色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

この間映画タイタニックを観たのですが、船が氷山にぶつかって大勢の客が船から脱出シーンの時に、客の一人のひげのおじさんが隙を見て、こっそり申し訳なさそうに小舟に乗って海に降りていき、それを偶然見つけた船員が軽蔑の眼差しで見送るシーンがあったのですが、あのひげのおじさんが誰なのでしょうか。まだなぜ船員が軽蔑の眼差しで彼をのことを見たのでしょうか。御存じの方いれば教えてくだざい。

gooドクター

A 回答 (4件)

http://www.linkclub.or.jp/~kiri/r87.html
の下の方にもありますが
生存率は、1等の女子供が一番高いんですね。

数じゃなくて率、ではありますが3等の女子供のほうが1等の男性よりも生存率が高いくらいです。
全体で言うとやはり階級が上の順から死亡率が低いですが。

紳士の国の英国人を多く乗せていた事、時代的背景もあり
「女子供をまず優先すべき」という場面に置いて

船に対して責任のある立場の人間が、最後まで責任を全うせずに避難ボートに乗り込んだわけですから
軽蔑のまなざしを受けることでしょう。

実際にタイタニックから生還した男性はその後差別や侮蔑の目に苦しんだようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう時代背景があったんですね。勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2010/05/03 14:59

避難の際の優先順位は、


女性・子供→男性客→従業員→責任者
という決まりになっていましたからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/05/03 14:58

>船員が軽蔑の眼差しで見送る



日頃は尊敬している社長(雲の上の存在で相手にされない)でも、「いざ」(死の危険)という時に真価がわかって軽蔑したのでしょう(女子供を優先して助けるのが紳士のマナー)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/05/03 14:57

ジョナサン・ハイドが扮していたブルース・イズメイですね?



彼はホワイトスター汽船の社長・・・つまりタイタニックの船主です。

女性と子供を先にボートに乗せようと・・・という混乱の中で、ちゃっかり救命ボートに乗り込んで助かったんで後々散々に叩かれましたが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

船主だったんですね、よくわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2010/05/03 14:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング