最近赤川次郎さんの小説にはまっています。
とくにシリーズものが好きです。
今までに読んだシリーズ物は
“三毛猫ホームズ”シリーズ
“○○○の悪魔”シリーズ
“三姉妹探偵団”シリーズ

です。
私が一番好きなシリーズは三姉妹探偵団シリーズです。
他に赤川次郎さんの小説でシリーズものってどんなのがありますか?
それからシリーズ物でなくてもおもしろい面白いのを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

こんばんは。



赤川次郎さんのシリーズ物だと、皆さんの挙げられているものの他に

「忙しい花嫁」からはじまる"花嫁シリーズ"とか。
僕は三毛猫ホームズが一番ですが、この花嫁シリーズも好きです。

あんまり出てないですけど、"MとN探偵局"シリーズとか。

あと、「こちら、団地探偵局」なんかも好きです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

“花嫁”という言葉の入った題名の本を古本屋でたまに見かけたりはしたのですが、シリーズものというのは初めてしりました。
(花嫁という言葉の入った題名の本がいくつか有るので気付きそうなものですが…)
今週末買いに行ってさっそく読んでみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/02 13:40

こんばんは。



シリ-ズものではないですが。

白い雨
ちょっとホラーっぽいはなしです。
ある夜、白いペンキのような雨が降るんです。
それを偶然浴びた人たちが心の中に押しとどめた殺意を
吐き出してしまう。オムニバスです。

私は偏見があって小中学生の頃(←はやっていた)は
読んでいなかったのですが
弟の部屋でこれを見つけ読んだんです。
こんな話も書くんだ。これが正直な感想です。

彼のいつものイメージとは違う感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

教えていただいた本の内容によく似たもので題名が思い出せないのですが(殺意は○○○)という本を読んだことがあります。
こちらの方は、黒い鳥のようなものを見た瞬間から殺意を吐き出してしまうというものでした。
これはとてもおもしろかったので、きっと教えて頂いた(白い雨)もおもしろいと思います。

さっそく買いに行ってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/02 13:46

「***色の ***」という


タイトルのシリーズ
(杉原莢香のシリーズです)
「****(四文字熟語)殺人事件」
(大関警部のシリーズ)
などまだまだあります。
 ファンクラブ関連のHPや
ほんの後付け部の 宣伝をみたり
大き目の書店へ行けばもっとよくわかる
ことだと思うが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

杉原莢香シリーズ、買ってきました!!
まだ全部の年齢を集めれていないので読んではいないのですが、おもしろそうな本ですね。
年に一度、9月に発売というにも惹かれますね。

早く読みたいです♪
ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/02 13:51

読んでいるもので、まだ出ていないのは『花嫁』シリーズですね。


結婚はまだという女子大生の亜由美と女好きの犬の『ドンファン』が一応主人公です。

私がすきなのは『三毛猫ホームズ』『爽香の色シリーズ』(題名に必ず○○色の~とつく)、あとは角川から出てるホラー物も好きですね。
『一億円貰ったら』『老兵に手を出すな』は『一億円シリーズ』になりますが、これも結構面白いです。
あ~止まらなくなるので、この辺で(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

花嫁シリーズは私も1度読んだことがありますが、第一弾を読んだのかな?
シリーズというこをしりませんでした。
さっそく本屋さんに行ってこようと思います。

一億円シリーズおもしろそうですね。
題名が全然違うのってシリーズ物っていうのが分かりにくいので助かります。



ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/02 13:55

こんにちは!


私も長年、赤川次郎さんの小説のファンで、文庫本はほとんど全部持っています。
(いい加減、本棚が危ないくらい・・・)
私が好きなシリーズは
 奥様が刑事・旦那が泥棒・ことわざ題名シリーズですかね。 (何のこっちゃ?!)
 「盗みは人の為ならず」といったことわざをかけた題名の作品です。
泥棒の旦那今野淳一がなかなか格好よくて♪
 それとシリーズ化しそうで、なかなか出ない
 「華麗なる探偵たち」シリーズ。
遺産ねらいで精神病棟に入れられた女性がそこで知り合った歴史上の人物(と思い込んでいる)に助けてもらって、探偵の真似事をする、という非現実的なお話です。
それかやっぱり「三毛猫シリーズ」か「爽香シリーズ」ですかね。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

(盗みを人の為ならず)をたまに見かけたことがあります。
こちらもシリーズだったのですね。
是非読んでみようと思います。

爽香シリーズはさっそく買ってきました。
まだ全部の年齢が揃っていないので読むのは我慢しているのですが楽しみにしてます。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/02 14:00

最近は読んでないのですが、昔読んでたなかで


「天使と悪魔」シリーズはかなり面白いです。
天国から地上へ「研修」にやってきた落ちこぼれ天使と地獄から「成績不良」で叩き出されたケチな悪魔が
一緒に人間界を旅するという天使と悪魔の名コンビが
活躍する冒険ロマン・ミステリーです。

あとは、南条家の双子姉妹シリーズ。
私は「ベビーベッドはずる休み」までしか
読んだことないのですが、これもかなり
面白いですよ。
「ウエディングドレスはお待ちかね」
「ベビーベットはずる休み」
「プリンセスはご・入・学」
「スクールバスは渋滞中」などがあります。

シリーズものではないですが、短編集でポイズンと
いうものも結構面白いですよ。
短編集なので、時間のあまりないときとか
ちょこっと読みたいときなどにいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうざいました。

“天使と悪魔”シリーズはおもしろそうな本ですね。
今度見に行ってきます♪

それから南条家の双子姉妹シリーズはさっそく買ってきていま読んでいる最中です♪
とてもおもしろいですね。
“ウェディングドレスはお待ちかね”はもう読んでしまって今は“ベビーベッドはずる休み”を読んでいます。

面白い本を教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2003/07/02 14:04

私が赤川作品を読んでいた期間は中学生~二十歳頃でしたが、一番好きなのは『ふたり』でした。


ドラマ化されたり映画になったりしたのでご存じかも知れませんね。
少し切ないようなお話で、色々な作家さんの小説を読んだ中でも好きな作品の上位に入る小説です。
おもしろおかしいという類の作品ではないのですが、赤川作品を読まなくなった(失礼)今でも好きなままです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

“ふたり”はドラマと映画では観たことがあります。
映画の方はとてもおもしろくて何度も観た記憶があります。

小説の方は読んだことがないので今度読んでみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/02 14:07

本当に初期の頃のですが 幽霊○○というのも


シリーズでしたね 女子大生と中年刑事が謎を解く
みたいな物でした テレビで田中邦衛さん浅茅陽子
さんで テレビ化もされました 後年藤谷美和子さん
もやってたかな??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

いろいろなシリーズがあるのですね。
さっそく本屋に見に行ってきます♪

ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/02 14:11

こんにちは。


私も赤川次郎さんは読みやすくって好きです。
「杉原爽香」シリーズは面白いですよ。ただ年に一度(9月)の発行なので、前回の内容を忘れてしまうのがチョット難点かな?
詳しくはURLを見て下さいネ!(ネタバレ注意)

参考URL:http://www.h4.dion.ne.jp/~njp/sayaka/about/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

杉原莢香シリーズ、買ってきました!!
まだ全部の年齢を集めれていないので読んではいないのですが、おもしろそうな本ですね。
年に一度、9月に発売というにも惹かれますね。

早く読みたいです♪
ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/02 14:08

こんにちは。

maruru01です。

集英社コバルト文庫の、
「吸血鬼はお年ごろ」シリーズ
とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

いろいろなシリーズがあるのですね。
いろんな本を読んでみたいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/02 14:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤川次郎の“三毛猫シリーズ”についての質問。

最近赤川次郎さんの三毛猫シリーズにはまってよく読んでいるのですが。
どうしても気になることがあるので知っているかたがいらっしゃいました教えてください。
妹の晴美は過去に大きな悲しい恋を経験したことがよくいろんなシリーズで出てくるのですがどのような経験をしたのかは載っていません。
いろいろそのことが載っていそうな題名を見つけて買って読んでもいるのですが、分かりません。
教えてください。

Aベストアンサー

「三毛猫ホームズの推理」って読みましたか?

後は、読んでからのお楽しみ。

Q赤川次郎さんの作品を探しています

 初めまして。皆さんのお力をお借りできればと思い、質問させていただきました。

 表題通り、赤川次郎さんの作品を探しています。中学~高校時代に読んだので、20年近く前になると思うのですが、短編集かシリーズものと一緒に収録された短篇だったと記憶しています。

1.あるOLが自分でもしらないうちに社内でも人気の男性と結婚するとして招待状が送られてくる。友人の入れ知恵で相手の男性に説明をして婚約者のふりをすることになるが、OLは死亡。友人と男性はその秘密を共有して……友人視点のお話でした。死亡したOLさんの親戚だという刑事さんが出てきました。

2.サラリーマンが女子高生と援助交際?みたいに1晩をすごし、その後サラリーマンと不倫していた女性が死体で見つかって……という話。サラリーマンと女子高生が、ハンバーガーを食べているシーンがありました。

3.話の筋はまったく覚えてないのですが、女性の一人称で、その女性は貯金を自分の部屋のティッシュケースか何かに隠している、というくだりがありました。

 3つとも殺人が絡んだサスペンスです。
 自分で本屋に行って、1冊1冊立ち読みして探してみればいいのですが、現在病院で身動き取れない状態なので……。
 収録されている単行本名が分からないので、家人に内容を説明して買ってきて貰うのも難しいです。
 作品名と、収録されている本の情報をお願いします。分かったら自分でネットショッピングするか、家人に買ってきてもらおうと思います。

 初めまして。皆さんのお力をお借りできればと思い、質問させていただきました。

 表題通り、赤川次郎さんの作品を探しています。中学~高校時代に読んだので、20年近く前になると思うのですが、短編集かシリーズものと一緒に収録された短篇だったと記憶しています。

1.あるOLが自分でもしらないうちに社内でも人気の男性と結婚するとして招待状が送られてくる。友人の入れ知恵で相手の男性に説明をして婚約者のふりをすることになるが、OLは死亡。友人と男性はその秘密を共有して……友人視点のお話で...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。
お捜しの本は、短編集「恋愛届を忘れずに」ではないかと思います。

1の話のタイトルは、「私への招待状」、2の方は、「私からの不等記号」、3は、わたしも本はもう持っていないため、ちょっとわからないのですが…表題作がこれかなと思います。

なにぶん、記憶が不確かですので、もしかしたらまちがっているかもしれません。
参考にしていただけたらと思います。

参考URL:http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=2&sitem=%ce%f8%b0%a6%c6%cf%a4%f2%cb%ba%a4%ec%a4%ba%a4%cb&p=0&g=0

Q赤川次郎さん作品

こんにちは。
赤川次郎さんの小説にはまっています!
最近「三毛猫ホームズシリーズ」と「三姉妹探偵団シリーズ」をすべて読み終えた所です。
そこで新しいシリーズを読み始めようと思うのですが、たくさんあるので迷っています。どれがおすすめかよろしければ教えて下さい!
(推理もの限定で。短編でもいいですが、できればシリーズもののしかも長いやつがいいですね。)

Aベストアンサー

私も、昔読んでいました。
今は、1シリーズに絞って、読んでいます。

「杉原爽香シリーズ」です。
毎年、9月に本が出ます。(あっそろそろ新刊ですね)
そして、本の中の人物毎年、成長していきます。

一作目が
「若草色のポシェット」(爽香15歳)
次に出る新刊で爽香30歳になります(笑)

えっと、全て書き出してみますね。

若草色のポシェット
群青色のカンバス
亜麻色のジャケット
薄紫のウィークエンド
琥珀色のダイアリー
象牙色のクローゼット
瑠璃色のステンドグラス
暗黒のスタートライン
小豆色のテーブル
銀色のキーホルダー
藤色のカクテルドレス
うぐいす色の旅行鞄
利休鼠のララバイ
塗羽色のマスク

ですね。
タイトルに色の名前が付きます(笑)

興味を持って頂けると、嬉しいです。

Q赤川次郎さんの作品で

最近、昔の赤川次郎さんの作品を読むことにハマッています。
ほとんどの作品が再読になるんですが、今のところ『顔のない十字架』と『白い雨』が好きです。シリーズ物はイマイチ好きじゃないのが多いです(汗)。

皆さんは赤川次郎さんの作品で、どの話が一番面白いと思いますか?

Aベストアンサー

やはり「三毛猫ホームズ」シリーズですね。
あとは、「3姉妹探偵団」
蛇足ですが、昔、三毛猫シリーズがテレビドラマになったときの片山刑事役は石立鉄男でした。^^;

Q赤川次郎さんの本を読みたいです

赤川次郎さんの本を読みたいと思いましたが、量が多すぎて、どれから読めばいいかわかりません。

赤川次郎さんの一番最初の作品から読んでいくのがいいと思うのですが、そうやって順番に読んでいくのは、あまりスキではないです。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

まだ挙がっていないシリーズ物としては「幽霊」シリーズがお薦めです。

『幽霊列車』

がシリーズ第一作で、文春文庫から出ています。
女子大生とやもめの警部補?がいろんな事件と解決していく短編作品です。



同じく文春文庫の

『マリオネットの罠』

これは赤川作品のなかでも一番?の異色であり、傑作だと思います。
森の洋館に住む美しい姉妹と彼女達の家庭教師となった若い男性の悲劇の物語です。


ショートショートの傑作としては

『踊る男』
『勝手にしゃべる女』

が新潮社から出ています。
思わず唸ってしまう秀作揃いです。


そして、わたしの一番好きな本として

『壁の花のバラード』(徳間書店)
『払い戻した恋人』 (集英社)

の2冊もお薦めします★
赤川さんらしい軽快なタッチが最高ですよ♪


その他、質問者様がお若い女性であれば
『吸血鬼はお年ごろ』(コバルト文庫)
に始まる吸血鬼シリーズや
『ふたり』       (新潮社)
もお薦めです。

以上、赤川作品をほとんど読んでいる者として、参考になさっていただければ嬉しいです。

まだ挙がっていないシリーズ物としては「幽霊」シリーズがお薦めです。

『幽霊列車』

がシリーズ第一作で、文春文庫から出ています。
女子大生とやもめの警部補?がいろんな事件と解決していく短編作品です。



同じく文春文庫の

『マリオネットの罠』

これは赤川作品のなかでも一番?の異色であり、傑作だと思います。
森の洋館に住む美しい姉妹と彼女達の家庭教師となった若い男性の悲劇の物語です。


ショートショートの傑作としては

『踊る男』
『勝手にしゃべる女』

が新潮社...続きを読む


おすすめ情報