出産前後の痔にはご注意!

Microsoft社のWordなどのワープロソフトでは、箇条書きというと
・項目
・項目
というように、行頭文字として中点などのマーカーを付けたリスト表示を意味し、一方、行頭に1,2,...という数字を付ける場合のものは「段落」に「段落番号」を付けるという言い方をします。

 しかし、箇条とは、そもそもいくつかの規則をひとまとまりにして言うときの「何何の何ヶ条」の「ヶ条」の意味でしょうから、
そうすると、日本語では、番号付きのものが本来の「箇条書き」ではないかと思うのです。つまり、Wordの用語の使い方は逆だと思うのですが、皆さんどう考えますか。Wordは米国で作られたソフトなので、この考え方が違うのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.3で,日本の法令はほとんどが番号なし,とありますが,「1・2・3・・・となっているのは、聖徳太子が定めた十七条の憲法、大日本帝国憲法、日本国憲法ぐらいで、」というくくりかたは誤解を招くと思います。


少なくとも,明治時代に入って,法律・政令・省令といった近代的な法令が作られるようになる前と後とは区別すべきでしょう。
いうまでもなく,明治以降の法令は,圧倒的多数が,通し番号をふっています。
それでも戦前は,軍人勅諭など「一つ,○○べし。一つ,○○べし」のスタイルのものもありましたが,通常の法令は基本的に「第1条」「第2条」のスタイルでしたし,戦後は通し番号スタイルのみです。
(戦後にできた法令で「一、~」「一、~ 」のスタイルのものがあれば,教えてください。)

さて,「箇条」ですが,手元の辞書(漢字源)によると,
箇=固形のものを数えるときの言葉。個に同じ
条=えだ。すじ。細長いすじやひも。また,ひとすじずつ書いたもの。
箇条=多くの項目の中の一つ一つ。
とあります(一部要約しました)。
つまり,伝えるべき内容がたくさんある時,それをだらだらと文章で書くのではなく,ちょうど木の枝が細かく分かれてそれぞれの先に花が咲くように,細かい項目に分けてそれぞれの内容を記す。
そういう書き方が「箇条書き」であって,数字があってもなくても,それはどちらでも構わないと私は思います。

番号をふるのが一般的になったのは,そのほうが便利と考えられるようになってきたからだと思います。
昔に比べ,法体系が複雑になり,個別の法令の中の,さらに特定の条文だけをさして議論することが多くなると,番号がないと何かと不便です。
(たとえば,「憲法第9条」と一言言えばすむところを,毎回「憲法の戦争放棄の規定」と言っていてはわずらわしい。戦争放棄ならまだいいですが,もっと長くなってしまうものはたくさんあります。)
また,法律の文章自体の中でも,他の法律の中の特定の箇所を引用することがよくあります。
その他,番号をつけておくことで,「この法律の中のこの文」ということを,間違いなく示すことができるようになるわけですね。
江戸時代までは,あまりそういう必要性を感じなかったのではないかと思います。

したがって,
>「何何の何ヶ条」の「ヶ条」の意味でしょうから、
については,私はちょっと意見を異にします。
もちろん「五箇条の御誓文」のように,数字を伴って使う場合も多々ありますが,箇条書きの本来の意味は(数字があろうとなかろうと)「個別に分けて示す」ということであって,たまたまその条文の数が分かっていたり,通し番号が振られていたりすると,「○箇条」という言い方になるだけのことだと思うのです。

Wordの「箇条書き」および「段落番号」に相当するものとして,HTML言語では<ul>および<ol>というものがあります。
それぞれ,unordered list, ordered listのことで,手元のHTML4.0リファレンスでは「番号なしリスト」「番号つきリスト」と訳していますが,説明文中では「箇条書き」「番号つき箇条書き」とも書いています。つまり,どちらも箇条書きには違いない,ということです。私も同感です。
また,LaTeXでは,「箇条書き」「段落番号」に対応するものは,それぞれitemize, enumerateです。直訳すれば「項目化する」「数え上げる」です。
英語版Wordではそれぞれ何といっているのでしょうね。

なお,Wordの用語はこのソフト独特のものがありますので,私はあまり細かく詮索してもしかたがないような気がします。
(例えば「単なる改行(↓印)」と「段落」の違いなど。改行は書式情報を持たないが,段落は持つ)

あまりうまくまとまりませんが,このへんで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「何箇条」等についてのご指摘有難うございました。
html.latex等も含めて、文書構造の問題を考える上でとても参考になりました。

お礼日時:2003/07/02 18:53

 なるほど。

それで、日本の法令を調べてみました。すると、1・2・3・・・となっているのは、聖徳太子が定めた十七条の憲法、大日本帝国憲法、日本国憲法ぐらいで、あとはほとんどが、
一、~
一、~
となっています。(たとえば、徳川吉宗が定めた公事方御定書百カ条など。)

 したがって、「日本語では、番号付きのものが本来の「箇条書き」ではないかと思うのです。」というのはあたらないみたいですね。「一、~~。一、~~。・・・」というのは、
・項目
・項目
になるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

箇条についてのご指摘有難うございました。
一つ何々、一つ何々、・・・も、
・何々、・何々、・・・
と同じ箇条書きの基本だったのですね。

お礼日時:2003/07/02 19:01

『広辞苑』によれば、


[箇条] いくつかに分けて示した一つ一つの条項。個条。「五_の誓文」
[箇条書] 個条に分けて書き並べること。また、その書き並べたもの。
ということです。単に書き並べたものが箇条書きで、それぞれの冒頭に一連番号などを付することは、求めていないようです。
蛇足ながら、私はアンチWord派ですが、箇条書きに対するWordの解釈はそれでよいのではないかと思います。ちなみに、一太郎でも同様の解釈です。ただし、マークは中点に限らず、丸でも三角でもいろいろ選択できます。
番号を付けることを一太郎では「連番」といい、箇条書きとは別の機能であることは、Wordと変わりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに広辞苑でも「いくつかに分けて示した一つ一つの条項」としか言っていないですね。「番号付け」とは一言も言っていない。勘違いしてました。
有難うございました。

お礼日時:2003/07/02 19:03

個人的には数字でも記号でも箇条書きだと思うのですが。


段落というといくつかの文章のまとまりというイメージですね。でも、確かにワードではそうなってますね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q句読点の「。」をつけるかつかないか。

会社で、従業員向けに、箇条書きに近い感じでこれこれこうしてくださいと文章を書いてボードに張り出すとき、文章の末尾に「。」をつけるのかつけないのか?
箇条書きに近い感じでも、文章の末尾は、「~になった」「~だ」「~にしてほしい」など「。」が必要そうな語尾になります。
ブログを書くときに、箇条書きに近い感じで短くて読みやすい文章を書くとき、文章の末尾に「。」をつけるのかつけないのか?「~である」などこちらも「。」が必要そうな語尾になります。
この2点について回答ください。
会社の方が一番悩んでいます。

Aベストアンサー

箇条書きでも、複数の文が連なったものには付けるべきでは?

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう。打つのは制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう。

という具合に。一つの文章が終わって句点を打っているのに、二つ目の文章の終わりが箇条書きの終わりだから……といって句点を打たないのはバランスとしておかしいと思います。

これが、

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう
2.タイムカードを打つのは、制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう

という具合に、一つの文章で一つの箇条書きが成立する場合は、なくてもおかしくないと思います。

先の回答にもありますが、句読点の打ち方にはルールがあるようなないような、曖昧なところがあります。
個人的な趣味で決めてしまっても、絶対的な間違いだと言うことはできません。

私自身の趣味としては、上記のように、一文ならなくてもOK(入れてもOK)、複数の文なら入れる方が統一性があるように思える……ですが、これとて「正解」ではありません。

いろんな方の意見を聞いて、ご自身の感覚にしっくりするものを探してください。
でも、いろんな意見を聞くと、却って混乱するだけかもしれませんね(^_^;)。

一つだけ注意するとしたら、末尾に句点を打つか打たないか、同一文書中ではどちらかに統一すること。
これだけ気をつけておけば、どちらでも大丈夫だと思います。

箇条書きでも、複数の文が連なったものには付けるべきでは?

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう。打つのは制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう。

という具合に。一つの文章が終わって句点を打っているのに、二つ目の文章の終わりが箇条書きの終わりだから……といって句点を打たないのはバランスとしておかしいと思います。

これが、

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう
2.タイムカードを打つのは、制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態...続きを読む

Q「承知いたしました」は二重敬語になるでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「承知」も「いたす」も丁寧な言葉で、「承知いたしました」は二重敬語のような気がします。「承知しました」のほうが「わかりました」の正しい敬語ではと思われます。皆様はどう思われますか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先の回答にもありますが、「承知」は丁寧な言葉ではなく硬い言葉です。
「承知した」という言い方がありますが、これは敬語表現でもないし丁寧な表現でもありません。

「承知した」
を丁寧な言い方にすると
「承知しました」
になりますし、これをもっと丁寧に敬語(「承知する」は自分の動作なので謙譲語になります)を使うと
「承知いたしました」
となります。
決して二重敬語ではありません。

なお、
「わかりました」
の敬語表現には
「かしこまりました」
もあります。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む

Q「通り」と「とおり」の違いについて

予定「通り」や、次の「とおり」のように、漢字で書く場合と平仮名で書く場合があるようですが、違いはなんでしょう?また、どちらが正しいのでしょうか?知っておられる方が居られれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>予定「通り」や、次の「とおり」のように…

あなたが公務員で公式文書を書くのなら、それは仮名書きにしないといけません。
民間企業でのビジネス文書もこれに準じるのが良いです。
個人の詩歌や小説などはこの限りではありません。

このことは、昭和24年4月4日付けで政府が策定した『公用文作成の要領』で定義され、その後常用漢字表の部分改正などに伴って、その都度追認されています。
直近は菅総理の名前で、昨年11月に出されています。
http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Bunsyo/BunKanjiH22.html

QOutlookメールで、画面の文字の大きさを変更するには、どうしたらよ

Outlookメールで、画面の文字の大きさを変更するには、どうしたらよいのですか。

Aベストアンサー

画面の文字の大きさは、
[表示] メニュー → [現在のビュー] → [現在のビューの編集] →
[その他の設定] と [自動書式] の項目でそれぞれフォントの大きさが変更できます。
また、送信メールとテキスト形式の受信メールのフォントの大きさは、
[ツール] メニュー → [メール形式] タブ → [ひな形およびフォント] → [ひな形] タブでそれぞれ変更できます。


人気Q&Aランキング