はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

レポートなどで、引用するときに、

「…(引用文)…」(著者 出版年 ページ数)

と言ったように、引用文の後に引用してきた本などの情報を書きますよね?

これは、HPの記事を引用した時には何を書けば良いんでしょうか?

「…(引用文)…」(HPのタイトル 更新年)とかで良いんでしょうか…?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#2です。


通し番号を振ることで対応してはいけませんか?
↓こんなふうに。文献資料とWEB資料の利用記号を分けたりすれば、見分けもつけやすいと思いますが。


「…(引用文)…」【W1】らしい。しかし、「…(引用文)…」【W2】なのだ。


【引用サイト一覧】
(W1)「Webページの作成者名(あるいは会社名)」「Webページのタイトル名」「URLアドレス」「アクセス日時」
(W2)「Webページの作成者名(あるいは会社名)」「Webページのタイトル名」「URLアドレス」「アクセス日時」
    • good
    • 2
この回答へのお礼

2度目の回答ありがとうございます。
通し番号を振る…ナイスアイデアです!!
これなら見やすいですし…。
助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/29 17:17

番号をふるか、著者+発行年を書いて、論文の


最後に文献一覧をつけます。そこにURLアド
レスを書けば良いと思います。

3年ほど前にイギリスの雑誌に投稿しましたが、
インターネットからの引用は問題なく受理され
ました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね、最後の文献一覧にURLを書けば良いんですよね。
また、インターネットからの引用も問題なく受理されたと言う体験談も参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/29 17:17

サイト上の情報を引用する場合,URLは必須です.


というか,URLのみでいいと思います.
それ以外の情報(タイトルや年)は,掲載されているなら
載せた方がいいかも知れません.

この回答への補足

回答ありがとうございます。
2の補足でも言っていますが、今回、私がしているものは、

「…(引用文)…」らしい。しかし、「…(引用文)…」なのだ。よって、「…(引用文)…」である。

といったように、引用文を何個も使う物なんです。

この場合、引用文の1つ1つに

「…(引用文)…」(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=587436)らしい。しかし、「…(引用文)…」(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=587436)なのだ。

とすると、かなり読みにくいですよね…?
こういう場合どうしたら、良いのでしょうか?

ちなみに、全ての引用文に(著者、出版年、ページ数)を付けても、
「参考文献・参照Webサイトの一覧表」をレポートと一緒に提出します。

補足日時:2003/06/28 23:36
    • good
    • 1

過去の質問&回答です。


参考になるかと思います。

質問:公の統計データを広告に使いたい
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=513702



#WEB資料の出典表記については↓が参考になると思います。

「特定のテーマでのレポート報告の仕方」
http://www.isc.meiji.ac.jp/~sanosemi/report01.htm

「5.レポートの形式チェック」の「Webページからの引用の場合」のあたりが参考になると思います


「参照文献の書き方(補遺) 電子文献参照の書き方」
http://www.jst.go.jp/SIST/handbook/sist02sup/ind …

この回答への補足

回答ありがとうございます。
参考URLまで教えてくださって…とても参考になりました。
…が、今回、私がしているものは、

「…(引用文)…」らしい。しかし、「…(引用文)…」なのだ。よって、「…(引用文)…」である。

といったように、引用文を何個も使う物なんです。

担当教官の説明によると、たとえ、それぞれの引用文の出所が同じでも
1つ1つに(著者、出版年、ページ数)を付けないとダメみたいなんです…。
参考URLにある「Webページの作成者名(あるいは会社名)」「Webページのタイトル名」「URLアドレス」「アクセス日時」
を1つ1つに付けると、読みにくいですよね…?
こういう場合どうしたら、良いのでしょうか?

ちなみに、全ての引用文に(著者、出版年、ページ数)を付けても、
「参考文献・参照Webサイトの一覧表」をレポートと一緒に提出します。

補足日時:2003/06/28 23:35
    • good
    • 0

論文を書く際にネット検索した記事の引用をするというのは…


基本的には不可と判断しますが…
大学等での課題レベルなのでしょうか。
公的機関のページから通知・通達等を引用する場合でも,○年○月○日付第#######号○○省○○局長通知といった形の引用となりますし…
指導教官がレポート作成時にページからの引用を認めているのであれば,その教官の指示に従った記載方法とすべきだと思いますヨ。
以上kawakawaでした

この回答への補足

回答ありがとうございます。
そうです、大学の課題です。
「新聞やインターネットの記事から引用してまとめる」というのが課題なんですが、
私が引用しようと思っているのが、公的機関のページではなく個人が運営しているサイトなんです…。
だから、「○月○日付第#######号」とか無いので、どうしたら良いのかと…。

教官に聞くのが一番良いのでしょうが、提出日が近いもので…もう聞く時がない…。
ん~…困りましたね(^_^;)

補足日時:2003/06/28 22:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【レポート】参考にしたサイトはどう書けば?

大学で出題されたレポートを作成しています。

参考文献というか、参考にしたサイトはどうリストアップすれば良いのでしょうか?
調べても、本に関することしか見つからず、アドレスを長々と書いて良いのかどうかもよくわからず・・・。

これで質問内容は伝わるでしょうか?
よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

基本的には本と同じです。
アドレスを載せてください。
その時に、そのホームページのタイトル、
あなたが接続した日を書いてください。

きれいに見えるようにトップページ…ではなく、
ちゃんと参考にしたページを書いた方がいいですよ!!

たとえば、この質問のページだったら、
「教えて!goo」【レポート】参考にしたサイトはどう書けば?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1417394
2005年5月29日接続

という感じです。

Qデータの引用の仕方について

タイトルの通りですが、
レポートなどでの、データの引用の仕方についてご教授頂ければと思います。

ある施設について記述するとします。
その際、その施設が発行する統計資料から、来館者数や年齢別利用者の数値を使用するとします。
これを、図表でなく文章で表す場合、

『○○(資料名)』によれば、××人で~…

と、いう書き方をすればよいのでしょうか?
資料の図表や文章をそのまま引用するのはできるのですが、
数値のみを利用する引用の仕方にどうしても不備があるらしく、2度再提出をうけています。
自分でも出来る限り調べて改善しているつもりなのですが、どうしても受からずに途方に暮れています…

また、
統計データ自体は著作物ではないので、資料から配列などそのままで引用するのでなければ、
引用の条件を満たす必要はない
と、聞いたのですが、上記のような利用には当てはまるのでしょうか。

無知な部分が多く恥ずかしい限りですが、ご教授頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

 「・・・・」と報告されている(引用の番号、あるいは著者など)。」で十分。2度も再提出なら異常、原文を見せてもらわないと、判断できません。

>統計データ自体は著作物ではないので、
こういう姿勢では、ダメ出しを食らうでしょう。
 データをだすには、相応の労力が必要です。敬意をもって、引用文献として謝意を込めてリストに引用物を記載しましょう。
 引用の条件、ではなく、数字そのものには、著作権は無いそうです。著作権が無いということは、引用する際に予め了承を得る必要は無いことであって、引用先を明示=引用時に謝意を込める、ことは不可欠です。

Qインターネットを利用したときの文献の書き方

論文で文献の書き方を教えてください。
本文中で(氏名,年号)という書き方をしています。

たとえば、「昭和二十二年度(試案) 学習指導要領 国語科編」を「http://www.nicer.go.jp/guideline/old/s22ejj/」で 2009年2月に見た場合、本文中にはどのように書いて、文献として、どのように書けばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 
 三行表記 ~ 文献書誌や人物要覧の凡例 ~
 
 第1行:引用の要約(罫線によって引用であることを明示する)
 第2行:URL(サイト・アドレス)記号で囲まない。
 第3行:サイト・タイトル(作者《表題 年月日 サイト名》備考)
 
 200902‥ 閲覧(↓)参考文献・サイト
http://www.nicer.go.jp/guideline/old/s22ejj/
── 《学習指導要領 国語科編 昭和二十二年度(試案)1947‥‥ 文部省》目次
 
── 凡例(さまざまなルールが混在し、ほとんど統一されていない)
http://q.hatena.ne.jp/1216553372
 出典表示法 ~ 引用符 & 書誌データ ~
 
── 書誌データ(著者・訳者・書名・副題・刊行年月日・出版社・掲載頁)。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3201212.html
 レポートの設計図 ~ 間取りに合わせて書きこむ ~

<PRE>
 ↓ 姓,名    肩書 生年月日(生地)没年月日(享年)/備考(旧暦)著書など
────────────────────────────────
 Lincoln,Abraham 大統領 18090212 America 18650415 56 /暗殺18650414射撃
 Darwin, Charles Robert 18090212 England 18820419 73 /“進化論”~《種の起源》
 新島 襄  同志社英学校 18430212 江戸  18900123 48 /客死/18751129創設/天保14.0114
</PRE>
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=19530212
 生没点描 ~ リンカーン&ダーウィン&新島 襄 ~
 

 
 三行表記 ~ 文献書誌や人物要覧の凡例 ~
 
 第1行:引用の要約(罫線によって引用であることを明示する)
 第2行:URL(サイト・アドレス)記号で囲まない。
 第3行:サイト・タイトル(作者《表題 年月日 サイト名》備考)
 
 200902‥ 閲覧(↓)参考文献・サイト
http://www.nicer.go.jp/guideline/old/s22ejj/
── 《学習指導要領 国語科編 昭和二十二年度(試案)1947‥‥ 文部省》目次
 
── 凡例(さまざまなルールが混在し、ほとんど統一されていない)
http://q.hatena.ne....続きを読む

Q大学の講義のレポートってネットで調べても良い?

ネットで調べた奴を書いても大丈夫なんでしょうか?

Aベストアンサー

大学の教官です。

ネットは無料提供情報であることを弁えてください。悪意がない情報でも、それが正しいとは限りません。真偽を確かめる能力がないと、誤った認識が一人歩きします。

情報は有料が原則。ネットでの情報はキーワード・シソーラス確認定度にして、図書館で文献を検索しましょう。但し、官公庁のホームページからの引用は許容します。出典が記載されていない場合は全て不可とします。見る価値無しです。ですから、最初に目を通すのは飲用参考文献からです。それと、その文献の整合性です。

私が評価するとき、ネット情報をそのまま鵜呑みにして論を展開したレポートは不可です。そんな学生は学問する資格無し、授業受ける資格無し。ネットでの情報で充分ならネットで学習して資格試験を目指せばよろしい。

大学の先生方、如何でしょうか?
少し厳しく採点しましょう。情報の氾濫は歯止めがかからないでしょうけど、教育・研究者はネット情報に警鐘を鳴らしませんか?

Qレポート用紙で名前を書く位置は?

初めてレポート用紙を使うのですが、タイトルは規定のタイトル枠内に書くとして、名前や学籍番号はどこに書くのが普通なのでしょうか。タイトルを書き終わった後、本文欄に名前を書いてから本文を書き始めるのか、タイトル上部の空白部(用紙右上など)に書くのか分からず困っています。
基本中の基本を知らなくてお恥ずかしいのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

学校や科目によって教官方のお考えや方針があるので一概には言えませんが、
基本的に『表紙』を1枚作ったほうがいいと思います。
私が提出する際は以下のようにします。

|-----------------------------------|
|                           |
|                           |
|                    |
|                    |
|     レポートの題名        |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|       学籍番号:123456     |
|       氏 名 :山田 太郎   |
|                    |
|                    |
|    提出期限:平成17年8月11日(木) |
|     提出日:平成17年8月11日(木) |
|                    |
|                    |
|-----------------------------------|

あくまでも例ですので、ご自分で適当に構成してください。
指示が無かったのなら厳しい決まりはないと思いますので、そんなに気を使う必要は無いと思いますよ。
心配なら提出する際に確認して、ダメなら表紙だけ書き直せばいいですし…
がんばってください!!
ついでなので、レポートを書く際に気をつけることなどを書いたページがあったのでお教えします。参考までに。。。
http://www.h7.dion.ne.jp/~okachan/page010.html
ちょっと下にスクロールすると『レポートについて』というのがあります。
では

参考URL:http://www.h7.dion.ne.jp/~okachan/page010.html

学校や科目によって教官方のお考えや方針があるので一概には言えませんが、
基本的に『表紙』を1枚作ったほうがいいと思います。
私が提出する際は以下のようにします。

|-----------------------------------|
|                           |
|                           |
|                    |
|                    |
|     レポートの題名        |
|      ...続きを読む

Q参考文献を要約して書いたレポートの参考文献の書き方.

参考文献の数を指定されて,かつそれがどこで引用してあるのかを明確にするように指定されました.
なにぶん資料が少なくて,とりあえず資料を探し一通り頭に入れたのですが,実際に書き始めてみると多くの部分が要約になってしまいます(もちろん自分なりの文章にしていますが).
このようなレポートの場合,参考文献の引用はどのように表せばよいのでしょうか. 

Aベストアンサー

引用の仕方は、さまざまです。eco-message様の読んだ参考文献のなかでの引用方法を参考にしてください。

とくに字数制限のあるレポートについていえることだと思いますが、まとまった長い引用は避け(下の[1](1a)の場合を避けるということです)、自分なりの要約をして、引用元とそのページを明記するとよいと思います。ただし、原文の曲解を避けるために自分の要約よりも原文をそのまま引用することを伝統的に重んじる分野では、そのかぎりではありません。

それを前置きにして、ひとまず大別すると、次のようになります。
  [1] そのまま引用する場合:(1a) 長い場合、(1b) 短い場合、
  [2] 自分で要約して引用する場合。
そして、それぞれについて、
  <A> 著者名を書くやり方、<B> 文献番号をつけるやり方
があります。

以下、一般的な注意点を挙げ、その後で上のそれぞれについて、例を挙げます。細かな形式の違いはいろいろとあるので、やはりeco-message様の読んだ参考文献を参考にしてみてください。下で私が「こう書け」と偉そうにいっていても、形式によってはまったく違うこともあります。

本文で引用するときの注意点:
1) 長い引用の場合は改行し、その引用ブロックを全体的に何文字分か段下げをします。「 」は不要です。
2) 短い引用の場合には「 」を使用し、改行しません。
3) 文献番号をつけるときは、かならず引用順にします。[1] *1 など、たんなる数字と思われないように括弧ないし記号を使います。
4) 文献番号をつけないときは、出版年度をつけます。
4i) プレマック夫妻の2003年出版、2005年に日本語訳出版の著作なら、“プレマックとプレマック(2003/2005)は〔……〕と述べた”となります。
4ii) “彼らは〔……〕と述べた(プレマック & プレマック, 2003/2005)”と書いてもよいです。
4iii) 4ii)の書き方と4iii)の書き方は、同じレポートのなかに混在していてもよいです。流れのなかで使いやすいほうを使います。ただし、文献番号をつける方法とは混ぜません。
4iv) また、日本語訳ではなくもとの英語版を引用したときは、Premack & Premack(2003)となります。ここでおわかりのように、本文では、日本語を引用したら、外国人でもカタカナで書き、英語を引用したら、日本人でもアルファベットになります。
5) 引用したページ数の書き方は、下の例を見てください。

参考文献のリストを書くときの注意点:
6) 参考文献は、文末に一覧としてつけます。文献番号を使用した場合には、それぞれのページの脚注に書く方法もあります。
7) 参考文献の書き方は、書籍を引用したときと、学術雑誌を引用したときとで、少し異なります。それぞれの文献について、2行以上にわたるときは、見やすいように、2行目以降の段を下げてください。
7i) 書籍の場合。著作名は斜体にします。著作名は、題の最初と副題の最初をのぞき、基本的にすべて小文字です。出版地名は、アメリカ合衆国なら州の略号まで、その他は国名まで書きます。ニューヨーク、東京など出版社が集中しているところは、州名、国名は必要ありません。ただ、たとえばケンブリッジは、イングランドにもアメリカ合衆国にも同名の地名があるので、注意する必要があります。
  著者姓, 名前のイニシャル. (出版年). 著作名. 出版地名: 出版社名.
  McGrew, W. C. (2004). The cultured chimpanzee: Reflections on
    cultural primatology. Cambrige, England: Cambridge University
    Press.
7ii) 雑誌の場合。論文題名は、題の最初と副題の最初以外、基本的に小文字ばかりで書きます。雑誌名は斜体にし、単語はだいたい大文字で始めます。巻数は、太字体または斜体。号ごとにページが1に戻る雑誌のときだけ、( )つきで号数を書きます。巻が次のものに変わるときだけ、ページ数が1に戻る雑誌のときには、号数は必要ありません。ページ数を表わす“pp.”の記号は必要ありません。
  著者姓, 名前のイニシャル. (出版年). 論文題名. 雑誌名, 巻 (号),
    xxx-xxx〔ページ数〕.
  Brownell, C. A., Ramani, G. B., & Zerwas, S. (2006). Becoming a
    social partner with peers: Cooperation and social understanding
    in one- and two-year-olds. Child Development, 77, 803-821.
8) 文献番号で引用を示すとき、参考文献の欄では文献番号順に並べます。
9) 著者名と出版年とで引用を示すとき、参考文献の欄は、著者アルファベット順。同じ著者の場合は、単独著者が最初で、以降、第2著者のアルファベット順。同じ著者の場合は、出版年の若い順です。

[1] そのまま引用する場合

(1a) 長い場合

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方)
プレマックとプレマック(2003/2005)は次のように述べた。
  言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面に
  は、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある。こ
  こでは、文化的特殊化――詩的言語(アイルランド)、音楽(ドイツ)、数
  学(ベンガル)、美術や料理(フランスが)一種の認知形式であり、それら
  の違いは、統語法や意味論によっては説明できないということを指摘してお
  こう(p. 158)。

参考文献〔本文の最後に〕
プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパンジー,
  赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original work
  published 2003)
===(例文終わり)

===(例文始め:<B> 文献番号を書くやり方)
プレマックとプレマック [1] は次のように述べた。
  言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面に
  は、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある。こ
  こでは、文化的特殊化――詩的言語(アイルランド)、音楽(ドイツ)、数
  学(ベンガル)、美術や料理(フランスが)一種の認知形式であり、それら
  の違いは、統語法や意味論によっては説明できないということを指摘してお
  こう(p. 158)。

参考文献〔本文の最後に〕
[1] プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパン
    ジー, 赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original
    work published 2003)
===(例文終わり)

(1b) 短い場合

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その1)
プレマックとプレマック(2003/2005)は「言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面には、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある」(p. 158)と述べた。

参考文献〔本文の最後に〕
プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパンジー,
  赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original work
  published 2003)
===(例文終わり)

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その2)
彼らは「言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面には、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある」(プレマック & プレマック, 2003/2005, p. 158)と述べた。

参考文献〔本文の最後に〕
プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパンジー,
  赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original work
  published 2003)
===(例文終わり)

===(例文始め:<B> 文献番号を書くやり方)
プレマックとプレマック [1] は「言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面には、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある」(p. 158)と述べた。

参考文献〔本文の最後に〕
[1] プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパン
    ジー, 赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original
    work published 2003)
===(例文終わり)

[2] 自分で要約して引用する場合。

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その1)
Tomasello (1999)は、言語の生得論を批判している。

参考文献〔本文の最後に〕
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition.
  Cambridge, MA: Harvard University Press.
===(例文終わり)

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その2)
彼は、言語の生得論を批判している(Tomasello, 1999)。

参考文献〔本文の最後に〕
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition.
  Cambridge, MA: Harvard University Press.
===(例文終わり)

===(例文始め:<B> 文献番号を書くやり方)
Tomasello [1] は、言語の生得論を批判している。

参考文献〔本文の最後に〕
[1] Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition.
    Cambridge, MA: Harvard University Press.
===(例文終わり)

引用の仕方は、さまざまです。eco-message様の読んだ参考文献のなかでの引用方法を参考にしてください。

とくに字数制限のあるレポートについていえることだと思いますが、まとまった長い引用は避け(下の[1](1a)の場合を避けるということです)、自分なりの要約をして、引用元とそのページを明記するとよいと思います。ただし、原文の曲解を避けるために自分の要約よりも原文をそのまま引用することを伝統的に重んじる分野では、そのかぎりではありません。

それを前置きにして、ひとまず大別すると、次の...続きを読む

Q新聞の引用の仕方を教えてください。。

はじめまして。
私は今レポートを書いているのですが、新聞を本文に引用する際にどこまでの情報を織り込めばいいのか、そしてその順番が分からず困っております。
具体的には、日本経済新聞の2月22日の24面の文章を引用したいとおもっております。号数や、朝刊である事なども記したほうがいいのか。
ネット上を探してもなかなか見つからず困っております。
提出が明日なので本屋や図書館にいく行く事もできず、ここで質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

日本経済新聞社の新聞記事利用について
http://www.nikkei.co.jp/privacy/kijiriyou.html

新聞記事利用に関するQ&A
http://www.nikkei.co.jp/privacy/qa.html

Q4「記事を「引用」して利用するにはどうすればよいですか。」

Qレポートの参考文献

参考文献を記載するとき、出版年を記入しなければならないですが、
これは、初版の年ですか?
それとも今まさに持っている本(第5版なら第5版)の発行年ですか?

Aベストアンサー

初版の年を書いてはいけません!!
初版と第2版,第3版…では,内容が改訂されていますので,自分が参考にした文献はどれなのかということをハッキリさせるという意味で,「今まさに持っている本」の出版年を書きます。
また,文献のタイトルの後にも,(第5版)のように版を表す数字(版次という)を書きます。

ここから先は細かい話ですので,忙しかったら飛ばしても構いません。

本の奥付を見ると,内容の新しさをあらわす数字に「版」と「刷」があることに気づくと思います。
たとえば,

第1版第1刷 1970年4月20日発行
第3版第1刷 1998年1月15日発行
第3版第5刷 2005年7月10日発行

一応の原則としては,
「第1版と第2版,また第2版と第3版とでは,それぞれ内容は大きく変わる」
「第3版第1刷と第2刷以降では,内容は原則として同じだが,細かい訂正など多少手を加えることもある」
と考えてください。

このような場合,この本が第3版であることは確かですが,発行年をどうするか。
一応の原則としては,「版次(第3版)が同じであれば,刷次(第1刷とか第5刷とか)が違っても,内容はほとんど一緒」と考えられます。
したがって,内容的には1998年に出されたときのものと同じと考えて,発行年は「1998」と記録する,というのが一つの考え方です。
(図書館の蔵書目録のデータはそのようなルールで書かれています)
もっとも,本によっては,同じ版でも,刷りを重ねるごとに
かなり内容に手を加えていることもありますので,正確に記録するのであれば,「1998,第5刷2005」とすればよいでしょう。

ただ,版次の数字が「第85版」みたいにやたらと大きい場合は要注意です。そのような場合は,「刷」の意味で「版」と表示している可能性が高いです。
たとえば,
1965年初版発行 (初版と第1版は同じ意味です)
2005年第85版発行
これだと,年2回のペースで版を新しくしているということになりますが,観光ガイドとかムック(雑誌ぽい本)などならともかく,普通の図書で年に2回も版を改めるというのは滅多にないことですので,「2005年第1版第85刷発行」の意味と考えられます。
そのような場合は,内容としては1965年の時のものと同じでしょうから,出版年は「1965」としたほうがよいでしょう。

No.1の回答者さん。
気持は分かるのですが,もし自分が読んだ本が「2005年に出た第5版」だったとしたら,参考文献には2005と書くしかありません。
本当に「1960年に発行された初版」の本を手にとって,参考にしたのでなければ,1960と書くわけにはいきません。
自分がどの文献を参考にして書いたのか,それを明らかにするのが参考文献一覧ですから。
もし,自分は2005年発行の本しか見ていないけれど,その本の筆者は1960年に既にそのようなことを書いていたということをどうしても示したければ,本文の中でそう書けばいいのです。

初版の年を書いてはいけません!!
初版と第2版,第3版…では,内容が改訂されていますので,自分が参考にした文献はどれなのかということをハッキリさせるという意味で,「今まさに持っている本」の出版年を書きます。
また,文献のタイトルの後にも,(第5版)のように版を表す数字(版次という)を書きます。

ここから先は細かい話ですので,忙しかったら飛ばしても構いません。

本の奥付を見ると,内容の新しさをあらわす数字に「版」と「刷」があることに気づくと思います。
たとえば,

第1版第1...続きを読む

Qレポートの字数に参考文献は含む?

題の通りです。
1500字以内と指示された場合、参考文献はその字数に含まれるのでしょうか?
それとも1500+本の名前でいいのでしょうか?
これまでは「約」1500字だったので気にしなかったのですが初めて「以内」とされ戸惑っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

含まないと思います。

通常、本文の分量が1500字以内ということでしょう。
そう考えれば参考文献は含まれません。

なお、1500字以内と言われていても、
実際には1500字+α(少量)は許されると思います。
(厳密に一字ずつ数える教授だというなら別ですが・・・)


逆に、例えば1500字以上書けと言われたとします。
参考文献で、10冊の本を列挙し、500字それで使ったとしましょう。
この場合、本文1000字+参考文献500字でOKでしょうか?

おそらく、ダメでしょうね^^;
今回はその逆のパターンだと思います。


まぁ、例外もあるかもしれません。
トータルの分量で10枚以内にせよ・・などの場合、
ページ数が全てあわせて10以下になった方が無難かもしれません・・。

#要するに、状況次第です。
#それほど深く考える必要はないと思います。

Q公の統計データを広告に使いたい

インターネット上などで、統計局および各都道府県が公表している統計データってありますよね。具体的には、死因別死亡者数や年間の入院患者数などですが、これを広告物に客観的なデータとして掲載する場合よくわからない点がいくつか。問い合わせてみたところ、「出典を明らかにしていただければ記載しても構わない」ということだったのですがいまひとつその書き方がわからないのです。
例えば、兵庫県のある年の死亡者数を掲載した場合、“資料:兵庫県情報事務センター『保健統計年報 医療統計』”のような書き方でいいのでしょうか?それとも「兵庫県情報事務センター」などはいらないのでしょうか?
また、全国区のデータの場合は出典名の前に「総務省 統計局」などつけた方がいいのですか?本当に何もわからなくて困っていますので、できるだけ詳しく教えてください!!お願いします。
また、他に公のデータを記載するにあたっての注意点などもありましたら教えてください!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>出典:兵庫県庁統計課『市区町別主要統計指標 平成15年版』 でいいのでしょうか?
http://web.pref.hyogo.jp/toukei/

このHPからはデータの掲載日がわからないようですね。
それだと、アクセス日を付記された方がいいかもしれません。
(前にも書きましたようにHPの場合は情報がなくなることがあるので、この日にはあった、ということを明記しておいた方がいいと思います)


>また、データをそのまま記載するのではなく一部を抜粋したり、そのデータをもとにパーセンテージを割りだした場合などにも書き方は「資料」ではなく「出典」でいいのでしょうか?


その場合は、「出所」や「資料」の方がよいと思います。たとえば、こんな感じで。

出所:兵庫県『最近の経済動向 平成10年版』からの抜粋
出所:資源エネルギー庁『総合エネルギー統計』(1999)より算出
資料:東京都『経済指標』(2002)から作成


>さらにさらに、サラリーマンの医療費負担UPの件などで厚生省が改正前と改正後の医療費のモデルケースを試算として出したものなどがありますが、ああいうものをデータとして記載する場合、注釈は「厚生省試算」だけでいいのですか?


あのページの中の図表などを引用される場合は、図表の下か横に↓のような形で付記されるいいと思います。

出典:厚生労働省『 平成15年4月からサラリーマンの窓口負担は3割になります。』
http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/03/tp0311-1.html(2003.03.12HP掲載)



#WEB資料の出典表記については↓が参考になると思います。

「特定のテーマでのレポート報告の仕方」
http://www.isc.meiji.ac.jp/~sanosemi/report01.htm

「5.レポートの形式チェック」の「Webページからの引用の場合」のあたりが参考になると思います。



#あと、前の回答に「発行年」を記載してほしいとお願いしましたが、白書・統計などの場合、「○○年版」の記載があれば、そちらを優先して発行年は省略してください。

>出典:兵庫県庁統計課『市区町別主要統計指標 平成15年版』 でいいのでしょうか?
http://web.pref.hyogo.jp/toukei/

このHPからはデータの掲載日がわからないようですね。
それだと、アクセス日を付記された方がいいかもしれません。
(前にも書きましたようにHPの場合は情報がなくなることがあるので、この日にはあった、ということを明記しておいた方がいいと思います)


>また、データをそのまま記載するのではなく一部を抜粋したり、そのデータをもとにパーセンテージを割りだした場合などに...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング