1月に銀座松屋で、「大名茶人 松平不昧展」を観て来たのですが、その時、松江藩の下屋敷が品川の大崎にあることを知りました。
その下屋敷「大崎園」、確か1万8000坪とか書かれていましたが、その「大崎園」の所在地が知りたいのですが、現在の住所、又は建物などを教えて下さい。
よろしく、お願いします。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

北品川5丁目11、12番地・・・ソニー本社前ですが、「松平出羽守(直政)」と「松平相模守」の下屋敷が地続きでありました。



江戸切絵図(尾張屋版)んの「芝三田二本榎高輪周辺図」によると、以上のソニー本社前が現代の地図と合致します。

治郷(はるさと)は直政の子孫ですから関係あるかもしれません。

高輪4丁目24番地の東高ペアシティルネッサンスと言う山口百恵のいたマンションの所は、昔は杉村学園の跡地でここも大きさが

1万8千坪ほどあり、松平大和守の下屋敷跡です。

大和守は川越城主だったので、こちらではなさそうです。
    • good
    • 0

御殿山=北品川3~5丁目付近だと思います。


現在では邸宅が立ち並んでいますが、茶室を持っている家が多いそうです。

参考URL:http://www.cyborg.ne.jp/~kuwano/100k/20.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山手線、横須賀線、湘南新宿ラインは大崎駅を2度通る!?

山手線と東海道品鶴線(横須賀線)が分岐する「旧・目黒川信号場」と、東海道品鶴線(横須賀線)と東海道大崎支線(湘南新宿ライン)が分岐する「旧・蛇窪信号場」が、既に「信号場」としては廃止されていて、現在は大崎駅と同じ扱いであると聞いたのですが、それら3つの路線のルートを見てみると

山手線
品川駅―旧・目黒川信号場(大崎駅)―大崎駅

東海道品鶴線(横須賀線)
品川駅―旧・目黒川信号場(大崎駅)―旧・蛇窪信号場(大崎駅)―西大井駅

東海道大崎支線(湘南新宿ライン)
大崎駅―旧・蛇窪信号場(大崎駅)―西大井駅

となっているので、これら3つの路線は大崎駅を2度通っていると解釈して間違いないのですか?もしそうなら、山手線と湘南新宿ラインはともかく、横須賀線が大崎駅を通っていたというのは、違和感を感じますね。

回答お願いします。

Aベストアンサー

確かに、違和感を感じるというか、訳がわからなくなりますね。
この回答では「旧」を省かせていただいて、単に目黒信号場・蛇窪信号場と表記します。

まず山手線ですが、山手線の線路には目黒川信号場の位置にポイントはありません。従って、設備的には信号場を通っていないのであまり問題にならないと思いますし、もともと品川と大崎は隣接する駅なので、その点でも納得のいく範囲だと思います。
NEXの通る路線は大崎と品川の間で目黒川信号場を通りますが、同様に隣接2駅なので特に違和感は感じません。

次いで、横須賀線は目黒川と蛇窪の両方の信号場を通過します。これなどは、品川~横須賀線~大崎~横須賀線~大崎~横須賀線~西大井といった具合に、両信号場を大崎駅として考えてしまうと駅は2度通るし信号場間は大崎駅構内なのだろうか・・・と混乱してしまいます。
この部分は、信号場の設備と運賃計算は分けて考えて、単純に品川~西大井の営業キロで運賃計算します。
そうして決まっているのは確かですが、いささか疑問を持つと、「なんで?」と違和感を感じたりしそうです。

湘南新宿ラインはもっと難解で、蛇窪と大崎の間の路線は営業キロが設定されていません。従って、蛇窪~大崎はいわゆる幽霊路線のように、運賃計算上は「品川駅には進行方向を180度変える半円の路線があり、いざとなったら品川駅にも止められます」と言わんばかりに西大井~品川~大崎の営業キロとなっていますね。

駅構内の定義と言うことであれば、鉄道総研HPにある鉄道技術用語辞典では以下のように記述されています。
<引用開始>
運転上定められた停車場内外境界の内側を指す場合と、設備等の管理区分上設けた駅の範囲を指す場合がある。
<引用おわり>
鉄道技術用語辞典
http://yougo.rtri.or.jp/dic/
鉄道総研HP
http://www.rtri.or.jp/index_J.html

ご質問の(大崎)駅構内は、上記引用の後者、すなわち管理区分上の話ですので、乗客サイドとは直接関係しません。
このようなことも参考にされるとよろしいかと思います。

蛇足(だそく)(←蛇窪のタイプミスではありません):
湘南新宿ラインの蛇窪短絡線をはじめとした、短絡線やトンネルや線形改良工事など、利便性や時間短縮のために工事を行い、その結果として実際の路線キロが減少した場合、それにあわせて運賃計算に使用する営業キロを縮めると、お金をかけた結果として利用者あたりの運賃収入が減少するといった結果を招きますから、いろいろなことがおこりやすいともいえましょう。
新幹線の横浜駅として設置された新横浜駅は、在来線の横浜駅の営業キロを採用しているので、その間に横浜線が挟まって運賃計算上ややこしいことになりやすいというのも、今回のご質問と似てるような気がします。

確かに、違和感を感じるというか、訳がわからなくなりますね。
この回答では「旧」を省かせていただいて、単に目黒信号場・蛇窪信号場と表記します。

まず山手線ですが、山手線の線路には目黒川信号場の位置にポイントはありません。従って、設備的には信号場を通っていないのであまり問題にならないと思いますし、もともと品川と大崎は隣接する駅なので、その点でも納得のいく範囲だと思います。
NEXの通る路線は大崎と品川の間で目黒川信号場を通りますが、同様に隣接2駅なので特に違和感は感じません。
...続きを読む

Q九州国立博物館の常設展を観る前に、常設展の展示内容の理解が深まるような「参考書」がありますか

先日、大宰府の九州国立博物館で「始皇帝と大兵馬俑展」
http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s43.html
を観て来ました。

期待に違わぬ内容で、素晴らしいの一言でした。

「始皇帝と大兵馬俑展」以外の常設展も駆け足で観ましたが
430円!(これは常設展のみの入場料ですが)で重文 国宝級の展示品をこれだけ
観られるとは...コストパフォーマンスが良すぎます。

ただ、北部九州の古代~近世の通史と大陸との交流を勉強し直してから観ないと
効果半減かも....と思いました。

常設展を観る前に、常設展の展示内容の理解が深まるような「参考書」が
ありましたら御紹介下さいませんか。

Aベストアンサー

九州国立博物館が、文化交流展示(常設展示のこと)の公式ガイドブックとして、『アジアージュ 「海の道、アジアの路」ビジュアルガイド』という本を出しています。↓
http://www.auc-cop.co.jp/kyuhaku-ms/po/099-06.html
ミュージアムショップのサイトでも、「ビジュアルガイド『アジアージュ』が大好評です」と紹介されています。↓
http://www.auc-cop.co.jp/kyuhaku-ms/books.html

中古ならネット書店でも買えますが、2005年発行の古いバージョンしかないようです。ミュージアムショップに最新版がありますので、こちらを読まれた方がいいでしょう。送料等がかかりますが、通販で入手可能です(お近くの図書館にもあるかもしれません)。↓
http://www.auc-cop.co.jp/kyuhaku-ms/shopinfo.html#b

Q大崎駅(東京)でホテルを探しています。

来月、出張で大崎に行くのですが、ホテルを調べたところニューオータニイン東京(1泊14,000円程度)しか見つかりませんでした。
予算11,000円程度で大崎駅徒歩圏内のホテルがあれば、教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
大崎と言うより、五反田なのですが、
↓このURLが解りやすいです。
http://seeker.jp/map/tokyo/lodging/3537109-13943420-000-E.html

ゆうぽうとですと1万円以内で泊まれます。
http://www.jalan.net/cgi-bin/jalan/jweb/cjw1_5_1.cgi?yad_no=305596&stay_year=&stay_month=&day_kbn=&stay_count=&number=&room_count=&yp_flg=1&root_cd=03&subsystem=0
駅からの距離がありそうに見えますが、そんなに離れていません。目黒川を渡ればすぐです。

http://seeker.jp/map/tokyo/lodging/images/3537109-13943420-000-E.jpg
ご参考まで。

Q大名ってなんですか? また、諸大名と大名の違いとは⁇

大名ってなんですか?
また、諸大名と大名の違いとは⁇

Aベストアンサー

時代によって意味が違うけど、多分、江戸幕府時代での大名の事を言ってると思うので、江戸時代について。

江戸幕府(将軍)から任命されて、主に石高(こくだか)1万石以上の領地(藩)を幕府から禄(ろく:給料)として与えられ、その領地を治めた藩主。

諸大名は2人以上の大名を纏めて言う時の言い方。

日本には、領地が250以上に細分されていたから、藩主も250人以上いた。

実際には藩と言う呼び名は、明治政府が付けた。
明治政府が「県」と言う行政区分を整理する際、それまでの行政区分を便宜的に「藩」と名付けた。

だから江戸時代には藩、藩主と言う言い方は無かった。

Q大崎駅周辺の子供向け施設

大崎駅周辺で子供(年長)が遊べる施設はないでしょうか?時間は2時間ほどです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大崎になりますが、「大崎ゲートシティ」3階にセガのゲームセンターが入っています。駅からもすぐなので、便利ではないかと思います。
またこちらにはいろいろな飲食店も入っていますよ。

また大崎駅の同じ出口にある「大崎ニューシティ」にはサンリオギフトゲートというお店もあるので、小さい子ならお店にいるだけでも楽しめるんじゃないかなぁと思います。

2つのビルのHPのアドレスを載せておきますので、良かったら参考にしてみてください。

「大崎ゲートシティ」
http://www.gatecity.co.jp/

「大崎ニューシティ」
http://www.ohsaki-nc.jp/index.html

Q十四家松平・十八家松平

 江戸(徳川)時代が特に好きでHPや図書館を利用して参考文献を調べています!しかし十四家松平・十八家松平家は親藩ではなくて譜代の分類に入ります。家康公の故郷で近親や従兄弟といった感じなのに・・
 なぜなんでしょうか?十四家松平・十八家松平家に詳しい情報を教えて下さい!

Aベストアンサー

 十四家松平といったり、十八家松平といったりしますが、すべて、松平親氏の子孫になります。
 松平氏も何代にもわたるとそれぞれの家が独自に家を形成していきます。その中には安城松平氏(家康の家)に従うものもいますが、敵対するものもいました。
 家康の代になるとどんどん同族や近隣の豪族を従え、徳川家の家臣団を形成していきました。そういう意味で、同族といっても各松平家はほかの譜代の家と違いはないわけです。
 それに対して、親藩とは家康の男系の子や孫から分かれた分家、異父兄弟である久松松平家などであり家康の近親者であります。
 ちなみに、松平(奥平)家は家康の外孫ですが、家康の養子になっております。
 唯一の例外が松平(鷹司)家ですが、この家は家光の正室に由来しています。また、紀伊徳川家と婚姻を結び、かなり初期に紀州系の養子を迎えています。

Q湘南新宿ライン大崎-横浜間の乗車率

湘南新宿ライン 下記の大崎-横浜間の
乗車率(グリーン席の空き具合も)をお教えください。
平日下り
 大崎7:49発
 大崎7:59発
平日上り
 横浜18:45、18:58、19:13、19:24、19:56発
休日下り
 大崎7:27発
 大崎7:48発
休日上り
 横浜17:42発あたりから横浜19:39発ぐらいの電車。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

平日の通常車両だけ回答します。

平日朝の大崎~横浜:
かなりすいているので、たいてい座れるはずです。渋谷~大崎では降りる一方で、乗ってくる人は非常に少ないです。

平日夜の横浜~大崎:
ほぼ定員という感じでしょうか。横浜で降りる人が案外おらず、乗る人の方がずっと多数のため、座れるかどうかは運頼みです。大崎までの乗り降りも少ないので、横浜で座り損ねると、もうチャンスはありません。どうしても座りたければ、品川乗り換えになりますけど、まだ横須賀線快速の方がすいているので確実でしょう。

Q松平定知は松山藩松平家の子孫か

NHK松平定知アナウンサーは松山藩松平家の子孫だといわれています。しかし松山藩松平家は明治維新後、旧苗字の久松に戻しています。殿様知事といわれた愛媛県知事も久松定武です。この久松松平家は大名で4家あり松山、今治、多古が久松にもどし、桑名が松平のままです。桑名松平の子孫でしょうか。

Aベストアンサー

愛媛松山の者です。

たしかに徳川家康の異父弟・松平定勝を祖とする伊予松山藩の久松松平家の出身だと思いますが、松山武鑑などには400石の旗本である松平家があります。

個人的に地元・松山なれど自信はありませんが、まず桑名松平家は上記の定勝の流れなれど、元は久松でした。

故に明治維新を期に本姓である久松に戻したと聞きます。
松平定知アナウンサーは、久松傍系の旗本子孫ゆえに松平姓のまま今日に至ったと思われます。

Q渋谷で格安ホテルを教えて下さい!

良く買い物で渋谷に行くのですが、終電を逃してしまいます。

気軽に泊まれるお勧めの格安ホテルを知りたいです。

またこのような格安ホテルの雰囲気はどんな感じですか?

宜しくお願いします!

Aベストアンサー

ここ1~2年、不景気で出張が減ったせいか、ビジネスホテルの稼働率が悪化し、価格競争に陥っています。しかし渋谷周辺は需要もまだあるほうですし、元々地価の高いところなので、ビジネスホテルも高めです。終電を逃がしてからチェックインできるところといえば、カプセルホテルくらいでしょう。男性専用ですが道玄坂の上にあります。

Q越前松平家と会津松平家

越前松平家と会津松平家では、どちらが家格が高いのでしょうか?

Aベストアンサー

 難しい質問です。他の方も仰っていますが一概には言えません。
 
 両家とも徳川家の家門大名として扱われていますが、家康との血縁の近さでは、No.2の方が指摘されているように、越前松平家が上と考えるべきです。
 
 極位極官(例外もありますが、その藩の藩主がもらえる最高官位)では、会津越前家は「正四位下近衛中将」越前松平家は「従四位下近衛少将」ですので、会津松平家が上とも考えられます。
 
 また、江戸城に登城した際に控える部屋「伺候席」で考えると、越前松平家は「大廊下下の間」(ちなみに上の間は御三家、下の間には加賀前田家)です。会津松平家は「黒書院溜間」(この部屋の定席大名彦根井伊家、会津松平家、高松松平家)です。
 「伺候席」は、将軍家との親疎の差、武家官位、石高などで決められ、多分に名誉的なものでした。将軍家との親疎の差で考えれば「大廊下」が最高格式とも考えられますが、一方、「黒書院溜間」は特別な存在でした。「黒書院溜間」大名は、
・将軍や老中の諮問を受け直接幕政に参与する。
・将軍家の名代として、天皇や上皇に拝謁する。
・将軍家の名代として、紅葉山霊廟や日光東照宮へ参拝。
・将軍家代替後の武家諸法度発布の際に、御三家に続き将軍家から直接頒布される。
・月次御礼の拝謁は御三家とともに黒書院でした。(他の大名は白書院)
と、特権が与えられています。これらの点から考えると、「黒書院溜間」の格式の方が高かったとも考えられます。

 以上から考えると、家康との血縁の近さから考えると越前松平家とも考えられますが、実際の待遇を考えると会津松平家の格式が上とも考えられます。
 私の私見としては、実際の待遇を手厚く受けていた会津松平家を上と考えたいところですが…

 難しい質問です。他の方も仰っていますが一概には言えません。
 
 両家とも徳川家の家門大名として扱われていますが、家康との血縁の近さでは、No.2の方が指摘されているように、越前松平家が上と考えるべきです。
 
 極位極官(例外もありますが、その藩の藩主がもらえる最高官位)では、会津越前家は「正四位下近衛中将」越前松平家は「従四位下近衛少将」ですので、会津松平家が上とも考えられます。
 
 また、江戸城に登城した際に控える部屋「伺候席」で考えると、越前松平家は「大廊下下の間...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング