ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

 今、絵本の歴史についての文献を探しているのですが、なかなか見つからず困っています。そういった内容の本を知っている方、教えてください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

鳥越信 はじめて学ぶ日本の絵本史


〈1〉絵入本から画帖・絵ばなしまで http://www.amazon.co.jp/dp/4623033155
〈2〉15年戦争下の絵本 http://www.amazon.co.jp/dp/4623033163
〈3〉戦後絵本の歩みと展望 http://www.amazon.co.jp/dp/4623033171

石沢小枝子 フランスの子ども絵本史  http://www.amazon.co.jp/dp/487259262X 

荒俣 宏 ブックス・ビューティフル―絵のある本の歴史
〈1〉http://www.amazon.co.jp/dp/4480030964
〈2〉http://www.amazon.co.jp/dp/4480030972
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/13 18:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供会で喜ばれる室内遊びは?

小学校の子供会の役員をやっています。
もうすぐクリスマス会があるのですが、
そのとき部屋の中でみんなで遊ぶ遊びに困っています。

低学年の子でもわかりやすいルールで、高学年の子でも楽しめる
・・・・そんな遊びやゲームは無いでしょうか?
(ちなみに人数は18人です。)

色々参考にしたいのでたくさんのご意見をお待ちしています。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
スポーツ少年団リーダー会に所属している、大学1年生です。

1、「巨人阪神」
声の大きさを競うゲームです。
二チームに分けます(AチームとBチームとします)
Aチームが
「きょーじんだ、巨人だ!!」
と叫び、その後に
「はーんしんだ、阪神だ!!」
と叫びます。
最後に
「ぜったい、絶対阪神(巨人)だ!!」
と同時に叫びます。
中間にいる審判が、どっちが勝ちかを判断します。
これ、ルールは単純ですが、結構盛り上がります。
「アリさん」と「ゾウさん」でいけます。

2、人数集めゲーム
1で紹介したゲーム、自然に二チームに分けるのが技の見せ所です。
勝手に分けさせると、男女で別れてしまいます。
「マーブルチョコ」
赤→1
黄→2
緑→3
と決めておきます。
オニが「マーブルチョコ、マーブルチョコ赤黄色緑(アカキイミド)!!マーブルチョコ、マーブルチョコ(アカキイミド)!!」
と言った後に、3つの色の組み合わせを言います。
例えば「黄(キイ)・緑(ミド)・緑(ミド)!!」ですね。
この場合、2+3+3で8人が集まります。
1のゲームの様に、二チームに分けたいときは、サクラが入って「緑・緑・緑!!」といえば、9人×二チームに別れますね。
低学年には難しいかもしれませんが「赤・赤・赤!」と言った後に「3人だよ!!!!」といってあげれば大丈夫です。

また、人数集めゲームで重要なのは、
・オニになる回数を調整する
・男女が分かれない様注意する
ことです。
男女混合のチームを義務付けることも良いですね。
また、何度も同じ人がオニになる様なら(楽しんでオニになっているなら問題なし)大人が行って人数調整をすると良いです。
また、声が小さい子には無理して声を出させず
「緑・赤・黄だって!!6人だよ!!」って言ってあげましょう。

3、景品を出すゲーム
全員を立たせ、下を向き、目を瞑る様に言います。
拍手1回(又は笛)で「右に90度」(低学年は90度なんて分かりませんよ)
拍手2回は「左に90度」と決めます。
さて、5回やってみましょう
「パン・パパン・パン・パン・パパン」
はい。ドッチを向いてるのが正しい?
「右(右に90度)左(正面)右(右に90度)右(後ろ)左(右に90度)」ですから、最後に右を向いている人がただしのですね。
目を開けて、間違っている人には座ってもらいます。
レベルに合わせ、速さを変え、続ける長さを変えます。
スゴイ速さで「パン・パン・パン・パン・パン!!」
なんてやると「目が回る~」って声が聞こえてきそうですね。

3座って出来るゲーム
「負けジャンケン」
誰でも知っているジャンケン。
大人が「ジャンケンポン・ポン」と言い、最初の「ポン」で大人がグーチョキパーの内、どれかを出します。次のポンで、子どもがそのジャンケンに負けるもの物を出します。
「ジャンケンポン(大人が出す)ポン(子どもが負けるものを出す」ですね。
慣れてきたら
「ジャンケンポン(大人が出す)ポン(右手は負けて)ポン(左手は勝つ)」なんて事もできます。
これもスピードを変えると面白い。

4、心を落ち着かせるゲーム
子どもは興奮すると何をするか分かりません。
帰り道で踊りだすなんてありえます。大変危険です。
最後は心を落ち着かせるゲームを。
キャンドルサービルの時、よくやるゲームです
「60秒ゲーム」
全員に座ってもらい、目をつぶります。
私語厳禁です。
60秒経ったと思ったら立ってもらうゲームです。
子ども達が目を開けたら、周りは暗くて、ケーキに火がついてる!っていうのはどうでしょう?
(これは、進行上難しいかな)

ゲームで大切なのは、不快な子を出さないこと。
ゲームだからって、子どもは真剣だから、1人になって泣いてしまう子もいます。
気をつけて上げてくださいね。

こんにちは。
スポーツ少年団リーダー会に所属している、大学1年生です。

1、「巨人阪神」
声の大きさを競うゲームです。
二チームに分けます(AチームとBチームとします)
Aチームが
「きょーじんだ、巨人だ!!」
と叫び、その後に
「はーんしんだ、阪神だ!!」
と叫びます。
最後に
「ぜったい、絶対阪神(巨人)だ!!」
と同時に叫びます。
中間にいる審判が、どっちが勝ちかを判断します。
これ、ルールは単純ですが、結構盛り上がります。
「アリさん」と「ゾウさん」でいけます。

...続きを読む


人気Q&Aランキング