ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

木ダボを外したい。

お世話になります。
AVラックを購入し組み立てていたのですが、
間違えて木ダボを打ち込んでしまい外せません。
大工系の作業知識が皆無な為取り外し方が分りません。
検索をかけて探してみたのですが、なかなかヒットせず。
最終手段として切断、くりぬき?と思っておりますが
良い方法があればご教示願います。

AVラックの材質は繊維板と言うのでしょうか?
細かな木材を圧縮して両面は化粧板みたいなのに挟まっております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

1)ダボを片方の面材に打ち込んで抜けなくなった


2)ダボを使って接続してあるが、その接続が間違っていて抜きたい

いずれでしょうか?

1)なら他の方の回答にあるようにすれば抜けると思います。
(木工用接着剤を使っていないなら濡らすと木が膨らんで逆効果では?)
ダボをつぶしてもいい(ホームセンターに相当するような物は売ってるでしょうから)なら、プライヤーで挟んで右左に振りながら/回転させながら抜けば抜けませんか?
ドリルがあれば、ネジの要領で「もいで」もいいのかもしれませんが、カッターや彫刻刀でダボを削って取り除いてもいいですよね?

2)大きめの当て板をしてハンマーでダボが抜ける方向にたたいてやります。
まんべんなくたたいて行かないと、フラッシュ合板なら割れるかもしれません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
状況としましては1)ですね。
天板と仕切板を取付けるのに連結ボルトで取付る所に
間違って木ダボを打ち込んでしまいました。

2の回答者様の助言を実行し濡らしてしまいました
膨らみ抜けておりません…
回転させながら、、ぬ、抜けないのです。
最終手段で削り取る事にします。

お礼日時:2010/05/05 11:43

ANo.1の方法が一般的だと思いますが。


最初にダボの真ん中にドリルで穴を開けておくのがポイントだと思います。

ダボが奥の方まで割れているなら穴を彫ればバラバラになって抜けると思いますがいかがでしょう。
ダボは単独で売ってますし。

表面に出た所だけ割れてしまっているなら一度切って、断面を出してから真ん中に穴を掘り直してビスをねじ込めば振り出しに戻ります。

底の方だけに残っているのなら穴に合わせた太さのドリルで元の穴をガイドにして彫れば良い。

いずれにしろドリルさえあれば何とでもなるトラブルと思います。
刃は、先端がネジのタイプの物は避けた方が良いです。この場合は金工用でも代用は可能です。錐でも。

というか今回る状態でしたら、プライヤーなどでくわえて回しながら引っ張っていれば抜けるんでは。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ございません。
実は昨夜まで放置しておりました…
最後の1本だけが結局抜けずじまいで少しずつ彫ってようやく貫通しました。

お礼日時:2010/05/24 06:30

ビスをねじ込んだら太くなってますます抜けにくくなったり、割れてしまいます。


水で濡らしたティシュを周囲に巻きつけて半日程度おいてから、木片ではさんで抜き取ります。(ダボはできるだけ濡らさない)
 木片はダボの太さの倍程度の厚さの硬木にダボよりわずかに小さな穴をあけた物を、穴を中心に半分に割ったものをつくります。
 それをダボにあててプライヤーではさんで、本体に傷がつかないように木切れをおいててこの原理を使って抜きます。本当は専用の工具があるけど素人さんには要らない。

 それで抜けなかったら、面で切ってしまってかんなを掛けてからドリルで穴開けですね。1mm程度小さなサイズで穴をあけて内側に割り入れたら外せます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
まだ、、抜けおりません。
もう面で切ってしまおうと思います。

お礼日時:2010/05/05 12:10

木ダボより細いビス用意する。


ビスの頭を残して捻じ込む。
ビスの頭をプライヤーで引く。

※あまり太いビスを捻じ込むとダボ自体が更にきつくなるおそれがあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やってみたら、、少しヒビが入りビスが抜けてしまいました。
うううむ。

お礼日時:2010/05/03 11:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木工用ボンドで接着した木と木を剥がしたいのですが。

木工用ボンドで接着した木と木を剥がしたいのですが。
以前、本棚の内部の棚として、つけた板を剥がしたいのですが、
何かよい方法、ご存じありませんか??

Aベストアンサー

熱と水分で分解できます。
一番良いのはエスプレッソメーカーみたいな水蒸気をあてることですが、ヤカンの蒸気でもよいですし、蒸しタオルをあててアイロンを上から押し付けるのでも同様の効果が得られます。
接着面が広くて水分がいきわたらないようなら熱だけでもかまいません。触れないくらいまで充分熱した後、油絵やケーキつくりに使用する薄いへらを少しずつ差し込んではがします。

このような作業は楽器の修理ではごく普通に行われる作業です。
下記のページに参考になりそうな動画がありました。

http://odyssey-guitar.sakura.ne.jp/80_WordPress/?p=7228

Q木ダボの外し方

北欧アンティークのダイニングチェアの背もたれ部分と脚から伸びる木部を接合しているネジが、背もたれ部分から外れてしまいました。ネジを締め直すには、ネジ穴にかぶせてある木ダボ?(ネジ穴を隠すために詰め込んである丸い木の栓)を外さないとだめなようですが、外し方がわかりません。どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

外せない(元から外す事を考えていない)ので木ネジをネジこんで(下のタボまで届かない長さ)ペンチや釘抜きで引きぬいてください、その後彫刻刀などで削って、本来のネジを締めてから、新しいダボを入れてください

Q組み立て式の机を分解したい

今度、引っ越すことになりました。
大きい机があるのですが、
組み立て式です。
しかし、買ったときに何も考えず、説明書どおり木工用ボンドでとめてしまいました。
片方に穴が開いていて、
そこにボンドを流し込んで、
片方の凸の部分を差し込む方式です。

これを分解して運びたいのですが、
分解することは可能でしょうか?
どなたかご存知の方がいらっしゃったらお願いします。

Aベストアンサー

CRC556で溶ける場合があります。その部分に油染みも付きますが。後は、そこに熱々のタオル(雑巾)をかぶせて根気よく蒸らしてみるしかないと思います。
いずれにせよ、組み立て式のものははずしたら接合部分がゆるゆるになるのがふつうなので、再び組み立てるときは隙間を埋めるか補強材を当てるかしないとだめだと思いますので、そのまま運ぶか、誰かに譲って向こうで買いなおすのが一番かと思います。

Q組み立て家具で、ダボやネジが穴に最後まで入ってくれません

通販で購入した組み立て式の家具を組み立てています。

いくつかある板や扉などのそれぞれに部品(ダボや締め付けネジ、蝶番など)を付けるところまではうまくいったのですが、いよいよそれら板や扉をくっつけてひとつの家具にする、という段階でつまづいています。

板や扉おのおのに取り付けたダボや締め付けネジを、おのおのにあらかじめ開けられている穴に接着剤を付けてはめ込み組み立てていくのですが、ダボや締め付けネジが穴に隠れるまでキッチリと入ってくれません。板と板が浮いてしまって、間にダホと締め付けネジが見えているという状態です(うまく説明できなくてすみません)。

板一枚と板一枚同士をくっつける場合は、まだ全体の重量も軽いので扱いやすく、ハンマーで化粧面ではない部分を思い切り叩けば入ってくれたのですが、そこにさらに他の板をくっつける、という作業になってくるとハンマーで叩いてもなかなか入ってくれず、また叩く部分が化粧面になっていて強く叩けないというのもあります(あと近所へ音が響くのも気になって……なので作業は夕方で一旦打ち切りました)。一応叩くときはダンボールの切れ端を当ててその上から叩いていますが、どうしても入れる力を加減してしまいます。

長くなりましたが、ダボや締め付けネジをすっぽりはめ込むには何かコツなどあるのでしょうか?それともここは何が何でも力ずくで、叩きに叩けば入ってくれるというようなものでしょうか?なんだか壊れそうな気がするんですが……

このままの状態で先の作業へ進めなくもないのでしょうが、見た目も悪く棚などの強度不足にもなりそうだし、板と板がキッチリ合わさっていなければ、最後、溝にスライドさせて後ろ板をはめ込むという作業のときにその後ろ板も浮いてしまって、はまらないのではないかと心配しています。

本当にわかりにくい相談ですみません。ひとりで組み立てているのでどうしようもなく、たくさんの板や部品にかこまれて途方に暮れています。アドバイスなどいただければありがたいです。よろしくお願いします。

通販で購入した組み立て式の家具を組み立てています。

いくつかある板や扉などのそれぞれに部品(ダボや締め付けネジ、蝶番など)を付けるところまではうまくいったのですが、いよいよそれら板や扉をくっつけてひとつの家具にする、という段階でつまづいています。

板や扉おのおのに取り付けたダボや締め付けネジを、おのおのにあらかじめ開けられている穴に接着剤を付けてはめ込み組み立てていくのですが、ダボや締め付けネジが穴に隠れるまでキッチリと入ってくれません。板と板が浮いてしまって、間にダホ...続きを読む

Aベストアンサー

お疲れ様です。
海外の組立て家具には良くある事です。
ある程度硬く(入りづらく)作ってあります。
対策と注意点を書き出しておきます。

・ハンマーで叩く時は、当て木(かまぼこ板等)にしましょう。
・タボ穴にボンドを入れすぎない(余ったボンドの逃げ場がない)
・タボ穴が浅い場合はタボを削る
・取付けネジは結構硬いです(下穴をドリルやキリでほがす)
※各部に付いた古いボンドは綺麗に取って再組立てして下さい。
・はみ出たボンドは濡れ雑巾で拭く事を忘れない様に・・・

健闘を祈ります。

Q頭の溝が潰れた木ねじの抜き方

長さ70mmほどの鉄製木ねじを、とても硬い木に対し、電気ドライバーで無理矢理締めたところ、
ドライバーが空転し、頭の溝が潰れてしまいました。
このままでは金輪際抜けなくなって閉まったのですが、これを上手く抜く方法を教えてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

先の方が出している方法で駄目なときは…

・ネジの頭に溝を切るのではなく、ネジ頭の左右を平行に削り、スパナで回す。

・「クイックスチール」という商品があります。エポキシ系のパテですが、これでネジ頭を作るという手もあります。木材に付かないように気をつけて作業しましょう。柔らかいときにナットを埋め込めば、スパナやラチェットレンチなどが使えますし、ドライバーの先端を押しつければネジの溝が再生できます。詳しくは参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/jgt/quikstee.htm

Q木工用ボンドを剥がす方法を教えて下さい

樹脂粘土で製作した作品を木材のトレーに木工用ボンドで
接着したのですが・・・
どうしても配置が気に入らないので剥がして配置を
やり直したいのです。

木工用ボンドを綺麗に剥がす方法を知っている方がいたら
教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もし昔の木工用ボンドと一緒なら、お湯が効きます。水ではあまりうまくはがれないものも、お湯ならはがれやすくなります。

ただし、当然お湯ですから木にも影響を及ぼす事もありますから、ご注意を。

Q本棚の可動棚用のビスが取れません

ビスで留めるタイプの、棚の高さを調整できるタイプの本棚を使っているのですが、きつくてビスが抜けない箇所がいくつか出来てしまいました。
とりあえず留めてから調整しようと思っていたので、随分不便な棚の区切りになってしまい、困っています。
ビスをとる方法、または有用な道具などあったらお教えいただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ペンチで掴んでまっすぐ引っ張って抜けないんだったら、左へ回してください

Qフローリングに重い家具を置くとき床を傷つけない対策は?

お世話になっています。
引っ越しするのでいろいろ気になることがたくさんで毎日このサイトを見ていますが次から次に疑問が増えています。。。
新居は、床がフローリングです。テレビ台など重い家具を直接おくと必ず傷がつくと思われます。
今までは、見た目より実用性重視だったので、床に直接家具を置かないようにしていました。本棚の下にはカーペットのきれっぱし、デスクの下にはデスクマット、ダイニングには壁までラグ、というふうにです。
でも新居はかっこよくきめたい(笑)ので、棚の下にカーペットのきれっぱしなんか置きたくないのです。

家具は掃除がしやすいように細い足のついたものや、キャスター付のものを考えているのですが、床を守るために何をするべきでしょうか?
ラグは部屋の中央(テーブルの下)には敷きますが、壁にくっつける家具の下になるようにはしたくありません。
キッチンマットみたいなものを家具の下に敷くのもかっこ悪いし。
今考えているのは薄い透明のアクリル板を家具の下に敷くことです。かえってかっこ悪いでしょうか?
おしゃれなフローリングをかっこよく決めてらっしゃる諸先輩方、アドバイスをお願いします。

お世話になっています。
引っ越しするのでいろいろ気になることがたくさんで毎日このサイトを見ていますが次から次に疑問が増えています。。。
新居は、床がフローリングです。テレビ台など重い家具を直接おくと必ず傷がつくと思われます。
今までは、見た目より実用性重視だったので、床に直接家具を置かないようにしていました。本棚の下にはカーペットのきれっぱし、デスクの下にはデスクマット、ダイニングには壁までラグ、というふうにです。
でも新居はかっこよくきめたい(笑)ので、棚の下にカーペッ...続きを読む

Aベストアンサー

ホームセンターなどで、円形で片面がシールになったゴムやスポンジの緩衝材が売ってます。

それを家具の底面の四隅、テーブルの脚、椅子の脚などに貼ると、フローリングが傷付きません。

家具の底面に貼るので緩衝材は完全に隠れて見えませんし、テーブルの脚、椅子の脚の太さより小さいのを貼れば、これも完全に隠れて見えません。

フローリングを大事にしたいなら、家具よりも先にテーブルの脚、椅子の脚に緩衝材を貼る事です。

テーブルや椅子は、立ったり座ったりする際に、テーブルの重さや人間の体重がかかったままの重さで床と擦れるので、あっと言う間に床に傷が出来ます。

Qダボ穴を一定の深さで開けるには?

こんばんは。

電動ドリルと普通のドリル刃を持っています。
15mmぐらいの化粧板にダボ穴を沢山開けたいと思います。

質問
一定の深さでダボ穴を開けたいのですが、
(貫通だけは避けたいです)
・ダボ穴用のドリル刃と言うツールはあるのでしょうか?
・出来れば手持ちのものでやりたいのですがうまい方法は?
・あと棚板の方の半円溝の開け方は?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> ・あと棚板の方の半円溝の開け方は?

やや乱暴な方法ですが、添付図のようなやり方はいかがでしょう。
(頭の中で考えただけですので、実際にうまく行くかどうかは保障できません)

Q2×4同士を結合するには?

ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

それはさておき、この木材同士を結合する場合、どうするのが一番綺麗に結合できますか?

以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

もしそうならどのくらいの太さのネジ穴を開けるのがいいのでしょうか?
あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあります。

ということで、特定の木ではないんです。

>以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

その時、どんなビスを使ったか分からないのですが、今は、細ビス(スリムビス)というのがあって、割れにくくなっています。 それでも、固い木の場合は、ビスの太さ(この大きさは、メーカーが表示してあるサイズ 例 3.9 × 90)マイナス1ミリ位の下穴をあけると、まず割れないです。 ネジを実際に測るなら、ネジ山を切ってないところの太さマイナス0.2から0.3位かな。(経験的に)

> あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

本当に固い木の場合は、ビスの長さより少し深くです。 しかし、2×4材なら、そこまで必要ないです。 

>10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

これだけあければ、十分すぎると思います。

>それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

私なら、そうします。 下穴をあけるにしても、ビスを打つにしても、木がずれず、簡単だと思います。 ボンドですが、速乾性の木工ボンドでいいのではないでしょうか? 十分だと思います。 質問者様が、どれほどの強度を欲しいかにもよるでしょうが・・。

以上、経験的に書きましたが、参考まで。

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング