【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

ご存じの方教えてください。
市販されている蛍光灯具には、50Hz用、60Hz用、50/60Hz共用といった3種類の安定器が付いていますが、60Hz圏内で50Hz用の蛍光灯具を使用した場合、どのような状態になるか教えてください。(例えば消費電力が大きくなるなど)まだ、なぜそのようになるのかを教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

蛍光灯の安定器は蛍光管に流れる電流を制限するものです。


鉄心にコイルを巻いたもので「チョークコイル」と言うのが本来?の名前です。チョークコイルのリアクタンス(交流の流れを邪魔する能力)は周波数に比例します。従って適正なものを使用しないと電流が流れ過ぎたり、逆に電流が少なすぎたりします。
インバータ方式では電源周波数を一度直流にして、改めて高い周波数の交流を作り出していますので電源周波数には無関係です。
インバータ方式でないもので50/60Hz共用の安定器があるかどうかは良く知りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答頂きましてありがとうございます。
チョークコイルについて調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/02 11:54

50ヘルツ(HZ)地区で60ヘルツ(HZ)の安定器を用いた器具を使うと、安定器の温度が上昇するため器具が焼損したり、ランプの寿命が短くなります。


反対に60ヘルツ(HZ)地区で50ヘルツ(HZ)の器具を使うと、明るさが低下したり暗くなったりなどの悪影響を与えます。必ず周波数に合った安定器を使用する必要があります。
ただし、インバータ式蛍光灯器具は影響ありません。

扇風機 ・冷蔵庫 ・換気扇 などは回転数や消費電力が2割ぐらい変わるそうです。(参考URL)

参考URL:http://www.tepco.co.jp/custom/denkiGuide/2_3-j.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/02 11:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気の周波数が異なるとどのような問題が起こるのでしょうか?

家庭用の電気は100[VAC] 50[Hz]もしくは60[Hz]です。家庭用電源に対応している電子機器を異なる周波数で使用した場合(例:100[VAC] 100[Hz])、どのような問題が起こるのでしょうか?機器自体が動かなくなるのでしょうか?ご教示願います。

また、電子機器ではなく、モータを動かした場合は回転数等に問題が出てくるのでしょうか?

私の頭の中では、機器を動かすのに必要なことは
電流×電圧=電力
の関係だけであるとしか思っておりません。電力さえ満足できれば、機器を作動させることは可能であると思うのですが…
周波数も関係してくるのでしょうか?

Aベストアンサー

現在の電子機器は周波数の変化 (50Hz/60Hz) には関係ないと思いますが、100Hz を供給した場合はどうでしょうか。動くことは動くと思いますが、普通は設計範囲外でメーカーは動作を保証しないと思いますし、万一壊れても無償修理にはならないでしょう。

モーターについては、同期モーターを使用している機器では、50Hz の場合は 3,000rpm、60Hz の場合は 3,600rpm ですから、60Hz の方が 1.2倍早く回ります。洗濯機などでは、共振現象による危険な回転数がありますから、違う周波数で回転させると壊れる恐れがあります。

ただし、これはモーターがキチンと回った場合です。同期モーターでは、電源周波数に正しく同期して回るためには進相コンデンサーが必要です。進相コンデンサーの容量は電源周波数で決まりますが、50Hz に対応する進相コンデンサーが付いている場合、60Hz ではそもそも回転しないことさえあります。50Hz と 60Hz なら許容範囲で動くかも知れませんが、100Hz の電源に接続した場合、はたして回ってくれるかどうか疑問です。

以上は電源周波数の話ですが、電圧も重要です。確かに「電流×電圧=電力」ですが、電圧が半分に下がったら電流を2倍流せば同じ電力だろう、というわけには行きません。電圧が違う場合、まともに動かないことはあるし、装置が壊れる可能性だってあります。

現在の電子機器は周波数の変化 (50Hz/60Hz) には関係ないと思いますが、100Hz を供給した場合はどうでしょうか。動くことは動くと思いますが、普通は設計範囲外でメーカーは動作を保証しないと思いますし、万一壊れても無償修理にはならないでしょう。

モーターについては、同期モーターを使用している機器では、50Hz の場合は 3,000rpm、60Hz の場合は 3,600rpm ですから、60Hz の方が 1.2倍早く回ります。洗濯機などでは、共振現象による危険な回転数がありますから、違う周波数で回転させると壊れる恐れがあ...続きを読む

Q蛍光灯の周波数について

一般の商用電源からは50/60Hz供給されているのに蛍光灯(インバータ無)が光るとき周波数が100~120Hzになるということを知ったのですが、それはどうしてそうなるのかわからないので教えてください!!

Aベストアンサー

蛍光灯の点滅を電圧1サイクルの中で見てみると
電圧が+のとき 点灯
電圧が0のとき 消灯
電圧が‐のとき 点灯
電圧が0のとき 消灯
と1サイクル中に2回点滅をします。
(正確には、位相のずれなんかがあるんだけど、割愛)

このため、50Hzで点灯すると毎秒100回、60Hzで点灯すると毎秒120回 点滅します。

QHfとは何ですか?(蛍光灯の種別)

従来設置されている蛍光灯を、「Hf」に交換する作業が進められていますが、「Hf」とは何ですか?(蛍光灯の種別)簡単にわかりやすく教えて頂けたらありがたいのですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「高周波点灯方式」の事。俗に言う「インバータ式」

点灯時に「安定器」「点灯管」が不要で、古い建物の蛍光灯の安定器には「PCBなどの有害物質」が使われている。

安定器が老朽化すると破裂する場合もあり、その場合は「頭上からPCBが降り注ぐ」と言う恐ろしい事態になる。

その為、学校や役所など各公共施設で安定器が要らない蛍光灯への交換作業が進められている。

Q50Hz対応の天井灯を60Hzで使っても大丈夫?

 お世話になります。

 10年ほど前に、50Hzの地域から60Hzの地域に引っ越してきました。

 天井灯を4個使っているのですが、そのうちの一つだけ、「50Hz専用」と書かれていることに、最近気がつきました。他の3個には50Hz(または60Hz)専用とか、50Hz・60Hz共用とかの表示は無いようです。

 「50Hz専用」と書かれている天井灯でも、10年間もの間気付かなかったぐらいですので、特に違和感なく使用してきました。異常に加熱するようなことも無く。

 もしかすると、コンバータ?インバータ?が適切に働かず、ちらつきの原因になるのかな、などと想像しています。

 そこで質問なのですが、50Hz専用の天井灯を60Hzで使い続けても大丈夫でしょうか?また、そのような使い方をすることにより、どのような問題が生じるのでしょうか?できればその理由なども添えて頂けると嬉しいです。

 どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

50Hz地区用の蛍光灯を60Hz地区で使用すると、消費電流値が下がって暗くなり、蛍光管の寿命が2~3割短くなるらしいですが使えないことはないようです。
その逆で60Hz地区用の蛍光灯を50Hz地区で使用すると、消費電流値が上がって部品(安定器)の過熱・焼損に結びつきます。

以下のサイトでそのあたりをお確かめください。
http://homepage2.nifty.com/ja9yx/denki/2007-10-20fl.html

OK Waveでも過去問があります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/835047.html

ということで、50Hz地区用蛍光灯器具を60Hz地区で使用するのは実質大丈夫といえます。逆でなくてよかったですね。無理に買い換える必要もなさそうなので、天寿を全うさせてやってください。


人気Q&Aランキング