『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

蘇鉄の剪定について
我が家にある蘇鉄の幹が伸びすぎてしまったので、切り詰めたいと思っています。伸びた葉は根元から切ると聞いていますが、幹の場合はどこで切っても構わないのでしょうか?通常の木の幹と違って下手に切ると枯れてしまうような気もするのですが。ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ソテツは株の天辺にしか生長点が存在しないので他の木の様に途中で切ったり、剪定のようなことは不可能ですね。

ですのでこれ以上大きくしたくないなどの理由で生長点を取り除いてしまうと弱って枯れてしまう可能性も大きいです

株元に小株が出来ているならそれを残して大きい方は切り倒すくらいしか対処の仕様がないかと思いますが、そもそも小株が出ていなければそれも無理ですよね・・・

ソテツはもともと大きくなる植物ですので地面に直接植えてしまったのが悔やまれますね。本来は植える時にどのくらい大きくなるものかを把握して納得してから植えるのが植物のためにも良いのですが・・・

>蘇鉄の剪定について
伸びた葉は根元から切ると聞いていますが、幹の場合はどこで切っても構わないのでしょうか?
通常の木の幹と違って下手に切ると枯れてしまうような気もするのですが。ご存知の方教えてください。

           ↓
通常は、増やし方は瘤のような塊(地表の出た幹の下部に出来る塊)を利用して株分けをします。
また、今回の質問のような植え付けからの年月の経過で、大きく成り過ぎたら、樹形や樹姿を整理するには、他の樹木のように強剪定で幹を切り行う訳には行きません。
どうしても、小さくするには、世代交代で「大きくなったソテツは切り倒し&新たに株分け」育てるしか出来ません。
尚、葉は幹に接する部分から刈り取る事も可能ですが、幹そのものを無理に切れば、切り口から腐朽が進み枯れます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

有り難うございました。我が家の蘇鉄は植えてから20年ぐらいたっており、周りに子株もたくさん出来ています。言われたように、親株は元から切り取る事にします。

お礼日時:2010/05/06 09:08

蘇鉄の剪定というのは幹を切るのではなく葉を切ることをいうと聞いています。



幹を切る「切り戻し」は出来ないと聞いています。
私も切り詰めたいと思ったことはありました。
我が家の蘇鉄は2m以上はあるでしょうか。(*´Д`)=з
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2010/05/06 09:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソテツの株分けについて教えて下さい

庭に植えているソテツが大きくなってきたので、株分けをしたいと思っているのですが、具体的にどのように行なえばよいかわかりません。
Webで検索したところ、根が無い状態でも発根するとあったのですが、何も気にせずに切り分けて植えてしまっても良いのでしょうか?
根の部分を分ける際の切断面(?)をどのように処理したらいいか等、具体的なアドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

植え替え、株分けの時期は春の、ソメイヨシノの咲くころがベストと思います。
傷んだ根を付けて置くより切り取った方が良い新根が出ます。
根が無い方が良いと言っても何処で切っても良いという事ではありません勘違いしないことです。
ソテツを掘りあげると下の方がタケノコのように尖っていて比較的に軟らかい根が出ています。
その根を切り取って少し日光に当て乾かして植えて添え木で固定して置くことです。

Q縁起の悪い植木

庭に「ソテツ」を植えるとお金がたまらないと聞きました。本当でしょうか?
他に縁起の悪いもの、逆に縁起のいいものをご存知でしたら教えてください。 

Aベストアンサー

ふふふ、こういうのって気になるとキリがないですね。
じゃあ・・、南国の人はみんなビンボーなんでしょうか・・(^-^;
いわゆる根拠の無い迷信の類ですよ。
ーーーー

さて、迷信の類なら
「びわ」→「病気になる」
「イチジク」→「なんだったかな・・」
「柿」→「冷える→縁が悪くなる」
「イワシの花」→「様々な説がある」
「マキ」→「墓場に多いから」
「桜」→「花が散り急ぐから」
「ツバキ」→「花が落ちる様から」
などでしょうか。
いずれも地方の慣習や風習、時代の住居事情が影響しています。
ーーーー

単に「縁起がいい」という意味なら、一般に「縁起植物」と言われるものがあります。
「マンリョウ」→「万両を意味するから」
「センリョウ」→「千両を意味」
「カラタチバナ」→「百両を・・」
「ヤブコウジ」→「十両・・」
「イチリョウ」→「一両・・」
「ナンテン」→「薬草でもある」
(以上は冬に赤い実をつける事からも)
「竹」→「成長・多産・開運などを象徴」
以下、松、梅、福寿草、ウラジロ、サカキ、・・・。
ーーーー

これまでのは「風習」「名前」「形状」から縁起が付けられたものですね。
家相・風水の見地からは樹木などには「陽木・陰木」があるとされ、色々と分けられているようです。
ただし、「陰陽」は「良い悪い」ではなく性質を意味し、陰陽のバランスを元に配置しようという考え方です。
ーーーー

「縁起」とは違いますが、「有害植物」に関してはちゃんと迷信と区別しなければいけません。安易に庭に植えるべきでないものもありますので。
先の「ソテツ」も「サイカシン」なんて発ガン物質を持ってたりします(普通に育てる分には問題ないですよ)。

ま・・、そんな事を考えるのは人間の方ですから、当の樹木さん達にしてみれば、迷惑な事なのかもしれませんね。

ふふふ、こういうのって気になるとキリがないですね。
じゃあ・・、南国の人はみんなビンボーなんでしょうか・・(^-^;
いわゆる根拠の無い迷信の類ですよ。
ーーーー

さて、迷信の類なら
「びわ」→「病気になる」
「イチジク」→「なんだったかな・・」
「柿」→「冷える→縁が悪くなる」
「イワシの花」→「様々な説がある」
「マキ」→「墓場に多いから」
「桜」→「花が散り急ぐから」
「ツバキ」→「花が落ちる様から」
などでしょうか。
いずれも地方の慣習や風習、時代の住居事情が影響しています。...続きを読む

Qサツキ(?)の剪定の時期とやり方について

サツキ(?)の剪定の時期とやり方について
おせわさまです。サツキの剪定の時期とやり方について教えて頂けますか?
写真のような状態ですが、チョボチョボ生えた小枝を剪定機でズバズバと夏場に刈るのでしょうか?
何せ量があるので、手っ取り早く、機械を使いたいと思ってますが、いつ、どのくらいまで刈るのか自信がありません。よろしく、ご教示くださるようお願いします。

Aベストアンサー

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをするなら大鋏を使用します。
剪定機の場合ですが、エンジン式(混合油使用)と電動式がありますが、
メーカーによって名称は違いますが、エンジン式の場合はヘッジトリマー
と言います。利点としては混合油使用のため、力が強く多少は太い枝でも
楽に切れる事です。難点としては重たいのと価格が高い事です。
家庭ですから数が多くても電動式の方が使い勝手は良いのではないかと思
います。画像のサツキを見る限りでは、電動式でも十分に剪定は出来ると
思いますよ。エンジン式より力は弱くなりますが、長時間剪定をしていて
も疲れ難いですね。コードを謝って切らないように注意すれば、素人の方
でも使えるはずです。

僕は造園土木の会社に勤務して居ますが、主に除草作業を行っています。
それでも年間を通して剪定作業もあるので、剪定機による剪定作業に関し
ては誰よりも上手いと勝手に思っています。
丸型は何とか出来るのですが、難しいのは角型ですね。横は何とか出来る
のですが、上を真っ平にするのは経験が必要です。いかにして波のように
させないかが至難の業です。

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをする...続きを読む

Qソテツの植え替えで・・・

植木屋さんでソテツを購入してきました。
別の大きい鉢に植え替えようと思いソテツを植木鉢から
外していたところ、根っこが切れてしまいました。
土から出ている所で。。。
つまり根っこと本体がちぎれてしまいました。
このような場合でも本体(葉っぱと胴体部分)を土に植えれば
新しく根っこは生えて来ますか?
それとも?生存は不可能ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

蘇鉄は太くても挿し木が可能な植物です。と言っても、一般の方で成功できるかどうか保証はできませんが、その方法だけでも記してみます。
まず、挿し木は折れただけでは根が出にくいので、挿す部分を新品のクレヨンの先のような形に先細にけずります。この時、できるだけよく切れる包丁などで、よりスッパッと切れている方が良いです。そして削った部分に水で溶いたルートン(発根剤)を塗布します。そして今付いている葉を古い順に3分の2程度根本から切り落とし、幹を中粒~やや小粒程度の鹿沼土に挿します。最後に支柱を立てて鉢を丸ごとビニールや大きな透明ポリ袋などで包んで乾燥を防ぎ、午前中だけ日に当たるような場所に置いて、土が渇いてきたら水をやります。しかし、これも夜温18以上で最低でもひと月は経たないと根が出ない作業です。
「業者」の「仕事」並に大変な作業ですが復活できる可能性はゼロではない植物ですし、大変な分、根が出て新しい葉が出てきたときの喜びは大きいでしょう。

Qソテツくんが…

こんにちは。filiaです。

夏場は青々としていたソテツくんが、この頃色が薄くなって、黄色くなってしまった部分もでできました(:_;)

幹の高さは5cm、葉の大きさは15cmくらいで、室内で育てています。

原因としては何が考えられるのでしょうか??
また、黄色くなったのは元に戻りますか??
戻るとすればどうしたらよいのでしょう??

回答よろしくお願いします…

Aベストアンサー

日光、水遣り、鉢土等の状況が解からないので何とも言えませんが日光不足はありませんか。
ソテツは日光を好みますので室内であれば出来るだけ日当たりの良い場所に置いて下さい。
戸外で管理した方ががしっかりした新芽がでてきます。
スペースがあれば庭等に直接植えても大丈夫です。
寒さには強く鉢植えの場合は0℃以下にならなければ大丈夫です。
しかし霜に当たると葉が痛み根が弱る事もありますので注意してください。
ソテツは砂質の土壌を好み乾燥には強いので水は土の表面が乾いてからたっぷりと鉢底から流れてくるまで与えてください。
水をやりすぎた場合は鉢内が過湿状態になり根腐している可能性があります。
心当たりがある場合は鉢から抜いて根を確認してみましょう。
白い根だけであれば大丈夫ですが茶色や黒く腐れている場合はその根を取り除き植え替えます。
幹はしっかりしていますか。
ブヨブヨしている感じで茎の真ん中が腐っている場合は回復しませんので処分するしかありません。
ソテツは成長は遅く剪定の必要性はありませんが下の葉から枯れてくるため枯れた葉は順次取り除きます。
逆に成長が良く鉢一杯に根が張っている場合は根詰まりの可能性が有ります。
根がぱんぱんに張っている場合は水を上からかけたつもりでも十分水が鉢全体に行き渡っていないため水切れを起こしている可能性も有りますのこの場合は1回り大きい鉢に植替えます。

日光、水遣り、鉢土等の状況が解からないので何とも言えませんが日光不足はありませんか。
ソテツは日光を好みますので室内であれば出来るだけ日当たりの良い場所に置いて下さい。
戸外で管理した方ががしっかりした新芽がでてきます。
スペースがあれば庭等に直接植えても大丈夫です。
寒さには強く鉢植えの場合は0℃以下にならなければ大丈夫です。
しかし霜に当たると葉が痛み根が弱る事もありますので注意してください。
ソテツは砂質の土壌を好み乾燥には強いので水は土の表面が乾いてからたっぷり...続きを読む

Q伐採した樹木の根を枯らしたい

伐採した樹木の根を枯らしたい

お世話になります...<(_ _)>
地盤が固いため こぶしの根が浅く 庭の草木が育たないため
根もと近くの幹直径30cm程のこぶしの木を伐採しました
切り株に穴を開け 除草剤を入れて枯らそうと思います
今現在も 幹から水分があふれてくる状態ですが
どんな除草剤を どれくらい入れたらいいのか 
土壌にどのような影響が出るのか知りたいです
根っこはいずれ 掘り出さなければいけないのでしょうか?

ご伝授下さい

Aベストアンサー

薬剤使用を間違うと樹木は薬害を起こして枯れますが、この方法を利用
すれば短期間で枯らす事が出来ます。

まず現在は拳大の穴を開けられていますが、この穴は無視して下さい。
電気ドリルに木工用のドリルの刃を付け、5センチ程度の穴を開けて下
さい。現在の切り株でしたら、3~4ヶ所で十分です。
この穴に薬剤を注入するのですが、使用する薬剤は除草剤ではなく害虫
駆除に使用する農薬です。家庭にスミチオン乳剤やマラソン乳剤があれ
ば、それを使用されて下さい。なければホームセンターで一番容器の小
さい物を1つと、スポイトを購入して下さい。

スポイトで農薬の原液を穴に注入し、穴を粘土やガムテープで止めて下
さい。要は薬剤が気化しないようにするためと、謝って動物がなめない
ようにするためです。このまま1週間から10日放置をし、再び薬剤を
注入します。2~3回程度繰り返せば、後は薬害により枯れるのを待つ
だけです。一気に枯らす事は出来ませんが、この方法だとシロアリ発生
防止にもなりますし、枯れた時点で根はスカスカになるので、撤去する
時は楽です。

除草剤では液が流れ出て地面に浸透した部分は、除草剤の成分が消える
までは何も育たなくなります。除草剤は使用しない方がいいですね。

農薬は外に流れ出ないようにするのがポイントで、ドリルで穴を開けて
から薬剤が流れ出るようなら、その穴は使用しないで別に穴を開けるよ
うにします。

薬剤使用を間違うと樹木は薬害を起こして枯れますが、この方法を利用
すれば短期間で枯らす事が出来ます。

まず現在は拳大の穴を開けられていますが、この穴は無視して下さい。
電気ドリルに木工用のドリルの刃を付け、5センチ程度の穴を開けて下
さい。現在の切り株でしたら、3~4ヶ所で十分です。
この穴に薬剤を注入するのですが、使用する薬剤は除草剤ではなく害虫
駆除に使用する農薬です。家庭にスミチオン乳剤やマラソン乳剤があれ
ば、それを使用されて下さい。なければホームセンターで一番容器の小
...続きを読む

Qシューロの木を低くする方法ありませんか?

 シューロの木が1本あります。5m位高さになって梯子もとどかず困っています。それで次の4つのどれかにしたいのです。
  (1)これ以上高くなるのを止める方法
  (2)中を切って頭を接木する方法
  (3)低く切っても枯れないようにする方法
  (4)その他の方法
 どれかの方法1つ教えて下さい。お願いいたします。

Aベストアンサー

1-3全部無理と思います。

うちにもシュロの木が二本ありました。先を止めることもできませんので結局切ってしまいました。二階の窓に届いて防犯上よくないためです。
また、花が咲いて その花粉が気持ち悪かったのです。

一本は自分で伐りましたがあんな硬い木はないって云う位の硬い木です。
木の繊維が硬くぎっしりと縦に通っている為です。
普通の木とは構造が違います。接木は不可能と思われます。
しかも重たい。大型可燃ごみの日に出そうと一メートル位に必死で切り(硬いので)ゴミ置き場にもって行こうとしましたが重くて重くて。
のこぎりは駄目になるし、腰は痛めるしで二本目は知り合いの大工さんに頼んで重機で引き倒してもらいました。

で、そのあとは自分で手入れできる木を植えました。

Qソテツにカイガラムシ?

購入したのは今年の夏ぐらいで500円ぐらいの小さなソテツでした。購入当初から小さな綿状の物が少しついていてたまにとったりしていました。最近になって急に葉が中央からだんだんと黄色になってきました。調べてみるとカイガラムシとわかったのですがあまりにも種類が多すぎてどのカイガラムシかもわからずどう駆除すればよいかわかりません↓鉢もベタベタしています。ベニカDはよいのでしょうか?また他に駆除方法はあるのでしょうか?
ソテツの隣にサンセベリアを置いてあるのですがそこにも1匹いました。よく見ても他に見当たりません。どちらも白い1、2mm程の大きさのカイガラムシです。どうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

ボルンはほとんどカイガラムシ専用の殺虫剤で、使った感じからいいますと、葉への影響はないと思います。殺虫剤によくある刺激臭はなく、その代わり油のような軟膏のような臭いがします。散布してすぐには細かい泡状の薬液が葉をおおっている感じですが、5分もすると散布したかどうかもわからないぐらいになり、そのあとも葉が変になったりということはありませんでした。
でも、カイガラムシの数がまだ余り多くないのであれば、見つけたときにいちいち剥がしとってみてもいいと思います。歯ブラシでこすったり、指や爪でも剥がれますし、ガムテープで剥がしとっている人もいるみたいですよ。

Qつげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。

つげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。
垣根のつげの木がだんだん枯れてきていますが考えられる原因はどんなものがあるでしょうか。
かれこれ30年近くなる庭の垣根として植えているつげの木が近年少しずつかれてきています。
秋口に枯れが出てきます。垣根が歯抜けになり見苦しいのですが原因は何でしょうか。
モグラのトンエルをみかけます。また酷暑も関係しているのかと思ったりします。
肥料はできる範囲で化成肥料を年に1回春に施しています。暑い時は一日おきに
水もできる範囲でやりますが石垣の上に植えているので相当乾燥するものと思います。
原因と対策を是非教えてほしいのですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸性土質に傾いた事や、土壌が長年何もしな
かったため固くなり根張りが十分に出来なくなっている事、葉と葉との間
が密集しているため風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなっている
事などが考えられます。
枯れた物は元には戻りません。部分的に生きていても回復する事は難しい
ので、その内に枯れてしまうでしょうね。

垣根を元通りの状態に戻させるには、大掛かりになりますが植替えをして
仕立て直す事しかありません。
現在の垣根を見て、枯れた部分がどの程度あるかを調べます。それにより
何本不足しているのかが分かるはずです。
必要な本数を園芸店(樹木を扱っている店)に注文し、作業に必要な資材
などを準備します。
植替えるためには土壌改良が必要で、そのためには堆肥や腐葉土が必要で
す。また酸度調整のための苦土石灰も必要で、事前に用意します。
それと寒冷紗か遮光幕を用意して下さい。植替え時に必要です。
黒いビニールポットも用意します。掘り上げ時に必要です。

苗が自宅に到着したら、苗を一ヶ所に詰めて置いて寒冷紗か遮光幕を被せ
ます。苗を植え付けるまでは被せておき、乾かさないように水遣りだけは
行って下さい。次に枯れている物や枯れかけている物を抜きます。これら
は植付けをせずに処分するので、根に土は付いていなくても大丈夫です。
次に元気な物を掘り上げます。出来るだけ根に付いた土を残すようにして
掘り上げ、黒いポットに収まるようにするため、はみ出た根は切ります。
1本づつポットに入れて保管します。全て掘り上げたら、移植する場所を
スコップや鍬で掘り返し、出て来た根などを取り除きます。石が出て来た
時は撤去しなくても構いません。掘り返す深さは30~40cmを目安に
します。浅いと土壌改良にはなりません。
耕し終えた場所に苦土石灰や堆肥を入れ、鍬で耕すように十分に混ぜ合わ
せます。表面を均等に均したら土壌改良と酸度調整は完了です。

次は移植をします。植付けは千鳥植えにしますが、苗との間隔は苗の枝と
枝とが軽く触れる程度が理想ですが、初心者には分かりずらいので、株の
間隔を20~25cm程度にして下さい。植え場所に割箸を目印として1
本差します。日が良く当たる方向に新しい苗を植え、元々あった物は後ろ
に植えるようにします。移植ゴテで株より少し大きめな穴を掘り、高植え
にして植付けをします。高植えは根元に少し土が被る程度に植える方法で
す。間違っても深く植えないで下さい。

植付けが終わったら水を十分に与えます。根が完全に活着するまでは最低
でも1ヶ月は必要ですから、水切れにさせないように天気の良い日は朝夕
の水遣りは欠かさないようにします。水切れを起こすと枯れます。

肥料は与えません。与えるのは翌年で十分です。与えるのは化成肥料でも
構いませんが、堆肥に混ぜられて与えると手間が省けます。時期としては
8~9月の間に1回だけです。与える時は根元から離れた場所に与えるよ
うにします。現在は春のようですが、与える時期は樹木の種類で違います
から、何でも春に与えれば良いとは思わないで下さい。

暑い時こそ水は必要ですから、1日おきでは水不足になりますよ。朝夕の
2回は必要な時もあるかも知れません。また出来る範囲では与えた事には
なりません。石垣の上なら、多過ぎたかなと心配する位に与えます。

モグラは無罪です。今回の件に関しては関係ありません。

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸...続きを読む

Qソテツの葉が黄色くなってしまいました。

庭にソテツがあるのですが、
葉が黄色くなってきてしまいました。
本来なら、越冬に備えて秋に葉を落とさないといけなかったのですが、それをせずにそのままにしてしまったからでしょう。
今からでも、葉を全部切り落としてしまった方がいいでしょうか?
それとも、そのままにしておいていいのでしょうか?
どなたかわかる方がいらっしゃいましたら、教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ソテツの繁殖は株分けか種子でおこない株分けは根の有無に関係なく葉の大部分を取り除き、こもに包んで砂床に植え込みます。
お住まいの場所が解からないので確かなことは言えませんが、それからするとソテツは幹に養分を蓄えていますので多少の事では衰弱しないと思いますので新葉が出る前に葉を切った方がその後の生育は良いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング