いちごはビタミンC?が一杯あって健康と美容によいという話をよく聞きますが、それって本当なんでしょか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

いちごダイエットなどもあるそうですよ。


ただしいちごは、軽い刺激物なので、アトピーの人などは、症状のひどいときは、食べない方がよいそうです。
    • good
    • 0

>所で、疑う訳ではないんですが、実際いちごをいっぱい


>食べてきれいになった人っているんでしょうか。
>体験談をお聞きしたいんですが・…。

残念ながら私の周囲には・・・・。
あっ、家内がたくさん食べましたが、例外だったようです。
    • good
    • 1

>所で先生は本当に「先生?」


いいえ、一般人です・・・。

ビタミンCの効果については下記のページに解説が有ります。
http://www.earthpure.com/articles/vitamin022.html


ピタミンCの美容効果についてです。
1.メラニンの生成を抑制するとともに、還元漂白作用があるので、シミなどの色素沈着の予防と治療に役立ちます。
2.紫外線に対する抵抗力を強め、日焼けや色黒になるのを防ぎます。
3.血色を良くし、肌に光沢を与えます。
4.皮膚の過敏症を抑える力や解毒作用があります。
5.ホルモンの分泌を正常にします。
6.皮膚のコラーゲン線維の発育をよくし、皮膚に張りを与えて若さを保ちます。

参考URL:http://www.earthpure.com/articles/vitamin022.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

奥の深い回答ありがとうございます。一般人にしては玄人ですね。
美容食品と言う事になる訳ですね。
所で、疑う訳ではないんですが、実際いちごをいっぱい食べてきれいになった人っているんでしょうか。
体験談をお聞きしたいんですが・…。

お礼日時:2001/04/02 21:02

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「果実類の栄養分析表」
これらの表を見ると、「可食部100gあたり」の「ビタミンC」は80mgで一番多いようです。

ご参考まで。

参考URL:http://www.pa.airnet.ne.jp/mkaji/fruit/fruit_ene … http://www.pa.airnet.ne.jp/mkaji/fruit/fruit_ene …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。色んな果物の特徴がわかったような?気がします。また宜しくお願いします。

お礼日時:2001/04/02 19:31

イチゴの栄養と美容効果についてです。


・ビタミンCを多く含み、大粒なものは5~8粒で1日の必要量がとれます。
・ビタミンCは、血管壁に沈着するコレステロールを溶かし、内臓機能を助ける働きがある。新陳代謝を活発にするので、疲労回復や美容にも効果があります。 また、タバコを吸う人にとってもいいです。 タバコを1本吸うとビタミンが破壊されるので、ビタミンの補給にピッタリです。

ついでに、【選び方】です。
・形がしっかりしていて色鮮やかなもの。
・ぶつぶつがはっきりしている。
・へたの色が濃いもの
・パック詰の時は、2段目がつぶれていないかを確認すること!

【洗い方】
・ボウルにたっぷりの水と苺をいれ、塩大さじ1ほど加え、両手で大きくかき混ぜる。
・塩で簡単に汚れがとれる。 2~3回水を取りかえる。

たくさん食べましょう。
びたみんCは取りすぎても害はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
タバコを吸う人には御勧めということになりますね。
所で先生は本当に「先生?」
とにかくありがとうございました。またこれ関係の回答を御願いいたします。

お礼日時:2001/04/02 12:34

栄養士の資格を持っている母に聞いたところ、


確かにビタミンCが豊富に含まれているそうですよ!

この回答への補足

所で、栄養学的に言うとビタミンCは何に効くんですか??
とりすぎても害にはならないとは言いますが、美容に良いと言うのは何故なんですか?
いっぱい、あるいは恒常的に食すると本当にきれいになりますか?
栄養士の御母上に聞いてください。

補足日時:2001/04/02 12:26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QビタミンC健康法について

ビタミンCは、私は1日に250ミリグラムとっていますが、他の実践されている方は、どのくらいの量のビタミンCをとっていますか。

Aベストアンサー

残念ながら、ハーマンの1969年当時の老化などの原因がフリーラジカルであるという1950年当時の研究が発端なのですが、1970年代には、すでに「動物に抗酸化物質を食べさせると本当にジュ見よう影響がある」という確たる証拠がないことが見出されつつありました。
 現在は、抗酸化物質が動物や細胞の寿命を延ばすというちゃんとした報告がないというのが定説になっています。それどころか、ビタミンなどの抗酸化物質は死亡率を上げるという実験結果のほうが多くなっています。
 ビタミンCの大量摂取で以下に寿命が縮まるかのデータがあります。
詳しくは
 ⇒2013年6月12日「抗酸化サプリは有益か - 覆る活性酸素悪玉説」 日経サイエンス誌ダイジェスト 科学技術 全て伝えます サイエンスポータル / SciencePortal( http://scienceportal.jp/news/nikkeidigest/1306/130612.html )
 と言いたいのですが、メンテナンス中でダイジェストは読めません。図書館で・・・

 また、
 ⇒「健康食品」の安全性・有効性情報( http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail45lite.html )
 を見ても、効果よりも危険性のほうが気になりますね。

 そもそも、哺乳類はビタミンCは、体内で他の物質から合成できるのですが、猿の一部は果物や木の葉から容易に摂取できてきたため、体内で合成する能力を失っても生存競争に関係なかった、逆にその労力を他に向けることが出来た。これは言い換えると、偏食せず普通に食事をしていたら、確実に確保できる栄養素であるということ。
 犬や猫はビタミンCを一切摂取しなくても体内で合成できます。

 逆に過剰摂取が怖いために、サプリメントとしてはとらないほうが良いでしょう。サプリメントは、利かない(利けば医薬品)もので、かつ毒性の低い物の代名詞----であることを忘れないように!!!
 ⇒健康食品は薬の代わりにはなりません( http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1456.html )

残念ながら、ハーマンの1969年当時の老化などの原因がフリーラジカルであるという1950年当時の研究が発端なのですが、1970年代には、すでに「動物に抗酸化物質を食べさせると本当にジュ見よう影響がある」という確たる証拠がないことが見出されつつありました。
 現在は、抗酸化物質が動物や細胞の寿命を延ばすというちゃんとした報告がないというのが定説になっています。それどころか、ビタミンなどの抗酸化物質は死亡率を上げるという実験結果のほうが多くなっています。
 ビタミンCの大量摂取で以下に寿命...続きを読む

QビタミンCって本当に必要なんですか?

摂らないと壊血病になったり
膠原病や精神病にかかると極度に不足するビタミンCですが、
実際のところどのくらい必要なんですか?

例えば赤ちゃんはビタミンCって摂ってないですよね…?(母乳に含まれるんですか?)
あと、例えばモンゴルなどの遊牧民はビタミンCを摂る手段をもってないと思うのですが(最近は野菜を栽培して食べるようになったようですが)、彼らは一体どうやってビタミンC不足を防いでいたのでしょうか。イヌイットを始めとする極北の人たちは生肉・臓器を食べることでビタミンCを摂取していたようですが… モンゴルのような遊牧民は一体どうしていたのでしょうか。
日本も今ではかなり新鮮な野菜を食べられるようになりましたが、
冷蔵庫も自動車もなかったために新鮮な野菜は少なく、漬物にしたりして食べていたようなので、ビタミンCはかなり少なかったと思います。

ビタミンCを摂らないと壊血病を防げませんし、
ノーマン・ガズンズやライナス・ポーリングの著書を読めば
やはりビタミンCは必要不可欠なのかなと思いますが、
遊牧民や昔の日本食を考えると、本当に必要なのかなとも思います。
(最も、ポーリングはノーベル賞を二度も受賞しながら学会から見放されてますし
ガズンズ自身もビタミンCの効用をそこまで信じていなかったようですが…)

実際のところどうなんですか?
本当に必要なんですか?
必要で、実は遊牧民や昔の人たちは摂る手段を持っていたのですか?
誰かわかる方がいたら教えてください。

摂らないと壊血病になったり
膠原病や精神病にかかると極度に不足するビタミンCですが、
実際のところどのくらい必要なんですか?

例えば赤ちゃんはビタミンCって摂ってないですよね…?(母乳に含まれるんですか?)
あと、例えばモンゴルなどの遊牧民はビタミンCを摂る手段をもってないと思うのですが(最近は野菜を栽培して食べるようになったようですが)、彼らは一体どうやってビタミンC不足を防いでいたのでしょうか。イヌイットを始めとする極北の人たちは生肉・臓器を食べることでビタミンCを摂...続きを読む

Aベストアンサー

赤ちゃんの飲む母乳や粉ミルクにビタミンCが含まれています。
遊牧民はビタミンCが含まれている馬乳酒を飲んでいました(参考URL参照)

参考URL:http://www.jinruisi.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=85683

QビタミンCの健康作用について世間は誤解されてる?

例えばニトロアミンの生成を抑制する実験についてなのですが、ビタミンCはアミンと亜硝酸との結合(ニトロアミンの生成)を抑制する結論されてますが、それはどういう実験から導き出されたものなのでしょうか?

ビタミンCは強い酸性なので、腸の蠕動運動を刺激し、それにより食物が早く腸管を動きますよね?

食べ物が早く腸管を動くという事は、麻生さん(ニトロアミン生成の原因となる亜硝酸)の停滞時間が短くなるという訳なので、ニトロアミンを生成してる時間も当然短く、その結果としてニトロアミンの生成が抑制されたかもしれませんよね?

仮にビタミンCで消化収率が5割下落したとして、ニトロアミンの生成も5割に低下するとして、その現象についてビタミンCがニトロアミンの生成を抑制、がん因子を抑制するという誤解が広まったという可能性がありますか?

ビタミンCは体を風邪に強くしたり、肌を若々しく保ったり、血が止まりやすくなるという謳い文句ありますが、そういうのも消化不良の副次的作用ではないでしょうか?

消化不良すれば体に悪い食べ過ぎの高カロリー食でも、適切なカロリーに抑えられて健康が保てます。
消化不良を起こせば水分が体に吸収されないが故に、血流が遅くなりますので、出血が止まりやすくなります。
私はビタミンCの健康効果について懐疑的に思います。

例えばニトロアミンの生成を抑制する実験についてなのですが、ビタミンCはアミンと亜硝酸との結合(ニトロアミンの生成)を抑制する結論されてますが、それはどういう実験から導き出されたものなのでしょうか?

ビタミンCは強い酸性なので、腸の蠕動運動を刺激し、それにより食物が早く腸管を動きますよね?

食べ物が早く腸管を動くという事は、麻生さん(ニトロアミン生成の原因となる亜硝酸)の停滞時間が短くなるという訳なので、ニトロアミンを生成してる時間も当然短く、その結果としてニトロアミンの生成...続きを読む

Aベストアンサー

ビタミンCについてのポイントは2つです。
・値段が安価で大量使用できる
・抗酸化作用がある

まず、ビタミンCはそれほど強い酸性ではありません。
胃酸の方がずっと酸性が強いものです。
ですかた、腸の蠕動運動に対する問題はほぼ影響ないでしょう。

ビタミンCで重要なはたらきは還元性です。
通常は、細胞膜に対する甘言作用をもつビタミンEを還元して、リフレッシュする
はたらきがあります。老化防止や壊血病の予防はこのはたらきです。
また、亜硝酸塩のように酸化力の強いものに対しては直接の還元剤のはたらきをします。
高濃度にビタミンCがある環境では亜硝酸塩はほぼ存在できなくなります。
それゆえに、ニトロソアミンの生成が抑えられるのだと思います。

QビタミンCは水で本当に分解するのでしょうか?

ビタミンCは水に溶かすと分解が始まると言われています。

しかしながら、ビタミンCのドリンクもありますし、本当のところはどうなんでしょうか?

私は、ビタミンCを水に溶かして登山用のドリンクにしようと考えています。

分解してしまったら意味がないので、教えていただければ助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

只の水よりもビタミンC入りのドリンクは良品です。ビタミンCは水に溶けますから、粉末で売られているものは溶けやすく、それを活用すると良いですね。

さて、本題。
もしも、大気中の酸素でビタミンCが酸化するから無駄だ、と云うのなら、袋入りで顆粒のビタミンCも良く見かけますが、酸素に触れないように真空パック状態で商品化しなくてはいけないですね。
そのようなものは見かけたこともありません。水の中の酸素って、大気中の酸素濃度よりも遥かに薄いですよ。

ビタミンCは化学名で”アスコルビン酸”と云います。これは還元型のビタミンCです。
例えば、身体が放射線被ばくした時は、身体に(細胞内液、細胞外液、細胞膜、タンパク質、遺伝子、等々)に電離反応が起きます。
よく耳にする活性酸素、これは酸素に起きた電離反応ですが、脂やタンパク質、遺伝子など、あらゆるところで起きる電離反応をフリーラジカル反応と云います。フリーラジカルが全身に連鎖反応的に広がると、身体は病気になります。だから、これは早いうちに消さなくてはいけません。

体内酵素でこのフリーラジカルを消去するのですが、それだけでは追いつかないほどフリーラジカルの連鎖反応が大きければ、身体は負けます。

この時に、ビタミンEやビタミンCが還元力を発揮して、フリーラジカルを消去します。この消去作用で、ビタミンEも酸化型のビタミンEに変わり、これをビタミンCが還元します。
そうするとアスコルビン酸(還元型)は→モノ・デヒドロ・アスコルビン酸(中間型のビタミンCラジカル)→デヒドロ・アスコルビン酸(酸化型ビタミンC)へと変化する。
酸化型のビタミンCはNADH(ビタミンB群の仲間でニコチン酸)の還元作用によって、再び還元型のビタミンCに戻ります。
NADHはNADと酸化・還元を繰り返し、体内では補酵素として働きます。

ビタミンCは身体に役立つビタミンですが、一緒にビタミンEやビタミンB群も摂らないと、片手落ちの栄養補給になりますね。

山登り、楽しんできてください。

只の水よりもビタミンC入りのドリンクは良品です。ビタミンCは水に溶けますから、粉末で売られているものは溶けやすく、それを活用すると良いですね。

さて、本題。
もしも、大気中の酸素でビタミンCが酸化するから無駄だ、と云うのなら、袋入りで顆粒のビタミンCも良く見かけますが、酸素に触れないように真空パック状態で商品化しなくてはいけないですね。
そのようなものは見かけたこともありません。水の中の酸素って、大気中の酸素濃度よりも遥かに薄いですよ。

ビタミンCは化学名で”アスコルビン酸”と云い...続きを読む

QビタミンAとビタミンA油違い、ビタミンAの表示の仕方について

こんにちは。
滋養強壮剤の表示をみていて、気になったことがあるのですが
かの有名な興和製薬のQPコーワゴールドなのですが、
ビタミンAの表示について、二つの製品でそれぞれ
○ビタミンA油(V.A) 2.0mg (2000ビタミンA単位)   キューピーコーワゴールドA
○ビタミンA油(V.A)(2000ビタミンA単位)6.67mg  新キューピーコーワゴールド
と表示してありました。
他の製薬会社の滋養強壮剤を比べてみても、やはり2.0mgとそれ以外が存在しました。

で、ビタミンAとビタミンA油は同じものと考えていいのか
 なぜ、同じビタミンA油で含有量が違うのにビタミンA単位で換算すると同じになっているのか

これがわかるひとにぜひ説明していただきたく、質問しました。

どうでもいいことなのですが、Aに関しては上限量もハッキリ決まっているだけに、
非常に気になって仕方がありません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ビタミンA油とは、その商品を製造する際に使用している原材料名であり、ビタミンAとは栄養素です。
その為、ビタミンA油と一口に言っても、油の種類や量、ビタミンAの量等に違いがあります。
キューピーコーワゴールドAに使用しているビタミンA油は、新キューピーコーワゴールドAに使用しているビタミンA油に比べて、同容量当たり約3.3倍のビタミンAを含むということになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報