが売ってるんですか?」と聞いたところ、
 「電柱についている変圧器(樽のような物)に近い家は電圧が110Vぐらいになるので、そのためです。」と言われたらしいのですが、電圧機に近い家に住んでいる人は本当にそのことを知っているのでしょうか? もし、あまり知られていないのなら、110V用はあまり売れないのでは?それならなぜ店に置いているのでしょうか?何か理由があるんですか?
 教えてください。

Aベストアンサー

昼夜間で電圧が変動する地域で(工場の多い地域等は夜間電圧が上昇します)は、
110V電球が必要になるようです。
店舗等で110Vの電球を使うと、多少明るさは落ちますが寿命が長くなり電気代が節約できます。
110Vの電球は需要が本来ならば、あまりないでしょうが、
電気代を節約しようとする人が購入しますので、売れるのではないでしょうか。
下記のサイトに説明が載っています。
http://www.fuji.org/faq.html

QダウンライトにLED、断熱材施工器具かわかりません

ダウンライトにLEDをつけたいのですが、器具が断熱材施工なのかどうか分かりません。自宅マンションは築15年ほどで、型番で検索しても情報が見つからないため質問させていただきました。
器具はパナソニック(当時ナショナル)のNL78855です。特に内側に断熱を示すシールはありません。
断熱材施工器具の場合、対応するLEDが少なく、特に明るいものがないですね。

Aベストアンサー

一番手っ取り早く確実なのは、ダウンライトを外して目視にて確認する事です。
簡単なことですからやってみて下さい。

(1)電球を外す
(2)反射板(ダウンライト本体)を下方向にゆっくり引っ張る

これだけの作業で完全には外れないまでも、ダウンライトと天井の間に10cm程度の隙間が出来るはずです。
この状態で目視できるはずですよ。

元に戻すには、押し上げてやるだけです。

頑張ってやってみましょう。

Q電球の「60W形、100V54W」というのはどういう意味ですか?

浴室の電球に「60W形 100V54W」とありました。前々から思っていたのですが、この60W形の「形」というのはどんな意味なのですか?また、この電球は家庭用100Vの電源で5.4Aの電流が流れ、消費電力が54Wということだと思いますが、これよりも小さいワット数の電球も使用できるのでしょうか?さらに、電球の説明書に「54Wで60Wの明るさ」と記載されていたのもどういうことか分かりません。

Aベストアンサー

電球であれば公称の規格で40W,60W,100Wとなっていました(いろんなワット数の電球を生産するのは無駄なので)。

昨今の情勢から省電力がはやりとなり、従来の60Wの電球と同じ光量でかつ電力が少ない電球が作られたと言うことでしょう。
蛍光灯でも同様になっています。

したがって、「100Vの電源で5.4Aの電流が流れ、消費電力が54W」ということだと思います。

勘ぐると、従来の電球は60Wで公称の光量以上あったのでワット数を下げたのかも(品質の向上でばらつきが押さえられたとか。真空技術の向上で封入ガス圧を下げたとか)。

Qワットをルーメンに換算すると?

お願いします。

ワットをルーメンに換算?すると何ルーメン必要なのか教えてください。

40Wだと、何ルーメン必要なのか?60Wだと?80W、100Wだと?

詳しい換算表などのサイトを探したのですが、見つかりませんでした。

お詳しい方、教えてください。

お願い致します。

Aベストアンサー

20W-170lm 30W-325lm 40W-485lm 60W-810lm 100W-1520lm 日本電球工業会の資料より。数値はE26口金一般電球の場合。
ずいぶん前の新聞の記事にありました。
お役に立つかどうか。

日本電球工業会のHPに同様な記載があります。
http://www.jelma.or.jp/05tisiki/pdf/shoumeiYougo_tan-i.pdf

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qエアコンのドレンホースの掃除方法は?

エアコンから突然、水漏れがしてしまいました。
過去の質問で調べたところ
「ドレンホースの詰まりが原因のことが多い」とのことなので、
お掃除をしたいのですが、どの部分からどうやって掃除したら
よいのかわかりません。

「ドレンホースを掃除機で吸ってみるといい」ということでしたが、
どこから吸ったらいいんでしょうか?
ドレンホースが、どれを指すかはわかるのですが、吸い口がわかりません。
すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

過去の回答も一応見てみました。
私も過去にエアコンの水漏れ経験があります。
原因はいろいろあると思いますが、ドレンホースに限ってということで。

ドレンホースはエアコン本体背面(右or左)から、配管と一緒に束ねられ、
多くは室外機の近くまで行っています。冷房した時に水がポタポタと落ち
ている所が出口です。
もしこのホースに詰まりがあり、それを吸い取るのであれば、一番簡単な
のは、水の出口に掃除機の吸い口を当てて(太さが合わないので工夫が必
要です)吸う事です。ただ、水も一緒に吸い込む可能性も有りますので、
注意して下さい。
もし、エアコン本体側で吸うとなると、もっと大変です。
エアコンのパネルを開けて、フィルターを外します。そうすると熱交換機
という細かいフィンが付いたものが見えます。その下に水の受け皿があり、
さらに左右どちらかに(傾斜し)ドレンホースに繋がる穴があります。
これが見えれば可能ですが、狭いし、普通の掃除機の吸い口ではかなり無
理かなと思います。この場合は吸うというより、穴に向かってストロー等
で吹くしか無いかなと思います。
また、機種によっては、水の受け皿が見えないものもあります。そうなる
と、専門家の手に委ねるしか有りません。
使用状況にもよりますが、予想以上に内部にごみ付着していることがある
ようです。
ご自分でやれそうも無い時は、余計に壊してしまっても損ですので、業者
に頼んだ方が良いと思います。
ちなみに私も先日、業者にクリーニングしてもらいました。
熱交換機のほこりは大したこと無かったのですが、送風ファンにほこりが
びっしりこびりついていて、ビックリしました。
掃除後は、風量が多く(初期の量に戻った)なりました。

過去の回答も一応見てみました。
私も過去にエアコンの水漏れ経験があります。
原因はいろいろあると思いますが、ドレンホースに限ってということで。

ドレンホースはエアコン本体背面(右or左)から、配管と一緒に束ねられ、
多くは室外機の近くまで行っています。冷房した時に水がポタポタと落ち
ている所が出口です。
もしこのホースに詰まりがあり、それを吸い取るのであれば、一番簡単な
のは、水の出口に掃除機の吸い口を当てて(太さが合わないので工夫が必
要です)吸う事です。ただ、水も一緒...続きを読む

Q蛍光灯FL、FLRとは?

いろんな本を探してもFL,FLRの意味を載せたものはいないです。FL,FLRの正式名称はなんでしょうか?教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 FL、FLRは、蛍光灯の点灯方式の違いを表す記号です。
 FLは「スタータ型」と呼ばれ、一般家庭で主に使用されている方式です。
 この方式は、以前は点灯管(俗に言う「グローランプ」)と組み合わせて使用するのが一般的で、電源を入れてから点灯するまでに時間がかかり、特に点灯管が古くなるとさらに点灯が遅くなるといった欠点がありました。
 最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。
 FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用されている方式で、40ワット型がほとんどです。
 この方式は、安定器など点灯回路が点灯管式やインバータ式とは全く異なり、点灯管なしで、多くのランプが一斉に速く点灯する特徴を持っています。
 蛍光灯にはこのほか、「Hf蛍光灯」と呼ばれるものもあり、記号はFHFです。
 注意しなければならないのは、器具により適合するランプが異なるということで、ランプを交換する際には、必ず適合するランプを確認しなければなりません
 もし間違ったランプをつけると、短時間で端が真っ黒になって点灯しなくなったり、器具の故障の原因にもなります。
 一般家庭で使用されている蛍光灯は大抵スタータ型ですが、お店を経営されている方などで、店舗に40ワット型のランプを使用されている場合は、ランプ交換の際には必ず「FL」「FLR」の違いを確認なさるようにしてください。
 なお、「Hf蛍光灯」は、専用器具でなければ使用できません。こうした器具には必ず「Hf蛍光灯専用」と表示されたラベルが器具に貼られています。

参考URL:http://national.jp/product/conveni/lamp/flourescent/index_g.html

 FL、FLRは、蛍光灯の点灯方式の違いを表す記号です。
 FLは「スタータ型」と呼ばれ、一般家庭で主に使用されている方式です。
 この方式は、以前は点灯管(俗に言う「グローランプ」)と組み合わせて使用するのが一般的で、電源を入れてから点灯するまでに時間がかかり、特に点灯管が古くなるとさらに点灯が遅くなるといった欠点がありました。
 最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。
 FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用され...続きを読む


人気Q&Aランキング