ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

急な車線変更での交通事故の過失割合について

高速道路で事故に合いました。
私が追越車線を走行中、相手の方は走行車線の後方を当方より早い速度で走行。
次第に併走状態となり、先方車両前部が見えた当たりから、先方が突然に追越車線へ進入。
私はそれに気付き、すぐにブレーキを踏むと同時に右へハンドルを切りましたが、間に合わず接触。
接触箇所は先方の右側中央側面から後部にかけてと、当方左側前輪周辺です。
それを踏まえて2点相談があります。

1点目は私としては防ぐに防げない事故と思っているのですが、事故を未然に防ぐ方法(過失)があれば教えて頂けないでしょうか。
2点目は10:0の主張は通らないでしょうか。相手の方の事故の内容に対する主張(言い分)は分からないのですが、証拠となる事実は、接触箇所が先方の右側中央側面から後部にかけてと、当方左側前輪周辺という事だけです。

以上、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>1点目は私としては防ぐに防げない事故と思っているのですが、事故を未然に防ぐ方法(過失)があれば教えて頂けないでしょうか。



交通事故が発生したときに言われる「過失」とは、刑法の故意・過失の理論から派生したもので、一般的には注意義務違反として、予見可能性や回避可能性を問議することになるため、質問者さんの言われる「事故を未然に防ぐ方法=過失」とはならないことがあります。

道路交通法は、あくまでも道路を走行するときに規定された基本ルールですが、道路交通法もありとあらゆるケースを想定して条文が構成されているものではありません。
一般的な車両等の通行ルールがそこに示されている以上、「自車以外の他の自動車も、ある程度は交通ルールを遵守して走行しているであろう。」と予測することは許されます。
その意味では、著しい交通違反行為を行っている車両は、他の周囲の自動車運転者にとってもそういう違法車両がいることを予測することが困難な状態になるのです。
ただし、ある程度軽微な交通違反車両が存在することは、自動車を運転する上では常識的に予見しておかなければならないと言われます。

まず第一に、質問者さんが高速道路の追越車線を走行していた理由や状況が分かりません。
高速道路は一般的に「走行車線」と「追越車線」があり、客観的に正当な理由がないまま継続して追越車線を走行し、走行車線に戻らない場合は、車両通行帯違反(道路交通法20条1項違反)になります。
この条文の考え方(条理と言います)では、一般車両は道路に車両通行帯がある場合は、一番右側の車線を追越用の車線として空けておかなければならないということになります。
本来、質問者さんが走行車線を走っていれば何の問題もないといえますが、追越車線を走行していて、後続車が質問者さんの車両に追いついた、または、追いつきそうになった場合は、基本的に質問者さんは走行車線に進路を変更して追越車線を空けなければなりません。
また、後続車は、先行車両が走行車線へ進路を変更したことを確認後に、安全に追越行為を終了して走行車線に帰る必要があるのです。
後続車から見ると質問者さんの車両は、車両通行帯違反をしている先行車両という位置づけになり、元々違法状態で走行している車両と評価されてしまうでしょう(具体的に走行車線を走行できない理由がある場合を除く)。
本来、左側追越は違反ですが、後続車は追越車線を違法な状態で走行している先行車の後方で、車間距離を取りながら追従しなければならなくなり、善し悪しは別として、左側追越という手段に出てくる可能性があることは予見できるものです。
また、速度の高い車両は、更に前方の先行車両を追越ために、左側追越を終了したら、再び追越車線に進路を変えてくる可能性もあるといえます。
こうした予見可能性があり、車両通行帯違反が質問者さんにもあるのだから、基本的に無過失ということはありません。
ただし、違反状態にある車両は、違反状態にない車両以上に高度な注意喚起が求められ、周囲の車両の動静(動き)に十分注意しなければなりません。
その場合、当然進路変更時の基本的な動作や安全確認が必要となりますが、お互いに違法走行状態にあるのであれば、特にその動静には注意すべきであるという結論になります。
一般の割り込み事故は、若干その性質を異にします。



>2点目は10:0の主張は通らないでしょうか。

結局、1点目の質問と同じ趣旨の質問です。
民事上の過失責任割合とは、発生した損害の分担を意味し、そこには民事上の「公平な負担の原則」という考え方があります。
また、進路変更事故として認定が可能か、割り込み事故と認定すべきか、追い越し事故として認定すべきか、法律的にその判断も難解な事例と考えてよいと思います。
具体的な割合は、ご自身が加入されている保険会社と十分に相談されてください。


※ 本来的に過失責任の割合を特定するためには、もっと詳細な道路状況や走行状態等が分からなければ、質問者さんの質問には回答できるものではありません。
 また、判例タイムスは裁判官を直接拘束するものではありませんが、保険会社が作成した書類ではなく、専門複数の裁判官が集まって作成している出版物で、ある程度公的にもその価値が認められています。
 このサイトには不用意な発言をする人もありますが、そうした無責任な回答に振り回されないように注意してください。
    • good
    • 3

事故情報が不足、全体的な詳細が理解できません。


1点目。これは、質問者が自分を優位にする口実に引用する可能性がありますので、教えられません。
2点目。無理です、接触箇所は接触箇所であり、過失を左右することに至りません。事故を解析する際にどのように接触したかの参考程度です。
まず、追越し車線を走行の車が、走行車線の車に追抜かれる、質問者の走行速度が問題です。
又、走行車線を後方から追抜いてきた車、質問者の速度と相手の速度を比較したら、相手が高速度であることを認識していたはずです。この時点で、相手車両が追越し車線に侵入してくる可能性も予見可能であったはずです。ただ問題は、後方から質問者の車両に追いつきならが、なぜ併走したのか理解できません。つまり、追いつかれた時点で、質問者が速度を上げた、相手車両は、追抜いたと勘違い(ミラーの死角に質問者の車が入った)、車線を変更した可能性もあり。
事故調査の専門家としての解答は、50対50。
双方、注意義務が原因で発生した事故と推測。質問者のみの情報だけで判断できません。
    • good
    • 1

どんなに意識していても、事故は起きるもの。

事故が起こらないという保障は何処にもありません。
無駄な時間を過ごすのであれば、早々に保険屋同士に話を進めてもらって車を完璧に修理して、また楽しいドライブでもした方が良いんじゃないかと思います。
    • good
    • 1

○相談


事故の相談先は充実しており、無料弁護士相談も御座います。
○過失割り合い
走行車線から追い越し車線の割り込みは、基本2;8(相手)です。
あなたの過失は2割以下です。
「0」は、ちょっと厳しいかと・・・。0を主張しつつ0,5~1割りで手を打つのが妥当ではないでしょうか。
○過失
あなたの過失ですか・・、
分からないですが、例えば「追い越し車線」なのに追い越しが終わってもずっと走行していたとか。
スピード違反とか。
左から追い越しを掛けられそうで危険を察知していながら、減速(法定速度内)しなかったとか。
良く分からないですが、過失0にはなりにくいかなと・・。
ご自身の保険会社さんに意見を伺うと宜しいかと思います。

もちろん警察には通報してますよね?。
車の損傷具合は写真におさめて置くと良いと思います。
相手の車もです。
出来れば加工出来ないフィルム式で。
「0」が通れば良いのですが0を主張されると支払い義務の無い、あなたの保険会社はかかわりを持ちません。弁護士特約はいってれば使えるかもです。
    • good
    • 2

1点目


追越車線は追い越しのための車線であって走行するための車線ではありません。
追い越し以外の目的で走行しているとそれだけで道交法違反となりますし、当然追い越ししようとしている車の邪魔にもなります。
ですから「追い越し以外の目的で追越車線を使わない」というのが事故を未然に防ぐ方法の一つというか、道交法上のルールです。

2点目
相手がよっぽど意図的に急角度でぶつけてきたんじゃない限り10:0は無理です。
追い越し車線を利用していたんですから、走行車線から自分より早いスピードの車が確認出来た時点で自分が走行車線に移るか、追い越し車線に来ることを予測して速度を緩めるかするのが運転手に求められる判断です。
接触箇所を見ればぶつかった勢いがどのぐらいかはわかりますから、残念ながら諦めたほうが良いでしょう。
    • good
    • 0

2


10.0等ありません乗った時点最低8.2

停車中の車に追突でも保険会社はあら捜ししますよ

薄暮スモールつけていたとか

今後の参考は当事者すみませんと言った方が100%出すと いったら一筆書いてもらうことですね

保険で間に合わない分本人に出してもらう
    • good
    • 2

まず最初に、


保険会社が介入する事がほとんどだと思いますが 彼らは法律家ではなく
単なる事務屋に過ぎません よって保険会社がいう事=正しい事とは限りません
また、保険会社は国の機関ではありません 営利を目的とした企業です
よって保険会社が提示する内容は保険会社に都合のいいものであると考えてください
時価算定や修理内容においても同じです
納得がいかなければ加害者に直接申し出ればいいのです
よく、保険会社に任せたら直接交渉はしてはいけないなどとバカな事を言う人間がおりますが
保険会社は契約者のお財布代わりに過ぎず、対応が悪い保険会社であった場合
その負担を被害者が背負うなんてばかげた話です
そういう保険会社と契約したのは契約者の都合、問題でありその負担は契約者が負えばいいのです


さて、
過失相殺の基準となるものは「判例タイムズ」という書物を利用している事が多いです
これによるとこのような事故例はあなた側の過失は2割程度とされることが多いでしょう
過失割合については事故の事情詳細がわからないのでこれ以上触れません

並走時の接触において、
自車側ができる対応としては並走を避ける事くらいでしょうか
しかしながら質問のような事情では並走とは言いがたいでしょう
ワタシの場合、そのようなケースで接触しそうになった経験があるので
毎度「来るぞ来るぞ」と構えているので幸い接触するケースには至っていません

過失相殺の考えとして正直なところ納得がいかないケースですね
来るだろうと構えていても相手が故意にぶつけてくるようなケースだったら
まず避ける事はできません
故意にぶつけないにしても急にこられた場合 安全に避ける事ができる人間は
実際どのくらい居るのでしょうか? 
そう考えるとこの過失相殺の考え方は実情にそぐわないものだと言えるでしょう

ワタシだったらこの点を主として交渉します

判例はあくまでも判例でありイコールではありません
道路事情が変わった今でも かなり昔の考え方(判例)を例に挙げるのは
正直ナンセンスですね

”型”にとらわれないで交渉するほうがいいかと思います

強気でがんばりましょう!!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q急な車線変更時の接触事故の過失割合について

急な進路変更による接触事故の過失割合について教えてください。(乗用車同士です)
当日は晴天の日中。
片側2車線+右に右折レーン有の交差点直後の地点。
信号赤でいったん止まり、青に変わってからの走行スタート。
スタートしてすぐに右車線に3.4台つまっていて、ウィンカーを出していました。
このとき全ての車がウィンカーを出していたか、接触してきた車両も絶対に出していたかは
断言できませんが、多分先頭に右折する何かがあって、その後車は左からよけて通ろうとしていたのだと思います。とにかく、そんな感じのことには気が付いていました。
しかし、左車線は流れていたし、ほぼ交差点のところだったので、上記の部分を気にしながらもとまらず走行(ちなみに、その前からずっと左を走っていました)。通り過ぎようとした時、右車線から急な車線変更で左に進入・接触してきました。(正確につまっていた車の何台目か分かりません)
それにより、私の車は運転席側の後部ドア~後部バンパーまで。相手は左前角のバンパー破損。
という事故になってしまいました。幸いお互い怪我はありませんでしたが・・・。

現在は保険屋さんに対応してもらっていますが、まだ連絡がない為良く分かりません。
事故も初めてで、動揺しています。
確かに私も走行している以上過失は免れないとは思いますが、相手に(40代くらいの女性)にこれは5・5ですかね?的なことを言われ全く納得できないのです。
たとえ交差点付近でも、停車して入れてあげないと駄目だったんですかね?
分からない事だらけで、わかりやすく説明できているか自体分かりませんが、
アドバイスをいただけたら嬉しいです。宜しくお願い致します。

急な進路変更による接触事故の過失割合について教えてください。(乗用車同士です)
当日は晴天の日中。
片側2車線+右に右折レーン有の交差点直後の地点。
信号赤でいったん止まり、青に変わってからの走行スタート。
スタートしてすぐに右車線に3.4台つまっていて、ウィンカーを出していました。
このとき全ての車がウィンカーを出していたか、接触してきた車両も絶対に出していたかは
断言できませんが、多分先頭に右折する何かがあって、その後車は左からよけて通ろうとしていたのだと思います。とにかく...続きを読む

Aベストアンサー

 セオリーだと質問者様の過失割合の方が低くなるでしょう。

 質問者様の車は半分より後方に接触している事と、相手側が前側が接触している事から5:5はあり得ないです。つまり相手側の進路変更は質問車様の車がすでに横に並んだ時点でしてはいけないわけです。にもかかかわらず進路変更したわけですし、しかも質問者様の車の後方にぶつかっているということは質問者様の車がすでに相手側の車より前に出てから進路変更したことを意味します。この場合の注意義務は相手側にあるのが当然です。

 今回の場合は分かりませんがウインカーを出していなかった等も重なればケースによっては10:0もあり得ます。よく動いてさえいれば10:0はあり得ないと巷で言われていますが、それはただの都市伝説です。相手の信号無視や追突、ブ対向車線はみ出し、は双方が動いていていても10:0なんて事例はいくらでもあります。

 以前、自動車整備会社に勤めていて、何件か加害者側の保険屋との事故の仲介をしたことがあります。相手側の保険屋は少しでも支払いを安くするために過失割合が高いと分かってはいても妥協を望んでくるのが常です。車の修理は安くありませんから質問者様側の保険屋さんにも十分主張を訴えましょう。少なくとも、質問内容の通りのことであれば5:5は絶対にあり得ませんよ。

 セオリーだと質問者様の過失割合の方が低くなるでしょう。

 質問者様の車は半分より後方に接触している事と、相手側が前側が接触している事から5:5はあり得ないです。つまり相手側の進路変更は質問車様の車がすでに横に並んだ時点でしてはいけないわけです。にもかかかわらず進路変更したわけですし、しかも質問者様の車の後方にぶつかっているということは質問者様の車がすでに相手側の車より前に出てから進路変更したことを意味します。この場合の注意義務は相手側にあるのが当然です。

 今回の場合は分...続きを読む

Q並走中の車線変更による事故で・・・

友人の車に同乗中での話です。
片側二車線の国道で、自分が走行車線(左)、相手が追越車線(右)で並走中、相手が車線変更をしてきてぶつけられました。
自分の方が少し前を走っていて、相手が寄ってきたのが見えたので、クラクションを鳴らし、左にハンドルを切って回避行動を取ったのにも関わらず、右後ろドアに追突されました。
警察と保険屋さんには連絡しましたが、この場合過失割合はどうなるでしょうか。
動いてる車同士だと10:0にはならないという話を聞きましたが、こちらとしては事故を避けるためのできる限りの行動を取ったつもりなので納得がいきません。こちらの過失を0にするための交渉の仕方など、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

あくまでも"基本"過失割合ですから
道路状況(交差点等)や速度(追抜き等)、そして回避行動などにより
若干の修正が加わる可能性はあると思います。
(修正が加わっても当方20:80相手方、
良くても、当方10:90相手方だと思います)

しかし、物損事故の場合には特にぶつかった位置などにより
事務的に処理されるのが一般的であり、
indieさんの主張は証明することができず
参考意見程度にしか取られないと思います。

事故ではなかなか納得がいかないことが多々ありますが、
損害額が多い場合には過失割合が少なくなっても
保険を使うことがありますので
損害額と過失割合の兼ね合いを検討して
保険を使うということであれば
過失割合は保険会社にお任せした方が良いと思います。

勿論、絶対に保険を使いたくないということであれば
過失割合は重要になってきますが
そのために争う労力を考えると
若干過失割合が変わっても支出する金額は
さほど変わらず労力がもったいない気もします。

また、保険は万が一のために掛けたものでしょう?
それならば多いにご利用されても良いと思います。

あくまでも"基本"過失割合ですから
道路状況(交差点等)や速度(追抜き等)、そして回避行動などにより
若干の修正が加わる可能性はあると思います。
(修正が加わっても当方20:80相手方、
良くても、当方10:90相手方だと思います)

しかし、物損事故の場合には特にぶつかった位置などにより
事務的に処理されるのが一般的であり、
indieさんの主張は証明することができず
参考意見程度にしか取られないと思います。

事故ではなかなか納得がいかないことが多々ありますが、
損害額が多い...続きを読む

Q車線変更時の事故。過失割合について。

片側2車線、バスが前に停車しており、車線変更しようとウインカーを出し、後方をしっかりと確認し、2台分は空いていると思い、車線変更したところ、急に後方から車が加速してきて接触事故を起こしました。
ミラーだけでなく、目視し、私の判断に落ち度はなかったと思うのですが、車線変更した車の過失割合が大きいことは分かっています。
こちらは7:3で交渉していましたが、相手は最初1割も払わないと言い、そこから半年平行線で、そして今日8:2と言ってきました。

裁判事例では7:3が妥当だということで保険会社に交渉を任せていましたが、あまりにも時間だけがかかり、8:2で飲んでもいいかという気持ちもあるのですが、やはりここまで7:3できていたのでまだ交渉し続けていくべきか…色々と考えてしまいます。

こちらは、右フェンダーとバンパーのへこみで修理16万。相手は修理8万です。

8:2が飲めないなら、代車代払えと言っています。

皆さんならどうしますか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

俺も右車線で加速したら、左車線から車に割り込まれて
ぶつかりました。

保険屋いわく、ウィンカーで出ているかどうかで過失割
合が違ってくるといっていました。

ウィンカーをあげていたなら7:3
あげていないなら9:1といっていました。

で、kira0427さんはウィンカーあげていたのでしょう
か?あげていたなら相手が突っ込んできた!というこ
とで7:3。
あげていないなら8:2ならラッキーですよ(^^)

でも実際あげたかあげていないかなど証拠がないので
間とって8:2でいいのではないですか。

さらに代車代っていいますが、通常代車ってどこの
修理工場でも無料が多いですよ。
相手は走行できないくらいの破損したのでしょうか?
であれば、kira0427さんの保険屋が相手の代車代金
もってくれるのではないですか。


あとはお互いぶつかった位置ですよね。
kira0427さんが進路変更し終わったあとにつっこん
で来たなら(kira0427さんの車の後ろと相手の
車の前がぶつかったなら)ある意味kira0427さんの
が被害者っぽくも感じますが。

それとこういうときのために車両保険に加入して
おいたほうがいいですよ。
どのみち保険使うのであれば過失割合でもめる事は
なくなりますから。

俺も右車線で加速したら、左車線から車に割り込まれて
ぶつかりました。

保険屋いわく、ウィンカーで出ているかどうかで過失割
合が違ってくるといっていました。

ウィンカーをあげていたなら7:3
あげていないなら9:1といっていました。

で、kira0427さんはウィンカーあげていたのでしょう
か?あげていたなら相手が突っ込んできた!というこ
とで7:3。
あげていないなら8:2ならラッキーですよ(^^)

でも実際あげたかあげていないかなど証拠がないので
間とって8:2でいいのではないですか。

さ...続きを読む

Qこれってどうなの?(急な割込)

先日片側一車線の道路を車で走行していると
反対車線側にあった店の駐車場(?)からすごい勢いで割込をされました。

どう考えても追突すると思い、急ブレーキ&急ハンドルでなんとか車体との接触はまぬがれたのですが、私自身にガガガという振動と音が聞こえたので路肩にこすったなっと思い車を出ようとしたところ、相手は何事も無かったかのように去っていきました。

私はとっさに相手の車のナンバーを控えた後、すぐに『追いかけなきゃ』と思い後を追ったのですが途中で見失ってしまいました。。。。。その時バックミラー越しに相手を確認したのですが、全然後ろの様子を気にすることもなく平然としていました。(←これがすごく悔しいんです!!!)

見失った後、車を確認しましたがどこにも傷がついていなかった(←ABSが作動した音&振動だったそうです。)ので
一安心しましたが、もし路肩などにぶつかっていた場合10:0で私が修理費を出さなければならなかったのでしょうか?

また、もし相手車両と接触していた場合私の過失はどの程度になっていたのでしょうか?5:5でしょうか?

今回はたまたまそばに車がいなかったので大事になりませんでしたが、もし後ろや横に車やバイクがいたらと思うとぞっとします。。。。。実際ちょっと離れた後ろには郵便屋さんがいたのでもっとそばにいたら確実に巻き込んでました(泣)

先日片側一車線の道路を車で走行していると
反対車線側にあった店の駐車場(?)からすごい勢いで割込をされました。

どう考えても追突すると思い、急ブレーキ&急ハンドルでなんとか車体との接触はまぬがれたのですが、私自身にガガガという振動と音が聞こえたので路肩にこすったなっと思い車を出ようとしたところ、相手は何事も無かったかのように去っていきました。

私はとっさに相手の車のナンバーを控えた後、すぐに『追いかけなきゃ』と思い後を追ったのですが途中で見失ってしまいました。。。。。その...続きを読む

Aベストアンサー

 状況を整理しますと、あなたは道路を直進しており、あなたから見て右側(反対車線側)にある敷地(路外)から相手車が道路へ進入し、あなたの車両の直前へ入り込んだということでよろしいでしょうか。

 実際に処理された類似ケースでは、基本過失割合を相手車80%、自車20%でスタートしています。通常、路外から道路へ進入する車両に注意義務が重く課せられております。
 自車の修正要素としては、明かな相手車の先入、自車のスピード超過、あるいは相手車の動静を把握していながらの減速不完全または加速、その他の著しい過失や重過失によって5~20%。相手車の修正要素としては、徐行無し、その他の著しい過失等で5~15%程度となります。

 また、何らかの損害が発生した場合は接触したかどうかではなく、その行為が事故と相当因果関係があるかどうかで判断します。
 例えば、他の車両の流れに合わせて普通に制限速度内で走行しているとき、右側から突然進入してくる車両に気付いたが10m手前であったため急制動をかけ、接触は免れたが後続車に追突された場合など、これは相手車のとった行動が事故発生の直接の原因であるため、相当因果関係があると認められるでしょう。相手車は正常な通行を妨げる危険な行為であることから10%程度の修正が加えられ、90対10という過失割合になることが考えられます。

 もし、あなたが相手の動静に注意していて、十分に減速可能な状況であったか、あるいは相手が明かな先入であったような場合、また、スピード超過の事実などがあれば自車にいくらかの修正がなされるものと考えられます。

 よって、ご質問のケースでは、20%前後の過失ではないかと思われます。

 状況を整理しますと、あなたは道路を直進しており、あなたから見て右側(反対車線側)にある敷地(路外)から相手車が道路へ進入し、あなたの車両の直前へ入り込んだということでよろしいでしょうか。

 実際に処理された類似ケースでは、基本過失割合を相手車80%、自車20%でスタートしています。通常、路外から道路へ進入する車両に注意義務が重く課せられております。
 自車の修正要素としては、明かな相手車の先入、自車のスピード超過、あるいは相手車の動静を把握していながらの減速不完全また...続きを読む

Q並進からの車線変更事故

なにとぞよろしくお願いします。

1・並進状況からの車線変更の場合、責任割合は10:0とのことですが
 この判例はなにを調べれば載っているのでしょうか?
 別冊判例タイムズNo.16には並進状況について触れられておらず
 事故関連の本は読みましたが前方から割り込んだ形しか載っていません。
 判例の調べ方もわからず困っています。

2・責任割合が「保険会社9:加害者1:被害者0」で対応しますと
 加害者から直接連絡を頂いたのですが(保存してあります)
 時間の経過とともに保険会社や弁護士にまかせているという対応に
 変化して困惑しています。
 交渉中の弁護士による書式では保険会社8:こちら2となっています。
 保険会社から弁護士に交渉の相手が代わると
 今までの交渉(保険会社9)をリセットされてしまうものなのでしょうか?
 また以前に加害者から連絡頂いた内容を弁護士は無視できるのでしょうか?

保険会社や弁護士といった専門家を相手に1年、かなり疲労しています。
一日も早く納得いく形で終わらせたいと願っています。
どうかご協力をお願いします。

なにとぞよろしくお願いします。

1・並進状況からの車線変更の場合、責任割合は10:0とのことですが
 この判例はなにを調べれば載っているのでしょうか?
 別冊判例タイムズNo.16には並進状況について触れられておらず
 事故関連の本は読みましたが前方から割り込んだ形しか載っていません。
 判例の調べ方もわからず困っています。

2・責任割合が「保険会社9:加害者1:被害者0」で対応しますと
 加害者から直接連絡を頂いたのですが(保存してあります)
 時間の経過とともに保険会社や弁護士に...続きを読む

Aベストアンサー

損害保険事故担当です

1.完全な併進(双方の車体の半分以上が重なっているな ど)なら、回避不能であり100:0と思います
 100:0事故は裁判まで行く例が少ないので判例タイムズに載っていないのでは・・・
 追突と同じで予見不能であり回避不能なら過失の発生しようがありません
2.交渉は生き物であり、相手が代わればそれまでの割 合はご破算です

このようにおかしな方向に行くのは相手方が保険会社に事実を事実どおり正しく報告していないケースが多いです(いろんな事情で100:0にしたくないなど)

また車線変更は必ず過失があるとしか判断しない無能な保険担当者がいることもネックです

では、どうすればよいか?
1.相手当事者に書面を送る 
 特に内容証明にする必要はなし
 「あなたのせいで困っている あなたの保険会社は 私にも過失があるといってきたがどうみても私は避 けようがなかった あなたなら避けられたのか   あなたに良心があるなら自分の保険会社に事実を言 って、修理代をすべて払ってほしい・・」と
2.弁護士に任せてると切られることを覚悟で相手に
 上記の内容で電話する
3.これで埒が明かなければ法的手段しかありません
 修理代が90万までなら簡易裁判所に少額訴訟がで きます

手間隙とストレスのかかることですがやむを得ません
頑張ってください

損害保険事故担当です

1.完全な併進(双方の車体の半分以上が重なっているな ど)なら、回避不能であり100:0と思います
 100:0事故は裁判まで行く例が少ないので判例タイムズに載っていないのでは・・・
 追突と同じで予見不能であり回避不能なら過失の発生しようがありません
2.交渉は生き物であり、相手が代わればそれまでの割 合はご破算です

このようにおかしな方向に行くのは相手方が保険会社に事実を事実どおり正しく報告していないケースが多いです(いろんな事情で100:0にしたくないなど)

ま...続きを読む

Q過失割合が10:0ってあり得るのかあり得ないのか

こんばんは!

車同士の事故で過失割合が10:0はあり得ないと聞きますが
あり得ると言う意見も多数聞きます。
1)実際のところどうなのでしょうか?どういう場合に過失割合が10:0になるんですか?

2)片側一車線の道で、普通に制限速度を守って走っていて、
後ろから暴走車が自分の車+50kmの速度で後ろにぶつかった場合の過失割合は?
こういうのは自分も速度を上げない限り逃げられないと思うんです
片側一車線だと車を止めて先に行かせる事もできませんしどうなんでしょう?

Aベストアンサー

皆さん勘違いしていますが、過失割合と言うのは当方の車が動いているかどうかと言うことは全く関係ないことなのです。
つまり双方の過失の割合を数字に表したものであってここでも多くの人が誤って解釈してしまっているのが改めて解りました。

つまり当該事故を起こされた被害者側が回避不能であることが証明されれば過失割合は100:0になります。勿論交通法規を遵守していた場合と言うのが絶対条件になります。

例えば相手が故意に体当たりしてきた場合などこちらに全く落ち度が無くしかも回避不能の状態であっても過失責任を取られることなどは法律の趣旨から鑑みてもあってはならないことなのです。

また立体的に交差する道路上方よりガードレールを突き破って落下してきた車を回避することなども到底不可能でありこれも100:0にしなければ社会通念上おかしなことになりますね。

少し極端な例でしたがこれらに近い状況で回避不可能であることが立証されれば過失責任を取られることはありません。
法律とは常識的な感覚に近いものであるべきであまりにも理不尽なことはそのまま通る筈もありません。

ご参考に

皆さん勘違いしていますが、過失割合と言うのは当方の車が動いているかどうかと言うことは全く関係ないことなのです。
つまり双方の過失の割合を数字に表したものであってここでも多くの人が誤って解釈してしまっているのが改めて解りました。

つまり当該事故を起こされた被害者側が回避不能であることが証明されれば過失割合は100:0になります。勿論交通法規を遵守していた場合と言うのが絶対条件になります。

例えば相手が故意に体当たりしてきた場合などこちらに全く落ち度が無くしかも回避不能の...続きを読む

Q過失割合9:1について

先日、交通事故をおこしてしまいました。私が細い道から出て来るところ、すぐ横に駐車車両があったため、見通しが悪く、相手車両に接触してしまいました。接触した際、あまり衝撃がなく、お互い怪我もしていないということで、物損事故扱いになりました。そして、過失割合が9:1(私が9割)と決まった途端、相手が1割払わないとゴネだしました。その後、物損事故だったのが、相手が打撲の診断書を提出したため、人身事故扱いになってしまいました。私が言うのもなんですが、ゴネた後にそんな行動に出るということで、どうしても報復的なやり方だと思ってしまいます。

そして、先日実況見分があり、相手は事故に遭う前に私の車を認識しており、出てきそうだと感じていたと警察に言っていました。

それでもやはり、9:1に納得してくれません。私が悪いのは重々承知しておりますが、私の車を認識していたというのであれば、少し過失はあると思うのですが…また、いろいろゴネているので、話がすすみません。相手は妊娠しているということなので、いろいろと不安です。

Aベストアンサー

追伸
示談のためには9:0示談もケースによってはあります。

早期に解決したいなら、あなた次第です。

Q車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないと

車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないといわれました。
 一週間前くらいに事故られ、100ー0であちらが全てもつ状態になりました。
 首に痛みを感じ、めまい吐き気もあり病院にも通院している状態です。車の修理代は全て向こうの保険会社が負担すると言ったのに関らず、つい先日修理をお願いした車屋から、修理代全てを保険会社が出さない、一部しか出ないと言われました(総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた)残りの金額は自己負担になるといわれて、私はあまりの悔しさに涙がでそうになりました。なぜ、事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか!!
 私は一銭も払うつもりはありません。皆さんが同じ境遇であれば同じように思うとおもうのです。それで、保険屋と徹底抗戦を考えているのですが、なにかアドバイス、法律的なことやこういえば保険屋をギャフンといわせれるなどいった事を教えて欲しいのです><

Aベストアンサー

>総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた…

失礼ですが、何年ほど乗った車ですか。
相手方 100% 責任の事故でも、補償額は事故に遭う前の時価が限度です。
時価を上回る修理額までは出さないのが普通です。

>保険屋をギャフンといわせれるなどいった…

入るときはえびす顔、出るときはえんま顔。
これが保険屋というものですから、ギャフンと言うことはないでしょう。

>事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか…

ですから、保険会社が払わない分は加害者本人に請求すればよいのです。
もちろん修理費用だけでなく、治療費や休業補償も含めてね。
あくまでも事故を起こした責任は保険会社でなく加害者本人なのですから。

Q10:0の事故。車の修理費に疑問が。。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこちらから連絡すると「修理はもう終わっています」とのことで驚きました。なぜ概算見積りが出たときに連絡をくれないのか?というと「修理は止められませんので」と的を得ない回答でした。私は修理を止めるつもりはなかったのですが、概算見積りはとっくに出ていたのに連絡がありませんでした。
少し不信感を持ちつつ概算見積りの金額を聞くと修理費が22~3万で代車費用含めて30万ほどになるとのことでした。

相手の方の車が国産車の限定車でリアバンパーが高く、さらには部品取り寄せに時間がかかって代車の日数も増えたとのことでした。

ここで疑問なのですが、

ディーラーに確認したらリアバンパー代は塗装代込みで約7~8万と言われましたが、修理費に22万も必要でしょうか。
また、部品を取り寄せるのに時間がかかるなら自走可能車でも代車を出すのでしょうか?
これは私が判断することではないのかも知れませんが、バンパー交換は経験上1日で終わりますし、部品を発注している間は自走できるなら代車を出す必要はないと思うのですが。

私が起こした事故ですし、人身に切り替えられなかっただけ有難く思え、人を轢くよりましだろう、と言われるのは覚悟の上ですが、どうしても修理費に疑問があります。
もちろん、必要な修理費は払わせてもらいますが、あまりにも不必要に代金がかかっている気がしてなりません。

現在の状況は、保険会社が派遣したアジャスターと修理先の板金屋が値段交渉をしている最中で、修理費が確定するまで少し待ってほしいと言われています。

また、修理箇所の写真と見積書は保険を使う場合はお見せできない、と言われました。
見せられない内容なのですか?と聞くと「実費で払われるならお見せでます」と言われ、ますます不信感が募りました。
もう実費で払うから板金屋と直接話がしたい(部品代の領収書、工賃や代車の明細を知りたかったので)といったら、それは難しい、と言われました。もし直接話をするなら保険会社は介入できないとも。
詳しくは知りませんがそんなもんなんですかね・・・。自分が一番悪いとはわかっていますが、保険会社の対応も修理先の対応も疑問ばかりです。
ひょっとしたら、中の部品も破損していて値段が跳ね上がったのか、とも考えましたが、本当にコツンと当たった程度で凹みもなかったので考えにくいです。ただ、実際に写真を見てみないとなんとも言えませんが。。。

経験がないのでわかりませんが、自動車事故ってこういうことがよくあるんでしょうか。
今後、どのようにすれば良いのか悩んでいます。
相手に迷惑をかけた慰謝料と思えば良いのかな、とも考えますが、相手ではなく修理先が必要以上に代金を請求している気がしてしまいます。

すみませんが、よろしくお願いします。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこ...続きを読む

Aベストアンサー

 あなたの保険会社が闘わないんなら、そんなモンですね。あなたの懐は変わらないので、被害者である相手によりいい印象を与えるように逆もしているということです。保険会社同士で話し合い決着がついているから、それを覆すなら、裁判でどうぞということですな。値段的には、問題ないと思いますよ。バンパー付近も色あわせでなじむように塗るという「建前」になってると思いますからね。自損なら10万って事ですね。

Q事故状況で証言に食い違いがある場合の対応について

事故状況について証言に食い違いがある場合、双方の保険会社または相手の保険会社に立ち会ってもらって相手の方と直接お話することはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

相手方も同意すれば、四者面談(双方当時者、双方保険担当者)も可能ですが、通常は調査会社を入れます。
調査会社は当事者双方から個別に事故状況を確認し、現場状況等から、どちらの話が信憑性の高い話なのか確認して、保険会社に報告し、その調査結果でもって保険会社が判断するということになります。

相手と直接話し合ったって、お互い感情的になり、まとまる話もまとまらない可能性が高いですし、何よりその場で結論を求められるので、保険会社の担当者は嫌がるでしょうね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報