人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ハリアーハイブリッド(警告)システムチェック!!
先日高速道路を走行中、計器類の警告ランプが点灯し(殆ど全て)エンジンストップしてしまいました。ハザードをたいて緊急避難しましたが、ハンドルが重くなり、ブレーキも効きが悪くなった印象でした。
車両です。トヨタハリアー、ハイブリッド
平成19年式走行距離13万キロです。 今までエンジン、駆動系、電気系異常なし。去年購入時にディーラーでのハイブリッド点検済です。
避難後メーターパネルに「ハイブリッドシステムチェック」が表示されました。その日は二時間ほど走行し、高速道路も100キロほど走りました。停止後はエンジン再始動できず、シフトチェンジできるもののレディが表示(走れる状態でない)されません。ラジオや音楽は聞けました。ディーラーが休みのため本格的なテスターチェック修理は6日からとのことでした。
お伺いしたいのは
(1)考えられる原因はなんでしょうか?ハイブリッドに乗られてる方で同様の状態になった方いらっしゃいますか?
(2)走行中(原因は別として)エンストになるような回路(?)システム(?)があるんでしょうか
(3)インバーターの故障が原因であった場合、費用はどのくらいかかりますか?私の場合販売後五年は経ってませんが、走行距離が十万キロを越えているので保証対象外になると思います。

旅行先で大変困ってます。体験者の方、知識をお持ちの方お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。

事故がおきなくてよかったですね。
ハイブリッドシステムに欠陥があった場合、エンジンを始動しての走行が可能ですが、
今回はエンジンそのものが始動できず、バッテリーも充電できなくなり走行停止してしまったのでは?
エンジンそのものの始動不能原因を調査するのがメインだと思いますよ。
(点火系、燃料系、電装系などなど)
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私も事故を起こさなかったことだけが不幸中の幸いだったと思っております。

ディーラーに預けて今日で3日経ちますが、正確な原因、かかる費用が判りません。

担当の方からは「EFIが死んだ結果、エンスト→パワステオフになった」というような回答を聞きました。
現在テスターで正確な箇所を特定している最中のようです。

また結果がわかり次第お伝えしたいと思います。
参考になるご意見、ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/09 01:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイブリッドシステムに係る高額なユーザ負担について

ハイブリッドシステムのリスクについて,私の経験からの下記報告について皆さんからアドバイスまたは建設的なご意見をいただければ幸いです。下記の5以降が困りごとです。
(同様の質問を見つけられなかったので投稿します)

1ハイブリッドシステムは新しいシステムであるが,販売時にはそのリスクの説明はほとんどなく,燃費や環境にやさしいなどの説明が中心である。

2実際,ハイブリッドシステムの自動車は従来のエンジンまわりに加え,ハイブリッドシステムという,2重のメインシステムで稼働することから,いずれか一方が障害となると動かなくなる。

3日本車は高性能で長く走れるとの一般的評価はエンジンまわりのシステムでは妥当であることから,ハイブリットシステムも同等の品質と認識してしまいがちだが,そうでない部分もある。

4ハイブリッドシステムの障害については自動車の基幹部分にあたることからメーカーもサービスキャンペーンやリコールなどで基本的にはユーザーの負担が少ないようにしている。また,将来交換の恐れがあるメインバッテリーも近年は10数万円程度まで低下している。

5一方,保証期間(5年または10万kmの早い方)を過ぎるとハイブリッドシステムの根幹にかかる部分についての修理も100%ユーザー負担となる。そのなかにインバーターというユーザーに馴染みの薄いと思われるユニットがあり,障害時は修理できず交換しかなく,その部品代は47万円を超える。(保証期間を過ぎればユーザーの負担があるのは承知していますが,言い値を受け入れるしかない修理部品の価格設定と新車販売時の売り方についてのメーカー側の責任が保証期間のみで100%免れることに疑問があります。)

6メーカー(トヨタお客様相談センター)にこれらについて問い合わせたところ,交渉はディーラーを通すよう直接交渉を拒否される。ディーラーと交渉するとメーカーがリコールと判断しないと,ディーラーのみの負担となることから対応はできないと回答を受ける。

7さらに,第三者機関である自動車製造物責任相談センターに相談したところ,保証期間を過ぎていても保証書のその他事項の「不具が使用損耗あるいは経年変化によるものでなく,供給側の責任に起因する場合は,責任の度合いに応じ,適正な費用負担で修理する」を根拠に,修理費について相談を進められた。

8しかしながら進展はなく,再び同様の症状が発生すると困ることから,全額ユーザー負担で交換修理依頼中である。

9ネットで検索したところ,同様の報告数件あり,ディーラーの営業努力で費用の一部軽減の報告を1件見つけるが,これは例外のようである。

10車検をしたばかりであるが,インバーターの障害の前兆は発見されず,この障害が起こると突然車が止まり,危険なことから,国土交通省のリコール関係の報告に登録。ちなみに,リコールとなると修理費用は返還されるとディーラーから教えてもらう。

以下,私の具体的な事例
アルファードハイブリッド2004年2月新車登録8年10万km走行。
メーカーからは使用形態,環境により,車両の基幹部分の持ちは異なり,何年利用できると一概に言えないと回答。しかし,状況によって利用期間の評価がどう変わるのか,提示はなし。
参考に私の利用環境は下記の通り
主に通勤に使用(往復約30km)。家は車庫,通勤先は立体駐車場であり,比較的良好な保管。所在地は年間ほぼ0度から30度強といった日本の平均的な気温。
サービスキャンペーン(リコールではないが,メーカーが対象部品の無料交換などしてくれること)は過去2回
ハイブリッドエラーで突然発進できなくなったりすること過去数回。今回は突然停止した。

ハイブリッドシステムのリスクについて,私の経験からの下記報告について皆さんからアドバイスまたは建設的なご意見をいただければ幸いです。下記の5以降が困りごとです。
(同様の質問を見つけられなかったので投稿します)

1ハイブリッドシステムは新しいシステムであるが,販売時にはそのリスクの説明はほとんどなく,燃費や環境にやさしいなどの説明が中心である。

2実際,ハイブリッドシステムの自動車は従来のエンジンまわりに加え,ハイブリッドシステムという,2重のメインシステムで稼働することから...続きを読む

Aベストアンサー

最近、ガソリン車からハイブリットへ。そして、数日前に、元のガソリン車へ乗り換えた者です。

回答すべき立場にあるのですが、逆に、とても参考になりました。

ご意見になるかはわかりませんが、私がなぜ、ハイブリットからわざわざ元のガソリン車へ乗り換えたのか。
その理由を説明すると、まず第一に挙げられる点は、おしゃるとおり、一度トラブルを起こすと大変なことになりかねないと、実際、ハイブリットを所有することでわかりました。
機能が複雑であればあるほど、一般の整備やサンではお手上げだろうなと。ある意味、メーカー側のうまい戦略に乗せられたなと感じました。
すなわち、点検整備は全てディラーで行えと言っているのとほぼ同じと個人的に将来的な危機感を感じたからです。
長年の知恵というか直観的なものです。
後、燃費ですが、決してハイブリットだから燃費が良いとは限らないと痛感しました。
よは、乗り方。アクセルの踏み方次第で、燃費はガソリン車でもよくなることを痛感しました。
さらに、減税。
増税が叫ばれる中、将来的にエコカー減税も廃止されるだろうなと感じた。
乗り換えた最大の理由は、機能的な進歩。
だとすると、初期タイプのハイブリットは近い将来、ハイブリットとは呼べないレベルにまで落ち込み、所有している意味がなくなる。
次々と新車を出すメーカー側の、売上重視の姿勢に共感できない。

こんな感じの理由から、購入後わずか一カ月足らずで元のガソリン車へと乗り換えました。

今思うと、今のハイブリット車って、子供のおもちゃみたいですね。
私は、古くても、手間がかかっても、燃費悪くても、機械的に生きている実感みたいなものを感じるガソリン車に魅力を感じています。
全てが全て、ハイブリットがいいという世間の流れには、どうしても共感できません。
だってみてください。周りを。
そこらじゅうに、わがもの顔したプリウスが見られるじゃないですか。
その為か、下手なプライドしょって偉そうに「エコカーだぞ!!」とガソリン車をにらみつけたり笑ったりしていますが・・・・
それが、今の日本を象徴しているように見えます。
とても残念です。

最近、ガソリン車からハイブリットへ。そして、数日前に、元のガソリン車へ乗り換えた者です。

回答すべき立場にあるのですが、逆に、とても参考になりました。

ご意見になるかはわかりませんが、私がなぜ、ハイブリットからわざわざ元のガソリン車へ乗り換えたのか。
その理由を説明すると、まず第一に挙げられる点は、おしゃるとおり、一度トラブルを起こすと大変なことになりかねないと、実際、ハイブリットを所有することでわかりました。
機能が複雑であればあるほど、一般の整備やサンではお手上げだろう...続きを読む

QVSCランプとエンジンチェックランプ同時点灯

いつもお世話になっております。

平成13年式イプサム240S(TA-ACM26W)に乗っております。
昨年末(12/29)にエンジンかけたところ「VSCランプ」と「エンジンチェックランプ」が同時点灯しました。

年末年始がディーラーも休みのため、本日ディーラーに行き調べてもらいました。
「エンジンチェックランプ」については「O2センサー」のようでしたが、
「VSCランプ」についてはディーラーでもわからず。
作業の様子をみていたことろ、「Gセンサー未補正」というようなエラーを検出しているようですが、ディーラーの方も対象方法が不明な様子。
※Gセンサーの修理をしたことがないとのこと。

私的にはエンジンチェックランプとVSCランプが同時点灯したので
O2センサーを修理すれば治るのでは?素人考えしております。

走行距離140,000キロになりますが、愛着のある車でしてまだまだ乗りたいと考えております。
どなたか同じような現象にあわれた方はおいでしょうか?
また原因と対象方法(どういう修理をしたか)などご存知の方がおられましたら情報を教えて下さい。

Aベストアンサー

別メーカ車ですが、エンジンの警告灯とVSCと類似機能OFFの警告灯が同時に付いたことがあります。原因はイグニッションコイル異常で、点火ミスのためにエンジンの異常振動が起き、加速度等のセンサーも信頼できないためにVSC(と類似の機能)をOFFにした、との警告でした。
O2センサーでエンジンに振動等が起きるなら、治る可能性はあると思いますよ。

Qエスティマハイブリッドの、高額な修理代金に驚いて \(◎o◎)/!

エスティマハイブリッドの、高額な修理代金に驚いて \(◎o◎)/!

エスティマ ハイブリッドに乗っています。
走行中に急に警告灯が多数点灯してエンジンがストップしました。
TOYOTAさんにみていただいたところ、
『ハイブリッド ビークル トランスアスクル ASSY の取替』と
修理の見積もりをもらいました。

部品代が54万円弱 (;゜0゜)
技術料11万円弱

H14年から約8年、13万キロ乗っています。
これって、仕方がないことなのですか?
車のことは全くわからないのですが、8年も乗ったら壊れても仕方がなくて、
部品の交換もこんなに高額なのも普通のことなのでしょうか?

ちなみに、2年ほど前から2回調子が悪く、昨年8月の車検の直後にも一度路上交差点で動かなくなりました。
その時にはTOYOTAさんで修理(?)してもらい、それから一年弱、調子良く乗っていました。

あまりにも高額なので驚いてしまったのですが、どなたかわかる方、よろしくお願いしますm(_ _)m

(検索で以前にも同じような質問を見つけましたが、それから半年以上経過していますので、
状況が変わっていることもあると思い、質問させていただきます)

エスティマハイブリッドの、高額な修理代金に驚いて \(◎o◎)/!

エスティマ ハイブリッドに乗っています。
走行中に急に警告灯が多数点灯してエンジンがストップしました。
TOYOTAさんにみていただいたところ、
『ハイブリッド ビークル トランスアスクル ASSY の取替』と
修理の見積もりをもらいました。

部品代が54万円弱 (;゜0゜)
技術料11万円弱

H14年から約8年、13万キロ乗っています。
これって、仕方がないことなのですか?
車のことは全くわからないのですが、8年も乗ったら壊れても...続きを読む

Aベストアンサー

H14年なら10系ですね。
>ハイブリッド ビークル トランスアスクル
CVTの事です。
フロントモーターなどが一体型になっていますので高いです。
交換となると、見積りにあるように約65万円かかるようです。
ネット上でもいくつか報告されており、修理する人と手放す人に分かれているようです。

ちなみに
インバーターは約40万円
バッテリーは約21万円です。

>これって、仕方がないことなのですか?
メーカー保証が切れていますし、つくし保証もなければ全額自腹ですね。


>状況が変わっていることもあると思い・・・
CVTに関してはないと思います。(発売当初にリコールがありました)
インバーターに関しては、ウォーターポンプの影響によるトラブルがありましたが、先日のサービスキャンペーンで改善されたようです。

Qハイブリッドカーの寿命について

最近当たり前になりつつあるハイブリッドカーですが、
ハイブリッドカーの電池の寿命が5年程度と聞きました。
これを過ぎると、ほとんどモーターのアシストが効かないため、
燃費も悪くなるとか。これって本当なのですか?
また、5年毎にそのバッテリーを交換するのに30万程度かかるとか。
この真偽について、ご存知の方がいましたら教えて下さい。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

携帯電話の電池と同じく、蓄電池は化学反応を利用して蓄電をしますので、その利用可能回数には限界があります。
また化学反応を利用していますので製品としての寿命もあります。

ハイブリッドカーで利用されている二次電池は、携帯電話のように1つのセルではなく、複数のセルを組み合わせた仕様となっています。このため、全体を充電したり放出するのではなく、充電池に最適である充電(許容容量の95%までしか充電しない)と、放電(容量が残り5%になったら充電開始)を特定ブロックにわけて行うため、かなりの充放電数に耐えうるように設計されています。

「バッテリよりも車のほうが先に壊れる」ということを言うディーラーがあることは、このサイトでも確認されていますが、それは利用頻度にもよるため正しい情報ではありません。タクシーや山間部を多く走行したり都市部でのストップ&ゴーが多い環境では、劣化は早く進行します。

性能が劣化したため二世代目のプリウスで、バッテリを3回交換している方もブログで拝見しています。

また最近の車種にリチウムイオンバッテリーが搭載されたものが発売されましたが、自動車用のリチウムイオンバッテリーと携帯電話やパソコンのリチウムイオンバッテリーは、コストの観点から異なる種類のリチウムイオンバッテリーで自動車用のものは製品寿命がパソコンのそれと比較してセルの寿命は半分程度です。ただ、複数のセルを利用することで寿命が長く伸びるよう考慮されています。

(EV自動車のテスラはパソコン用のリチウムイオンバッテリーを搭載)

携帯電話の電池と同じく、蓄電池は化学反応を利用して蓄電をしますので、その利用可能回数には限界があります。
また化学反応を利用していますので製品としての寿命もあります。

ハイブリッドカーで利用されている二次電池は、携帯電話のように1つのセルではなく、複数のセルを組み合わせた仕様となっています。このため、全体を充電したり放出するのではなく、充電池に最適である充電(許容容量の95%までしか充電しない)と、放電(容量が残り5%になったら充電開始)を特定ブロックにわけて行うため、かなりの充放電...続きを読む

Qハイブリッド車が故障すると修理費用が高い?

現行プリウスの購入を考えているのですが、ハイブリッド車は故障したり、バッテリーの交換時に、ノーマルなガソリン車より修理費用がかかるって聞きましたが、本当ですか?
そうであるなら、どのくらい費用が多くかかってくるのでしょうか。

Aベストアンサー

10万キロ程度の故障率や耐久性、リコール等の件数から見れば
普通のガソリン車と変わらない程度なので、それほど
故障を心配する必要はないと思われます。
金額は、他の方のが参考になりますが、営業車で
18万キロ電池無交換というのも興味深いです。

コスト優先するなら、買い替えサイクル(距離、年数)から
トータルで燃費、購入金額、保障、ランニングコストで
考えるほうが現実的です。1年で3000km程度しか走らない人で
10年乗る場合はデメリットのほうが大きくなるし
用途、交通事情、乗り方によっては燃費の恩恵も変化します。

コストよりも、環境にやさしい?イメージを優先とか
所有する満足度が勝る、新しいものが好きな人でなくとも
それなりの「所有満足度」のある車ですが、解体すれば
回収・リサイクルできる部分も多いけどゴミも多いです。
自分は、代車で数ヶ月乗ったときの燃費等からよいイメージが
ありましたが、主にボディ形状、用途等から買いませんでした。

Q純正カーナビで走行中もTVを見られるようにするには?

新車を購入し、はじめて純正のカーナビもオプションでつけました。ところが、走行中は「安全のためと…」とTVが見られません。後付したときには見られたのに残念です。
もし、純正カーナビでも走行中も見られるようにできるなら、その方法を教えてください。
ちなみに、車はエスティマです。

Aベストアンサー

助手席の人がナビを操作したり、TVを見るのはぜんぜんOKですよ。

今回も、助手席の人の為ですよね!
その場合は、下を参考にしてください。

-----------------------
前回、助手席の人が見たいということで回答しましたのでリンクを参照してください。

全ての車で出来るかどうかはわかりません。
また、全て自己責任でやってください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1706179

Qライフのエンジンオイル交換などの画面表示の消し方

こんにちわ!
わたしはホンダの今発売している新型ライフの一つ前モデルのライフに乗っています。
最近液晶画面に「オイル交換時期過ぎています」とか表示されるようになり、そろそろ交換時期なのかなと思いオイル交換をしました!

しかしオイル交換をした場所はホンダではなく知り合いのいるトヨタで交換しました。
昨日交換したのですが今日の朝出勤する前も液晶画面に「オイル交換時期」と出ていました。

おそらくホンダのディーラーで変えた場合その画面を消す方法があるんだと思います。どなたかご存じの方は教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

現在売っているモデルの前期型ってことでしょうか?(2003年9月以降のモデル)
それ以上前のモデルにはそのような機能はついてなかったと思いますので。

メーターの上部にスイッチがふたつあって左のはINFO、右のはMODE/RISETとなっていると思います。
1.まず左右のボタンを同時に押します。
するとユーザー設定画面といって、終了、メンテナンス状況(確認)、TEL確認といった項目の表示が出てくると思います。
2.左側のINFOスイッチを押すと項目が切り替わるので「設定(入力)」という項目を選んで右のMODE/RISETスイッチで決定します。
3.次の画面で「メンテナンス更新」を選びます。
4.次の画面で「エンジンオイル」を選びます。
すると「エンジンオイル交換しましたかという?」というメッセージが出てくると思うので「はい」を選択します。
その後は「戻る」→「終了」を選択すればもとの画面に戻り終了です。
また半年or5000キロ走ると出てくると思うのでその繰り返しです。
オイル交換のほかタイヤローテーションや定期点検も出てくると思いますが4のところでそれに対応した項目を選べばOKです。

現在売っているモデルの前期型ってことでしょうか?(2003年9月以降のモデル)
それ以上前のモデルにはそのような機能はついてなかったと思いますので。

メーターの上部にスイッチがふたつあって左のはINFO、右のはMODE/RISETとなっていると思います。
1.まず左右のボタンを同時に押します。
するとユーザー設定画面といって、終了、メンテナンス状況(確認)、TEL確認といった項目の表示が出てくると思います。
2.左側のINFOスイッチを押すと項目が切り替わるので「設定(入力)」という項目を選んで右のM...続きを読む

QCR機に設定はあるんですか?

連日お世話になっています。
CR機は、店サイドでの設定の変更はできないと聞いていましたが、この質問の一つ前の質問への回答(パチンコ屋の店員さんから)に、「確かに台の設定とかは従業員でも極一部の人にしか教えない」という記述があり、?と思ってしまいました。
実は今日大海を打ち惨敗して帰って来たのですが、11時から3時の間に、魚群が7回も現れ、そのすべてが外れました。
確率上、そのような外れはあり得るとは分かっていても、負けたくやしさから、魚群が当たりにならないように店が設定を仕組んでいるのではないかと、つい勘ぐってしまいます。
常連のおばさんにそのことをぼやきましたら、「私にも4回来て、4回とも外したわよ」と言っていました。
さて、魚群の件はあり得ないこととして、店員さんのおっしゃる「設定の変更」とはどういうことを指すのでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

パチンコに設定はあります。
パチンコに設定があることはほとんどの客が気づいていることです。
そのため今の時代釘を見て立ち回っている人も
ほとんど見かけなくなりました。

しかし、具体的にどのような設定がされているか具体的に知っている人は意外にもほとんどいないようです。
そのためネット上ではパチンコに設定はあるのか?ないのか?
などと議論されることが珍しくありません。

詳しい仕組みまで解説すると書ききれないので簡潔に解説します。
パチンコの設定装置は二つあります。
ホールコンピュータ(通称ホルコン)と裏ハーネスです。
ホルコンとは
ホルコンとはシマごとに出玉管理を行う機器です。
シマごとに還元率が設定できます。
4~5台のグループ単位で大当たり抽選を行い、
大当たり信号を受信した台は大当たりが発生します。

裏ハーネスとは何回転目で大当たりし、何連チャンするかと
いったことを事前に全て設定できたり、大当たり確率や確変突入率を変更できます。
また、ガセの熱い予告を仕込んだり、どのプレミアを出すかというのも設定できます。

あなたが経験された魚群7回連続外しというのも仕組まれたものである可能性はあります。
この裏ハーネスのおかげで「見せ台」や「回収台」を設定できます。
例えば朝一で1000回転以上はまっている台というのは回収台の可能性が高く果てしなくはまるので
打たないほうがいいということになります。

全国のパチンコ店の約90%がホルコンや裏ハーネスを導入しており、
残りの10%が釘だけの調整で店を経営しています。
そのため釘を見てよく回る台に座ると方法で勝っていくことは難しいです。

ちなみにこのホルコンと裏ハーネスが違法じゃないか?
と思われるかもしれませんが違法ではありません。
回転前に還元率や出玉パターンを設定するのは違法ではないのです。

しかし、営業中に個人を狙った遠隔操作を行うのは故意にその客からお金を盗んでいることになるため違法です。

遠隔操作で摘発される例は全国でザラにあります。
しかもそれは氷山の一角あり、客がつかずに経営に苦しんでいるような
店は遠隔操作も最終手段として取り入れているでしょう。
以下が事例です。

【動画】遠隔操作パチンコ店逮捕NEWSを日テレが報道
http://www.youtube.com/watch?v=ocQf0l8MPlM

山口県内の経営者ら遠隔操作容疑で逮捕
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/2004/9/3/news1109.htm

『新海』を遠隔操作、店長ら逮捕
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/2004/7/23/news1066.htm

ネットで出玉を調整 店長ら逮捕
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/2004/7/22/news1062.htm

遠隔操作でパチンコ店経営者らを逮捕(茨城)
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/2003/3/4/news552.htm

遠隔制御!経営者ら3人逮捕(千葉県)
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/2001/9/10/news165.htm

パチンコ出玉玉も遠隔操作の疑い?店長再逮捕(愛知県)
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/2001/7/6/news147.htm

出玉遠隔操作、猶予付き有罪判決(高知県)
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/2001/5/11/news97.htm

ホール遠隔操作、摘発
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/1999/5/12/news1.htm

パチンコに設定はあります。
パチンコに設定があることはほとんどの客が気づいていることです。
そのため今の時代釘を見て立ち回っている人も
ほとんど見かけなくなりました。

しかし、具体的にどのような設定がされているか具体的に知っている人は意外にもほとんどいないようです。
そのためネット上ではパチンコに設定はあるのか?ないのか?
などと議論されることが珍しくありません。

詳しい仕組みまで解説すると書ききれないので簡潔に解説します。
パチンコの設定装置は二つあります。
ホール...続きを読む

Qハイブリッド車の電池っていくら位するんですかね?

ハイブリッド車の電池っていくら位するんですかね?
また電池の寿命はどれくらいですか?
ハイブリッド車ならなんでも結構です。

Aベストアンサー

初代プリウスで約33万円、2代目で約13万円、3代目も同じ
エスティマハイブリッドは、初代が約22万円、MC後が約15万円などなど・・・
工賃など詳しい事はディーラーで聞いてください。

ネットではとんでもない金額が書かれている事もありますが、ウソです。

バッテリーは、基本的には交換の必要はありません。
また、5年または10万キロのメーカー保証が付いています。
「つくし保証」を付ければ保証が延長されます。

交換する場合、バッテリーよりも他の部品(インバーターとかミッションなど)の方が高いです。

Qプリウスでエンジンがかからない

プリウスでエンジンがかからない

 ドイツ在住です。最近購入したプリウスに関して詳しい方、教えていただければと思います。

 今年の4月にドイツにてプリウスを購入しました。最近、朝エンジンをかけるためPowerボタンを押すと三角と丸の「!」,「ABS」「VSC」の4つのマークが付いたままエンジンがすぐにかかりません。(添付画像参照)

 朝いちで温度が低い時にこの症状がでます。日中はとくに問題ないです。5分ほど待ちPowerボタンを再度押し直すことでエンジンがかかります。現地のディーラで検査してもらいましたが、異常はみつからなかったとのことで、多分鍵の電池があまりないのが問題ではと電池交換で終わりました。

 しかし翌日からも同様の問題が続いています。気温が低いときにはこのように、エンジン始動まで3-5分ほど待つのでしょうか?それともどこか操作に問題があるのでしょうか?プリウス所有している方など、ご教授いただければと思います。

Aベストアンサー

三角の赤!はマスータウォーニングチェックランプでシステムに異常があるとつきます。

黄色の(!)みたいな!はブレーキ系
ABS、VSCもブレーキ系の異常時に点灯するものです。

基本的にマスターウォーニングがでると、ダイアグノーシスコードという異常を記録するものがあるのですが
そこに異常が記録されるのですが、記録されない異常ってなると、
こういったコンピューターがらみの異常は正直、診断しづらいです。

写真からの判断になってしまうのですが、
・レディランプがついていないのでシステム起動が出来ていない。
・点灯しているウォーニングがブレーキ系だけ。

だとすると、ブレーキのハイドロブースター(ブレーキの油圧パワーアップさせるもの)の初期作動ができず
自己診断異常でレディオンしないとか、と勝手に考えられるのですが。

朝、車に乗る際にドアを一番最初にあけたときにエンジンルームから「じーーーーーーー」って音がすると思うのですが、
そこに違和感とかあれば、ブレーキとにらんでもいいのかなと。


当方長野ですが、マイナス10℃ぐらいでも平気でレディオンできていました。
また電池の問題であれば、キーのトヨタのマーク面をプッシュスイッチに近づけてオンするとSuicaみたいな要領で
認識してレディオンできるので、キーではないと思います。まず解錠できないですしね・・・。


レディオンしないときの具体的な温度がわかると、他の方からなにか参考になることがあると思います。

質問内容に対して有益なお答えできなく申し訳ないですが、参考までにお願いします。

三角の赤!はマスータウォーニングチェックランプでシステムに異常があるとつきます。

黄色の(!)みたいな!はブレーキ系
ABS、VSCもブレーキ系の異常時に点灯するものです。

基本的にマスターウォーニングがでると、ダイアグノーシスコードという異常を記録するものがあるのですが
そこに異常が記録されるのですが、記録されない異常ってなると、
こういったコンピューターがらみの異常は正直、診断しづらいです。

写真からの判断になってしまうのですが、
・レディランプがついていないのでシステム起動が...続きを読む


人気Q&Aランキング