最新閲覧日:

 大変お恥ずかしい話なのですが、私の兄はお金に対してとてもルーズですぐサラ金に手を出してしまい、家族ともども大変苦労しております。 またいつ我々家族の知らないところで借金を膨らませているかと思うと生きた心地がしません。 

「カバチタレ」と言うマンガの中で、『信用情報機関』で借金癖があることを自ら登録する『本人申告制度』というのがあるのを知ったのですが、その『信用情報機関』というのはどこにあるのでしょうか? こういった問題に詳しい方は是非教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (7件)

私の妹が僕のことを相談しているのかと思うほどです。


私は何度もサラ金、街金に借金を繰り返しては、家族や親族に迷惑をかけた人間です。
2つ問題点があると思います。
1)お兄さんにこれ以上借金をしない人間になってもらわなければならない。
2)お兄さんが借金しても、家族・親族が困らないように措置しなければならない。

他の方の回答をよく読まずに書いているので重複しそうですが、消費者金融がお兄さんのような人を餌食にするのは、回りが尻拭いすることを期待してのことです。ですから、お兄さんのためにも、決して尻拭いしない覚悟を決めて下さい。弁護士を立てれば、やつらはパッと引きますので、あなたや、親御さんの信用が落ちるようなことは決して起きません。その上で、お兄さんに自己破産するか、任意整理するかして、自力で返していただくようにしましょう。

1)は大変難しいことですが、そうならない限り、親族は枕を高くして眠れません。借金癖とおっしゃいますが、成人した大人が、考えもなく高利貸に手を出すということはあまりありません。必ず、悪いとは思っても、借金しなければならない事情がある筈です。私の場合は、ギャンブル依存です。買い物、酒、薬物、等々色々な嗜癖がありますね。このような嗜癖は、その人間がダメ人間、愚かな人間だから出るのではなく、重い、「こころの病気」であることを家族はよく理解する必要があります。

私は、俗にいう一流大学を出て、一流の会社に就職した超エリート(自分で言うバカはいませんが、話をわかり易くするためお許し下さい)でしたが、まさか、自分がそのような社会のハイエナどものお世話になる人間に堕落するとは思っても見ませんでした。苦しかったです。しかし、ギャンブル、その他の嗜癖は、人を選ばず、遺伝的な要因によって誰でも発症する可能性があるのです。病気の本質を知ったとき、はじめて、真剣に自分の病気と闘おうという気持ちが湧き、ギャンブルをやめた生活を送り始めることができました。私は一生、この病気と付き合っていかねばなりませんが、今ではその方法がわかり始めました。このような気付きを頂くことは、本人だけの力では無理です。どうか、その方を本当の意味で助けてあげて下さい。

参考URL:http://www4.justnet.ne.jp/~gajapan/?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 自らの体験を話していただいてありがとうございました。
 しかし、この質問を投稿して皆様から多数のアドバイスをいただき、まさにそれを実行しようとしていた時、新たに兄に借金があることが分かり、今、自己破産を検討しているところです。 詳しくは、『暮らしのマネー>消費者金融』のカテゴリに新たな質問を投稿しているので、そちらでまたご回答くだされば幸いです。
 本当に病気としか思えません。 やりきれない思いでいっぱいです。

お礼日時:2001/04/18 22:29

 補足しますと、貸金業者が支払義務のない親族などに支払請求することは、貸金業規制法に関する大蔵省通達によって禁止されていますし、クレジット債務に関しては割賦販売法に関する通産省通達で、支払義務のない親族などに支払請求することは禁じられています。

あまりしつこく支払請求してくるような場合には、取立てをやめるよう警告する文書を内容証明郵便で業者に送ると良いでしょう。それでも支払請求をしてくる業者に対しては、監督行政庁(貸し金業担当課)やひどいときには、業務妨害等で警察に相談してみましょう。なお、下記のURLに書かれていることを参考にしてください。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/restart-net/q_a/q_honb …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 重ねがさねありがとうございます。
 今回のことに限らず、生きていく以上お金の問題はついて回ります。 今回のことでサラ金についてはかなり勉強ができました。 結局は世に中の仕組みを知らない者が痛い目にあうのですね。 親・兄弟が担保だなんて恐ろしい世の中です。 そんなところからお金を借りようとする人がいるなんて信じられません。
 兄も今度こそ懲りてくれればよいのですが… こればかりは分かりません。 とりあえず、尻拭いだけはするなと言うことですね。 アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/04/04 22:47

 本人が一般的な能力のある社会人ならば、民法の無能力者の制度は利用できません。

また、他人が本人に無断で借りれなくすることは、権利侵害になります。本人以外に借金について責任はありませんので、尻拭いしないことです。そうすれば、自動的に借れなくなります。親族が払ってくれるから、そういう人にもサラ金はお金を貸すのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答下さり、ありがとうございます。
 借金した本人以外に責任はないといっても、現実にはやはり親兄弟に取り立てに来ると言う話をよく聞きます。 うちは自宅で商売をしているので物騒な人に来られるだけで困るのですが…。 それでもやはり尻拭いはしないほうが良かったのでしょうか? まぁ、実際尻拭いをしてしまったが為に額が膨れ上がってしまったのですが…。 
 こんな話はマンガか映画の中だけの話と思っていましたが、まさか自分の兄弟がこんな問題に関わるとは… 情けなくて涙が出ます。 しかし、こうして、よその家の個人的な問題に対して、皆さんが善意で質問に答えてくださっていることに対して感謝の気持ちでいっぱいです。

お礼日時:2001/04/04 00:22

以下のページをご覧ください。



個人信用情報機関とはhttp://zij.co.jp/sinyo/kikan.html


全国の信用情報機関情報一覧
自分の貸付状況やブラックリストに載っていないか等をご自分で調べる事が出来ます
気になる方は一度見に行ってはどうでしょうか
http://www.cwo.zaq.ne.jp/bfaan602/joho.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 各情報機関の最寄の問い合わせ先や住所が載っていたので、かなり役に立ちそうです。 ありがとうございました。
 とりあえず JIC CIC 全銀情報センター の3社を抑えておけば表立ったところは大丈夫と言うことでしょうか?

お礼日時:2001/04/04 00:07

結論からお話しますと、あなたのお兄様の住まわれてる地域の貸金業協会へ連絡の上、必要書類をもってお兄様と一緒に行ってください。

cocyさんが書かれてるように何種類かの情報会社があるのですが、消費者金融系の情報会社への登録は貸金業協会が窓口になっています。

全国にある貸金業協会の連絡先URLをのせておきますので
確認してみてください。

参考URL:http://www.samaria.com/zenkinren1/madoguti.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切にありがとうございました。 さっそく調べてみます。

お礼日時:2001/04/02 23:14

いわゆる個人の信用情報を扱う機関としては、銀行系の「全国銀行個人信用情報センター」、消費者金融系の「日本情報センター」、信販系の「シー・アイ・シー」といったところがあります。


本人申告制度については、全国銀行個人信用情報センターのページ(URLは下記)に詳しく解説されていますので(URLは下記)、そちらをご覧になられるのがいいんじゃないでしょうか。

参考URL:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/pcic03.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。 CICの相談窓口がフリーダイヤルだったので早速電話してみたら、とても丁寧に対応していただきました。 近々兄を連れて手続きに行くつもりです。

お礼日時:2001/04/02 23:12

「被補助人制度」を適用することが出来ます。


以前の「禁治産者」制度を改正したものです。

これにより法的に謝金をすることが出来なくなります。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/PowderRoom/3651/souut …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答くださり、ありがとうございます。
 確かに『本人申告制度』だけでは法的な効果が無いので完全ではないばかりか、信用情報機関に登録を行ってない悪徳金融からの借金で、逆効果の恐れがあることもわかりました。 ただ、『被補助人制度』の適用を受けるにはかなりの時間と労力が掛るようです。 まずは『本人申告制度』で貸出停止の依頼をして様子を見ることにしてみます。 

お礼日時:2001/04/02 23:23

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ