水平線に今まさに沈もうとしている太陽は実は虚像だと聞きました。
これって本当ですか? 地球の表面にある大気で光が屈曲して
見えるので実は今まさに沈み行く太陽は、実際にはもう沈んでいて
見ているのは虚像だと言うのです。教えてください。

A 回答 (3件)

実像・虚像と分ける意味を感じません。



仮に分けたところで、不連続に「実像」->「虚像」に変わるわけではないのです。

太陽が真上にある時ですら、大気による屈折で像は揺らいでいます。それは天体望遠鏡で惑星や月を観察すれば分かります。崩れて「飛び出たり」、「引っ込んだり」したところは、言うならば「虚像」です。しかし、その「揺らぎ」は全方向に等しく無作為に働く場合が普通でしょう。星も瞬きも同じです。

一方、日の出、日の入り時は、

1)分厚い大気層を通過する。
2)その大気層も「上」が薄く、「下」が濃いために、「屈折作用」が生じる。
3)その「屈折作用」も真上にある時の「揺らぎ」とは異なり、方向が決っている。それと、方向の決らない「揺らぎ」が重なる。その「揺らぎ」自体も非常に大きい。

のが特徴です。ですから、太陽がひしゃげて見えたり、ひしゃげた太陽自体が激しく揺らいで見えるわけです。

蜃気楼の本質も光学的にはこれと同じです。

蛇足ながら、光より波長の長い電波だともっと屈折作用が強く働き、地球の半径を4/3倍するような「みなし」が行われるほどです。
    • good
    • 0

遅い上に単純な答えですが…恥。


星ほどではないにしろ、太陽も地球からかなり離れている事を考えると、光が届いて目に見える時には、太陽は光が出発した「その地点」には無い事になると思います。水平線にある太陽って、地上から見る分には一番遠いて話ですし。

それに、昔見た何かのビデオで、巨大化した悪の魔術師(笑)に、科学者が「もしお前が月を掴んで見せると言ったとしても、すでに月はそこには無いっ!」と言って倒してました。……では、失礼します。
    • good
    • 0

沈み始めている太陽は、虚像ではないですが、


沈み終わる頃の太陽は虚像です。

屈折は上下方向のみで、しかも地平に近いところだけで生じますから
必ず変形を伴います。
地平に近いところが横長になります。
ですから、良く太陽を見ていれば実像か虚像かはわかります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山頂からという詩の中の海と水平線について教えてください。

山頂から   小野十三郎

山にのぼると
海は天まであがってくる。
なだれおちるような若葉みどりのなか。
下のほうでしずかに
かっこうがないている。
風に吹かれて高いところにたつと
だれでもしぜんに世界のひろさをかんがえる。
ぼくは手を口にあてて
なにか下のほうに向かって叫びたくなる。
五月の山は
ぎらぎらと明るくまぶしい。
きみは山頂よりも上に
青い大きな弧をえがく
水平線を見たことがあるか。

という詩がありました。
最初のほうの「山にのぼると海は天まであがってくる。」が
どういうことなのかと、

うしろのほうの「山頂よりも上に青い大きな弧をえがく水平線」って
いうのはどういうものなんだろうというのがわからず、
気になっています。

どういうことを言っているのか教えていただけるとうれしいです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんばんは。

>>>最初のほうの「山にのぼると海は天まであがってくる。」が
>>>どういうことなのかと、

これは、(わりと簡単な)数学の話になります。

山の高さは地球の半径や直径に比べると非常に低いので、海面は無限に広い平面として考えることができます。
このとき、水平線は、視点が低くても高くても、まっすぐ前方に見えます。
これについては、下記のQ&Aを参考にしてください。
(私の回答があります。)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3902424.html


>>>青い大きな弧をえがく

水平線は直線なのですが、直線でなく弧になって見えるのは、人間の目の構造によるものです。
水が入った金魚鉢を通して向こうを見ると、ゆがんで見えるのと似たようなことです。


以上、ご参考になりましたら幸いです。

Q今、届いた暖かい太陽の光は、今の太陽ではない? 距離の話

動画開始9:58に、
・ 地球でいまみなさんが見ている月は、1.3 秒前の月
・ 地球でいまみなさんが見ている太陽は、8分20秒前の太陽とあります

これは正しいでしょうか

ということは、地平線にほとんど沈みつつある太陽は、8分以上前に実際には沈んでいるのですか

Aベストアンサー

数字は四捨五入とかしてるので正しくはありませんが、概ねあっています。

見える=光ですから
地球から月の距離、地球から太陽の距離に対して計算すれば時間が判ります。

100km離れた場所に時速60km/hで行ったら、何時間後に着くでしょうか?
という問題と同じです。

QWORD 水平線と段落罫線の違い

Word2007 段落罫線と水平線の違いを教えてください。
・水平線は線の種類が実線しかありません。
・基本的な使用方法の違いを教えてください。

Aベストアンサー

どちらも、All About の井上さんの解説が詳しいです。

段落罫線については、
段落罫線を使いこなそう(2003/2007)
http://allabout.co.jp/computer/msword/closeup/CU20080122A/

水平線については、
水平線が削除できない!
http://allabout.co.jp/computer/msword/closeup/CU20080204A/

ご参考になさって下さい。

Q地球以外の太陽系の惑星が消えたら地球にどういう影響がある?

水星、金星、火星、土星といろいろ惑星がありますが、
この星達が何らかの原因で消滅したとします。地球の核爆弾が
直撃したり、すごい隕石が直撃して一瞬のうちに消えたとします。
この場合、破片とかは考えないことにします。
引力の関係でなんらかの影響が地球にあるとは思いますが、
どのような事が起こると想像できますか?

Aベストアンサー

以前、「N○Kスペシャル」でやってましたョ。

短い期間で見ると、他の天体の衝突の確率が上がり、今のように安全に生命活動ができなくなり、やがてその環境に適応した生命だけが、細々と活動する。
長い期間では、太陽系の引力のバランスが崩れ、地球は太陽へ落ちるか、または弾き飛ばされてしまい、生命そのものが絶えてしまう。

今の地球が安定して生命の活動ができるのも、様々な「偶然」が重なって奇跡に近い状態の環境があるからで、他の惑星の大きさや距離、個数など、大変重要な要因となっています。
特に「外惑星」の影響が大きいとのこだったので、木星や土星がなくなると、割合早い時期に影響は出始めるとと思います。

引力のバランスが崩れて影響が出るのは、数百年、数千年、又は数万年という時間だそうです。
地球の歴史から見れば、ほんの一瞬です。

天体衝突の脅威はただちに問題になるでしょう。

QWord2013の水平線が変です。

Word2013を使っています。

最近、どのテーマでも水平線を引くと、線の先と後ろ部分に黒丸の付いた線になってしまいます。

水平線の書式を変更しようとしても、「色」の部分が選択できず、「色なし」となっています。

Wordを使い始めの頃は、テーマに合った水平線が挿入され、色の変更もできていました。

今は、応急処置として、以前作ったWordをいちいち開いて、コピペしている状態です。


何とか直したいのでアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

未だ、直ってませんか ? 変ですね ....?
変なのは、直線丈けですか、其れとも未だアナタが知らない所・箇所でも不具合が発生してるのかも知れませんがね。

多分、Officeの一部(ファイル破損等)が壊れたのかも知れませんし、Microsoftアップデ~ト等で不整合が出たのかも知れません。
取り敢えず、"修復"でもしませんか ?
1.クイック修復
2.オンライン修復
3.削除/再インスト~ル(デ~タバックアップは当~然)

1で駄目なら2、2で駄目なら3と試行してみて下さい。

1.& 2.:http://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=014700
3.: http://answers.microsoft.com/ja-jp/office/wiki/office_2013_release-office_install/office2013word2013excel2013%E3%81%AA%E3%81%A9/6fc083d8-95f1-435e-ba33-45e841b654b7

1、2、3 何れの場合も再起動は忘れずに。

未だ、直ってませんか ? 変ですね ....?
変なのは、直線丈けですか、其れとも未だアナタが知らない所・箇所でも不具合が発生してるのかも知れませんがね。

多分、Officeの一部(ファイル破損等)が壊れたのかも知れませんし、Microsoftアップデ~ト等で不整合が出たのかも知れません。
取り敢えず、"修復"でもしませんか ?
1.クイック修復
2.オンライン修復
3.削除/再インスト~ル(デ~タバックアップは当~然)

1で駄目なら2、2で駄目なら3と試行してみて下さい。

1.& 2.:http://121ware.com/qasearch/1007...続きを読む

Q太陽の大きさと沈む速度

今日、夕方5時頃見た夕日がとても大きく、しかもとても早く沈んでいきました。ふと思ったのですが、どうして、日によって見える太陽の大きさが違うのでしょうか。地球の公転による位置が関係するのでしょうか。しかも太陽が朝昇る速度と日中空を動いている速度と、沈む速度が違うようにみえるのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

観測地は、地球の中心では決して無い。
これだけは失念なさらないよう、お願いします。
http://www.vector.co.jp/pickup/win/p06306gw.gif

間違い無く、朝、夕刻は太陽は早く移動してます。

大気の厚さによるレンズ効果や水蒸気の量でもって大きさが違うように見える場合もあります。

また、蜃気楼のような気象現象も御自分で研究なさって下さい。
(温度差、気圧の部分的な違いなど。)

実際には、
南中時刻がその日、最も太陽に接近する距離となりますが、
これは無視して良い距離です。

その他は他の回答者様のおっしゃる通りです。

良く観測なさってみて下さい。
新説(真説)を見つけられるかもしれませんよ。^_^

Q続・水平線は丸い?

前回、質問して、多数派が「丸い」ということでした。
締め切ってから考えたのですが、水平線までの距離、約4kmに対して、目の高さ1mいくら、というのは、ほとんど真横といえます。

たとえば、円形のプールに飛び込んで、水面に顔を出した時、プールの縁はほとんど真横にあるので、たぶん、縁は直線に見えます。縁は頭のまわりを一周してうしろまでいきますが、高さが同じなら、直線に違いないでしょう。(縁が高ければ外のほうが高くなる曲線)

では、水平線が丸く見える展望台、というのは、どれぐらいの高さなのでしょうか。(私自身、水平線がみえるようなところで育ってないもので・・)

前回の回答では、平地や船の上でも丸く見える、という方がおられましたが、これは錯覚でしょうか。

魚眼レンズや広角で、周囲が歪んでうつりますが、真正面に水平線がくるように構えた場合、直径が水平線になりますが、どう、歪んでいるでしょう。

Aベストアンサー

補足させて下さい。

人間の眼にどう見えるかは古くからの問題で、ルネサンスのA.デューラーの銅板画に残されているように、対象と眼の間に「透視板」を置き、点をプロットする方法で作図するようになりました。写真感光材料が発明される以前から「カメラオブスキュラ」と呼ばれる装置を開発して2Dの紙に3Dの風景を写し取ることに成功しました。これは後に写真感材が発明された後、そのまま「カメラ」になったことはあまりに有名です。ですから、人間の眼をカメラ、および写真レンズになぞらえることは全く以って正当です。少なくとも、眼も顔も動かさないとするなら...。

また、地球という回転楕円体(近似的には「球」)をどう2Dの紙に表現するかも古くからの問題で、角度を保つ等角図法、面積を保つ等積図法、など様々な工夫をしてきました。これらが、「射影幾何学」と呼ばれる学問を成立させ今日我々も多大な恩恵を蒙っているのです。

地球はとりあえず、球と思っていいでしょう。我々CAD屋の用語ですが、3次元の曲面を2次元的に見た時の輪郭線を「Contour Line」,日本語では文字どおり「輪郭線」と称します。で、球面からε球の中心から離れたところから「輪郭線」がどうなるかが問題なわけです。

これは、勿論3次元的に見れば、「円」です。これは疑う余地がないです。地面に立つAさんとは別にはるか宇宙にいるBさんから、Aさんの見ている「輪郭線」を表現すれば、斜めにみれば、楕円(に近い)でしょうけど、真上から見れば「円」に見えます。

しかし、こんな「輪郭線」に意味があるでしょうか?この「輪郭線」はAさんにとってしか意味がないのです。Aさんにとっては下で述べたように、地球が四角い巨大な板であろうと、星型の板であろうと同じに見えるのです。前回の方々を含めて皆さん、ゴッチャにしています。そして、「射影幾何学」が成立した経緯を軽んじています。

「水平線が見えるという事自体、まったく同じ高さではありえませんから、現実に直線で見えることはありません」というのは、球を仮定する限り勿論数学的には正しいですが、直線からの乖離は「波」や大気による「揺らぎ」内に入りますので無視できます。屁みたいなもんです。

但し、既に何度も申し上げたように、非常に高く上がると、僅かづつ、直線から離れてくるでしょう。月まで行けば当然「丸く」見えます。

何れにしても、人間の知覚をとりあえず置いておいて「どう見えるか」論するならば、カメラを仮定する以外ありえません。「人間の目がカメラと違うのは、視野が広い」というのも必ずしも正しくありません。焦点距離12mmの超広角レンズでは約120度の視野が得られます。その気になればもっと広い画角も得られるのです。但し、通常の射影ルールに従うなら、180度を越えることは出来ません。

通常の射影ルールだと、透視板、またはカメラを特定の方向に向けねばならず、周囲360度を対等に扱ったことにはなりません。昆虫や草食動物の視野の広さは衆知の事実ですが、人間の場合ぐるっと見回す、という時間的要素を含める方が、人間の知覚に近いというなら、

1)360度パノラマカメラ(スリットカメラ方式)
2)円周魚眼レンズ

という特殊なものまであります。

1)は水平方向の等しい天頂角を画面上の等しい長さに変換する垂直方向は通常のレンズと同じ。言わば、周囲を「ぐるっ」と見渡すという時間を含んだ行為を1瞬にまとめる行為に相当します。

2)は、水平、垂直とも等しい天頂角を画面上の等しい長さに変換する、という射影規則に従っています。これは、周囲だけでなく天頂も含めて「ぐるっ」と見渡すという時間を含んだ行為を1瞬にまとめる行為に相当します。

補足させて下さい。

人間の眼にどう見えるかは古くからの問題で、ルネサンスのA.デューラーの銅板画に残されているように、対象と眼の間に「透視板」を置き、点をプロットする方法で作図するようになりました。写真感光材料が発明される以前から「カメラオブスキュラ」と呼ばれる装置を開発して2Dの紙に3Dの風景を写し取ることに成功しました。これは後に写真感材が発明された後、そのまま「カメラ」になったことはあまりに有名です。ですから、人間の眼をカメラ、および写真レンズになぞらえることは全く...続きを読む

Q太陽の沈む方角と月の昇る方角

日本では西に日が沈み、月が東の方から出てきます
(よね?)
先日ローマに行ったのですが夕日の沈んだ後に
同じ方角に(どう見ても)月が昇ってきたんです。
あれは何なんでしょうか?
昔、水金地火木、自転や公転なんて習った記憶があるのですがよくわかりません。

Aベストアンサー

こんにちは
下記サイトでスイス(ジュネーブ)の
2005/12/04の月の入り時刻と月齢を検索しました。
http://star.gs/cgi-bin/scripts/hinodet.cgi?dy=20051204&lju=l&iv=10&pl=%8C%8E&jwi=w&tiikij=%8F@%92J%96%A6%81i%96k%8AC%93%B9%81j&tiikiw=%83W%83%85%83l%81%5B%83u%81i%83X%83C%83X%81j&kdo=&kfun=&ido=&ifun=&tz1=&hk=0

日の入り 16:50
月の入り 19:24
月齢2.8=三日月=西の空 ですね^^

よって地球照に間違いないでしょう。

2006年3月3日前後、日本(東京)で見られる月の
月齢が3.1ですので、地球照が見られると思いますよ。

Qwordで 、水平線が出現!

Wordを作成していたら、突然、用紙の一番上に、目いっぱいに水平線が出現しました。説明が難しいですが、文字を入力する範囲でなく、それ以外の場所に線が出ました。

そのページだけでなく、それ以降のページにも、同様な水平線が出現です。

なぜ発生したのかは分りませんが、この水平線の消し方が知りたいです。

詳しい方、ご教示ねがいます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めに、Word年式必書!!
貴方が作成した添付画像必掲!!
Your添付画像乞うご期待!!
今からすぐ貼付!!
そうしてくれないと、何ゆってるのかは人に伝わりません。

ページ罫線じゃないよね?
下のMy添付画像ってことだよね?
これがテンプレートみたいになって、
以降ページも出現ってこってすよね?

上記内容違ってたら乞う、補足。
反応無けりゃ答え様なし。

Qオーストラリアでは、太陽は、どの方角から上がり、また沈むのですか?

オーストラリアでは、太陽は、どの方角から上がり、どの方角に沈むのですか?

Aベストアンサー

東から昇り→北→西に沈みます。

季節によっては北東だったり北西だったりしますが。

西から太陽が昇るところはないです。

地球の自転を考えれば明白です。


人気Q&Aランキング